お金の勉強

親にお金を借りると贈与税がとられる!?親からの借金の注意点と対策法

親にお金を借りると贈与税がとられる!?親からの借金の注意点と対策法

住宅ローンの頭金を増やしたい、転職や退職で生活費がピンチ、引っ越し費用がちょっと足りない・・・そんなときに思い浮かぶのが親の顔ではないでしょうか。

親にお金を借りれば業者みたいに高い利息をとられる心配もないし、返済が遅れても裁判沙汰になんてならないでしょう。お金を借りたいとき、一番安心して借りられる相手ですよね。

スーパー余談ですが、私の親はハイパー貧乏なので1円も借りれる見込みはありませんが私の周りの友達では

「家を建てるからお金ちょーだい」

と言ったら親から2億円借りれた友達を知っています滝汗

でも親からお金を借りるときにも注意点があります。110万円以上借りると、税金(贈与税)がかかる場合があるんです。親から借金するときの注意点、生活費がピンチで借金したいときの言い訳、みんなが親から借金した理由や体験談などをご紹介します。

親からお金を借りるときには贈与税がかからないよう注意

親からお金を借りる場合に気を付けたいのは金額と借りる条件です。「家族なんだし、借りられるだけ借りちゃえ」と思うかもしれませんが、親から多額の借金をすると、税務署に「借金ではなくて贈与」と判断されて贈与税をとられてしまう可能性があります。

借金に贈与税がかかってしまう理由と、贈与税を回避する方法をお伝えします。

借りているお金に贈与税がかかってしまう理由

親から借金するとき、借用書を作る人はほとんどいません。消費者金融や銀行で借りるときのように、金利や返済期限、返済できなかったときの対応について細かく決めることも少ないのではないでしょうか。

また、親から「出世払いでいいよ」「ある時に返してくれたらいいから」と言われることもあるはずです。それどころか「返ってこなくてもいいや」と思っている親御さんもいるかもしれません。

これが贈与税がかかってしまう原因です。

「もらったのではなくて借りているのだ」と判断できる条件がそろっていないと、税務署に「実質はもらってる(贈与)じゃん」とみなされてしまうんです。

借金に贈与税がかからないようにするための方法

贈与税を回避するには、「贈与じゃなくて借金だ」と明確にしておかなく必要があります。

一般的に「これは借金だ」といえるために、事前に決めておくべき主なポイントは2つ。この2つを借用書などの書面にして残しておきましょう。

  • 返済条件について(毎月の返済金額、返済期間)
  • 利息について(利率)

それから、実際に返済している実績があることも重要です。いろいろ取り決めて借用書を作ってもも、実際に全然返済してなかったら「形だけ書類作ったんでしょ」といわれてしまいます。

借用書の書き方は「無効にならない借用書の書き方!金銭トラブル防止に借用書は必須」で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

贈与になっても贈与税がかからない金額で借りるのも手

贈与とみなされるかどうかヒヤヒヤしたくない人は、贈与税が非課税になる範囲でお金を借りるという方法もあります。親からお金をもらっても、年間110万円以下なら贈与税はかかりません。

ちなみに、贈与とみなされてしまった場合、贈与税はこのくらいかかってきます。20歳以上の人が親から贈与を受ける場合の贈与税です。

贈与税額 = 課税価格(贈与財産-110万円) × 贈与税率 - 控除額
課税価格(年間に贈与された額-110万円) 税率 控除額
~200万円以下 10%
~400万円以下 15% 10万円
~600万円以下 20% 30万円
~1,000万円以下 30% 90万円
~1,500万円以下 40% 190万円
~3,000万円以下 45% 265万円
~4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円を超える 55% 640万円

ちなみに、親から下宿生の子どもへの仕送りが年間110万円を超えることもありますが、扶養義務者からもらう生活費や学費には贈与税はかからないと相続税法(第21条の3)で決まっています。

ただし仕送りで車やバイクを買うなど学費・生活費以外に使ったり、仕送りの額が極端に多かったり、必要な都度渡すのではなくて数年分を一括で渡したりすると贈与税がかかるので注意が必要です。

住宅購入資金は贈与税非課税枠が増える

通常は110万円を超えると贈与税がかかりますが、家を買うために親から贈与を受けた場合は特例で非課税の枠が広がります。「住宅取得等資金の贈与税の非課税」といい、20歳以上の人が住宅資金として親から贈与を受ける場合の贈与税はこうなっています。

消費税がかかる物件で、消費増税されない場合にはこうなります。

消費税率 契約時期 非課税枠
8% 2016年1月1日~2017年9月30日
  • 700万円(一般住宅)
  • 1,200万円(一定基準を満たす住宅)
8% 2017年10月1日~2018年9月30日
  • 500万円(一般住宅)
  • 1,000万円(一定基準を満たす住宅)
8% 2018年10月1日~2019年6月30日
  • 300万円(一般住宅)
  • 800万円(一定基準を満たす住宅)

消費税がかかる物件、消費増税される場合です。

消費税率 契約時期 非課税枠
10% 2016年10月1日~2017年9月30日
  • 2,500万円(一般住宅)
  • 3,000万円(一定基準を満たす住宅)
10% 2017年10月1日~2018年9月30日
  • 1,000万円(一般住宅)
  • 1,500万円(一定基準を満たす住宅)
10% 2018年10月1日~2019年6月30日
  • 700万円(一般住宅)
  • 1,200万円(一定基準を満たす住宅)

消費税がかからない物件の場合は、このようになっています。

契約時期 非課税枠
2016年1月1日~2017年9月30日
  • 700万円(一般住宅)
  • 1200万円(一定基準を満たす住宅)
2017年10月1日~2018年9月30日
  • 500万円(一般住宅)
  • 1000万円(一定基準を満たす住宅)
2018年10月1日~2019年6月30日
  • 300万円(一般住宅)
  • 800万円(一定基準を満たす住宅)

一定基準を満たす住宅とは、いわゆる省エネ住宅など、以下の物件を指します。

  • 熱等性能等級4または一次エネルギー消費量等級4
  • 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上または免震建築物
  • 高齢者等配慮対策等級3以上

新築物件などの消費税がかかる物件と、個人が売主になっていて消費税がかからない中古物件などで非課税枠が違うので、どの物件を購入するか決めたら、非課税枠を確認してください。

贈与とみなされないためには、借用書だけじゃなくて返済実績もわかるようにしないといけないんだね。でも返済実績ってどうやって残せばいいの?
手渡しや手書きのメモだと本当に返済しているかわからないので、通帳に記録が残るように銀行振り込みで返済するのがおすすめよ。

親からの借金にかかる金利は1%以上に設定しておこう

利息について借用書などの書面に記載しておくようにお伝えしましたが、親に利息払うなんて嫌だとか、親が利息なんていらないと言っているという人もいるでしょう。

しかし、極端に低い金利だったり無利子だったり、金利に関する取り決めがなかったりすると贈与とみなされる可能性が高まるので、金利は必ず決めておきましょう。

多額の借り入れをしているのに無利子の場合、借金だと認められても「借主は利子分の金額を得している」と指摘されて、利子分にだけ贈与税がかかってしまうことがあります。

親から借金する場合には、銀行や消費者金融で借りるより低い金利で問題ありません。社内融資※で年利1%くらいなので、年利1~5%程度が妥当です。
社内融資とは

企業が福利厚生の一環として、従業員に低金利で貸付を行う制度。導入していない企業もある。

親から借りるときにも金利を決めておかないといけないんだね。でもあんまり金額も多くないし無利子にしたいんだけど・・・どうしたらいい?
その場合には借用書に無利子と書いておきましょう。多額の借金だと「無利子なんておかしい」って税務署に言われてしまう可能性大だけど、少額なら問題にならないこともあるわ。

みんなはなんで親から借りたの?親から借りた理由と金額

親からお金を借りた経験がある人たちは、どんな理由でお金を借りることになったのでしょうか。ちょっと気になりますよね。みんなが親から借りた理由や体験談を集めてみました。

住宅ローンや自動車ローンの頭金を借りる人が多い

親からお金を借りる理由で多いのはやはり住宅関係です。

住宅ローンの頭金や新たに賃貸契約をするとき、引っ越し費用としても借りる人が多いですね。

自動車購入の頭金を借りる人も多いようです。

起業のために親のお金と信用力を借りる人も

自分でお店を持つとき、事業を始めるときにもまとまった資金が必要です。このときに親からお金を借りる人も多いようです。

また親からお金を借りるだけではなく、親の信用力(お金を借りる力)を利用させてもらっている人もいるようです。若く経験も少ない本人より、親の方が信用力があることも多いため、親の信用力を借りて銀行などから事業用資金を借りるというわけです。

子どもが複数人いて養育費や教育費のために借りたり、カードローンの返済に行き詰って借りたり、退職や転職で収入が減ったときに一時的に借りたという人もいます。

みんないろんな理由でお父さんお母さんからお金を借りているんだぁ。やっぱりまとまったお金が必要になるときに借りる人が多いみたいだね。
そうね。住宅購入資金が圧倒的に多いわね。前向きな理由だし協力してくれる親も多いんじゃないかしら。結婚資金や出産費用を借りる人もいるわよ。

親に借金を頼むときにはどんな頼み方・言い訳が効果的か

住宅購入資金や子供の養育費を借りたい場合だったら、喜んで援助するという親や、そもそもそのためにお金を貯めてくれていた親も多いでしょう。実際、私の両親や義両親もそうでした。

しかし浪費して生活費が足りなくなった場合には怒られてしまうかもしれません。お金に厳しい親だってもちろんいますよね。そんな場合、どうやって頼んだら気持ちよく貸してくれるのでしょうか。

後から嘘がバレると親を怒らせる羽目に

親に借金を頼むときの代表的な言い訳としては、こんなものがあります。

  • 結婚式や葬式などの突発的な出費が重なって生活費が苦しい
  • ある目的のために用意していたお金を、別の用事のために使わざるを得なかった
  • スキルアップのための教材を奮発して買いたい

前向きな理由のほうが親としても貸しやすいはずです。

後から嘘がバレると親を怒らせる羽目に

言い訳をいくつかお伝えしてきましたが、実は、一番いい頼み方は「嘘はつかず、言い訳もせず、率直に頼む」ことです。

嘘をついたことがあとからわかった場合、親を怒らせるし悲しませてしまいます。もしかしたら、二度とお金を貸してくれないかもしれません。

嘘がばれてしまうのは、どうやって言い訳して借りたかを、借りた本人が忘れてしまうからです。お金を借りられたことに安心したら緊張感もなくなってしまい、忘れてしまうんです。

だから、できれば正直に困っていることを離して相談しましょう。

正直に話すのが一番なのかぁ。でも「スイーツ食べ放題に行き過ぎて、お金がなくなって生活費が厳しい」なんて正直に話しちゃったら、貸してくれるか不安だな。
あなたらしいわね・・・借金を頼むときに「給料日の翌日に返す」など返済期限を明確にしたり、「追加では借りない」と約束してみたらどうかしら。少しは安心して貸せるんじゃない?

親への借金依頼は率直に!贈与にあたらないよう注意して

親からお金を借りるときの注意点や、体験談をお伝えしてきました。親からお金を借りる場合には贈与とみなされるかどうかに注意するのが大きなポイントでしたね。

贈与とみなされないためには借金であることを明確にしておく必要があります。一方で贈与税がかからない範囲で借りるならそれほど神経質にならなくてもいいでしょう。

親にお金を借りる場合には、なんだかんだと言い訳せず誠実にお願いすることが大切です。返済期限などを明確にすれば親も安心できます。親の財務状況も考慮したうえで、無理のない範囲でお願いしてみましょう。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる