初めて利用する方へ

収入がない専業主婦もカードローンは利用可能!旦那バレ防止策も解説

収入がない専業主婦もカードローンは利用可能!旦那バレ防止策も解説

専業主婦(夫)のみなさん、趣味や近所付き合いなどに使うお金が足りないとき、どうしますか?

「自分に収入がないと、旦那さんに相談して工面するのも気が引ける」「銀行や消費者金融でお金を借りたいけど、自分は働いてないから融資してもらえないだろうな」そう思っている人、多いのではないでしょうか。

そんなとき頼りになるのがカードローンです。

自分に収入がない専業主婦でも、総量規制対象外・例外の銀行カードローンや、配偶者貸付制度のあるカードローンを利用すればお金を借りることができますよ。

旦那さんにバレずにお金を借りる方法も紹介します。家計がピンチなときにもカードローンは便利なので、この記事を参考に検討してみてください。

総量規制対象外カードローンは専業主婦も利用可能

専業主婦でもお金を借りられるキャッシングサービスが少ないのは、総量規制※という決まりがあるからです。

総量規制とは

「債務者が貸金業者から借り入れできる金額は、原則年収の3分の1まで」という、借り入れ金額の上限のこと。多重債務者問題の解決を目的として定められました。

専業主婦の年収は0円なので、総量規制に基づいて融資を行っている金融業者から借金することはできません。

自分に収入のない専業主婦がカードローンでお金を借りる方法は、次の2つです。

  • 総量規制対象外のカードローンを利用する
  • 配偶者貸付制度のあるカードローンを利用する

おすすめは、配偶者の同意が不要で比較的金利の低い、総量規制対象外のカードローンです。

それぞれの方法について詳しく解説します。

専業主婦におすすめなのは総量規制対象外のカードローン!

総量規制対象外のカードローンなら、自身に収入がなくても審査に通れば利用可能です。

総量規制対象外の貸し付けを行っているのは、次のような金融機関です。

総量規制対象外の金融機関
  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 労働金庫

例えば銀行は、貸金業法ではなく「銀行法」という法律に基づいて運営している金融機関。そのため金融機関がカードローンの利用条件として「専業主婦は不可」としない限りは、総量規制が借り入れ額を制限することはありません。

一方で貸し付け額が総量規制の対象となるのは、クレジットカード会社や消費者金融などの「貸金業者」です。

カードローン以外にも、総量規制の対象外または例外となる貸し付け方法があります。詳しく知りたい人は「総量規制の基礎知識と、総量規制対象外カードローン」を読んでみてください。

配偶者貸付は金利が高め?旦那バレは防げない

配偶者貸付制度※のあるカードローンも総量規制の例外のため、専業主婦でも利用できます。

配偶者貸付制度とは

自分と配偶者の年収を合計した金額のうち、3分の1以内の借り入れができる制度のことです。

しかし配偶者貸付を利用する場合、配偶者の同意書が必要です。そのため「旦那にバレずにお金を借りたい」という人には向いていません。

また消費者金融(貸金業者)のカードローンは銀行などの総量規制対象外カードローンに比べて金利が高めです。

まずは配偶者貸付制度を利用できる、主なカードローンの限度額と金利を見てみましょう。

貸金業者 利用限度額 金利
ベルーナノーティス 300万円以内 4.5~18.0%
エレガンス 50万円以内 10.0~20.0%
レディースフタバ 50万円以内 14.959~17.950%

そして次の表にまとめたのが、総量規制対象外カードローンの限度額と金利です。

金利が低いほど、返済額にかかる利息は少なくなります。そのため配偶者貸付のほうが、返済負担は大きくなりやすいんです。

ここまで専業主婦がカードローンを利用する方法を紹介し、総量規制対象外カードローンのほうが配偶者貸付よりオススメなことを説明しました。

「旦那に内緒で使いたいから、銀行や信金のカードローンを申し込もう」と考えている人も多いのではないでしょうか。

次の項目で、旦那さんに知られずカードローンを利用する方法について解説します。

働いてない主婦でもカードローンでお金を借りられるんだね!総量規制の対象にならない貸し付け方法には、他にどんなものがあるの?
クレジットカード会社のキャッシングは総量規制の対象って書いてあるけど、ショッピング枠は総量規制対象外よ。

旦那にバレずにカードローンを利用する方法!

旦那さんに内緒でカードローンを使いたいなら、次の3つのポイントに注意しましょう。

旦那にバレずにキャッシングするためのポイント
  • 銀行や信金、労働金庫のカードローンに申し込む
  • 申込・契約時の郵送物に注意する
  • カードの取扱いに注意する
  • カードローン専用口座を作る

旦那さんにカードローンの利用がバレるきっかけを説明しながら、知られることなくお金を借りる方法を紹介します。

銀行や信金、労働金庫のカードローンに申し込む

先ほども説明しましたが、専業主婦が旦那さんにバレずにカードローンを使いたいなら総量規制対象外カードローンを利用しましょう。

配偶者貸付の場合は配偶者の同意が必要なので、内緒で利用することはできません。
 

申込・契約時の郵送物に注意する

カードローンの申し込み・契約時には、書類のやりとりを郵送で行う場合も多いです。そのため自宅に届いた郵送物が旦那さんに見つかり、カードローンの利用がバレる危険性があります。

各金融機関では郵送物を送る際、封筒には「カードローンに関する書類が入っている」ということが分からないよう配慮しています。しかし旦那さんが、自分宛ての郵送物でも開けてしまう場合は注意が必要です。

郵送物でカードローンの利用がバレてしまう危険性が高そうな人には、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」がおすすめです。

「バンクイック」は自動契約機で契約手続きができます。カードや契約書類もその場で受け取れるので、自宅に郵送物が届くことはありません。

バンクイックの商品概要
利用条件 ・満20歳以上65歳未満
・国内に居住※
・個人
・安定した収入がある
利用限度額 ・10~500万円
金利 ・1.8~14.6%
借入方法 ・銀行振込
・ATM
返済方法 ・返済用口座へ振込
・ATM
即日融資 ・可能
※外国人の場合は永住許可を受けている人が対象

カードの取扱いに注意する

「お財布を開いた瞬間に、カードを家族に見られてしまった」という人もいます。だからといって自宅に置いておくのも得策ではありませんし、いざという時に借り入れできないのは不便ですよね。

旦那さんにカードが見つかるのを防ぐ方法は、次の2つです。

  • キャッシュカードで利用できるカードローンに申し込む
  • カードがなくても利用できるカードローンに申し込む

カードローンのなかには、キャッシュカードと一体化しているものもあります。そのためATMで借り入れしているところを見られない限り、カードローンを契約していることは気づかれないでしょう。

みずほ銀行のカードローンなら、キャッシュカードとローン専用カードが兼用でおすすめです。

専業主婦の場合、配偶者が継続的に安定収入を得ていれば申し込めますよ。商品概要は次のとおりです。

みずほ銀行カードローンの商品概要
利用条件 ・満20歳以上満66歳未満
・安定、継続した収入がある
利用限度額 <専業主婦の場合>
・30万円以内
金利 ・2.0~14.0%
借入方法 ・ATM
・インターネットバンキング
・モバイルバンキング
返済方法 ・銀行引き落とし
・ATM
即日融資 ・可能

みずほ銀行カードローンの基本情報やメリット・デメリットなどは「みずほ銀行カードローンは審査の窓口が広く限度額も高い!」でさらに詳しく解説しています。

カードローン専用口座を作る

カードローンの利用は、通帳の履歴から発覚する場合もあります。

いま使っている口座を借り入れ・返済用口座にするより、新しくカードローン用の口座・通帳を作りましょう。

新たに作った通帳は、家族の目の届かない場所に保管しておいてください。

でもカードローンって、家に申し込み確認の電話がかかってくるよね?この電話をきっかけにカードローンを使うことがバレて、夫婦喧嘩になっちゃったらどうしよう~!
冷静に考えてみて。専業主婦の方が旦那さんより家にいる時間が長いから、自分で電話を受ける可能性が高いわよ。

もし自分以外の人が出ても「カードローンの件で電話しました」なんて言われることはないから安心して。

専業主婦もカードローンは使える!計画的に利用しよう

自分に収入のない専業主婦でも、カードローンでキャッシングサービスを利用できます。

配偶者貸付制度のある貸金業者(消費者金融)より、銀行や信用金庫、労働金庫などの総量規制対象外カードローンが低金利でおすすめです。

ただし延滞したら自宅に督促状が届いたり、電話がかかってきたりします。そうなると旦那さんなど家族に知られてトラブルのもとになりかねません。

どうしても必要なとき、必要な金額だけ借り入れして、期日までにきちんと返済しましょう。家計を支えるためにも、賢い利用計画を立ててくださいね。

※記載されている内容は2017年6月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる