カードローン会社

auユーザー必見!じぶん銀行カードローンを紹介

auユーザー必見!じぶん銀行カードローンを紹介

この記事では、じぶん銀行のカードローン「じぶんローン」の特徴やメリット・デメリット、申込・契約の流れについて解説します。

「じぶんローン」は、auユーザーでおまとめローン(借り換え)の利用を希望する人におすすめのカードローンです。

通常は金利が2.2%~17.4%と、銀行系カードローンにしては高めですが「au限定割 借り換えコース」なら1.7%~12.5%で利用できます。

じぶん銀行の口座があれば、本人確認書類の提出は不要。手続きがスムーズに進むので検討してみてくださいね。

じぶん銀行とは?ネット銀行のメリットを紹介

じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資により設立したインターネット銀行(ネット銀行)です。

ネット銀行とは有人店舗を持たず、インターネット上で取引ができる銀行のこと。次のようなメリットがあります。

<ネット銀行のメリット>

    ☑いつでも利用可能
    ☑ATMに行く手間が省ける

じぶん銀行には商品・サービスの利用状況に応じて特典を受けられる「じぶんプラス」というサービスがあります。

ステージごとにATMの出金手数料や、他行あて振込手数料が無料になる回数が増えるのでオススメです。

ネット銀行はインターネット環境さえあれば、実店舗とほぼ変わらないサービスが受けられるんだね!
じぶん銀行の場合は「じぶん銀行アプリ」で取引やサービスを利用できるし、じぶん銀行の口座同士ならケータイ番号の入力だけで振込ができて便利なのよ。

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の概要・返済方法

じぶん銀行のカードローン「じぶんローン」の商品概要は、次のとおりです。

<「じぶんローン」商品概要>

保証会社 ・アコム株式会社
申込資格 ・契約時年齢が満20歳以上満70歳未満
・安定継続した収入がある
無利息期間 ・なし
即日融資 ・可能
借入限度額 <通常>
<au限定割 誰でもコース>
・10万円~800万円(10万円単位)

<au限定割 借り換えコース>
・100万円~800万円(10万円単位)

金利 <通常>
・2.2%~17.5%

(カードローンau限定割)
<誰でもコース>
・2.1%~17.4%
<借り換えコース>
・1.7%~12.5%

金利計算 ・毎月の最終残高について付利単位1円とし、1年を365日とする日割計算
申込方法 ・インターネット
必要書類 ・本人確認書類(※1)
・収入証明書類(※2)
借入方法 ・ATM
・振込サービス
返済方法 ・ATM
・自動支払い返済(※3)
返済方式 ・約定返済
返済期日(※4) ・期日指定返済
・35日ごと返済
提携ATM ・三菱東京UFJ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・E-net(イーネット)ATM
・ローソンATM
・ゆうちょ銀行ATM
ATM手数料 ・提携ATMは無料

※1:じぶん銀行口座があれば不要
※2:限度額300万円以内の場合は不要
※3:じぶん銀行口座がある場合のみ利用可
※4:土・日・祝休日の場合は翌金融機関営業日

コースは3種類、返済方法と返済期日は2種類あるので、次の項目から詳しく説明します。

「じぶんローン」は3コースから選べる

「じぶんローン」には3つのコースがあり、申し込む人や利用目的によって契約できるコースが違います。

<「じぶんローン」コース一覧>

コース 限度額
通常 10万円~800万円
au限定割 誰でもコース 10万円~800万円
au限定割 借り換えコース 100万円~800万円

「au限定割 誰でもコース」は通常と同じ限度額で利用できます。

おまとめローン※の利用を希望する人は、「au限定割 借り換えコース」に申し込みましょう。

おまとめローンとは

他社の借入やクレジットなど複数の返済・支払いをまとめることで金利を下げ、毎月の返済額を減らすローンのことです。

限度額は、銀行系カードローンのなかでも比較的高めな800万円。審査結果によっては、さまざまな目的でお金を借りられそうです。

「じぶんローン」の返済方法・返済期日

「じぶんローン」の返済期日は、「期日指定返済(※1)」と「35日ごと返済(※2)」の2サイクルから選択できます。

※1:期日指定返済とは

毎月の返済日を指定して返済する方法で、希望の指定日を選べるのがメリットです。当該日がない場合は、月末払いになります。

※2:35日ごと返済とは

35日ごとに返済する方法です。初回の返済は借入日の翌日より起算して35日目、2回目以降は直近返済日の翌日より35日目が返済日となります。

「期日指定返済」は自動支払い返済、「35日ごと返済」はATM返済しか利用できないので注意してください。

返済方法によって、返済期日が違うんだね!でも返済日を忘れちゃいそうで心配だなあ・・・。
「じぶんローン」で借入すると、返済日の3日前と当日にメールでお知らせが届くわよ。返済し忘れで延滞してしまうのを防げるから安心よね。

じぶん銀行「じぶんローン」3つのメリット!

次に「じぶんローン」のメリットを見ていきましょう。

<「じぶんローン」のメリット>

  • 申込・契約は来店不要
  • ATM手数料無料
  • auユーザーは金利優遇あり

銀行系カードローンのなかには、窓口に行かないと契約できないものもあります。

しかし「じぶんローン」はインターネットで申し込めて、契約手続きは郵送やFAXで行えるため来店不要。銀行が自宅や勤務先の近くにない人や、営業時間内に来店するのが難しい人にオススメですよ。

借入・返済は利用時間や利用回数に関わらず、ATM手数料は無料です。

そしてauユーザーが「自分ローン」を利用する場合、「誰でもコース」なら年0.1%、「借り換えコース」なら年0.5%の金利優遇があります

来店不要で申し込めるのは、ネット銀行ならではのメリットって感じだね。
そうね。実店舗を持つ有人店舗にも、「顔を合わせて相談できるから安心」というメリットがあるけど、じぶん銀行の場合も電話でオペレーターが丁寧に案内してくれるから心配いらないわよ。

じぶん銀行「じぶんローン」のデメリット

一方で「じぶんローン」には、金利が高めというデメリットもあります。

「じぶんローン」各コースの金利は、次のとおりです。

<「じぶんローン」金利一覧>

コース 金利
通常 2.2%~17.5%
au限定割 誰でもコース 2.1%~17.4%
au限定割 借り換えコース 1.7%~12.5%

銀行系カードローンの一般的な上限金利は、約14%。「じぶんローン」の通常コースと「au限定割 誰でもコース」の上限金利は17%を超えるので、低金利とはいえません。そのため返済額も比較的高くなります。

ただし「au限定割 借り換えコース」は年1.7%~12.5%と低金利です。

他社で借入した複数のローンをまとめると、金利が下がり返済額も大幅に安くなることが期待できます。

ここまでメリット・デメリットを見て思ったんだけど、「じぶんローン」はじぶん銀行の口座を持っている人とかauユーザーとか、すでに取引のある人にとって条件のいいカードローンなんじゃないかなあ?
よく気付いたわね。ほかの銀行でも「指定の口座を持っていればWEBだけで申込完了!」とか、「住宅ローンや給与振込口座などの取引があれば金利優遇!」とか、利用したことのある人が便利に使えるカードローンは多いのよ。

「じぶんローン」の申込方法・契約の流れ

最後に「じぶんローン」の申込から契約・借入までの流れを見てみましょう。

<申込・契約の流れ>

1、申込フォームに必要事項を入力・送信する
2、審査結果の連絡をメールまたは電話で受ける
3、必要書類を提出する

申込フォームは3つあるので、該当するところから申し込んでください。

<「じぶんローン」申込フォーム>

  • auユーザー
  • じぶん銀行の口座を持っている人
  • じぶん銀行の口座を持っていない人

auユーザーの場合は、au IDとログインパスワードを入力して申込画面に進みます。

またauユーザーでない人が「au限定割」のコースに申し込む場合は、申込完了後にau IDの登録が必要です。

必要書類の提出方法は次の3つです。

<必要書類の提出方法>

  • インターネットバンキング
  • 郵送
  • FAX

限度額が300万円以内なら、収入証明書は不要です。また、じぶん銀行の口座があれば本人確認書類も提出不要。手続きの手間が省けます。

「じぶんローン」に申し込んだら、在籍確認の電話はかかってくるのかなあ?
契約者が専業主婦と年金受給者、学生以外なら、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるわよ。

じぶん銀行カードローンのポイントをおさらい

じぶん銀行のカードローン「じぶんローン」は、auユーザーでおまとめ希望の人・じぶん銀行の口座を持っている人におすすめのカードローンです。

「au限定割 借り換えコース」は低金利なので、他社で複数借入したローンの返済額を安くできます。

じぶん銀行の口座があれば本人確認書類は提出不要なので、書類を揃える時間や手間がかかりません。

口座は、じぶん銀行の「クイック口座開設アプリ」を利用すれば最短3分で開設できますよ。ぜひ利用してくださいね。

※記載されている内容は2017年2月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら