お金の勉強

親にお金を借りると贈与税がとられる!?親からの借金の注意点と対策法

親にお金を借りると贈与税がとられる!?親からの借金の注意点と対策法

住宅ローンの頭金を増やしたい、転職や退職で生活費がピンチ、引っ越し費用がちょっと足りない・・・そんなときに思い浮かぶのが親の顔ではないでしょうか。

親にお金を借りれば業者みたいに高い利息をとられる心配もないし、返済が遅れても裁判沙汰になんてならないでしょう。お金を借りたいとき、一番安心して借りられる相手ですよね。

(スーパー余談ですが、私の友達には「家を建てるからお金ちょーだい」と言ったら親から2億円借りられた人がいます。)

でも親からお金を借りるときには注意点しなければならないことも。

110万円以上借りると、税金(贈与税)がかかる場合があるんです。

親から借金するときの注意点、生活費がピンチで借金したいときの言い訳、みんなが親から借金した理由や体験談などをご紹介します。

親からお金を借りるときには贈与税がかからないよう注意

親からお金を借りる場合に気を付けたいのは、借りる金額や返済期間、利息などの条件。

「家族なんだし、借りられるだけ借りちゃえ」と思うかもしれません。しかし親から多額の借金をすると、税務署に「借金ではなくて贈与」と判断されて贈与税をとられてしまう可能性があります。

借金に贈与税がかかってしまう理由と、贈与税を回避する方法をお伝えします。

借りているお金に贈与税がかかってしまう理由

親から借金するとき、借用書を作る人は少ないと思います。消費者金融や銀行で借りるときのように、金利や返済期限、返済できなかったときの対応について細かく決めることも少ないのではないでしょうか。

また、親から「出世払いでいいよ」「ある時に返してくれたらいいから」と言われることもあるはずです。それどころか「返ってこなくてもいいや」と思っている親御さんもいるかもしれません。

これが贈与税がかかってしまう原因です。

「もらったのではなくて借りているのだ」と判断できる条件がそろっていないと、税務署に「実質はもらってる(贈与)じゃん」とみなされてしまうんです。

借金に贈与税がかからないようにするための方法

贈与税を回避するには、「贈与じゃなくて借金だ」ということを明確にしておく必要があります。次の2つの対策を行っておきましょう。

親からの借金に贈与税が課税されないようにする方法
  • 借用書などの書面に借金内容を残しておく
  • 返済した証拠を残しておく

親からの借金内容は、借用書などの書面にして残しておきましょう。記載しておくべき事項は、次の8つです。

  • 契約書を作成した日時
  • 借主と貸主の氏名・住所・押印
  • 借入金額
  • お金が受け渡された日
  • 返済方法
  • 返済期日
  • 利息
  • 遅延損害金など、返済が遅れたときの取り決め

借用書の書き方は次の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

それから「実際に返済している実績」を残すために、返済は手渡しではなく口座振込で行いましょう。

どうして?借用書さえあれば「これは借金です」って証明できるんじゃないの?
手渡しで返済を行うと、「借用書は形だけで、実際は返済していないんじゃないか」と思われる恐れがあるからよ。
確かにそうだね。借りたお金を返済する口座は、どの口座でも大丈夫?
返済するときは、親が管理している口座に振り込んで。

贈与になっても贈与税がかからない金額で借りるのも手

贈与税が非課税になる範囲でお金を借りるという方法もあります。

親からお金をもらっても、年間110万円以下なら贈与税はかかりません。

ちなみに20歳以上の人が親からお金をもらい「贈与」と見なされた場合、かかる贈与額は次のとおりです。

贈与税額 = 課税価格(贈与財産-110万円) × 贈与税率 - 控除額
課税価格(年間に贈与された額-110万円) 税率 控除額
~200万円以下 10%
~400万円以下 15% 10万円
~600万円以下 20% 30万円
~1,000万円以下 30% 90万円
~1,500万円以下 40% 190万円
~3,000万円以下 45% 265万円
~4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円を超える 55% 640万円

ちなみに、親から下宿生の子どもへの仕送りが年間110万円を超えることもありますが、扶養義務者からもらう生活費や学費には贈与税はかからないと相続税法(第21条の3)で決まっています。

ただし次のような場合は、贈与税がかかるので注意しましょう。

110万円を超える金額の仕送りで贈与税が課税される場合
  • 目的が学費や生活費以外である場合
  • 仕送りの金額が極端に多い場合
  • 数年分を一括で渡した場合

他にも毎年同じ時期に、同じ金額を贈与すると贈与税が課税されるなどの注意点も。詳しくは「生前贈与で相続税対策その1、連年贈与」で説明しています。

住宅購入資金は贈与税非課税枠が増える

通常は110万円を超えると贈与税がかかりますが、家を買うために親から贈与を受けた場合は特例で非課税枠を設けられることも。これを「住宅取得等資金の贈与税の非課税」といいます。

国税庁によると、この特例の対象となるのは次の条件を満たす受贈者です。

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」対象者
  1. 贈与を受けたときに贈与者の直系尊属(※1)
  2. 贈与を受けた都市の1月1日に「20歳以上」
  3. 贈与を受けた年分の所得税に係る合計所得金額が2,000万円以下
  4. 平成21年分~平成26年分の贈与税の申告で「住宅取得等資金の非課税」の適用を受けたことがない
  5. 自分の配偶者や親族など一定関係にある人から住宅用の家屋を取得したものではない、またはこれらの人物との請負契約等によって新築や増改築等をしたものではない
  6. 贈与を受けた年の翌月3月15日までに、住宅取得等資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築等を行う
  7. 贈与を受けた年の翌月3月15日までに、住宅取得等資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築等を行う(※2)
  8. 贈与を受けたとき、日本国内に住所がある(※3)
  9. 贈与の翌年3月15日までにその家屋に居住すること、または「同日後遅延なくその家屋に居住することが確実」と見込まれること
※1:配偶者の父母・祖父母は直系尊属には該当しないが、養子縁組をしている場合は直系尊属に該当する。
※2:受贈者が住宅用の家屋を所有する(共有持分を有する場合も含まれる)ことにならない場合は特例の適用不可
※3:平成29年4月1日以後に住宅取得資金の贈与を受けた場合は、受贈者が一時居住者で、贈与者が一時居住贈与者(または非居住贈与者)である場合を除く
受贈者が贈与の翌年3月15日までに、その家に住んでなかった場合はどうなるの?
もちろん特例が適用されることはないわ。それから、修正申告が必要になることも覚えておいて。

また贈与を受けたときに日本に住所がなかった場合でも、特例の適用を受けられる可能性があります。詳しい条件は国税庁の公式ホームページにある「受贈者が外国に居住しているとき」を確認しましょう。

受贈者がこの条件に当てはまれば、贈与額の非課税枠は設けられるんだよね?
贈与税を非課税にするためには、受贈者だけじゃなく家屋も一定条件を満たす必要があるわ。それについても国税庁ホームページで確認できるわよ。

親からの借金にかかる金利は1%以上に設定しておこう

利息について借用書などの書面に記載しておくようにお伝えしましたが、親に利息払うなんて嫌だとか、親が利息なんていらないと言っているという人もいるでしょう。

しかし、極端に低い金利だったり無利子だったり、金利に関する取り決めがなかったりすると贈与とみなされる可能性が高まるので、金利は必ず決めておきましょう。

多額の借り入れをしているのに無利子の場合、借金だと認められても「借主は利子分の金額を得している」と指摘されて、利子分にだけ贈与税がかかってしまうことがあります。

親から借金する場合には、銀行や消費者金融で借りるより低い金利で問題ありません。社内融資※で年利1%くらいなので、年利1~5%程度が妥当です。
社内融資とは

企業が福利厚生の一環として、従業員に低金利で貸付を行う制度。導入していない企業もあります。

親から借りるときにも金利を決めておかないといけないんだね。でもあんまり金額も多くないし無利子にしたいんだけど・・・どうしたらいい?
その場合には借用書に無利子と書いておきましょう。多額の借金だと「無利子なんておかしい」って税務署に言われてしまう可能性大だけど、少額なら問題にならないこともあるわ。

みんなはなんで親から借りたの?親にお金を借りた理由

親からお金を借りた経験がある人たちは、どんな理由でお金を借りることになったのか、ちょっと気になりますよね。

また「親にお金を借りるなんて、情けないと思われるのでは・・・。」と思う人もいるかもしれません。

目的はさまざまですが、主に次のような理由でお金を借りる人が多いのではないでしょうか。

親からお金を借りる理由
  • 引っ越し費用が足りないから
  • 住宅ローンや自動車ローンの頭金が足りないから
  • 企業するための資金を確保したいから
  • 冠婚葬祭の費用が足りないから

親からお金を借りる理由で多いのは、やはり住宅関係です。

住宅ローンの頭金や賃貸契約の費用など、引っ越し費用としても借りる人が多いですね。

また自動車購入の頭金を借りる人も多いようです。

そのほか「子どもが複数人いるので、養育費や教育費のために借りた」「カードローンの返済に行き詰って借りた」「退職や転職で、収入が減ったときに一時的に借りた」という人もいます。

みんないろんな理由でお父さんお母さんからお金を借りているんだぁ。やっぱりまとまったお金が必要になるときに借りる人が多いみたいだね。
とくに住宅購入資金を目的として親にお金を借りる人は多いみたいね。前向きな理由だし協力してくれる親も多いんじゃないかしら。結婚資金や出産費用を借りる人もいるわよ。

親に借金を頼むときにはどんな頼み方・言い訳が効果的か

住宅購入資金や子供の養育費を借りたい場合だったら、喜んで援助するという親や、そもそもそのためにお金を貯めてくれていた親も多いでしょう。実際、私の両親や義両親もそうでした。

しかし浪費して生活費が足りなくなった場合には怒られてしまうかもしれません。お金に厳しい親だっていますよね。そんな場合、どうやって頼んだら気持ちよく貸してくれるのでしょうか。

嘘がバレると親を怒らせる羽目に!お金を借りるときは率直に頼もう

親に借金を頼むとき、前向きな理由のほうが「貸しやすい」と感じてもらえる可能性が高いです。代表的な言い訳としては、こんなものがあります。

  • 結婚式や葬式などの突発的な出費が重なって生活費が苦しい
  • ある目的のために用意していたお金を、別の用事のために使わざるを得なかった
  • スキルアップのための教材を奮発して買いたい

そして一番いい頼み方は「嘘はつかず、言い訳もせず、率直に頼む」こと。

嘘をついたことが後からわかった場合、親を怒らせたり悲しませたりしてしまいます。もしかしたら、二度とお金を貸してくれないかもしれません。

嘘がばれてしまうのは、どうやって言い訳して借りたかを、借りた本人が忘れてしまうからです。お金を借りられたことに安心したら緊張感もなくなってしまい、忘れてしまうんです。

正直に「困っている」と相談するのがいいでしょう。

正直に話すのが一番なのかぁ。でも「スイーツ食べ放題に行き過ぎて、お金がなくなって生活費が厳しい」なんて正直に話しちゃったら、貸してくれるか不安だな。
あなたらしいわね・・・。借金を頼むときに「給料日の翌日に返す」など返済期限を明確にしたり、「追加では借りない」と約束してみたらどうかしら。少しは安心して貸せるんじゃない?

親への借金依頼は率直に!贈与にあたらないよう注意して

親からお金を借りるときの注意点をお伝えしてきました。親からお金を借りる場合には贈与とみなされるかどうかに注意するのが大きなポイントでしたね。

贈与とみなされないためには借金であることを明確にしておく必要があります。一方で贈与税がかからない範囲で借りるならそれほど神経質にならなくてもいいでしょう。

親にお金を借りる場合には、なんだかんだと言い訳せず誠実にお願いすることが大切です。返済期限などを明確にすれば親も安心できます。親の財務状況も考慮したうえで、無理のない範囲でお願いしてみましょう。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる