初めて利用する方へ

カードローン限度額の増額方法・限度額の高いカードローンを紹介

カードローン限度額の増額方法・限度額の高いカードローンを紹介

カードローン契約中の皆さん、いまの限度額と金利で満足していますか?

契約してから1年以上経っていて延滞などの金融事故がなく、定期的に借り入れを行っていれば、カードローンの限度額(利用枠)を引き上げられる可能性があります。

またカードローンには、限度額が高いほど金利が低くなるものが多いので、増額できれば金利が下がり、返済額を抑えることも可能ですよ。

この記事ではカードローンの限度額を増やす方法について説明し、最高限度額の高いカードローンを紹介します。

カードローン限度額を増やすと金利が下がる!

カードローンの利用限度額は新規申し込みの際、審査によって決定します。利用限度額の範囲内であれば、契約中何度でも借り入れが可能です。

カードローンの限度額を増額すると借り入れ可能額が増えるだけでなく、金利も下がります。

三井住友銀行のカードローンを例に、限度額(契約極度額)と金利(借り入れ利率)の関係を見てみましょう。

三井住友銀行カードローンの限度額と金利
契約極度額 借入利率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

カードローンによっては限度額に関わらず金利が一定の場合もあります。

しかし三井住友銀行カードローンのように限度額に応じて金利が決まるものは、増額することで金利を下げ、返済額にかかる利息を減らすことが可能なんです。

増額って「いまの限度額じゃ、目的に必要な資金を確保できない!」っていう人のためのものだと思ってたよ。

金利が下がるなら、借りる金額を増やす必要がなくても増額するメリットがあるんだね。

そうでしょ。でも増額には、契約している金融機関に申し込んで審査を受ける必要があるの。誰もがカードローンの限度額を引き上げられるわけじゃないのよ。次の項目で説明するわ!

申し込む前に必ず確認して!増額審査のポイント

カードローンの限度額を増額すると、借り入れ可能な金額が増え、金利も下がります。

しかしカードローンの増額には審査があり、審査結果によっては増額どころか限度額が減ってしまう恐れもあるので注意が必要です。

増額できるかどうかは審査結果が出るまでわかりませんが、審査に落ちて減額されることのないよう「いまの状況で増額できそうかどうか」の確認はしておきましょう。

増額審査で見られるポイントは、おもに次の3つです。

増額審査のポイント
  • カードローンを契約してから1年以上経過している
  • 金融事故がない
  • 定期的に借り入れをしている

金融事故とは、借金返済の延滞や債務整理などのことです。こうした金融事故を起こすと信用情報※にキズが付き、カードローンの新規申し込みの際に行われる審査や増額審査に通りにくくなってしまいます。

信用情報とは

クレジットカードやローンの申し込み・契約情報、利用履歴のことです。

信用情報の登録期間や開示請求方法については「ローン審査に通らないなら信用情報を開示!方法と開示画面の見方」で詳しく解説しています。

増額審査の際、返済実績は判断基準の1つです。

例えばあなたが誰かにお金を貸すとき、過去にも貸したことがあり約束した日までに返してくれた人なら、「この人なら今回も返してくれそうだな」と思いますよね。

しかしお金を返すのが遅かった人や、未だに返してくれない人、そもそもお金を貸したことがない人に「お金を貸してほしい」と言われても、本当に返してくれるのか判断がつきません。

つまりカードローンの限度額を増やすためには、契約している金融機関との信頼関係を築くことが大切なんです。

利用実績を作っておいたほうが、増額審査で有利なんだね。借り入れしてると「お金に困ってそうだな」って思われて、増額してもらえる可能性が低くなるのかと思ってたよ。
カードローンを利用したことがない(利用履歴がない)人のことを「スーパーホワイト」と言うの。

スーパーホワイトには、金融事故の記録が信用情報から消えている人も含まれるから「過去に金融事故を起こしているかも」って思われちゃうのよね。残念だけど審査に通りやすくなるわけじゃないのよ。

最高限度額の高いカードローンを厳選して紹介!

いま使っているカードローンの最高限度額が希望する限度額より低い場合や、すでに最高限度額で契約していて増額できない場合もありますよね。

そのような人は、最高限度額の高いカードローンに乗り換えることも検討してみましょう。

他社のカードローンに申し込んで限度額を増やすなら、総量規制※対象外の銀行系カードローンがおすすめです。

総量規制とは

貸金業法によって定められた借り入れ金額の上限です。債務者が貸金業者から借り入れできる金額は、原則年収の3分の1までと決められています。

総量規制の内容や総量規制対象外の貸し付け方法については「総量規制の基礎知識と、総量規制対象外カードローン」で、さらに詳しく解説しています。

消費者金融や信販会社、クレジットカード会社のカードローンは総量規制の対象ですが、銀行カードローンは貸金業者ではないため貸金業法の規制を受けません。

限度額を増やしたい人にオススメの、最高限度額が高い銀行系カードローンは主に次の3つです。

おすすめの銀行系カードローン
  1. みずほ銀行カードローン
  2. 三井住友銀行カードローン
  3. ジャパンネット銀行のネットキャッシング

それでは最後に、それぞれのカードローンの商品概要と特徴を紹介します。

1、みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴は次のとおりです。

みずほ銀行カードローン商品概要
申込資格 ・満20歳~66歳
・安定した収入がある
無利息期間 ・なし
即日融資 ・可能
利用限度額 ・800万円
金利 ・2.0%~14.0%
申込方法 ・インターネット
・郵送
・電話
・窓口
必要書類 ・本人確認書類のコピー(※1)
・収入証明書類(※2)
借入方法 ・ATM
・ネットバンキング
返済方法 ・口座引落
ATM手数料 ・提携ATMは有料
・みずほ銀行ATMは平日8:15~18:00なら無料
※1:運転免許証か健康保険証、パスポートなど
※2:200万円を超える借入の場合に必要
みずほ銀行カードローンの利用限度額は800万円と、銀行系カードローンのなかでは限度額の上限が比較的高めに設定されています。

最初からこの限度額で契約できる可能性は少ないですが、今後増額する可能性があるなら是非契約しておきたいカードローンです。

ただしみずほ銀行の口座を開設する必要があり、申込方法によっては融資まで1カ月以上かかる場合も。

みずほ銀行のカードローンについては「みずほ銀行カードローンは審査の窓口が広く限度額も高い!」でさらに詳しく紹介しているので、申し込みの検討に役立ててくださいね。

2、三井住友銀行カードローン

三井住友銀行のカードローンはみずほ銀行に比べると限度額は少ないですが、対応スピードに優れています。

三井住友銀行カードローン商品概要
申込資格 ・20歳~69歳
・安定した収入がある
無利息期間 ・なし
即日融資 ・可能
利用限度額 ・800万円
金利 ・4.0%~14.5%
申込方法 ・インターネット
・ネットバンキング
・ローン契約機
・電話
・郵送
・窓口
必要書類 ・本人確認書類※
・収入証明書類
借入方法 ・ATM
返済方法 ・ATM
・銀行振込
・口座振替
ATM手数料 ・提携金融機関ATMは有料
※運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カードなど

三井住友銀行のカードローンは、審査時間が最短30分、最短即日融資と対応スピードが早いのが魅力。利用手数料が無料のATMもありますよ。

しかし口座がない場合は、WEB上で利用状況を確認することができません。

三井住友銀行のカードローンの特徴やメリット・デメリットなどは「三井住友銀行カードローンは審査が早い!口座があると返済も便利」で説明しているので、申し込み前に確認してみてください。

3、ジャパンネット銀行のネットキャッシング

ジャパンネット銀行は、有人店舗を持たずインターネット上で取り引きできる「ネット銀行」です。

ジャパンネット銀行で利用できる、ネットキャッシングの商品概要を見てみましょう。

ジャパンネット銀行のネットキャッシング商品概要
申込資格 ・20歳以上70歳未満
・安定した収入がある
・ジャパンネット銀行に普通預金口座がある
無利息期間 ・初回借入から30日間
即日融資 ・可能な場合あり
利用限度額 ・1,000万円
金利 ・2.5%~18.0%
申込方法 ・インターネット
必要書類 ・普通預金口座開設に必要な申込書類
・本人確認書類
・収入証明書※
借入方法 ・スマホアプリ
・ジャパンネット銀行ホームページ
返済方法 ・自動引落
ATM手数料 ・有料の場合あり
※目的型・フリーローンも合わせて限度額300万円以内の場合は不要
ネットキャッシングなら、契約さえしておけば最短30分で借り入れ可能です。緊急時にATMに立ち寄る手間もかからないのは嬉しいですよね。

ただしジャパンネット銀行のネットキャッシングは、みずほ銀行や三井住友銀行のカードローンに比べ最高金利が約4%高いのがデメリットです。

ジャパンネット銀行での借り入れを検討するなら、「ジャパンネット銀行のカードローン!利用前に知っておくべきポイント」で商品内容や特徴をチェックしてみましょう。

銀行カードローンを新規申し込みする際の注意点

銀行カードローンを契約して限度額を増やすことができても、いまより金利が上がってしまう恐れもあります。

申し込み前に、いまより金利が下がるかどうかも確認してくださいね。

他社のカードローンを新規契約して金利を下げる方法については「カードローンの借り換えで返済額を減らす方法と注意点」で詳しく説明しているので、こちらも合わせて読んでおきましょう。

限度額が低いなら、もう1つカードローンを契約して、2社からお金を借りればいいんじゃない?
それも1つの手ではあるけど、1社で借りるより金利は高めよ。返済に充てるお金の管理も大変だから、オススメしないわ。

ちなみに複数の金融機関でカードローンを契約している人には、借金を一本化して金利を下げる「おまとめローン」がオススメよ。詳しくは「おまとめローン検討中なら必ず読みたい5つのポイント!」を読んでみて。

カードローンの限度額を増額して低金利に利用しよう!

カードローン契約後1年以上経っていて金融事故がなく、定期的に借り入れを行っている人は、限度額の増額も検討してみましょう。

「今より多くお金を借りたい」という人でなくても、増額によって金利が下がる場合がありオススメです。

増額できるかどうかは審査にかけてみないとわかりませんが、審査基準を知っておくと審査対策ができます。審査結果によっては増額できないどころか、減額されて金利も上がる恐れがあるので確認しておきましょう。

また当サイトではこの記事で紹介した3社以外にも、限度額の高い総量規制対象外カードローンを紹介しています。自分に合ったカードローンを見つけるため、ぜひチェックしてくださいね。

※記載されている内容は2017年5月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる