ローンの種類

大学の学費と準備時期は?教育ローンや奨学金の申込前に知っておこう

大学の学費と準備時期は?教育ローンや奨学金の申込前に知っておこう

「子どもの教育資金を準備しなきゃ!」とは思っているものの、「必要な金額がわからない・・・」「教育資金はどうやって準備すればいいんだろう・・・」など、悩みがある人も多いのではないでしょうか。

教育資金の準備方法には、教育ローンや奨学金で借り入れたり、学資保険で貯蓄するという方法があります。

ただ、準備方法だけ知っていても、必要な金額や時期を意識して準備しなければ、いざ入学金や学費を支払うときまでにお金の準備が間に合わないということも。

そうならないためにも、この記事で、大学在学中に必要な教育資金の相場や、合格後に必要な大学の学費の納付時期、そして教育ローンや奨学金で資金準備する際にかかる時間について知っておきましょう。

必要な教育資金はいくら?大学在学中の負担額

教育資金の準備が必要だと意識はしているものの、どれくらいの金額を用意しなければならないのかハッキリ答えられる人は少ないのではないでしょうか?

漠然と準備するだけでは、資金不足になってしまうことも。そうならないために、まずは準備すべき金額を知っておく必要があります。

大学で必要な教育資金をそれぞれ見ていきましょう。

大学の入学費用・在学費用の合計は、約500万円~800万円!

大学の入学時・在学中にかかる教育費について、日本政策金融公庫は以下のようデータを公表しています。

大学の入学時・在学中にかかる教育費
入学費用(※1) 4年間の在学費用(※2) 合計
国立大学 79.7万円 405万円 484.7万円
私立文系 95.9万円 599.2万円 695.1万円
私立理系 120.1万円 759.6万円 879.7万円
※1:入学費用:受験費用と入学金、入学しなかった学校への納付金の合計額
※2:在学費用:授業料と通学費、教科書代の合計額

学費の負担が少ない国立大学に進学しても、4年間で500万円近くかかります。

また私立の医学部に進学した場合は、6年間でなんと2,000万円~5,000万円近くの学費がかかるんです。

マイホームが購入できるくらいの大きな金額ですね。

さらに遠方の大学へ進学した場合、一人暮らしするため更に費用がかかってしまいます。

日本政策金融公庫のデータを見てみると、アパートの敷金や家具を揃えるための初期費用は、一人あたりの平均は41.9万円でした。そして食費や光熱費など月々の仕送り額については均12.1万円というデータも。

これは学費とは別に、年間で平均145万円を仕送りするという計算になります。

大学だけで結構お金ってかかるんだね・・・。幼稚園から高校までだと一体どれくらいかかるんだろう。
ずっと公立に通っていたとしても、幼稚園から高校までで500万円かかると言われているわ。私立だと1700万円近くかかるの。

そこにさらに大学の費用がかかるんだから、親は大変よ。ご両親には感謝しなさい。

計画性が大事!教育資金の準備時期と融資開始のタイミング

では必要な教育資金を踏まえた上で、その資金の準備期間と融資開始のタイミングを見ていきましょう。

まず最低限準備するのは入学時に必要な費用。入学時に必要と聞いて、入学金を思い浮かべませんでしたか?でも実は入学金を準備するだけでは、教育資金不足になってしまう可能性があるんです!

その理由は、大学入学時には入学金と別に、初年度前期学費も3月中に振り込まなければならないから。手元に入学金だけ準備しておいても、3月中に納入しなければならない学費分の資金が不足してしまいます。

教育資金不足で納付できない!なんてことが起こらないよう、それぞれの時期と準備が必要な金額を説明していきますね。

大学入学時の費用が不足しそうなら、教育ローンで素早く準備を

大学の合格発表から入学までの1~2ヶ月の間には、入学金や前期の学費、一人暮らしを始めるなら家賃や契約金なども含め、莫大なお金が必要になります。

例えば、入学金30万円、前期授業料45万円、一人暮らしの初期費用45万円とすると、合計120万円という大きな額が必要になります。

急いで教育資金を借り入れしたい場合は、教育ローンを利用しましょう。教育ローンなら年中申し込みの受付をしているので、合格発表後すぐに申しこめば即日で融資決定してくれる金融機関もあります。

申込から融資までにかかる期間の目安
分類 期間
国の教育ローン 2週間~1ヶ月
民間の教育ローン 即日~1週間

「ギリギリで申し込んでも案外間に合うじゃないか」と思った人もいるかと思いますが、あくまでこの目安は期待通りの審査結果が出た場合の日数です。特に国の教育ローンは毎年1~3月の受験シーズンは混雑してしまい、融資までの日数がさらにかかる場合もあります。

そこで国の教育ローンと民間教育ローンの一部は、受験シーズンの混雑を和らげるために、「予約型教育ローン」を行っています。

これは進学先が決まる前からローンの予約申し込みを受け付ける制度です。

入学時費用の借り入れを考えている場合は、混雑を避けて合格発表前からローンの予約申し込みをしておきましょう。

なお、予約型教育ローンは合格発表後にローンが不要になった場合、キャンセルも可能です。

貸与型の奨学金とは違って、教育ローンはまとまった金額を一度に借り入れすることができるので、短期間でたくさんの費用が必要な入学時には使い勝手が良いと言えます。教育ローンなら、念のために後期の学費も借り入れしておくこともできますね。

奨学金の申込時期は重要!注意しないと翌年の学費不足にも繋がります

例えば入学時に必要な費用の準備のために、受験前から予約採用の奨学金制度に申し込んでいたとしても、奨学金を受け取れるのは給付型・貸与型ともに進学後。受け取れるまで待っていると、納期は過ぎてしまいます。

そのため奨学金制度を利用する場合でも、給付されるまでに立て替えておく資金が必要です。

もし翌年度以降の学費に日本学生支援機構の奨学金を充てようと考えている場合も、申し込み時期に注意しなければなりません。

在学採用の奨学金は毎年春に募集され、振り込みが始まるのはは6月~7月になります。2年次以降の前期学費の納付時期は進級する年の3月~4月なので、奨学金の振り込みをアテにしていても間に合いません。

奨学金で学費を支払うのであれば、初年度に申し込みをして、受け取った奨学金をそのまま貯金しておきましょう。

また進学前に予約採用で奨学金を申し込んでいて、翌年度も奨学金が必要な場合は、毎年12月~1月の間に「奨学金継続願い」を日本学生支援機構に提出しなければなりません。

奨学金継続願いは学校を通じて本人に交付されます。この提出をうっかり忘れてしまうと、翌年度の奨学金は続けて支払われません。

奨学金継続願で直近1年間の収入と支出状況、成績のチェックを受けて、奨学金が継続されるか判断されます。場合によっては、貸与額が減額されたり、奨学金を受け取れなくなることもあるんですよ。

教育資金の準備は計画性が大事なのかぁ。でも事前に計画を立てるのって苦手なんだ・・・。とりあえず早く借り入れや奨学金の申し込みをしておけば、何とかなるよね!
奨学金は申し込み時期が決まっているから、早めに申し込むって言っても申し込み期限をしっかり確認して対応してね。

それから授業料の納付時期までの期間を逆算して、資金不足にならないように計算しながら使わなきゃダメよ。どう資金調達したって、計画性はとっても大事なの。

教育ローンや奨学金、それぞれの種類と特徴を紹介

ここまで大学で必要な教育資金と、その準備時期や融資開始のタイミングについて紹介してきました。

では教育ローンや奨学金にはどんな条件があるのでしょうか。教育ローンと奨学金の特徴を、それぞれまとめたので見てみましょう。

教育ローン

教育ローンの内容は国か民間によって異なります。

国の教育ローン
借入限度額 ・350万円
金利 ・固定金利
用途 ・中学卒業以上対象の教育施設への納付金
・在学中の住居費用(敷金・家賃など)
・教科書代、通学費用、修学旅行費用 など
申込条件 ・年収の上限あり
申込時期 ・いつでも申込可能
融資時期 ・申込から融資まで2週間~1ヶ月

国の教育ローンについては「低金利な国の教育ローンの特徴と魅力・注意点」で詳しく紹介しています。

民間の教育ローン
借入限度額 ・相場は300万円~500万円(※1)
金利 ・固定金利
・変動金利
用途 ・金融機関によって異なる(※2)
利用条件 ・年収の下限あり
申込時期 ・いつでも申込可能
融資時期 ・申込から融資まで即日~1週間
※1:なかには1000万円まで可能なローンもある。
※2:幼稚園の費用からローンを組める場合や、部活動の費用や塾・予備校の費用にも使用可能な場合がある。

民間の教育ローンについては「民間金融機関の教育ローンの特徴とメリット・注意点」で詳しく紹介しています。

奨学金

奨学金には「給付型奨学金」と「寄与型奨学金」があります。

給付型奨学金の特徴から見てみましょう。

給付型奨学金
  • 大学が独自に制度を設けている場合が多く、条件も大学によって異なる
  • 所得状況だけでなく、成績により審査される
  • 申し込み期間が決められていて、期間を超えると申し込みできない

寄与型奨学金は無利息の第一種奨学金と、利息付きの第二種奨学金がわかれます。それぞれの条件は次の表のとおりです。

寄与型奨学金
第一種奨学金(無利息) 第二種奨学金(利息付)
学力基準 (1年次)
・ 高校または専修学校高等課程最終2カ年の成績が3.5以上

(2年次以上)
・大学における学業成績が所属する学部(科)の上位1/3 以内

・ 出身学校における学業成績が平均水準以上

・ 特定の分野において特に優れた資質能力を有する

・学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある

所得基準 ・家計支持者の所得が一定額以下 ・同左
借入額 ・月額3万円~6.4万円 月額で下記のいずれか
・3万円
・5万円
・8万円
・10万円
・12万円(※1)
申込時期(※2) ・予約採用:進学前の4~6月か9~10月
・在学採用:毎年春
・同左
融資時期 ・4月~7月 同左
※1:私立大の医・歯学の場合12万円に4万円の増額、私立大の薬・獣医学の場合12万円に2万円の増額が可能。
※2:学校により異なる

奨学金については「奨学金制度で大学に通うために!特徴とメリット・デメリットを紹介」で詳しく説明しているので、奨学金制度の利用を検討している場合はそちらも読んでみてくださいね。

改めて教育資金の準備方法って色んな種類があるんだね。でも私が勉強するために親が借金するのも、何だか心苦しい気もするなぁ。勉強頑張らなきゃダメだね。
あら、たまにはいい事言うじゃない。そうね、教育ローンだと親の借金になってしまうわね。

自分で学費を返済するなら、奨学金を活用したりローンの返済方法を親子リレー型にして工夫はできるわ。親孝行のためにも、授業サボらず頑張らなきゃね。

教育ローン・奨学金を利用するときの3つの注意点

教育ローンや奨学金を利用する場合の注意点は、次の3つです。

教育ローン・奨学金の注意点
  • 予約型教育ローンを利用し、混雑する受験シーズンを避ける
  • 奨学金は給付型・貸与型ともに申し込み時期を逃すと融資が受けられない
  • 奨学金は申し込みから融資開始まで期間が空いてしまう

教育ローンの申し込みは受験・進学シーズンには混み合うため、予約型教育ローンを利用しましょう。

奨学金の申し込み期間は日頃からチェックし、「時期を逃して融資が受けられない」ということがないように気をつけてくださいね。

また奨学金は申し込みから融資まで期間が空いてしまいます。その間に納付が必要な費用がある場合は、教育ローンとの併用も検討することをおすすめします。

教育ローンはいつでも申し込めるけど、奨学金は申し込みの期間が決まってるんだね・・・間違えないようにしないと。
そうね。奨学金は入学前、進級前の4~6月または9~10月の申し込みが基本だから、早めに期間を確認しておいたほうがいいわよ。申し込み期間は学校により異なるから注意してね。

教育ローンは申し込みはいつでも可能だけど、審査の時間も考慮して申し込むのよ。

大学で必要な学費を知り、計画的に資金を準備しよう

「大学の学費がどれくらいかかるのか」や「いつから準備すればいいのか」、「いつから融資が始まるのか」など教育資金の準備に不安を抱えている人も、教育ローンや奨学金の特徴や申し込み時期と融資時期を知っておけば、賢く資金を準備することができます。

もちろん子どものために教育資金をしっかり準備することは大切ですが、教育ローンはあくまでも親の借金。老後資金の準備や他のローンの返済との兼ね合いも考えて、無理なく返済出来るように融資を受けることが大切です。

教育ローンと奨学金を上手に組み合わせて、計画的に教育資金を準備しましょう。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら