カードローン会社

新生銀行カードローン レイクの返済方法と返済のコツ

サンプル画像

「新生銀行カードローン レイク」の返済方法は5つあります。状況に合わせて使い分けできるので便利です。

毎月の返済日は、自分で指定することが可能。また返済日が近くなるとメールが届く「メールお知らせサービス」で、返済忘れによる延滞を防ぐこともできますよ。

返済方式は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の2種類です。この2つは「毎月の返済額が変動するかどうか」という点で異なります。

この記事では「新生銀行カードローン レイク」の返済方法や返済日、返済方式など、返済に関する情報を徹底解説。さらに、賢く返済するための無利息サービスも紹介します。

新生銀行カードローン レイクの返済方法は5つ!便利に使い分けるには

「新生銀行カードローン レイク」の返済方法は次の5つです。

返済方法一覧
  • 自動引落とし
  • 銀行振込み
  • Web返済
  • レイクATM
  • 提携ATM

他社のカードローンにはATMでしか返済できないものも多いです。

そのため自分に合った方法を選べるのは「新生銀行カードローン レイク」のメリットと言えます。

状況や希望に応じて、返済方法を使い分けるのがオススメですよ。

おすすめのタイプ 返済方法
手間をかけずに返済したい 自動引落とし
返済手数料が気になる 自動引落とし
Web返済
レイクATM
提携ATM
深夜にも返済したい Web返済
提携ATM
一括返済したい Web返済
レイクATM
銀行振込み

それぞれの返済方法を選択すると、特徴などを説明する項目に移動します。それでは返済方法について詳しく、ATMの利用時間と一緒に見ていきましょう。

自動引落としは手間も手数料もかからない!

カードローンの返済は基本的に、最低でも月1回は行います。毎月の返済、なるべく手間をかけずに済ませたいですよね。

自動引落としによる返済なら、毎月振り込み・入金をする必要がありません。

ただし口座に返済額分のお金が入っていないと、きちんと引き落としされないので要注意。自動的に返済が済むからといって、お金の管理を怠らないようにしましょう。

Web返済は一括返済や深夜の返済も可能!

「仕事があるから、返済するのが深夜になりそう」「今日が返済日なの忘れてたけど、ATMの利用時間が終了してる!」というときに便利なのがWeb返済。

Web返済なら、深夜時間帯でも返済可能なんです。

レイクATMのメリットと利用時間帯

レイクATMには、メリットがたくさん。他社に比べて、手数料がかからず便利に使えるんです。

レイクATMのメリット
  • カードがなくても返済可能
  • 一括返済可能
  • 夜間や休日も利用手数料が無料
  • コンビニATMも一部手数料無料

レイクATMのメリットについて詳しく説明します。

カードがなくても返済可能

レイクATMはカードがなくても、3つのの情報さえあれば利用可能。

  • 登録した電話番号
  • 生年月日
  • カードの暗証番号

「返済したいのに、カードを家に忘れてきちゃった!」なんてときも安心です。

レイクのATMで一括返済もできるんだね!でも端数(小銭)はどうなるのかなあ?
レイクATMなら硬貨のお釣りも出るわよ。

レイクATMが利用可能な時間帯は次のとおりです。

レイクATMの利用時間
曜日 時間帯
平日・土曜日 7:30~24:00
祝日・日曜日 7:30~22:00
毎月第3日曜日 7:30~20:00

提携ATMも返済手数料は無料!

カードローンの多くは、提携金融機関のATMを使うと手数料が発生してしまいます。

しかし「新生銀行カードローン レイク」の場合、提携ATMも手数料は0円。

返済に利用できる提携ATMは次のとおりです。

提携ATM一覧
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • ローソンATM
  • ファミリーマートATM
  • サークルKサンクスATM
  • スリーエフATM
  • デイリーヤマザキATM
  • セイコーマートATM
  • セーブオンATM

コンビニでも設置されているので、仕事の合間や外出のついでにも返済できます。

しかも手数料は無料。「新生銀行カードローン レイク」は、余計な出費を抑えながら返済できるカードローンといえます。

提携ATMを利用できる時間帯は、次のとおりです。

提携ATMの利用時間
曜日 時間
月曜 5:00~23:50
火曜・水曜 0:10~23:50
木曜 1:30~23:50
金曜・土曜・日曜 0:10~23:50
※第3日曜日のみ0:10~20:00

ファミリーマートに設置された「ゆうちょATM」は、第3月曜日のみ利用開始時間が7時です。

またメンテナンスや設置場所の営業時間によっては、利用時間が異なる場合もあります。よく使う提携ATMの受付時間は、あらかじめ確認しておきましょう。

銀行振込による返済は手数料に注意

「新生銀行カードローン レイク」は、指定口座への振り込みでも返済可能。レイクのカードが必要ないため、「カードが手元になくレイクATMが近くにない」というときにオススメです。

ただし口座振込による返済は、振込手数料がかかります。

振込手数料は金融機関により異なるため、利用前に確認しておきましょう。

毎月振込手数料を支払っていると、長期的に見て大きな出費になってしまう可能性があります。

返済日は自分で指定!期日の14日前から返済可能

「新生銀行カードローン レイク」なら、毎月の返済日(返済期日)を自分で指定することが可能です。

カードローンの返済日を自分で決めれば、借金の返済やお金の管理がしやすくなりますよ。

返済日については、次の事項も理解しておきましょう。

「新生銀行カードローン レイク」の返済日の注意事項
  • 最初の返済日は、指定した返済日によって決まる
  • 期日の14日前から返済可能

それぞれ詳しく解説します。

最初の返済日は指定した返済日によって決まる

初回の返済日は、初回借り入れ日により翌月に繰り越される場合があります。

初回返済日の考え方
初回借り入れ日 初回の返済日
返済日より14日以上前 当月(借り入れ月)
返済日まで13日以内 翌月

どちらも自分の都合に合わせて支払いできるので便利です。

期日の14日前から返済可能!それより前は「随時返済」扱い

期日の14日前以降に返済した場合は、その月の約定返済※となりますが、それより前に返済した場合は「随時返済※」扱いになります。

随時返済とは

約定返済とは別に、任意の金額を返済すること。「追加返済」「臨時返済」などとも呼ばれます。

随時返済を活用するとカードローンの完済を早め、利息も軽減できます。しかし約定返済は別途必要になるので注意してください。

返済日はいつくらいに指定するのがベストなのかな?
おすすめは給料日の直後よ。お給料が入ってすぐなら、返済額をしっかり確保できるでしょ。
なるほどね!カードローンの返済以外に使える金額もハッキリするから、お金の管理も楽になりそう。
その通りよ。
でもそれなら返済日は、給料日当日でもいいんじゃないかな~?
給料日当日に指定すると、給料をもらう前に返済日が来る場合もあるわ。「お金が足りない!」なんてことになりかねないから注意してね。

2つの返済方式の違いと返済のコツを解説!

ここまで「新生銀行カードローン レイク」の返済方法と返済日について、解説してきました。次に返済額について見ていきましょう。

「新生銀行カードローン レイク」の毎月の返済額は、返済方式により決まります。採用されている返済方式は次の2つです。

「新生銀行カードローン レイク」の返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式(※1)
  • 元利定額リボルビング方式(※2)
※1:残高スライドリボルビング方式とは

毎月の最低返済額(元金お利息の合計)が、利用残高に応じて変動する返済方式。

※2:元利定額リボルビング方式とは

毎月の最低返済額(元金と利息の合計)が定額に設定されている返済方式。

つまり「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の違いは、毎月の最低返済額に変動があるかどうかってことでいいの?
そのとおりよ。
どっちの返済方式がオススメなの?
一概に「こっちのほうが良い」とは言えないわ。
えーっ、じゃあどうすればいいの!?
それぞれの返済方式にメリット・デメリットがあるから、それを踏まえたうえでの返済のポイントを見てみましょう。

自分が賢くお得に返済できる返済方式を選んで!詳しくは、次の項目から解説するわ。

残高スライドリボルビング方式のメリット・デメリット

「残高スライドリボルビング方式」の場合、毎月の返済額が利用残高によって変わります。。メリット・デメリットは次のとおりです。

残高スライドリボルビング方式のメリット・デメリット
メリット 返済が進むにつれ毎月の返済額が減る
デメリット 利息が増えていく

残高スライドリボルビング方式の返済額を図にすると、次のような形になります。

残高スライドリボルビング方式の解説イラスト

ご覧のように、この方式では完済が近づくにつれ返済額が減っていきます。「支払うべき金額」が。しかし利息はどんどん増えていくんです。

元利定額リボルビング方式のメリット・デメリット

「元利定額リボルビング方式」の場合は、毎月の返済額が一定です。メリット・デメリットは次のとおり。

元利定額リボルビング方式のメリット・デメリット
メリット お金の管理がしやすい
デメリット 返済初期の利息が大きい

元利定額リボルビング方式の返済額は、次のようになっています。

元利定額リボルビング

支払う金額が、毎月一定になってるね!
そうね。お金の管理が楽になるのがメリットよ。でも返済が長引いて、利息が増えやすいのがデメリットね。
どうして返済が長引くの?
図をよく見て。初めのほうは返済額のうち利息分が大きいでしょ。これだと元金をなかなか減らせないから、どんどん完済が遅れていくのよ。

2つの返済方式の特徴から、「利息の負担が大きい」ことがデメリットであることが分かりました。

この利息負担を軽減するには、どうしたらいいの?
約定返済に合わせて、随時返済を行うといいわよ。
えーっ!「残高スライドリボルビング方式」で返済すれば最低返済額が安くなるから、残ったお金で、お買い物したいのに・・・。
たしかに返済額が安いと負担が軽いように感じるから、残ったお金を自由に使いたくなるわよね。でも随時返済をしたほうが、返済総額を減らせるのよ。
どうして随時返済すると返済総額を減らせるの?
多めに支払うことで返済期間が短くなって、毎月の返済額にかかる利息を小さくできるからよ。

完済を早めに終わらせることで、気持ちの面でも楽になるからオススメ。

「新生銀行カードローン レイク」の無利息期間は2種類

カードローン会社によっては無利息期間を設けている場合もあります。

「新生銀行カードローン レイク」の無利息サービスは2種類です。

初回契約なら一定の条件を満たすことで、次のいずれかの無利息サービスを受けられます。

「新生銀行カードローン レイク」の無利息サービス
  • 180日間利息¥0
  • 30日間利息¥0
「180日間利息¥0」のほうが良いに決まってるじゃん!
ちょっと待って!それぞれ適用条件があるから、ちゃんと確認しなきゃダメ。

それぞれの無利息サービスの内容をそれぞれ見てみましょう。

「180日間利息¥0」の内容
条件 ・初めての契約
・契約極度額(限度額)1万円~200万円
無利息期間 ・初回契約の翌日から180日間
備考 ・借入額のうち5万円まで無利息
・超過分は利息が発生
「30日間利息¥0」の内容
条件 ・初めての契約
・契約極度額(限度額)1万円~500万円
無利息期間 ・初回契約の翌日から30日間
備考 ・借入額全額に対する利息が0円
「30日間利息¥0」は無利息期間が短いけど、借りたお金の全額分が利息0円なんだね。
そうよ!だからといって借りすぎは良くないけど、利息が付かないってことは「借りた分(元金)だけ返せばいい」ってこと。かなりお得よね。

ただし延滞したら無利息期間は終了します。

返済日の翌日以降は、利息と遅延損害金を払うことになり返済額が増えてしまうので、期日までにきちんと返済してくださいね。

新生銀行カードローン レイクで自分に合った返済をしよう

この記事では「新生銀行カードローン レイク」の返済方法や返済日、返済方式について解説しました。

返済方法は5つで、提携ATMも手数料無料で使えます。返済日も自分で決められるので、無理のない返済スケジュールを組むことが可能です。

返済期日の14日以上前に返済した場合は「随時返済」となります。

随時返済すれば利息を減らし、返済総額を減らすことができるので、合わせて活用してください。

しかし随時返済のしすぎで約定返済ができなくなると「延滞」と見なされてしまい、その後の増額や他のローン審査に影響してしまいます。約定返済を確実に行いながら、適度に活用しましょう。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる