カードローン会社

アコムの返済方法と返済日の選び方・返済総額を減らすコツを紹介

サンプル画像

アコムで借りたお金の返済方法は「インターネット」と「ATM」、「店頭窓口」、「口座振り込み」、そして「口座振り替え(自動引き落とし)」の5種類。返済日は「毎月の返済日を指定する方法」と「35日ごとに返済する方法」の2通りから選べます。

返済は基本的に毎月行うもの。返済日を忘れず、手数料や手間がかからない方法で支払したいですよね。

この記事ではアコムを利用する人向けに、返済方法と返済日の種類や選び方、返済額を抑える方法について説明します。計画的に返済して、カードローンを賢く使いましょう。

アコムの返済方法を手数料・手間・利用時間で比較!

アコムの返済方法は次の4つ。カードローンのなかには「ATMからしか返済できない」など、返済方法が少ないものもあります。アコムは返済方法が多く、自分に合った方法で支払いできるのがメリットです。

アコムの返済方法一覧
方法 特徴
インターネット ・インターネットバンキングで返済(※1)
ATM ・アコムのATMで返済
・コンビニなどの提携ATMで返済(※2)
店頭窓口 ・アコムの店頭で返済
・返済についての相談も可
口座振込 ・指定口座に振込
・金融機関窓口、インターネット、ATMを利用
口座振替 ・登録した金融機関から自動引き落とし
・毎月6日に引き落とし
※1:金融機関によっては利用不可
※2:八十二銀行ATMでは返済不可(借入は可)

インターネットでの返済は、利用可能な金融機関(銀行・信用組合・信用金庫)が限られています。

利用対象となる金融機関は、公式ホームページで確認可能です。

ところで、どの返済方法が一番便利でお得なのでしょうか。次の項目から比較してみましょう。

返済方法を決めるポイント

1、手数料のかからない返済方法を選ぶ
2、手間のかからない返済方法を選ぶ
3、利用可能な時間帯で返済方法を選ぶ

1、手数料のかからない返済方法を選ぶ

まずはアコムの返済方法を、手数料で比較してみます。

アコムの返済方法と手数料
返済方法 手数料
インターネット ・無料
ATM ・アコムATMは無料
・提携ATMは有料
店頭窓口 ・無料
口座振込 ・振込手数料あり
口座振替 ・無料

口座振り込みで発生するのは、銀行へ支払う手数料です。またアコム以外の提携ATMを利用した場合、手数料は次のように発生します。

提携ATMの利用手数料
返済金額 手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

ATMで返済したい人は、契約前にアコムATMの設置場所を確認しておきましょう。公式ホームページで検索できますよ。

2、手間のかからない返済方法を選ぶ

アコムの返済方法で一番手間がかからないのは、「口座振り替え」です。

返済用口座に支払うべき返済額を確保しておけば、自動的に引き落としされます。その他の返済方法は、入金や返済手続きが必要。毎月続くと面倒に感じる場合もあります。

また口座振り替えなら「返済日を忘れてて、期日を過ぎてしまった!」ということになる危険性も低いです。

3、利用可能な時間帯で返済方法を選ぶ

最後にそれぞれの返済方法を、利用可能な時間帯で比べてみましょう。口座振替は自動的に行われるので、ここではインターネットとATM、店頭窓口、口座振り込みを比較します。

各返済方法の利用可能な時間帯
返済方法 利用可能な時間帯
インターネット ・24時間可能
ATM※ <アコムATM>
・24時間可能
<提携ATM>
・金融機関による
店頭窓口 ・8:00~22:00
口座振込 ・金融機関による
※1:毎週月曜1:00~5:00は定期点検のため利用不可
※セブン銀行ATMは23:50~0:10のみ利用不可
※イオン銀行ATMは23:45~0:10のみ利用不可

24時間利用可能なのは、インターネットとアコムATMからの返済。提携ATMの利用時間帯は、金融機関により異なります。

インターネットならATMに立ち寄る必要もないので、いつでもどこでも返済可能です。

アコムの返済方法を「手数料」と「手間」、「利用できる時間帯」で比較してみると、一番オススメなのは口座振り替え。手間もかからず、手数料も発生しません。

しかし他の返済方法にも、それぞれメリットがあります。自分に合った返済方法を選んでください。

アコムって返済方法が多いんだね!
アコムの良さは返済方法の多さけじゃないわ。「振込キャッシング」とか「無利息サービス」とか、利用者に嬉しいメリットがたくさんあるの。

詳しくは「アコムの金利サービスに注目!審査も早くオススメ」で、アコムの基本情報や特徴について解説してるわよ。

アコムの返済日は選択肢が幅広い!2つの指定方法を紹介

契約内容によっては、アコムの返済日を指定することも可能です。

アコムの返済日
  • 毎月1回払い
  • 35日ごと返済
※口座振替のみ毎月6日

カードローンで借りたお金を確実に返済するためには、返済スケジュールも重要。それぞれの特徴やメリット・デメリットから、自分に合った返済日を指定しましょう。

毎月の返済日を自分で決める「毎月1回払い」

毎月の返済日を自分で決める方法の、メリット・デメリットは次のとおりです。

毎月返済日指定のメリット・デメリット
メリット ・返済日が分かりやすい
・給料日に合わせて選べる
デメリット ・15日以上前の返済は追加返済扱いになる

返済日は、給料日の1~3日後に指定するのがオススメ。

お給料が入った直後なら、返済に充てるお金を確保しやすいですよね。すぐに返済すれば、残りの金額が分かりやすいためお金の管理もラクになります。

しかし返済期日の15日以上前に支払いをした場合は、追加返済※として扱われるので注意しましょう。

追加返済とは

毎月の約定返済日に加えて、任意の金額を返済することです。

支払いが早すぎて予定外の追加返済になると、次の約定返済が厳しくなる恐れがあります。

35日ごとに返済する

「35日ごと返済」では、次のように返済日が指定されます。

  • 返済期日は、前回の返済日の翌日から数えて35日目
  • 初回借入の場合は、借入日の翌日から35日後が返済期日

つまり初回以外は、自分が返済した日によって次の返済期日が決まるということです。

「35日ごと返済」には、次のようなメリット・デメリットがあります。

35日ごと返済のメリット・デメリット
メリット ・自分の都合に合わせて返済できる
・無利息期間を利用できる場合がある
デメリット ・スケジュール管理が面倒

毎月の約定返済日を決める場合、期日の15日前だと追加返済扱いになるのがデメリットでしたね。「35日ごと返済」ならこのような期間の制限がないため、自分の都合に合わせて返済可能です。

デメリットは、スケジュール管理が面倒なこと。「◯日に返済」とハッキリ決まっていないため、返済するたびに次回の返済期日を確認しなければなりません。

そしてアコムの利用が初めてなら、「35日ごと返済」に返済期日を指定すると30日間の無利息サービスを受けられるんです。

これについては後ほど解説します。

ところでアコムの返済日指定の方法が、返済額にも影響することを知っていますか?

アコムの場合、毎月の約定返済日を決めておくか、35日ごとに返済するかで、毎月の返済額が異なるんです。次の項目で、返済額について詳しく見ていきましょう。

特に35日ごとの返済は、返済日を忘れそうで不安だなあ。だからといって、常にカードローンの返済日を気にしなきゃいけないのも嫌だし・・・。
それならアコムの「eメールサービス」を使って。返済日の3日前や当日にメールで通知してくれるわよ。

アコムの約定返済額は返済日の決め方で変わる

アコムでは毎月の返済額が、返済日の指定方法により異なります。ここでは次の場合を想定して、返済額を比較してみましょう。

  • 金利(借入利率)18.0%
  • 返済期間1年以内
  • 「35日ごと」は返済回数10回
アコムの約定返済額(返済回数)
借入金額 毎月1回払い 35日ごと
10万円 10,000円(11回) 11,000円
20万円 19,000円(12回) 22,000円
30万円 28,000円(12回) 33,000円
40万円 37,000円(12回) 44,000円
50万円 46,000円(12回) 55,000円

当然のことですが「35日ごと返済」は返済日から次回の期日までの間隔が長いため、毎回の返済額が多いです。希望額に対する毎月の返済額と、自分の収入を照らし合わせ、無理なく返済できる方を選ぶのも一つの手ですね。

返済総額は借り入れ金額などの利用状況によって、どちらが安いかが違ってきます。

アコムの返済総額
借入金額 毎月1回払い 35日ごと
10万円 109,018円 109,710円
20万円 219,040円 219,425円
30万円 329,074円 329,141円
40万円 439,109円 438,856円
50万円 549,146円 548,569円

10万円~30万円の借り入れでは「毎月1回払い」のほうが、40万円・50万円の場合は「35日ごと返済」のほうが、返済総額が安いです。

金利や借り入れ金額、返済期間、返済回数ごとの返済額は、アコムの公式ホームページで確認してみてください。

返済額の一覧を見比べるだけなら、返済日指定の方法もすぐ選べるね!ところでアコムの返済方式って何だろう?
アコムの返済方式は「定率リボルビング方式」よ。カードローンの借り入れ金額に、一定の割合をかけた金額が返済額となるの。

アコムの返済総額を減らす3つのコツ!

カードローンでは借りたお金(元金)だけでなく、それに利息が付いた金額を返済しなければなりません。でも返済の仕方によって、支払う金額を抑えることは可能です。

最後に、アコムの返済でお金を節約する方法を紹介します。

アコムの返済額を節約する方法

1、返済日に注意する
2、追加返済・一括返済をする
3、無利息期間内に返済する

1、アコムは返済日の指定方法が返済額に影響する!

先ほども説明しましたが、返済期日の指定を「毎月1回払い」にするか「35日ごと返済」にするかで返済額に差が出ます。

特に注意したいのは返済総額。約定返済額が少ないと負担が少ないように思えますが、その分返済期間が延び、毎月かかる利息が大きくなってしまいます。つまり、結局は損をしていることになるんです。

公式ホームページで返済額の一覧を見ることができるので、申し込み前に確認してくださいね。

2、追加返済・一括返済をする

余裕があるときは毎月の約定返済だけでなく、追加返済や一括返済をしましょう。

追加返済をして返済期間が短くなれば、毎月の返済額にかかる利息が減るため返済総額を抑えられます。

また全額を一回で返済できそうなら、一括返済も検討してみてください。

アコムの一括返済はATMや窓口、口座振り込みでできます。ATMの場合は1,000円単位での返済です。残った端数は無利息残高※として扱われます。

無利息残高とは

支払い期限が設定されない残高のこと。利息や手数料もかかりません。無利息残高の支払いは店頭窓口・銀行振り込みで行えます。

3、無利息期間内に返済する

次の条件すべてに該当する人は、アコムの「30日間金利0円サービス」を利用できます。

30日間金利0円サービスの適用条件
  • アコムを初めて利用する
  • 返済期日が「35日ごと」

適用期間は、契約日の翌日から30日間です。契約してから借り入れまでの期間が長いと、このサービスは役に立ちません。

契約後は早めに借り入れをし、無利息期間内に返済して利息をカットしましょう。

「30日間金利0円サービス」の期間中は、借りた分だけ返せばいいってことだよね。利息が付かないなら、「35日ごと返済」で使いたいなあ。
確かにお得なサービスなんだけど、この期間を活用できるかどうかは利用者次第。借り入れ金額や返済総額もしっかり見て、自分に合った返済方法を選ぶのも大事よ。

アコムなら返済計画が立てやすい!

アコムは返済方法や返済日の選択肢が幅広く、自分に合った返済計画を立てられるのがメリット。しかしどの返済方法が便利でお得かは、利用者の状況や借り入れ金額によって違います。

利便性も大切ですが、手数料や返済総額で損をしないよう注意してください。

さらに追加返済や一括返済をしたり、「30日間金利0円サービス」をうまく使うことで、返済総額を減らすことも可能です。

完済が早まれば精神的にも負担が小さいですし、いざという時のために限度枠を残しておけます。この記事で紹介した返済のコツを、ぜひ活用してみてください。

※記載されている内容は2017年7月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら