ローンの種類

ブライダルローンで結婚資金を準備!特徴と他のローンとの比較

ブライダルローンで結婚資金を準備!特徴と他のローンとの比較

結婚式は一生で一度の晴れ舞台。気に入った式場で、たくさんのゲストに囲まれて、思い通りの1日にしたいものですよね。

結婚式の平均費用は約340万円と言われていますが、やりたいことがあればあるほどお金がかかるのが結婚式。例えば風船をみんなで飛ばす演出で5万円、キャンドルサービスも8万円ほどかかるんです。他にもゲストへの料理や新婦のアクセサリーまで、こだわればこだわるほど金額が跳ね上がります。

せっかくの結婚式で妥協はしたくないけれど、二人の貯金で費用が足りるか不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

さらに、結婚費用には結婚式の費用だけでなく、指輪の購入費用や新婚旅行の費用、新生活の準備費用なども必要で、総額600万円ほどかかると言われています。結婚式の費用は原則前払いなので、御祝儀を頂く前に支払いに追われてしまうケースがほとんどです。

貯金だけでは足りないかも・・・という方の結婚資金の準備方法として、ブライダルローンのメリットや利用条件、申込の流れについて紹介します。また、「支払期日まで時間がない!」というピンチの時に使えるカードローンについてもメリットとデメリットを紹介しますよ。

2つのローンの特徴を理解して、賢くスムーズに結婚資金を準備しましょう。

結婚費用の相場は600万円!前払の結婚式費用は事前に準備

結婚のためには挙式・披露宴の費用だけでなく、結納費用や結婚指輪の購入費用、新婚旅行の費用も準備しなければなりません。「結婚はお金がかかる・・・」と漠然とした不安を抱えている人もいると思います。

結婚に向けて、何のためにどのくらいお金を準備すればいいのか、また親の援助や御祝儀でまかなえる金額はどのくらいなのかをまずは知っておきましょう。

挙式・披露宴費用の平均340万円が一番大きな出費に

婚約から新婚旅行までにかかる平均的な結婚費用は、およそ480万円。

そのうち結婚費用で一番大きなものは挙式・披露宴費用で、340万円ほど(平均)かかります。

挙式・披露宴費用の中で主なものは、披露宴の料理代120万円、新婦の衣装45万円、引き出物が35万円ほどです。結婚式は1日で終わってしまいますが、人生の晴れの日ともあってやっぱりお金がかかりますね。

結婚費用の内訳
結納・会場費 13万円
(顔合わせのみの場合 6万円)
婚約指輪 32万円
結婚指輪(二人分) 22万円
挙式・披露宴費用 340万円
新婚旅行費用 55万円
新婚旅行土産 12万円
合計 474万円

さらに、この内訳の費用以外にも、遠方から参列してくれたゲストへのお車代や、受付やスピーチをしてくれたゲストへのお礼、また二人の新生活を始めるための引越し費用や家具代も必要になります。

これらの費用を合わせると、結婚費用は600万円程度必要と言えます。

ご祝儀や援助をアテにしても200万円は自力で準備が必要

結婚費用に600万円程度必要と聞いて、「ご祝儀や親族からの援助があるのでは・・・」と思った人もいると思います。ご祝儀の総額と親族からの援助総額の平均はこのようになります。

ご祝儀・親族からの援助総額平均
ご祝儀総額 230万円
親、親族からの援助総額 180万円
合計 410万円

ご祝儀と親族からの援助を合わせて平均およそ400万円となり、結婚費用600万円のうち200万円は結婚する本人達で準備しなければなりません。

また、挙式・披露宴の費用は前払いとしている式場が多く、式の一週間前には費用を支払わなければならないケースがほとんどです。なので、式当日のご祝儀をアテにしていると、支払いが間に合わなくなってしまうので注意しましょう。

結婚式って結構お金かかるんだね。でも私は将来お金持ちと結婚して、玉の輿に乗る予定だからお金の心配はしなくていいもん!
そう言って貯金もしてないから、いざというときに困るのよ!

結婚資金はいくらかかるのか、御祝儀や援助はどれくらいになるのか、結婚を考え始めたら二人で一度考えておくと準備もスムーズよ。

ブライダルローンのメリットは低金利!賢く結婚資金を準備しよう

結婚資金に総額600万円、そのうちご祝儀や援助を見越しても200万円は自力で準備しておかなければなりません。「今の貯金額では、結婚資金をまかなえそうにない。でも理想の結婚式は諦めたくない・・・。」という方におすすめなのがブライダルローンです。

ブライダルローンは、結婚式や結婚指輪の購入費用、新婚旅行の費用を借入れできるローンのことです。銀行や、クレジットカードのJACCSなどといった信販会社で取扱があります。

ブライダルローンのメリットと、実際に借り入れした場合の返済額について紹介します。

ブライダルローンは一桁台の低金利!効率的な資金準備が可能

ブライダルローンの魅力は、ローンの使いみちが決められているため、金利が低く設定されていることです。

例えば初めてカードローンで借入れする場合、金利が14.0~18.0%になることもありますが、ブライダルローンの金利はほとんどの金融機関で一桁台に設定されています。

千葉銀行 5.000~5.200%
十六銀行 4.075~4.575%
四国銀行 3.400~7.500%
沖縄銀行 4.800~6.800%
JACCS 8.000%

メガバンクではブライダルローンとしての取扱はなく、結婚資金の融資は多目的ローンやフリーローンで行っていますよ。

みずほ銀行(多目的ローン) 5.875%
三菱東京UFJ銀行(ネットDE多目的ローン) 5.475%
三井住友銀行(フリーローン無担保型) 5.975%

(いずれも2016年12月金利です。実際の借入れ後は年に2回金利が見直されます。)

ブライダルローンの返済額はどのくらい?返済シミュレーション

ブライダルローンの融資限度額は300~500万円の金融機関が多く、実際の融資額は平均200万円程度となります。

例えば、千葉銀行で融資額200万円、返済期間5年のブライダルローンを組むと、このように返済していくことになります。

金利 5.20%(2015年12月時点)
毎月返済額 37,925円
総返済額 2,275,500円

このシミュレーションのように毎月コツコツ返済するケースもありますが、実際は結婚式が終わった後にご祝儀で繰上げ返済してしまう人も多くいます。

繰上げ返済って何がいいの?御祝儀は返済に充てるよりも、新婚旅行でパーッと使っちゃいたいなぁ。
繰上げ返済は、前倒しでローンを返済することで、その分発生する利息を支払う必要がなくなるから、総支払額が減るというメリットがあるのよ。

結婚式後の二人の生活を考えれば長くローンが残ってしまうより、できるだけ早く効率よく返済するほうが賢いわね。

低金利だと条件が厳しい!ローンの利用条件と審査ポイント

ブライダルローンのメリットとして低金利を挙げましたが、金利の条件が良いほど、利用条件や審査が厳しくなる傾向があります。結婚式前はただでさえ準備で忙しい時期です。スムーズにブライダルローンを組むためにも、利用条件や審査のポイントを事前に知っておきましょう。

年収や勤続年数で違いあり!ブライダルローン利用条件をチェック

ブライダルローンを利用する条件として、ローン契約者の年齢や年収、勤続年数が挙げられます。

中でも年収については「安定継続した収入のある方」という条件だけの金融機関もありますが、「正社員のみ利用可能」とか「年収400万円以上の方のみ利用可能」という風に厳しい条件のところもあります。

また、勤続年数についても1年以上のところがあれば、3年以上としているところもあり、金融機関によって異なります。

年齢については「満20歳以上」としている金融機関がほとんどですが、年収と勤続年数については金融機関によって条件が違ってくるため、ブライダルローンを検討する時には細かくチェックしておきましょう。

ブライダルローンの審査では過去のローン使用状況もチェック!

ブライダルローンの審査では、一般的に利用条件(年齢・年収・勤続年数)に加えて、勤務先や今までのローンの利用状況がチェックされます。

今までのローンの使用状況については、ローン申込を受付けた金融機関が、国指定の信用機関に登録されている個人情報を取り寄せて確認します。日本の金融期間は信用機関に必ず加盟することになっており、顧客の契約状況や返済状況、延滞情報を漏れ無く登録しています。

ローン審査で落とされる可能性が高いのは、ローンやクレジットカードの支払いを3ヶ月以上延滞してしまった場合です。この場合、金融事故として5年間は情報が残ることになり、金融事故情報が残っている間はローンが組めず、融資を諦めなければなりません。

もしも、自分の信用情報に不安がある場合は、信用機関に情報の開示請求をして自分で確かめましょう。郵送や電話、インターネットでも開示請求することができます。

信用機関への情報の開示請求方法については、カードローン審査に通るためのポイント!審査対策と注意点で詳しく解説していますので、ぜひ確認してください。

ブライダルローンの利用条件ってどこを見たら分かるの?
金融機関のホームページで、ブライダルローンを調べれば利用条件も載ってるわよ。

細かいことが知りたければ、金融機関の窓口や電話でも教えてもらえるわ。

ブライダルローンの申込から融資までの流れ

実際にブライダルローンを組むとなれば、どこでどのような手続きを行えば良いのでしょうか。また、融資までどのくらい日にちがかかるかも気になりますよね。

ブライダルローンの申込から融資までの流れと、必要書類を紹介します。

希望のブライダルローンを決めたら事前審査の申込をしよう

申し込みたいブライダルローンが決まったら、まずは金融機関の窓口に事前審査の申し込みに行きます。

事前審査の申し込みは、店頭だけでなくインターネットや電話でも受付している金融機関もあります。事前審査の結果は最短で事前審査申し込みの当日に教えてくれますよ。

本申込には式場の見積書も必要!6つの必要書類を紹介

事前審査に通過したら、次は本申込を行います。本申込では、必要書類を揃えて金融機関に持参もしくは郵送します。必要書類については以下の通りですが、実際に借り入れするときには金融機関に確認して揃えましょう。

    【必要書類】

  • ローン申込書
  • 本人確認書類(運転免許証か健康保険証)の写し
  • 年収の確認できる書類(源泉徴収票、給与証明書など)の写し
  • 住民票
  • 使途確認書(結婚式場の予約票や見積書)の写し
  • ローン返済用預金口座の届け出印鑑

この中で注意したいのが、結婚式場の見積書などといった使途確認書が必要なことです。

ブライダルローンは使いみちが定められているローンなので、何に資金を使うのか事前に確認が入ります。

例えば北陸銀行のブライダルローンでは、結婚費用のうち結納金については資金の使いみちが確認できないため、使途条件から外されています。また、新生活の家具代といった新居資金にも使えるブライダルローンもあるので、使途条件は情報収集の際に見比べておくと良いでしょう。

ブライダルローンの手続きでは、漠然とお金を借りるのではなく、何にいくら使うために借りるのかしっかり考えてから申し込むことが大切です。

本審査に通れば融資決定!ローン申込から融資まで2~3週間

本申込で書類を提出したら、金融機関は本審査に入ります。本審査では利用条件に合った契約者かどうかという点だけでなく、勤務先やローンの返済状況、クレジットカードの利用状況も確認します。

本審査に通過すれば晴れて融資を受けることができ、早いところで審査通過の翌日に振り込まれます。

ただし本審査に時間がかかってしまうため、申し込みから融資までは2~3週間ほど見積もっておくことが必要です。

使いみちが分かる書類が必要なんだね。

結婚が決まったら、おおよその金額をとりあえず借りておけばいいやって思ってたけど、それは無理なの?

ブライダルローンの金利が低いのは、使いみちが限定されているからなの。だから金融機関は借入れを希望する人には、お金を何に使うのか事前に確認しているのよ。

ブライダルローンを組むときには、何のためのお金をいくら借りなければならないのかしっかり考えてから申し込むようにね。

本当に時間がない!そんな時にはカードローンを使おう

ブライダルローンは低金利ですが、融資まで時間がかかってしまうという難点もあります。結婚式の準備では、ドレス代だけ先に振り込まなければならなくなったり、二次会の会場に前金を払わなければならなくなったりと、急にまとまったお金が必要になる場面も。

「払込期日までにブライダルローンを組む時間がない!」という時には、カードローンで借入れしましょう。カードローンなら簡単な手続きで借入れすることができ、審査結果も即日分かります。

カードローンで結婚資金を準備するメリットと、知っておきたいデメリットを紹介します。

カードローンのメリット)素早く資金準備可能で使いみちも自由

ブライダルローンでの借入れが間に合わないなら、次はメガバンクのフリーローンや多目的ローンを思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。でもこれらのローンは仮審査、本審査、そして保証会社の審査・・・と三段階の審査を通過しなければ融資されません。

申込から融資まで2週間程度かかることもあり、本当に急いでいる時にはカードローンが一番早く資金準備ができます。

また、カードローンなら限度額内であれば何回でも借入れでき、使いみちが自由なのも魅力です。

例えば、急に新婦に「ブライダルエステがしたい!」と言われても、すぐに対応することができますね。

当サイトでは、カードローンの仕組みから取り扱い金融機関ごとの違いなどカードローンの基礎知識を解説している記事もありますので、カードローンの検討の際にはぜひ参考にしてくださいね。

このようにカードローンのメリットを並べると、「ブライダルローンより、カードローンの方が良い気がする・・・」と思った人もいると思いますが、カードローンには金利面、限度額面でデメリットもあります。

後々「知らなかった・・・」とならないためにも、カードローンのデメリットもしっかり解説します。

カードローンのデメリット1)金利が高い

カードローンの最大のデメリットは金利が高いという点です。

メガバンクのカードローンの金利は3.5%~と低く設定されていますが、誰でも初めから最低金利で借入れできるわけではないんです。

三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6~14.6%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0%
楽天銀行カードローン 4.9~14.5%
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
借入時に適用される金利は、個別に設定される限度額の大きさによって決まります。限度額は、年収や今までの借入状況、借入先の金融機関との信頼度によって決められ、限度額が大きくなると適用される金利が低くなります。

年収が高くて、過去に延滞がなく信頼できる顧客には、たくさん借入れしてもらえるように限度額を広げて金利を低くするということですね。

しかし、初めてカードローンを使う場合は取引実績がないため、金融機関側からすると「実際に貸してみなければ信用できるか分からない」という状態なので、限度額は小さくなります。限度額を大きくするためには、延滞なく取引実績を積み重ねて、金融機関の信頼を得なければなりません。

ですので、初めてカードローンを使う場合や、そんなにカードローンを使ったことが無い場合には最高金利が適用されると考えておきましょう。

カードローンのデメリット2)金利差により返済額が大きくなる

では、最高金利が適用された場合、ブライダルローンと比べて返済額はどのくらい変わってくるのでしょうか。例えば100万円を返済期間5年で借り入れした場合の比較が下表の通りです。

【カードローン(プロミス)】

金利 17.8%
返済金額(月額) 25,284円
総返済額 1,517,062円

【ブライダルローン(千葉銀行)】

金利 5.20%
返済金額(月額) 18,962円
総返済額 1,137,720円

100万円の借入れで、総返済額がおよそ38万円も違ってきます。金利を考えると、カードローンは短期で返済できる場合はまだしも、返済に時間がかかりそうな場合は負担が大きくなってしまいます。

カードローンのデメリット3)限度額と返済期間の融通が効かない

また、限度額についても、希望する金額を満額借り入れすることができないこともあります。初めてカードローンを使う場合、借入先の金融機関からすると、取引実績がない申込者の信頼度は計りづらく、どうしても限度額が小さくなってしまいます。

銀行系カードローンなら初めから100万円以上の限度額になることもありますが、消費者金融の場合は初めは50万円以下に設定されることがほとんどです。

一方、ブライダルローンの限度額の相場は300~500万円となっており、必要な金額が大きい場合には、ブライダルローンで借入れするべきでしょう。

また、返済期間についても、ブライダルローンは最長8~10年くらいまで設定することができますが、カードローンは47回までと短めに設定されている場合もあります。

カードローンは短期間で融資を受けることができ、手続きも簡単というメリットがありますが、その反面、限度額や返済期間で融通が効かないというデメリットもあります。

カードローンを利用するときには、デメリットも十分理解して自分に合った方法で資金の準備をしましょう。

ピンチのときはカードローンを使えばいいのね!ブライダルエステとか、ネイルやエクステとか、やりたいことなんて急にいーっぱい出てくるだろうし。
なんでもかんでもカードローンに頼ってはダメよ。カードローンもれっきとした借金なんだから!

カードローンの金利や限度額のデメリットをしっかり理解した上で、どうしても時間がない場合だけカードローンに頼るのが賢い方法よ。

ブライダルローンとカードローンのメリット・デメリットまとめ

満足できる結婚式をあげるためにも、自分に合った方法でスムーズに結婚資金の準備をしたいものですよね。結婚資金の準備方法として、ブライダルローンとカードローンのメリット・デメリットをまとめました。

ブライダルローン

メリット ・低金利
・限度額300~500万円まで借入れ可能
・返済期間(最長)8~10年と都合に合わせて設定できる
デメリット ・利用条件や審査がカードローンと比べて厳しい
・申し込みから融資まで2~3週間かかる
・資金の使途が分かる書類を準備しなければならない(式場の見積もりなど)

ブライダルローンでチェックすべき利用条件

  • 年齢:満20歳以上
  • 年収:「安定継続した収入がある」という金融機関から「正社員のみ」など様々。
  • 勤続年数:1年以上~3年以上まで金融機関によって異なる。

カードローン

メリット ・申込~融資までの時間が短く、手続きも簡単
・限度額内なら必要に応じて何度でも借入れできる
・使いみちが自由
デメリット ・高金利
・限度額が小さく設定されると、希望の金額借入れできない可能性がある。(初めて利用する場合、50万~100万円程度)
・返済期間の融通が効かない
ブライダルローンとカードローン、どっちもメリットとデメリットがあるね。私はめんどくさがりだから、できたらカードローンでサッと借りちゃいたいなぁ。
カードローンはすぐに借り入れできるのがメリットだけど、金利も高いし限度額だって小さくなる可能性が高いの。

基本はブライダルローンで計画的に借入れをして、足りない分だけカードローンで借入れするという風に使い分けるのがオススメよ。

ブライダルローンとカードローンで賢く結婚準備をしよう

ブライダルローンとカードローンは、いずれも分割で結婚資金の支払いができて便利です。

でも、ローンはあくまで借金。結婚式や新婚旅行を終えたあとの、ふたりの新婚生活に支障が出てしまっては本末転倒になってしまいます。

それでも納得のいく結婚式をしたいという場合には、金利面を考えるとやはりブライダルローンをおすすめします。でも、どうしても時間がないという場合やすぐに返済できる場合にはカードローンを使うことも方法の一つです。

ブライダルローンとカードローン、それぞれのメリットデメリットを理解して、自分にあった方法で借入れをしましょう。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら