カードローン会社

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の特徴や審査ポイント、利用方法

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の特徴や審査ポイント、利用方法

ゆうちょ銀行は、スルガ銀行のカードローンを媒介する代理業者。そのためカードローン「したく」の契約はスルガ銀行と行うことになります。

カードローン「したく」のメリットは、口座開設しなくても申し込めること。また最高金利で契約しても実質年率14.90%なので、消費者金融より利息を抑えやすいのは嬉しいですよね。

一方で「500万円を超える借り入れは不可」「即日融資は不可」といったデメリットもあるので、実際使ってみて不便に感じないか確認が必要です。

この記事では、ゆうちょ銀行が代理業者となるカードローン「したく」の基本情報やメリット・デメリットについて解説。また「職場に在籍確認の電話がかかってくるの?」「ゆうちょ銀行のカードローン審査に通るか心配」といった疑問・悩みにもお答えします。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の商品概要(基本情報)

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の基本的なスペックは次のとおりです。申込資格や限度額(借りられる金額)などが希望に沿っているか、確認しておきましょう。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の商品概要
申込資格 ・申込時年齢が満20歳以上70歳以下
・安定した収入がある
無利息期間 なし
借入限度額 10万円~500万円
(初回は300万円まで)
金利 7.00%~14.90%
金利計算 毎日の最終残高1,000円以上について、付利単位を100円とした365日とする日割り計算
申込方法 ・インターネット
・電話
・ゆうちょ銀行窓口(スルガ銀行ローン取扱店)
必要書類 ・本人確認書類
・所得確認書類
借入方法 ATM
返済方法 ATM
返済期日 毎月1日※
提携ATM ・ゆうちょ銀行ATM
・スルガ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・イオン銀行ATM
・イーネットATM
・タウンネットワークサービスATM
・その他全国の提携金融機関
ATM手数料 場合によっては有料
※1日が銀行休業日の場合は翌営業日

必要書類の詳細については「ゆうちょ銀行カードローン「したく」の申込方法と必要書類」で説明しているので、そちらを確認してください。

それでは次の章から、この基本情報をもとに「したく」のメリット・デメリットについて解説します。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のメリット

ゆうちょ銀行カードローンが代理業者として媒介している、スルガ銀行のカードローン「したく」には、次のようなメリットがあります。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のメリット
  • 銀行ならではの安心金利
  • 口座開設不要
  • 3,000円からと安い毎月の返済額

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のメリット1、安心な金利設定

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の金利は7.00%~14.90%。

とくに最高金利は銀行ならではの安心金利で、大手消費者金融の一般的な最高金利より4%ほど安く設定されています。

そのため次のような人は、支払い利息を抑えて利用できる可能性が高いです。

「したく」がオススメな人(金利から見た場合)
  • 希望限度額が少額の人
  • 初めてカードローンを申し込む人
なんで希望限度額が少額な人に「したく」がオススメなの?
利用限度額が低いほど、適用金利が高く設定されるからよ。
じゃあ、カードローンを初めて申し込む人にオススメなのはどうして?
カードローンの利用履歴がない人は、審査時に「返済能力があるかどうか」を判断しづらいの。だからカードローン金利は高めに設定されるのが一般的なのよ。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のメリット2、口座開設は不要

ゆうちょ銀行のカードローンは、返済用口座の開設をしなくても申し込みできます。

実は「その銀行の口座がないと申し込みは不可」というカードローンも多いんです。そのため「したく」は申し込み・契約手続きに手間がかからないカードローンといえます。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のメリット3、毎月の返済額が安い

カードローンでお金を借りるとき「毎月いくら返済すればいいか」「約定返済額は無理なく払える金額か」は気になるところですよね。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」は、借入残高が10万円以下なら毎月の返済額が3,000円からと安いので安心。

その他の約定返済額は、次のように設定されています。

「したく」の約定返済額
借入残高 約定返済額
10万円以下 3千円以上
10万円超20万円以下 6千円以上
20万円超30万円以下 9千円以上
30万円超40万円以下 1万2千円以上
40万円超50万円以下 1万5千円以上
50万円超100万円以下 2万円以上
100万円超150万円以下 3万円以上
150万円超200万円以下 4万円以上
200万円超250万円以下 5万円以上
250万円超300万円以下 6万円以上
300万円超350万円以下 7万円以上
350万円超400万円以下 8万円以上
400万円超450万円以下 9万円以上
450万円超500万円以下 10万円以上

借りたい金額・万円超万円以下希望する利用枠が決まっている人は、返済プランを立てながら利用を検討するのもいいでしょう。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のデメリット

ゆうちょ銀行が代理業者として媒介するカードローン「したく」には、次のようなデメリットもあります。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」のデメリット
  • 500万円超の借り入れは不可
  • 即日融資は不可

銀行カードローンは限度額が最高800万円~1,000以上の場合も多いなか、希望できる限度額が小さいのがゆうちょ銀行のカードローンのデメリットです。

500万円を超える利用枠が必要なら、他の銀行カードローンを検討してみましょう。「おすすめのカードローン!各カードローンの特徴総まとめ」では、メガバンクだけでなくネット銀行や地方銀行(地銀)のおすすめカードローンも紹介しています。

またローン専用カード(キャッシングに使うカード)は郵送で送られてくるため、申し込んだその日に借り入れすることはできません。

ゆうちょ銀行カードローンに関する疑問を解決!

カードローンは言わば「借金」。カードローン初心者の場合はもちろん、利用したことのないカードローンは「安心して使えるかどうか」確認しておきたいですよね。

この章では、ゆうちょ銀行が代理業者となるカードローン「したく」について次のような疑問にお答えします。

ゆうちょ銀行カードローンに関する疑問
  1. 入会金や年会費はかかる?
  2. 申し込んだら、職場に在籍確認の電話がかかってくる?
  3. カードローン審査は何を基準に行われる?

知りたい項目を選択すると、該当部分へ移動します。

ゆうちょ銀行カードローンの疑問1、入会金や年会費はかかる?

ゆうちょ銀行カードローン「したく」は、入会金・年会費が一切かかりません。

そのため「いざという時にキャッシングできるよう、とりあえず契約だけしておこうかな」という人にもオススメです。

ゆうちょ銀行カードローンの疑問2、在籍確認はある?

ゆうちょ銀行カードローン「したく」を申し込むと、在籍確認の電話が職場にかかってきます。

「職場に自分宛ての電話がかかってくるのは稀だから、電話連絡は避けたい」という人には、モビットがオススメです。

消費者金融なので限度額によっては「したく」より金利が高くなりますが、「キャッシングを知られるリスクが低い」というのは大きなメリット。 

モビットのメリットやデメリットについては、次の記事で解説しています。

在籍確認だけでなく自宅へのカード・書類の郵送によって「カードローンを契約したことが家族に知られてしまった」となる可能性も。しかし開封さえしなければ「カードローン関連の書類」と気付かれない見た目になっています。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」には利用明細書を発行しないプランも。プライバシーをしっかり守りたい人は利用するのがオススメです。

「職場の上司や同僚、家族にカードローンの利用を知られたくない!」という人は、次の記事も参考にしてくださいね。

ゆうちょ銀行カードローンの疑問3、審査の基準は?

カードローン申し込み時に多くの人が「審査に通るかどうか」で不安を感じます。

カードローンを扱う金融機関(銀行や消費者金融など)は、「年収がこれくらいあれば通ります」というような具体的なラインを公表していません。

えーっ、年収ラインぐらい教えてくれたっていいのに。
そんなこと教えられるわけないでしょ!公表したら、嘘の内容を申告して申し込む人が出てくる恐れもあるわ。

しかし「カードローンの審査で見られる項目」から、審査に通るかどうかの目安を確認することは可能です。

カードローン会社によって審査基準や重要視するポイントは異なりますが、基本的には次のような点で有利になります。

カードローン審査で有利になる事項
項目 詳しい内容と判断基準
職業・収入 ・正社員や公務員は有利
・勤務年数が長いと有利
・収入が安定しているほうが有利
住居 ・賃貸より持ち家が有利
・居住年数が長いと有利
家族 ・可処分所得※の多い家族構成だと有利
※実収入から非消費支出(税金など支払い義務のあるもの)を差し引いた手取り収入

一方で次のような状況は、審査落ちの原因となる恐れもあるため注意が必要です。

カードローン審査で不利になる事項
項目 詳しい内容と判断基準
信用情報 ・延滞情報が残っていると不利
・債務整理や代位弁済の情報が残っていると不利
・借入の申込数が多いと不利
希望限度額 ・収入に対し希望限度額が高すぎると不利
資金使途 ・ギャンブルなど、返済の見込みが薄い使用目的だと不利
「信用情報」ってなーに?
信用情報機関に登録されている、クレジットカードやローンの申し込み・契約・支払い(返済)情報のことよ。
そうなんだ。ところで「延滞情報が残っていれば不利」って書いてあるけど、支払いや返済が遅延した情報は、ずっと登録されてしまうのかな?
信用情報は内容によって登録期間が違うのよ。詳しくは次の記事で説明しているから、気になるなら見てみるといいわ。

カードローンの審査基準について更に詳しく知りたい人には、次の記事もオススメです。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の申込方法と必要書類

最後にゆうちょ銀行カードローン「したく」の申し込み・契約の流れと、必要書類について説明します。

カードローン申し込みから契約・借入までの流れは次のとおりです。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」契約手続きの流れ
  1. インターネット・電話・ゆうちょ銀行取扱店のいずれかで申し込む
  2. 仮審査が行われる
  3. 審査が通ったら、申込書に必要事項を記入し必要書類と返送(郵送)する
  4. カードが自宅に届いたら、利用開始手続専用ダイヤルへ電話する

申込書とあわせて郵送する必要書類は、次のとおりです。

ゆうちょ銀行カードローン申込の必要書類
書類 該当するもの
本人確認書類 次のいずれか(すべて写し)
・運転免許証
・顔写真付き住基ネットカード
・個人番号カード(※1)
・パスポート
・健康保険証
・外国人登録証明書(※2)
・在留カード(※2)
・特別永住者証明書
所得確認書類(※3) 次のいずれか(すべて写し)
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・所得証明書
・給与明細書2カ月分
・確定申告書第1表、第2表
※1:裏面の提出は不可
※2:永住者の記載があるもの
※3:申し込み金額が50万円を超える場合
本人確認書類に書いてある住所が、申込書に記入したものと違っても大丈夫かな?
ダメよ。住所だけじゃなくて、氏名や生年月日なども一致していないとカードローンは利用不可なの。

書類に不備があると再提出が必要になり、お金を借りたい日までに間に合わなくなる恐れも。

書類の記載事項に間違いがないか、しっかり確認してから提出しましょう。

ゆうちょ銀行カードローンは他社と金利を比べてから利用がオススメ

ゆうちょ銀行カードローンは銀行ならではの安心金利。また多くの銀行が口座開設を利用条件としているなか、口座がなくても申し込めるのも大きなメリットでしたね。

ただし希望できる利用限度額は500万円まで。

「今後はそれよりも高い限度額に増額したい」という人は、限度額が高く設定されている銀行カードローンを利用しましょう。

当サイトでは審査前に確認したいポイントだけでなく、賢く返済する方法、お金に関する豆知識なども幅広く紹介しています。ぜひ役立ててくださいね。

※記載されている内容は2018年3月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる