ローンの種類

葬儀ローンは便利だけど損かも!お葬式費用の相場と資金準備方法

葬儀ローンは便利だけど損かも!お葬式費用の相場と資金準備方法

急にまとまったお金が必要になるシチュエーションはいくつかありますが、身内の突然の不幸もそのうちのひとつです。

お葬式の費用は全国平均でおよそ200万円。貯蓄がある人なら、まとまったお金をすぐに用意できるかも知れません。でもあまり貯蓄がない場合、どのようにして葬儀費用を準備したらよいのでしょう。

「お金がなければ質素なお葬式にすればいい」というご家庭ならいいですが、地域柄もあることなので、そうはいかない場合もありますよね。

葬儀費用が足りない場合、一般的に利用されるのは葬儀会社で勧められる葬儀ローンです。でも、この葬儀ローン、言われるままに組んでしまうのはお得とは言えないんです。葬儀費用の相場と、葬儀ローンのメリットとデメリットを紹介します。

葬儀費用は平均200万円!お香典があっても自己負担アリ

葬儀費用の準備といっても、葬儀にどれくらいのお金がかかるか想像もつかない人がほとんどではないでしょうか。

質素にすれば10万円、会葬者が多く豪華なお葬式なら500万円を超えることもありますが、平均すると葬儀費用はおよそ200万円と言われています。

お香典や自治体からの給付金もありますが、200万円のうち半分は自己負担すると考えておかなければなりません。

葬儀費用の平均と内訳!お香典があっても100万円は自己負担

2014年の日本消費者協会「第10回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」によると、葬儀費用の平均額はおよそ189万円になります。

通夜からの飲食接待費 33.9万円
寺院への費用(お経、戒名、お布施) 44.6万円
葬儀一式費用(プランごとの費用) 122.2万円
葬儀費用合計※ 188.9万円

※各項目の金額は平均額で、上から3項目までの合計と、葬儀費用合計は一致しません。

突然必要になったら困ってしまう金額ですよね。お香典による負担減を考える人もいるかもしれませんが、200万円のお葬式で会葬者50名だとしても、100万円程度は自己負担になると考えておきましょう。

自治体や勤務先からの給付金は微々たる額!自己負担は免れない

故人が加入していた健康保険によって、自治体や勤務先から給付金を受けることができます。

国民健康保険 自治体から喪主に支給 5万円前後(自治体により異なる)
社会保険
共済保険
勤務先から喪主に支給
  • 埋葬料:5万円
    (加入している保険により金額は異なる)
  • 埋葬料付加金:3~5万円程度
    (支給ない場合あり)

給付金は、葬儀を行った日の翌日から2年以内が申請期限です。

2年過ぎてしまうと申請できなくなるため、早めに申請しましょう。

また、生活保護の受給者が亡くなった場合は、市町村から20万円程度の葬祭扶助が支給されます。ただし、喪主が葬儀費用を支払える場合は支給されません。申請する場合は役所に事前に確認しましょう。

お葬式の費用のことなんて考えたことなかったけど、意外にかかるんだねー!やっぱり最後は華やかにお別れしたいし、出費を覚悟しないとなぁ。
そうね。最近は家族だけのお葬式や、火葬だけですませる人もいるけれど、200万円はかかると覚悟して。ちなみに葬儀費用には地域差もあって、首都圏や富山県、新潟県などで葬儀費用が高い傾向があるのよ。

故人の預金は凍結される!故人のお金をアテにしてはいけない

葬儀費用を用意していなくても、「故人の預金や生命保険金があるから大丈夫!」と思っている人もいるかも知れません。しかし、これらのお金はアテにはできないんです。

その理由を説明します。

故人の預金はすぐに使えない!?預金口座は凍結されてしまう

故人の預金や生命保険金を葬儀費用に充てようと思った人もいますよね。でも実はこのお金、すぐに使えると思ったら大間違いなんです。

まず、金融機関は口座名義人の死亡を知ったらすぐに、故人の預金口座を凍結するよう義務付けられています。

預金口座が凍結されると、相続関係が確定するまで簡単に預金を引き出せなくなります。

凍結された口座から預金を引き出すのは面倒で時間がかかる

もし凍結した預金口座からお金を引き出したい場合は、相続人全員の同意が必要です。これは、後々相続トラブルになることを防ぐためです。

金融機関にはこのような書類の提出が必要になります。

  • 相続人全員の戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍等
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 相続人全員の署名・実印が押印された払戻請求書
  • 遺産分割協議書

これらの書類を集めて提出するだけでも一苦労ですね。書類提出後、金融機関に相続関係を確認してもらってから払い戻しとなるので、手続きだけで数ヶ月から半年はかかってしまいます。

葬儀費用の支払期限は一般的に葬儀終了後1週間以内で、しかも一括払いが基本となります。これでは葬儀費用に充てることはできないですね。

死亡保険金も受取に時間がかかる!即日受取はごく稀なサービス

故人の死亡保険金も基本的にはすぐに受け取ることはできません。

死亡保険金は、請求書類が保険会社の本社に届いた翌日から約款に定められた日数(5~7日)以内に支払われるものです。でも書類に不備があったり照会が必要になると、さらに日数がかかってしまうことがあります。

中には「保険金即日支払いサービス」や「クイック支払サービス」といって、請求書類到着の即日もしくは翌々営業日に死亡保険金の一部または全額を受け取ることができるサービスを行う生命保険会社もあります。

ただし、全保険会社でこのサービスが行われているわけではありません。このサービスを行う保険会社は少ないので、故人が加入していた生命保険がどこのものだったのか確認が必要です。

プルデンシャル生命
(保険金即日支払サービス)
最短で書類到着日に500万円まで支払可能(振込か現金持参)
  • 死亡診断書のコピー
  • 請求書
ジブラルタ生命
(死亡保険金即日支払サービス)
最短で書類到着日に500万円まで支払可能(振込か現金持参)
  • 死亡診断書のコピー
  • 請求書
ソニー生命
(クイック支払いサービス)
書類到着の翌々営業日に500万円まで支払可能(振込のみ)
  • 死亡証明書類等
  • 請求書
第一生命
(保険金クイックお受取サービス)
第一生命ほけんショップで手続きした日に死亡保険金全額を振込
  • 死亡診断書のコピー
  • 死亡事実が分かる住民票
  • 請求書
お葬式の費用って、亡くなった人の貯金で何とかなるって思ってた!凍結された口座からお金を引き出すのって、相続人みんながサインして、「同意してます」って書いた書類だけじゃダメなの?
ダメよ。誰が相続人にあたるのか証明する戸籍謄本が必要だし、印鑑証明書や署名、実印の押印もいるの。

故人が残したお金って後々トラブルになりやすいお金だから、金融機関も慎重に確認するのよ。

葬儀ローンは手続き簡単で融資も早い!葬儀代の分割払いが可能に

「死亡保険金の受け取りも時間がかかりそうだし、故人の預金は下ろせないし、貯金も足りない!」、そんなときには葬儀会社が窓口になる葬儀ローンで資金を準備することができます。

先ほども触れたとおり葬儀代は一括払いが基本ですが、ローンを組めば分割払いも可能になりますよ。

ただしこの葬儀ローン、葬儀会社に言われるままに組んでしまうと必ず後悔します。葬儀ローンのメリットとデメリットを紹介します。

葬儀ローンは手続きカンタン!すぐに融資スタート

葬儀ローンは、信販会社と葬儀会社が提携して取り扱うローンです。現在では、クレジットカードのJACCSとオリコの2社が多くの葬儀会社と提携しています。

メリットは何と言っても手続きがラクで融資が早いという点です。

葬儀会社が窓口になるので他の準備と同時に手続きをすることができ、提出書類も最低限のものだけでOKです。

融資までのスピードも最短で2~3時間(遅くて2日以内)とかなり早いです。葬儀費用の支払期限を延長してもらわなくても支払期限に間に合います。

申し込み~融資 最短2~3時間、遅くて2日以内
金利 8.0~18.0%
限度額 10~500万円
年齢 20~70歳(完済時の年齢)
申し込み時の来店 不要
必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証の写し)
  • ローン契約書
  • 葬儀見積書

葬儀ローンは高金利!手続きラクでもお得じゃない

葬儀ローンのデメリットは高金利(手数料が高い)という点です。

葬儀費用にも使える労働金庫のフリーローンだと金利相場は2.0~9.0%ですが、葬儀ローンの金利相場は8.0~18.0%となります。返済額にどのくらいの差が出るか比較してみました。

【借入金額100万円 返済期間5年の場合】

金利 支払総額 利息総額
JACCS 8.5% 1,228,516円 228,516円
ろうきん 4.35% 1,117,740円 117,740円

労働金庫と比べて、5年の返済期間で10万円以上利息が高くなります。

葬儀ローンは手続きも簡単で融資も早い便利なローンですが、決してお得なローンだとは言えませんね。

葬儀ローンが高金利な2つの理由

こんなに葬儀ローンの金利が高い理由はふたつ考えられます。

ひとつは、葬儀ローンを取り扱う会社が少なく、金利の競争をしなくても良いためです。現在、葬儀会社と提携して葬儀ローンを取り扱うのはJACCSとオリコの2社だけです。

もうひとつの理由は、葬儀は短期間で準備をしなければならないため、葬儀会社に言われるまま色々な事を決めてしまいがちだということです。

突然の不幸で冷静な判断も難しい中、お金がなくてローンを薦められたら、他の手続きと一緒にローンを組んでしまいますよね。

しかし、手続きが楽だからといって、葬儀会社に言われる通りにローンを組むのは決してオススメできません。

信金やろうきんでフリーローンを借りるほうが金利面ではお得なので、ぜひ検討してみてください。

住宅ローンとか他の目的別ローンと比べて、葬儀ローンは金利が高いんだ。せっかく葬儀用に絞られたローンなのにどうしてー!?
葬儀って家の購入や結婚式みたいに準備期間を持てないから、金利が多少高くても見比べる余裕もなくて、そのまま葬儀ローンを組む人が多いの。葬儀費用の準備には葬儀ローン以外の方法があるって知っておくと、選択肢が増えるわね。

葬儀ローンはラクで融資が早い!だけど高金利というデメリットが

お葬式の費用が足りないとき、葬儀会社にすすめられるまま利用する人が多い葬儀ローン。葬儀会社が窓口になるため、手続きがラクで、葬儀費用の支払い期限に確実に間に合うのがメリットです。

一方で、信販会社間の競争がないため金利が高いのが大きなデメリット。葬儀費用に使えるフリーローンなどに比べて、返済総額が多くなってしまうため決してお得なローンとはいえません。

「大事な家族を送るのに、得だとか損だとか考えてる場合じゃない」という人もいるかもしれませんが、家族を送ったあとも残された人たちの生活は続きます。

自分たちの生活を守るためにもローンの組み方はしっかり考えるべきです。葬儀費用を準備するときには、葬儀ローンは金利が高いということをしっかり認識しておきましょう。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる