カードローン会社

ジャパンネット銀行のカードローン!利用前に知っておくべきポイント

ジャパンネット銀行のカードローン!利用前に知っておくべきポイント

ネット銀行でカードローンを利用するなら、ジャパンネット銀行のネットキャッシングがおすすめですよ。

審査結果によっては1,000万円まで借り入れでき、銀行系カードローンには珍しい無利息サービスもあります。

申し込み方法も簡単。ジャパンネット銀行の普通預金口座があれば、最短30分で融資してもらえます。口座がない場合はカードローン申し込み時に開設でき、最短翌営業日には融資可能です。

この記事ではジャパンネット銀行のカードローン、ネットキャッシングの概要やメリット・デメリット、申し込み・契約手続きの流れについて詳しく解説します。

インターネット上で取り引きするジャパンネット銀行とは

ジャパンネット銀行は有人店舗を持たず、インターネット上で取り引きをする「ネット銀行」です。

一般的な銀行は、店舗運営に費用がかかります。しかしネット銀行はその費用がかからない分、利息や手数料といった形で利用者に還元できるんです。

インターネット環境さえあれば、24時間いつでも利用できるのもメリット。銀行の営業時間を気にしなくていいので、仕事などで忙しい人におすすめです。

ジャパンネット銀行では、この記事で紹介するネットキャッシング以外にも、さまざまなサービスや商品を利用できます。

<ジャパンネット銀行のサービス・商品>

  • 預金
  • 口座チェック
  • ローンやクレジット
  • 振り込み
  • 振込サービス
  • 決済サービス
  • 運用商品
  • レジャーや買い物
  • くじ
  • 保険の見積もり・申し込み

有人店舗がなくても、電話でオペレーターが対応してくれるので気軽に相談できます。

「レジャーや買い物」って何なの?銀行とまったく関係ないじゃん。
「JNBクラブオフ」の会員になると、国内外のホテル宿泊や映画、買い物、グルメなどのサービスを安い料金で利用できるのよ。もちろん利用条件は決まっているけどね。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの概要

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れできる極度型ローンです。商品要項を見てみましょう。

<ネットキャッシングの商品要項>

保証会社 ・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
申込資格 ・申込時に20歳以上70歳未満
・安定した収入がある
・ジャパンネット銀行に普通預金口座がある
無利息期間 ・初回借入から30日間
即日融資 ・可能な場合あり
借入限度額 ・1,000万円以内
金利 ・2.5%~18.0%
金利計算 ・毎日のピーク残高に対し付利単位100円、1年を365日(※1)とする両端入れの日割計算
申込方法 ・インターネット
必要書類 ・普通預金口座開設に必要な申込書類
・本人確認資料
・収入証明書(※2)
借入方法 ・スマホアプリ
・ホームページ
返済方法 ・自動引き落とし
返済方式 ・残高スライド元利定額返済方式
返済期日 ・毎月1~28日、月末から設定
提携ATM ・三井住友銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・ローソンATM
・E-net(イーネット)ATM
ATM手数料 ・有料の場合あり

※1:うるう年は366日で、借り入れ当日の返済でも1日分の利息がかかる。
※2:目的型・フリーローンも合わせて、限度額300万円以内の場合は不要

ネットキャッシングは最短即日融資ですが、次の条件を満たす必要があります。

即日融資の条件

  • ジャパンネット銀行の普通預金口座を所有
  • 利用限度額が300万円以内
  • 平日9時~14時の申し込み

これらの条件に当てはまる人は、申し込みから最短60分で融資を受けられます。

提携ATMでの入金・出金は、それぞれ月1回(初回のみ)無料です。2回目以降の手数料は、次の表を参考にしてください。

<ATM利用手数料(月2回目以降)>

ATMの種類 利用手数料
セブン銀行
ローソンATM
E-net
・3万円以上なら無料
・3万円未満なら162円
ゆうちょ銀行 ・3万円以上なら無料
・3万円未満なら324円

また三井住友銀行のATMで、ジャパンネット銀行のキャッシュカードを使って振り込みをした場合は、提携ATM出金手数料(162円)と三井住友銀行の振込手数料が発生します。

ジャパンネット銀行の口座がないと、融資まで何日かかるのー?
口座がない場合、初回借り入れは最短翌営業日よ。だから融資スピードは速いほうなの!

ネットキャッシングのメリット

ジャパンネット銀行のネットキャッシングには、次のようなメリットがあります。

<ネットキャッシングのメリット>

  • 1、限度額が高い
  • 2、専業主婦でも申し込める
  • 3、借り入れは最短30秒
  • 4、返済日の選択肢が多い
  • 5、初回借り入れから30日間は無利息

それぞれのメリットについて、詳しく説明します。

1、限度額が高い

銀行系カードローンの多くは限度額が500万円~800万円ですが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは最高1,000万円まで借り入れ可能。

そのため、まとまった金額が必要な人にもオススメです。

しかし限度額は審査結果により決定します。誰もが大きい金額を借りられるわけではないので、無理なく返済できる限度額で申し込んでください。

2、専業主婦でも申し込める

ネットキャッシングの利用条件は安定した収入ですが、専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があれば申し込み可能です。

ただし女性に限られるので、専業主夫は申し込めません。

3、借り入れは最短30秒

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、借り入れが最短30秒でできるんです。

公式ホームページまたはスマホアプリにログインし、次の項目を入力すれば即時入金されます。

<借り入れ時の入力項目>

  • 店番号(3桁)
  • 口座番号(7桁)
  • 借入額

対応がスピーディーなので、もしもの時のために契約しておくのもオススメです。

4、返済日の選択肢が多い

ネットキャッシングの返済日は、毎月1~28日と月末から選べます。返済日が選べるカードローンはありますが、ここまで選択肢が多いのは珍しいです。

返済日は自分の給料日や、公共料金の支払い日などを考慮して決めましょう。毎月無理なく返済できますよ。

5、初回借入日から30日間は無利息

銀行系カードローンには金利優遇※のある商品が多いですが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングには無利息サービスがあります。

金利優遇とは

その銀行との取引など一定の条件をクリアすることで、ローン商品の金利が引き下げられるサービスのことです。

ネットキャッシングの無利息特約は、初回借入日から30日間の利息が0円になる特典です。

過去に一度も極度型ローンの利用がなければ、無利息期間は適用されます。しかし次の場合は無利息にならないので注意しましょう。

<無利息にならない場合>

  • 約定返済の延滞
  • 契約の締結し直し
  • 解約
  • 規定違反

毎月無理なく返済できれば、利用するためのハードルはかなり低いです。

無利息期間のあいだに返済日が来たら、利息はかかっちゃうのかなあ・・・。
大丈夫!その場合の返済額は、利息を除いた元本分だけよ。

ネットキャッシングのデメリット

ジャパンネット銀行のネットキャッシングはメリット豊富ですが、不便なく利用するためにデメリットも確認しておきましょう。

<ネットキャッシングのデメリット>

  • 上限金利が高い
  • 口座開設が必要

ネットキャッシングの金利は、次のように適用されます。

<ネットキャッシングの適用金利>

限度額 金利
100万円未満 18.0%
100万円以上150万円未満 15.0%
150万円以上200万円未満 12.0%
200万円以上250万円未満 10.0%
250万円以上300万円未満 8.0%
300万円以上400万円未満 6.5%
400万円以上500万円未満 6.0%
500万円以上600万円未満 5.5%
600万円以上700万円未満 5.0%
700万円以上800万円未満 4.0%
800万円以上900万円未満 3.5%
900万円以上1,000万円未満 3.0%
1,000万円 2.5%

上限金利は18.0%。銀行系カードローンの上限金利は14%くらいが一般的ですが、ネットキャッシングの金利は高めです。

しかし限度額が高ければ、ほかの銀行系カードローンより低金利な場合も。利用限度額や無利息特約の有無が、申し込みを検討する際のポイントとなります。

そして最初にも書きましたが、ネットキャッシングの利用にはジャパンネット銀行の普通預金口座が必要です。口座開設不要のカードローンを希望する人には、開設の手間が煩わしく思えるかもしれません。
ジャパンネット銀行のカードローンは、銀行系カードローンにしては金利が高めなんだね。
そうね。上限金利は、アコムやモビットなどの大手消費者金融と同じくらいなの。

ネットキャッシングの申し込み・契約

ジャパンネット銀行のカードローン、ネットキャッシングはネット完結申し込み。しかも普通預金口座を開設済みの人は、トークン※があれば3分で申し込みが完了します。

トークンとは

取り引きに必要な本人認証としてワンタイムパスワードを表示するもので、現在はカード型のみ配布されています。ワンタイムパスワードはその名のとおり、一回のみ有効なパスワードです。

口座がない人の場合は、次の順で申し込み・契約を行います。

<手続きの手順>

1、WEB申し込み
2、本人確認資料の提出
3、審査
4、初期設定
5、借り入れ

申し込みフォームの入力事項は、次のとおりです。

<申し込みフォームの入力事項>

分類 項目
契約者情報 ・名前、性別
・生年月日
・自宅住所
連絡先・家族など ・自宅電話番号
・携帯電話番号
・メールアドレス
・家族構成
・家族人数
・住まいの状況
・保険区分
勤務先情報 ・自社勤務か、出向先や派遣先勤務か
・職業
・勤務先名
・部署、事業所
・勤務先電話番号※
・勤務先住所
・勤務先形態
・本社所在地
・職種、業種
・役職
・従業員数
・入社年月
・最終学校卒業年月
・年収、給料日
借り入れ内容 ・希望限度額
・希望返済日
・自動融資の有無
・おもな利用目的
他社での借り入れ ・件数
・現在残高
取引目的の確認 ・利用予定のサービス、商品
・口座開設の動機

※代表および直通

規定もいくつか表示されているので、そちらも確認しておいてくださいね。また次の内容についても、このページで選択します。

<申し込み時に選択する内容>

内容 選択肢
キャッシュカードの種類 ・Visaデビット付キャッシュカード
・Visaデビット付キャッシュカード
(ファミマTカード)
本人確認資料の送付方法 ・書類送信アプリ
・郵送

本人確認資料の送付は、書類送信アプリで行うのがオススメです。

書類が手元にあればすぐ送れますし、郵送より早く手続きが進みます。

借り入れ内容の項目に「自動融資」って書いてあるけど、これって何なのー?
これは口座残高が不足している場合に、自動的にお金が振り込まれるサービスよ。クレジットカードの引き落とし・公共料金の支払いなどでピンチのときに便利なの。

ただし自動融資された分返済額も増えるから、頼りすぎないようにね!

ジャパンネット銀行のカードローン内容をおさらい!

ジャパンネット銀行のカードローン「ネットキャッシング」には、無利息期間の適用など銀行では珍しいサービスがあります。

無利息期間が契約時に始まってしまう金融会社もありますが、ネットキャッシングは初回借り入れ日からカウントされるためムダがないのもメリットです。

限度額は最高1,000万円と大きいですし、口座がない人でも最短で翌日融資が可能。多くの人が不便に感じることなく使えそうですね。

ただし上限金利は18.0%と、銀行系カードローンにしては高いです。限度額によっては、他社の金利とも比較して利用を検討しましょう。

※記載されている内容は2017年3月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら