カードローン会社

三菱東京UFJ銀行のバンクイックで増額する前に知っておきたいこと

三菱東京UFJ銀行のバンクイックで増額する前に知っておきたいこと

カードローン増額のおもな条件は、延滞などの金融事故をせず利用実績を積むこと。

増額すれば金利が下がるので、実際の借り入れ金額が増えていなくても、返済額にかかる利息は小さくなります。支払うべきお金が少なくなるのは、嬉しいですよね。

この記事を読んでいる人のなかには「バンクイック」を利用中の人もいると思います。三菱東京UFJ銀行から増額の案内を受けた人はもちろん、受けていない人も増額の申し込みが可能です。

この記事では三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の契約を検討中・利用中の人にぜひ知ってほしい、限度枠を増額する方法や増額審査のポイントについて解説します。

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」の基本情報

まずは三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」の基本情報を確認しましょう。

「バンクイック」の基本情報
申込資格 ・満20歳位以上65歳未満
・国内(※1)に居住する個人
・原則安定した収入がある
・パート、アルバイトの利用可
・個人事業主の利用可
利用限度額 ・10万円~500万円
金利 ・1.8%~14.6%
借入方法 ・ATM
・口座振込
返済方法 ・自動支払い
・ATM
・指定口座へ振込
返済日 (次のうちいずれかを選択)
・毎月の返済日を指定
・35日ごとに返済
即日融資 ・可能

バンクイックで増額した場合、利用限度額は最高で500万円です。

申し込みを検討中の人は、「三菱東京UFJ銀行のカードローン、バンクイックが便利でお得な理由」でカードローン「バンクイック」の詳しい商品情報やメリット・デメリットなども紹介しているので、こちらも参考にしてください。

それでは「バンクイック」で増額する前に知っておきたい注意点や、増額審査のポイントについて解説します。

借りられる金額が増えるなら、ダメ元でも申し込んでみようかな?
それはダメ。増額審査の結果によっては、利用限度額を減額されるのよ。次の項目で詳しく説明するわ。

増額審査の申し込みをオススメできない人

カードローンの利用限度額を増やすには、増額審査に通らなければいけません。審査に有利になるポイントをおさえておくことも重要ですが、その前に「申し込むべきかどうか」の検討も必要です。

なぜならカードローンの増額を安易に申し込むと、審査結果によっては利用限度額が増えるどころか逆に減らされてしまい、適用金利も高くなるから。

バンクイックでの増額を見送ったほうがいいのは、次のような人です。

バンクイックでの増額が見込めない人
  • お金の管理が苦手で、無駄遣いしやすい人
  • 増額審査に落ちる可能性が高い人
  • 他のローン申し込みを検討中の人

カードローンの増額をすると当然、借り入れできる最大の金額が増えますよね。そのため増額がお金の借りすぎに繋がり、返済が苦しくなる危険性があるんです。

また増額審査に落ちる可能性が高いなら、申し込むのはやめておきましょう。

増額審査に申し込んだという記録は、信用情報※に登録されます。他のローンへの申し込みも検討している人は、そちらの審査で不利になる場合があるので注意してください。

信用情報とは

信用取引(クレジットやローンなど)の契約内容や、返済・支払いなどの利用実績などの情報。登録・管理しているのは「信用情報機関」です。

カードローンの新規契約や増額の申し込みをすると、銀行や消費者金融などのカードローン会社は信用情報をもとに審査を行います。

増額審査の結果が希望に沿わない場合は、キャンセルも可能です。しかし増額審査にかけた時点で、「増額の申し込み」は信用情報へ登録されます。

増額審査に落ちたら他社のカードローンで、希望額を大きくして申し込もうかなって思ってたのにー・・・。信用情報に登録されたら、審査で知られちゃうんだね。
それは賢い方法とは言えないわ。カードローンの審査では「返済能力があるかどうか」がポイントでしょ。信用情報だけじゃなくて、そもそも収入や勤続年数の面で不利になってる可能性大よ!

増額審査で見られるのは利用実績・信用情報・契約中のローン

増額の申し込みを検討中の人のなかには「増額審査が否決にならないか心配」という人も多いですよね。

カードローンの新規契約や増額の申し込みで重要視されるのは「希望借り入れ額が、自分の収入で返済できる金額かどうか」です。

他にも増額審査で見られるチェックポイントがあるので、確認しておきましょう。

カードローン増額審査のポイント
  • カードローンの利用実績に問題がないか
  • 信用情報にキズがないか
  • 他に契約中のローンはないか

それぞれの条件をクリアできているか、順番に確認してみましょう。

1、カードローンの利用実績に問題がないか

「バンクイック」の増額審査では、増額前の利用実績が判断材料の1つになります。利用実績が次のような状況であれば、審査で有利になる可能性が高いです。

  • 「返済能力がある」と判断できるくらいの利用回数がある
  • 延滞せず期日までに返済を終えている
  • カードローン契約から1年以上経過している

利用年数が「カードローン契約から1年以上経過」というのは、あくまで目安。

「バンクイック」のお問い合わせ窓口に電話して聞いてみたのですが、「増額するために必要な利用年数などは、特に決まっていません。」とのことでした。

しかし利用期間が短すぎると利用実績(借り入れ・返済回数)が少ないため、返済能力を判断しづらくなるので注意が必要です。

2、信用情報にキズはないか

借金返済の延滞や自己破産、債務整理などの金融事故は、信用情報に登録されます。

これらの登録期間も内容や信用情報機関によって違うので、心当たりがあれば情報が残っているか調べてみましょう。

信用情報の登録期間・開示請求の方法は「ローン審査に通らないなら信用情報を開示!方法と開示画面の見方」で確認してみてください。

3、他に契約中のローンはないか

他社でのローン契約も、信用情報に登録されています。

「カードローンを契約しているけど完済した。今はまったく借り入れしてない」という人でも、利用枠がありますよね。そのため審査では「いつでもお金を借りられる状態である」と判断され、返済能力の面で評価が落ちてしまうんです。

カードローン増額審査のポイントは「申し込む前に確認して!増額審査のポイント」でも詳しく解説しています。

増額におすすめのカードローンも紹介しているので、「バンクイック」と比較してみるのもいいでしょう。

なるほどねー。でもこの条件をクリアしたからといって、確実に審査に通るわけではないんでしょ?審査基準、全部教えてくれたらいいのになー。
カードローン会社が審査基準を全部教えたら、審査に通りたいがために嘘の申し込み内容を記入する人が出てくるかもしれないでしょ。

三菱東京UFJ銀行は契約者に「増額審査の案内」をメールで送っているから、そのタイミングで申し込んでみるのも1つの手よ。何も考えずに、送る相手を選んでいるわけがないもの。

バンクイック増額のメリット!必要なくても検討してみよう

この記事を読んでいる人の中には「バンクイック」を契約中の人もいると思います。「三菱東京UFJ銀行から増額の案内が来たけど、必要な金額を借り入れできているから必要ない」と思っている人もいるでしょう。

でもバンクイックで増額するメリットは「借り入れできる金額が多くなる」だけではないんです。

バンクイック増額のメリット
  1. 総量規制がかからない
  2. 低金利で利用できる
  3. 当日中に増額できる場合もある

他社のカードローンで増額する場合とどう違うのか、これらのメリットと合わせて説明します。

1、総量規制がかからない

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は銀行系カードローンなので、総量規制対象外です。

総量規制とは

貸金業法で決められた、借り入れできる金額の制限。「債務者(利用者)が貸金業者から借りられるのは、自分の年収の3分1まで」と定められています。

総量規制は、借りすぎによる多重債務を防ぐことが目的です。

消費者金融は総量規制がかかり、年収の3分の1を超える金額を借り入れすることはできません。そのため利用者の年収によっては、銀行系カードローンを選んだほうが必要なだけお金を借りやすくなります。

ただし、この総量規制は債務者を守るための決まりです。もちろん銀行でも審査時に、「申し込み者の年収に見合った借り入れ額かどうか」「返済能力はあるか」をよく吟味します。

そのため「銀行系カードローンだから多くお金を借りられる!」というわけではありません。

2、適用金利が下がる

「バンクイック」で利用限度額を増額すると、いまより低金利で利用できるようになるんです。

「バンクイック」の場合、利用限度額に応じた金利が適用されます。

バンクイックの限度額と金利
利用限度額 金利
500万円以下
400万円超
1.8%~6.1%
400万円以下
300万円超
6.1%~7.6%
300万円以下
200万円超
7.6%~10.6%
200万円以下
100万円超
10.6%~13.6%
100万円以下
10万円以上
13.6%~14.6%

金利が下がれば、返済額にかかる利息も小さくなります。今の限度額で満足している人でも、返済額を減らせる可能性があるなら増額しておくのがオススメですよ。

特にバンクイックは、銀行カードローンのなかでも最低金利が低めです。

バンクイックと他行カードローンの金利比較
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
1.8%~14.6%
みずほ銀行
カードローン
2.0%~14.0%
りそな銀行
プレミアムカードローン
3.5%~12.475%
三井住友銀行
カードローン
4.0%~14.5%

「いまカードローンの申し込みをしても、希望限度額が大きすぎると審査に通らなくなりそう。でもいつか増額したい」と考えている人にもピッタリですよ。

ただし他行のほうが、カードローンの最高限度額が高い場合もあります。500万円を超える利用枠が今後必要な人は、最高限度額の大きいカードローンを選びましょう。

3、当日中に増額できる場合もある

「バンクイック」は対応スピードが速く、申し込んだその日に増額できる可能性があります。

三菱東京UFJ銀行のカードローン専用ダイヤルに問い合わせてみたところ、「増額審査には通常2、3日ほどかかりますが、急ぎであれば当日中に増額できる場合もあります。」とのことでした。

「バンクイック」の利用限度額を増額したい場合は、第二リテールアカウント支店専用ダイヤル(0120-76-5919)に電話してくださいね。

最高限度額の高いカードローンを利用するなら、どこがオススメ?
みずほ銀行なら最高限度額が800万円よ。いきなりこんな金額まで増額できる利用者は少ないと思うけど、お金を借りる目的次第では増額することを前提に契約してもいいんじゃないかしら。

みずほ銀行の基本情報やメリット・デメリットは「みずほ銀行カードローンは審査の窓口が広く限度額も高い」で確認してみて。

バンクイックで増額すれば低金利に!金融事故や減収がなければ検討

バンクイックは最低金利が銀行カードローンのなかでも低いのが特徴です。

増額によって限度額が最高額の500万円になれば、金利も最低金利の1.8%とかなりお得でになります。

「いまの限度額で必要な資金を賄えているから、増額しなくていい」と考えている人も、返済負担を減らすために検討してみましょう。

増額の案内が来ていれば、銀行側があなたを「増額できる見込みがある」ということ。確実に増額審査に通るわけではありませんが、増額の申し込みを検討するいいタイミングだと考えて間違いないです。

ただし借金返済の延滞や減収があった場合は、増額を見送るのが賢明。増額できないどころか、限度額が減り高金利になる危険性が大きいので注意しましょう。

※記載されている内容は2017年7月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら