お金の勉強

知らないうちに連帯保証人になってた!?連帯保証人の責任と注意点

知らないうちに連帯保証人になってた!?連帯保証人の責任と注意点

住宅ローンなども含めて、家族の借金の連帯保証人になっている人、多いのではないでしょうか。

保証人になることに抵抗はあっても、家族から「夢のマイホームを持ちたい!迷惑はかけないから」「自営業の資金繰りが苦しい。今回だけだから協力して」などと頼まれると、応援してあげたいし断りにくいものですよね。

でも、連帯保証人になってしまったために、返済に追われたり自宅を失ってしまうなど苦労する人もたくさんいます。

連帯保証人を引き受ける前に知っておきたい連帯保証人の責任や、借金している本人の返済が滞りそうになったとき、最低限守りたい自宅を失わないためにできる対策などを紹介します。

連帯保証人とは?その責任と保証人との違い

借金した本人(主債務者)が返済できなくなったとき、代わりに返済するのが借金の保証人や連帯保証人です。借りた本人がどうしても借金を払えなくなった場合には、保証人や連帯保証人が支払うことになります。

この連帯保証人と保証人、実は、責任の重さが大きく違います。

保証人(通常保証)だと思って連帯保証人(連帯保証)になっていたら痛い目を見るので、まずは違いを理解しておきましょう。

連帯保証人のほうが保証人より責任が重い

連帯保証人のほうが、通常の保証人よりも重い責任を負います。

連帯保証人は主債務者と同等の責任を負うと考えてもいいくらいです。連帯保証人と保証人の違いを表にまとめました。

保証人の種類 特徴
連帯保証人
  • 連帯保証人が複数いても、ひとりの連帯保証人が債務金額全額を返済する義務を負う
  • 催告の抗弁権(「まず借金した本人に請求してくれ」という権利)がない
  • 検索の抗弁権(「借金した本人に資産があるはずだから、そちらから請求してくれ」という権利)がない
保証人
  • 保証人が複数いる場合、債務金額を保証人の人数で割った分だけ返済すればよい
  • 催告の抗弁権がある
  • 検索の抗弁権がある

保証人は債務額を人数で割ってもいいのに、連帯保証人は複数いても1人で全額返済する義務を負います。大きな違いですよね。

ちなみに、現在では通常の保証人が実務上で使われることはあまりなく、ほとんどが連帯保証人です。

連帯保証人が複数いても、ひとりで全額払う義務があるのね。これは厳しいなぁ。ところで、連帯保証人のうち誰が払うことになるの?
貸主側は、連帯保証人のうちの誰にでも返済を求められるわ。資産が多い連帯保証人に優先的にアプローチするでしょうね。ひとりで全額払うこともあるけど、複数の連帯保証人で出し合うこともあるわ。

連帯保証人を辞めたい!契約解除できる具体例

連帯保証人って責任重大ですよね。連帯保証人を引き受けたことを後悔したら、連帯保証人を辞めることはできるのでしょうか。

結論から言うと、辞めることができるのは詐欺など少数の特殊なケースのみです。ほとんどの場合は辞めることはできません。連帯保証人を辞められる例をご紹介します。

連帯保証人を辞めることができるケースはかなり特殊

連帯保証人を辞めることができるのは、知らないうちに勝手に印鑑を押されたとか、騙されたなどといった特殊な事情がある場合のみです。

具体例をまとめてみました。

ケース 具体例
そもそも連帯保証人になる意思がなかった、知らなかった
  • 家族に実印を勝手に持ち出され、知らないうちに契約書に押印されていた
  • 親が未成年の子どもを連帯保証人に仕立てた
騙された・詐欺
  • 「経済的に余裕があるから迷惑はかけない」という主債務者の説明を信じて連帯保証人になったが、実際には主債務者の財務状況が極めて悪かった
  • 100万円の連帯保証だと説明されていたが、1,000万円だった
勘違い
  • 100万円の連帯保証だと思っていたが、1,000万円だった
脅された
  • 脅迫されて、仕方なく引き受けた
契約当時未成年者だった
  • 20歳未満の未成年者が連帯保証人になっている(本人は承諾している)

これらのケースに当てはまっても、連帯保証人になることを事後承諾(追認)してしまったり、借金した本人の代わりに1円でも返済した場合は解除できません。

契約当時未成年者であった場合には連帯保証契約は無効ですが、未成年であっても結婚していた場合や、本人が年齢を偽っていた場合などには契約は成立します。

連帯保証人から解放!連帯保証人にも時効はある

「連帯保証人を辞める」というのとは少し違いますが、借金の時効が成立して連帯保証人から解放されることもあります。借りた本人が払わなくなって5年以上たっていれば、債務を消滅させることができる可能性があるのです。

連帯保証人または借りた本人が「消滅時効の援用」という手続きをして、時効が成立すれば、もう借金を払う必要はありません。

  • 借りた本人が債務(主債務※1)の時効の援用をして、時効が成立
  • 連帯保証人が債務(主債務または保証債務※2)の時効の援用をして、時効が成立

借金の時効について詳しくはこの記事をご覧ください。借金の時効援用は制度としては存在しますが、条件があり簡単にできるわけではないという実情も紹介しています。

※1:主債務とは借りた本人の債務。

※2:保証債務とは連帯保証人の債務。

騙されたとか無理矢理させられたって事情がないと、連帯保証人は辞められないのかぁ。それなら、家族の住宅ローンの連帯保証人なんてほとんど辞めるのは無理だね。
そういうことよ。特別な事情があっても、辞められる可能性があるというだけで、すんなり辞められるわけではないの。裁判になるケースも多いわ。

連帯保証人を頼まれたらチェックしたいポイント

借金の連帯保証人を頼まれたとき、最低限チェックしておきたいポイントととるべき対応を紹介します。

ちなみに、連帯保証人の断り文句としては以下のような理由がスタンダードですが、連帯保証人を頼まれるほどの関係ならそもそも断ることが難しいと思うので、ここでは解説しません。

  • 家訓や親からのいいつけで連帯保証人にはなれない
  • 自分もローンや教育費の出費があるので無理

借りる本人の財務状況を確認しよう

連帯保証人を頼まれたら、お金を借りる本人(主債務者)の給料や会社の業績、貯金額、家計の状況などを聞きましょう。

ちなみに住宅ローンなら、連帯保証人の代わりに保証会社がつくので、個人の連帯保証人は不要なケースが多いです。

住宅ローンで連帯保証人が必要になるのは、一部の地方銀行や信金から借りる場合や、自営業の人が借入する場合などです。

住宅ローンで連帯保証人を求められる可能性が高い例を挙げてみました。

  • 夫婦で収入を合算して借りる(配偶者が連帯保証人)
  • 自営業者
  • 借入額に対して年収が少ない、勤続年数が短い など

会社員で、「原則連帯保証人不要」の銀行で住宅ローンを申し込んでいるのに連帯保証人が必要になるという場合、借入額に対して収入が少ないなど審査結果が悪かったことが考えられます。

家計の状況などを聞いて「返済計画に無理があるのでは」と感じり、審査結果が悪かったから連帯保証人が必要になっているなら、このように本人を諭してあげましょう。

  • 絶対返済に困るから、身の丈にあった金額の物件に変更しよう
  • 頭金をもっと貯めて借入額を減らそう
  • 借入額が○○万円以下なら連帯保証人を引き受けるよ

事業用資金の借金なら根保証でないかチェック

借入が1回だけの住宅ローンではなく、何度も貸し借りを繰り返すような事業用資金の借金の連帯保証人を頼まれたら、契約が根保証(ねほしょう)ではないかのチェックが必要です。

根保証というのは、何度も貸し借りを繰り返すタイプの借金の場合に、極度額と期限を決めて、その範囲内での借金を保証人や連帯保証人が保証することです。

極度額が500万円の根保証なら、最初に借りたのが100万円でも、主債務者は500万円まで借りられます。

「100万円借りたいから保証人になって」と頼まれ、「それくらいなら万が一の時でも代わりに返せる」と思って同意したとします。それが極度額500万円の根保証だったら、知らないうちに500万円まで借りられている可能性があるということです。

そのまま返済が滞ると、連帯保証人が500万円を代わりに返済することになります。

恐ろしいですよね。契約書はしっかり読んで根保証でないことを確認し、主債務者と貸し手側にも根保証でないことの確認をとりましょう。

兄弟とか、家族・親戚に連帯保証人を頼まれると断りにくいよね。でも、「借入額が○○万円までなら連帯保証人になるよ」なら、まだ言いやすそう!
でしょ。身の丈に合わない借金は本人も連帯保証人も苦しめることになるわ。お金のやりくりに困っていての借入なら、債務整理も含めて弁護士に相談するか、業績不振の会社を再建する事業再生士などに相談するようすすめてあげて。

知らないうちに連帯保証人に!?相続に要注意

「騙された」「勝手に印鑑を使われた」というパターンでなくても、知らないうちに正式に連帯保証人になっている場合があります。

実は、連帯保証人の地位は財産と一緒に相続されてしまうのです。

連帯保証人の地位は相続されてしまう

相続によって、連帯保証人の地位は被相続人(亡くなった人、もともと連帯保証人だった人)から相続人(財産を相続した子どもや孫)へ移動します。

金融機関からの借入の連帯保証人はもちろん、賃貸物件の契約時に連帯保証人※1になっていた場合も相続されます。

身元保証人※2の地位は相続されません。

※1:賃貸物件の契約時の連帯保証人とは賃貸借契約時の連帯保証人は、借主が家賃を滞納したときに代わりに支払う義務があります。

※2:身元保証人とは身元保証人は、企業に新たに入社する人などの身元を保証し、保証される人が会社に損害を与えた場合にその損害を賠償します。

信用情報開示で親が連帯保証人になっているか確認

親や祖父母が「自分は誰々さんの借金の連帯保証人になっている」と事前に伝えてくれれば、相続放棄を含めて、対応を事前に検討できます。

しかし自分が連帯保証人であることを忘れてしまう人もいて、知らない間に子どもや孫が連帯保証人の地位を相続してしまうパターンも多いのです。

被相続人(親や祖父母)が連帯保証人になっているかどうかを調べるには、信用情報機関※に情報開示請求をする必要があります。

日本には3つの信用情報機関があるので、すべてに情報開示請求をしてください。情報開示はインターネット、郵送などでできるます。

親や祖父母が生きている間は本人に請求してもらいます。本人死亡時には、配偶者か2親等以内の親族(法定相続人)なら開示手続きができます。

弁護士や司法書士に代行してもらうこともできますが、簡単なので自分で手続きしましょう。

信用情報機関 開示方法
(本人が請求)
開示方法
(本人死亡時)
株式会社日本情報信用機構(JICC)
  • インターネット
  • 郵送
  • 窓口(全国2か所)
  • 郵送
  • 窓口
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • インターネット
  • 郵送
  • 窓口(全国7か所)
  • 郵送
  • 窓口
全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 郵送
  • 郵送

開示手数料は開示方法によって異なり、窓口開示は500円、郵送やインターネットは1,000円です。

信用情報機関とは借金などの信用情報を集約している民間組織です。日本にはJICC、CIC、KSCの3つの信用情報機関があります。

知らない間に連帯保証人になってしまった時の対処法

被相続人が連帯保証人であることがわかったら、そのまま連帯保証人の地位を引き継ぐのか、相続を放棄するのか検討してください。

借金している本人(主債務者)の返済が滞りそう(あるいはすで滞っている)で借入額が大きいなら、相続放棄するのがいいでしょう。ただし、その場合は他の資産もすべて放棄することになります。

もしも知らずに連帯保証人の地位を相続した場合、連帯保証人になってしまったことに気づいてから3カ月以内なら、相続放棄ができる可能性があります。

ただし、他に相続した財産(実家など)を売り払ったりして処分していた場合には、相続放棄はできません。

相続放棄については、こちらの記事を参考にしてください。

連帯保証人の地位が親から子どもへ受け継がれちゃうなんてビックリ!親が勝手に連帯保証人になったのに、そのとばっちりが私にまで・・・許せない!
え・・・なんだか冷たい言い方をするのね。ひとつ言えるのは、自分が連帯保証人になったら、相続人になるであろう人たちに、「連帯保証人になった」と伝えておくのが大事だということよね。

借りた本人の返済が滞りそう!連帯保証人の自宅を守る方法

日本では、借金の連帯保証人が自宅を失うケースはかなり多いです。その一方、家族のためにも住み慣れた自宅だけは何とか守りたいと思う人も多いでしょう。

主債務者(借金をした本人)の返済が滞る前と、返済ができなくなった後に分けて、自宅を失わないためにとるべき対策をお伝えします。

連帯保証人が返済のために自宅を失うケースは多い

連帯保証人になっても自宅まで失うことはないと安心していませんか。でも実際には、SNSにも連帯保証人になったことが原因で自宅を失ったという人たちの声が溢れています。

連帯保証人になって、主債務者(借金をした本人)が返済できなくなってしまった場合、連帯保証人が返済のために自宅を失うことが多いのです。

返済が滞る前なら贈与税0円での贈与を検討しよう

主債務者の返済が滞る前なら、連帯保証人になっていない配偶者や子どもに自宅を贈与するという方法があります。

婚姻期間20年以上の配偶者に贈与する場合は2,000万円まで贈与税0円、60歳以上の親または祖父母が20歳以上の子にまたは孫に贈与する場合は2,500万円まで贈与税0円なので、その範囲内なら税金をかけずに贈与ができます。

ただし贈与税と別に、不動産取得税はかかります。

返済が滞った後は贈与不可!任意売却を検討

返済が滞った後なら、差し押さえられる前に、親族や親しい友人などに適切な価格で自宅を売却する(任意売却)という方法があります。

所有者は第三者になりますが、自分は賃料を払って自宅に住み続けることが可能です。借金の返済が落ち着けば、買い戻すこともできるでしょう。

返済が滞った後に贈与したり不当に安い値段で売ったりすると、貸主側から「貸主側に不利益を与えるもので、贈与や売却は無効だ」と訴えられる可能性が高いです。

贈与や任意売却って名前からして難しそうだね。自分ひとりではとても手続きできないと思うなぁ。
そうね。贈与や任意売却の手続きについては、弁護士や司法書士に相談しましょう。相続や債務整理に詳しい専門家を選ぶといいわ。任意売却を専門にしている事務所もあるわよ。

連帯保証人の責任を理解したうえで引き受けよう

連帯保証人を頼まれたら、連帯保証人の責任を理解しておくことが何より大切です。借入をする本人の財務状況に不安があれば、連帯保証人になるのをきっぱり断るか、借金を考え直したり借入額を減らしたりするように説得してください。それが借りる本人のためにもなります。

連帯保証人を引き受けた後、借りた本人の返済が滞りそうになってしまったら、大切な資産である家を守るための予防策を講じましょう。自宅は贈与や任意売却で守ることができます。

連帯保証人を頼まれたら、ここでお伝えした知識をぜひ思い出してくださいね。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる