初めて利用する方へ

ローン審査に通らないなら信用情報を開示!方法と開示画面の見方

ローン審査に通らないなら信用情報を開示!方法と開示画面の見方

安定して給料をもらって働いているのに、なぜかカードローンの審査に通らない・・・そんなあなたは信用情報にキズがあるのかも。

クレジットカードやカードローンの延滞はもちろん、奨学金や携帯代の延滞も信用情報のキズになりますから注意が必要です。

自分の信用情報が不安なら、情報開示請求をしましょう。

信用情報のキズがいつまで登録され続けるのかや、どの信用情報機関に開示請求すればいいか、信用情報開示報告書の見方について紹介します。

信用情報・信用情報機関とは?金融機関との取引履歴は記録される

信用情報とは、クレジットカードやローンの申込情報、契約情報、利用履歴のことです。どういう内容で申し込んだかや、支払い・返済の履歴が記録されています。

信用情報は、会社が個別に管理しているだけではありません。信用情報を集約して管理し、金融機関に提供している信用情報機関という組織があります。

具体的に、どんな情報がどこに登録されているのか紹介します。

信用情報として登録される情報の種類

信用情報として登録されるのは、このような情報です。

  • 利用者の基本情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先など)
  • ローンやクレジットカードの申し込み内容(商品名、契約先企業名、契約予定額など)
  • ローンやクレジットカードの契約状況・支払状況(借入額、支払履歴、延滞や破産の有無など)

申し込み内容や、利用中の借入額、滞りなく返済・支払ができているかが記録されています。

クレジットカードやローンとは少しイメージが違いますが、奨学金に関する情報も信用情報機関に登録されます。

また、携帯電話の本体を分割払いで購入して月々の利用料と一緒に支払っている場合はローンになるので、信用情報機関に登録されます。

日本には信用情報機関が3つある

信用情報を銀行や消費者金融、信販会社※から集めて管理している機関を信用情報機関といいます。現在、日本には3つの信用情報機関があります。

    【日本の信用情報機関】

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • 全国銀行個人信用情報センター

銀行や消費者金融、信販会社などは、それぞれが信用情報機関に加盟しています。

3つの信用情報機関は提携し、情報をやりとりしています。延滞情報や申告情報を共有することで、過剰貸し付けや多重債務の発生を防いでいるんですよ。

3機関で連携しているなら、どの会社がどこの信用情報機関に加盟しているとか、あんまり関係ないね。
利用者側からすれば、カードローンの申し込みをするときはあまり関係ないわね。だけど、次に説明する情報開示請求をするときは関係大アリよ。それぞれの信用情報機関が管理している情報しか開示できないからね。

新たに申し込みがあったら、申込者の情報を加盟している信用情報機関から取り寄せて審査をし、利用中は利用履歴を信用情報機関に提供します。

信販会社とは

商品を分割払いで買いたい消費者に対して、商品代金の立て替え払いを行う販売信用を業務とする会社です。ジャックス、オリコ、セディナ、アプラスフィナンシャルなどがあります。

信用情報はいつまで登録され続けるのか

信用情報機関に登録された信用情報は、永久に登録され続けるわけではありません。

登録期間は、信用情報機関や情報の種類によって違い、このようになっています。

信用情報 CIC JICC 全国銀行個人信用情報センター
申し込み 6ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
延滞 5年 1年 5年
代位弁済※ 5年 5年 5年
任意整理 5年
民事再生 5年 10年
自己破産 5年 5年 10年

(2016年12月現在)

CICは民事再生、自己破産の情報を保有しませんが、契約終了から5年間は情報が残るので、自己破産(免責)決定とのコメントがついた状態で5年間情報が残ります。

また全国銀行個人信用情報センターには任意整理の登録区分はありませんが、任意整理をして保証会社が代位返済した場合には、代位返済が登録されます。

代位弁済とは

カードローンの延滞が長期に及んだ場合、借主の代わりに保証会社が返済すること。借主は保証会社に返済することになります。

信用情報にキズがあるとローン審査に通らないのはなぜ?

信用情報機関に登録される情報の中で、「キズ」になるのは延滞や代位弁済、債務整理(任意整理、民事再生、自己破産)の記録です。

過去にクレジットカードの支払いやカードローンの返済を延滞したことがあり、延滞情報がまだ信用情報機関に残っている場合には、新たにカードローンの審査に申し込んでも、審査には通りません。

新たに申し込みを受けたカードローン会社側からすれば「過去に延滞してるし、また延滞するかも」と疑うのは当然ですよね。債務整理をしていればなおさらです。

延滞はわかるんだけど、任意整理や民事再生、自己破産ってなに?
借金が返済できなくなったときに、借金を減額したり免責にしてもらったりする手続きのことよ。まとめて債務整理っていうの。債務整理については自己破産だけじゃない!債務整理の種類と方法を徹底紹介で詳しく解説してるわ。

信用情報が不安なら開示請求!信用情報の開示方法

「信用情報にキズがあるかも」と思う人は、信用情報の開示請求をすることをおすすめします。開示してみて信用情報に問題があれば、審査に落ちた理由がわかりますし、対策も立てやすくなります。

信用情報のキズのもとになっている利用履歴が、どの信用情報機関に加盟している会社でついたものかあたりをつけ、それぞれの信用情報機関に開示請求しましょう。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構):消費者金融など
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー):信販、クレジットカード、携帯電話など
  • 全国銀行個人信用情報センター:銀行、日本学生支援機構など

CIC(株式会社シー・アイ・シー)の信用情報開示請求方法

CICに信用情報の開示請求を行う方法としては、インターネット、郵送、窓口の3つがあります。

郵送だと開示報告書到着まで10日程度かかりますが、ネットや窓口なら、手続きが済めばその場ですぐに自分の信用情報を確認できます。

窓口は全国に7か所しかないので、ネットが断然便利ですね。

しかし、ネットから開示請求するには、開示したいローンやクレジットカード利用の契約に利用した電話番号から電話をかけて、受付番号を取る必要があります。

携帯電話番号が変わり、それをクレジットカード会社やローン会社に届け出ていなかった場合、ネットでの開示請求はできません。郵送や窓口で開示請求してください。

インターネット
(PC、スマホ)
郵送 窓口
(全国7か所)
受付時間 8:00~21:45 平日
10:00~12:00
13:00~16:00
必要書類 電話番号
(契約時利用分)
開示申込書
本人確認書類
本人確認書類
手数料 1,000円
※クレジットカード
1,000円
※定額小為替
500円
※現金

(2016年12月現在、本人が請求する場合)

JICC(株式会社日本信用情報機構)の信用情報開示請求方法

JICCもCICと同じくインターネット、郵送、窓口で開示手続きができます。

ただしネットで開示請求してもその場で信用情報を見られるわけではなく、後日現住所に簡易書留で郵送されるのがCICとは違うところです。

インターネット
(スマホ)
郵送 窓口
(全国2か所)
受付時間 24時間 平日
10:00~16:00
必要書類 本人確認書類 開示申込書
本人確認書類
本人確認書類
手数料 1,000円
※クレジットカード、
コンビニ払いなど
1,000円
※クレジットカード、
定額小為替
500円
※現金

(2016年12月現在、本人が請求する場合)

全国銀行個人信用情報センターの信用情報開示請求方法

全国銀行個人信用情報センターへの開示請求方法は郵送のみです。本人限定受け取り郵便や簡易書留で郵送されてきます。

速達にしてもらうこともできるので、急ぎの場合は開示申込書を送るときに280円分の切手を同封してください。

郵送
受付時間
必要書類 開示申込書
本人確認書類
手数料 1,000円
※定額小為替

(2016年12月現在、本人が請求する場合)

結婚して苗字が変わったあと、旧姓のときのも新姓のときのも開示請求したいっていうのもOKなの?
もちろん!旧姓分と新姓分を開示請求することも可能よ。ただしそれぞれの名前につき手数料がかかるわ。

AとPに注意!CICの信用情報開示報告書の見方

開示請求してみたものの、信用情報開示報告書の見方がわからないという人もいるのではないでしょうか。CICの信用情報開示報告書をもとに、見方をご紹介します。

まずは≪お支払いの状況≫の返済状況をチェック

≪お支払いの状況≫の中にある、返済状況の欄を確認してください。ここに「異動」と記載されていると、以下の状況を示していて最悪です。

  • 長期(61日以上または3カ月以上)の延滞がある・あった
  • 保証会社が代位弁済した
  • 自己破産した

カードローンの新規申し込みは、情報が消えるまで絶望的です。

報告書下部の入金状況にAやPがないかチェック

続いて、報告書の下部にある入金状況を見てください。ここにAやPがあると、以下の状況を示しています。

  • A:入金がなかった
  • P:一部しか入金されなかった
CICの場合、延滞は、きちんと支払って延滞が解消してから最長5年は記録が残ります。記録が消えるまでカードローンの新規申し込みは難しいと考えてください。
入金状況は「$」と「-」ばっかりだよ。これはどういう意味?
「$」は請求通りに入金された状態、「-」や空欄は利用がなかったことを示すのよ。問題ない状態ね。ただし入金情報は24ヶ月分しか表示されないわ。

本人以外でも開示請求できるの?信用情報の疑問を解決

信用情報や信用情報機関、情報の開示請求についてお伝えしてきました。開示請求について、自分の場合はどうなのかもっと詳しく知りたい!という方も多いでしょう。

よくある疑問についてまとめたのでぜひ参考にしてください。

信用情報の開示請求は本人以外でもできるのか?

信用情報の開示請求は原則として本人が行うことになっています。家族や代理人が請求できるのは、本人が亡くなった場合や、本人から委託された場合のみです。

CICを例に、本人以外が開示請求できるパターンをまとめました。

本人以外の申込者 必要書類
任意代理人
(本人から委任された)
申込書
委任状(委任者本人の実印が必要)
委任者本人の実印の印鑑登録証明書
代理人と委任者本人の本人確認書類
法定代理人
(親権者または後見人)
申込書
本人との関係がわかる戸籍謄本(親権者)、または公的書類(後見人)
代理人の本人確認書類
法定相続人
(本人が亡くなった)
申込書
本人が亡くなったことがわかる証明書(死亡診断書など)
法定相続人であることを証明できる書類(戸籍謄本など)
法定相続人の本人確認書類

(2016年12月現在)

信用情報にキズがある場合、消してもらうことってできる?

「もう絶対に延滞しないから、なんとか延滞の記録を消してもらえないか」と考える人もいますよね。

しかし残念ながら、延滞したことが事実なら、依頼しても消してもらうことはできません。登録される期間が終わるまで待つのみです。

本当は延滞していないのに間違い・手違いで「延滞」と表示されているなら、契約していたカードローンやクレジットカードの会社に連絡して対応してもらうことが可能です。

契約時の電話番号を忘れてしまったら開示請求できないの?

開示請求する場合、電話番号が信用情報を検索する重要なキーになります。

そのため、電話番号が変わっている人の場合、情報を見たいカードローンやクレジットカードを契約していたときに使っていた電話番号を全て信用情報機関に提出します。

電話番号を覚えていない場合には、ほしい情報が手に入らないかもしれません。

ただし、電話番号が変わったときにローン会社やカード会社に届け出していたとか、免許証番号が登録されている場合などには、当時の電話番号がわからなくても情報が紐づけされて取得できることもあります。

んんん、昔の電話番号なんて忘れちゃったなぁ・・・でも住所は変わってないから大丈夫でしょ。
残念ね。CICに電話して聞いてみたら、検索をかけるときに住所は検索キーとして使わないんですって。

なぜか審査に通らないなら信用情報を開示してみよう

なぜか審査落ちを繰り返してしまうなら、自分の信用情報を開示してみましょう。

信用情報にキズがあるなら、登録されている情報が消えるまでローンの申し込みは控えるのが賢明です。

理由がわからないまま審査落ちを繰り返していると、申込情報が信用情報としてたくさん残ります。

すると「この人、こんなにいっぱいカードローン申し込んで、よっぽどお金に困ってるな」と思われてしまい、ますます審査が不利になりますよ。

カードローンを利用中の人や奨学金を返済中の人は、信用情報にキズがつかないように、延滞は絶対しないでくださいね。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら