ローンの種類

医療ローンは審査が厳しい?利用するならカードローンと比べてから!

医療ローンは審査が厳しい?利用するならカードローンと比べてから!

病気の治療や美容整形などの医療行為には、治療費が高額だったり、保険が適用されない場合がありますよね。一度で払える金額じゃなくて困ってしまうことも・・・。

こんなときのためにあるのが医療ローンです。医療ローン(メディカルローン)とは、高額な費用がかかる医療行為を受けるときに、各クリニックが提携しているクレジット会社と契約して利用できるローンサービスのことです。

医療ローンは保険適用外の医療行為にも使えるうえ、増額にも対応してもらえるというメリットもあります。しかし病院やクリニックを転院する場合は、治療費の全額返済を求められるため注意が必要です。

状況によってはカードローンを利用したほうがいい場合もあるんですよ。今回は医療ローンのメリット・デメリットを紹介し、カードローンとどちらがお得なのか徹底比較します。

医療ローンについて紹介!金利は高い?審査は厳しい?

上でも書いたように医療ローンは、一括で支払えないような高額な治療費を分割で返済できるローンサービスです。限度額は300~500万円程度。

治療を受ける医療機関の窓口で申し込み、病院やクリニックと提携しているクレジット会社による審査を受けると利用することができます。

ではまず、医療ローンの金利や審査について説明します。

医療ローンの金利は業者や借入限度額によって変わる

カードローンの金利は低くて4~5%の場合が多く、法律では高くて20%までと決められています。

カードローンの金利

金融機関 最低金利 最高金利
住信SBIネット銀行 1.89% 7.99%
アコム 4.7% 18.0%
プロミス 4.5% 17.8%

※変動の可能性あり

医療ローンの場合、銀行の医療ローンは最低金利は約5%、最高でも10%程度のところが多いです。しかも利用するクリニックによっては、金利手数料を負担してもらえるところもあります。

医療ローンの金利

金融機関・クリニック 金利
東京スター銀行
「医療・介護ローン」 
2.8~7.8%
千葉銀行
「医療ローン」 
5.0~5.2%
リゼクリニック  9.0%
新宿クレアクリニック  無料

※変動の可能性あり

では金利の面から、カードローンと医療ローンを比べてみましょう。

500,000円のインプラント治療の費用を1年で返済する場合、それぞれの毎月の返済額と返済総額は次のようになります。

1.カードローン(プロミス)を利用して返済した場合

金利 17.8%
毎月の返済額 45,792円
返済総額 549,504円

2.医療ローン(千葉銀行「医療ローン」)を利用して返済した場合

金利 5.2%
毎月の返済f額 42,849円
返済総額 514,188円

実際に返済シミュレーションで比べてみると、借りた金額は同じ500,000万でも、返済額は35,000円近く違うのがわかります。これは大きな差ですよね。

カードローンの場合は、初めてお金を借りる人には最高金利が適用されるのが一般的です。そのため金利の面で考えると、カードローンより医療ローンの方がお得になる可能性は高いです。

     
なお、支払い回数が少なく返済期間が短いほど金利手数料は安くなります。支払い回数の設定は金融機関によって違ってきます。

医療ローンの審査基準は厳しくなる場合がある

医療ローンの審査はカードローンと同じくらいか、それ以上に厳しくなります。また審査が厳しいだけでなく、審査結果が出るまでに日にちがかかるんです。

審査基準は主に次のとおりです。

    医療ローンの審査基準

  • 成人しているか
  • 安定的な収入があるか
  • 勤務年数はどれくらいか
  • 他社からの借入れがある場合、返済能力があるか
  • 過去に金融事故がないか

カードローンの審査基準とほぼ同じなので、もっと詳しく知りたい人は

「カードローン審査に通るためのポイント!審査対策と注意点」を読んでみてくださいね。

また医療ローンの審査には必要書類が多いのも特徴です。

本人確認書類の提出はもちろんのこと、収入証明書や源泉徴収などの所得証明書の提出を求められる上に、「入院費用請求書」や「治療契約書」など、借りたお金の使途を証明できる資金使途確認書類も必要になる場合があります。

ちなみに医療ローンの審査結果は、利用する病院やクリニックに伝わることはありません。

医療ローンの審査基準って、金融機関によって違うのかなあ?
基本的な条件はだいたい同じで、上に書いてあるようなことが重視されるわ。金融機関によって少しずつ異なる部分もあるけど公開されてないの。

利用する前に知っておきたい医療ローンのメリット・デメリット

続いて医療ローンのメリット・デメリットを紹介します。

美容整形や審美歯科などの高額な自由診療を受けるために、貯金している人もいるのではないでしょうか?でも医療ローンを利用すれば、医療費を月々に分割して支払うことができます。すぐに施術を受けられるのは嬉しいですよね。

また利用するクリニックや金融機関によっては、金利が安くなることもあります。

しかし審査には時間がかかり、融資までの期間は自分で医療費を支払うことになるんです。

メリットを活かしデメリットを回避して医療ローンを利用するために、メリットとデメリットについても理解しておきましょう。

保険適用外の医療行為にも使える!医療ローンのメリット

医療ローンのメリットは、レーシックや美容整形などで行われるような保険適用外の医療行為でも利用できることです。

借入額の増額に対応してもらうことも可能です。

大手クリニックでは金利を負担してくれるところもあります。銀行の医療ローンなら金利が安い場合もあるんですよ。

また支払い回数が少ないほど、金利手数料は安くなります。

転院するときは治療費を全額返済!?医療ローンのデメリット

高額な医療費を分割返済できる、一見お得な医療ローンですが、デメリットもあります。

まず医療ローンは目的別ローンに分類されます。目的別ローンとは、資金の使い道が特定の目的に限定されたローンのことを言います。医療ローンのほかに、住宅ローン・ブライダルローン・教育ローンなどがあります。

目的別ローンは融資までに時間がかかり、それまでの期間は自分で医療費の支払いをしなければならないんです。

借りたお金の使い道も、医療行為に限定されます。各クリニックが提携しているクレジット会社と契約して利用するので、医療ローンの場合自分でクレジット会社を選ぶこともできません。

さらに注意したいのが病院の転院です。医療行為を受ける際、病院が自分に合っていないと感じて転院を希望する可能性も考えられますよね。でも医療ローンを組んだ場合、借りた治療費を全額返済しなければならないこともあるんです!

医療ローンは学生や専業主婦でも利用できる?

審査基準が厳しくなることもある医療ローンですが、お金を借りるのが学生や主婦の場合利用できるのでしょうか?

・専業主婦の場合

医療ローンの審査のポイントの一つは「安定した収入があるかどうか」。そのため働いていない専業主婦には医療ローンを組むのは難しいと思われがちです。しかし業者によっては、配偶者に安定した収入があれば利用が可能な場合もあります。

・学生の場合

学生でも20歳以上で条件を満たせていれば、医療ローンを利用することができます。しかし収入源はアルバイトになるため、収入が安定していないと審査に落ちてローンを組めない場合もあります。

・派遣社員の場合

派遣社員は、たいていの場合医療ローンを利用することができます。

ただし正社員じゃなければ審査に通らないクレジット会社もあるので、病院での医療行為を受ける前に確認しておきましょう。

医療ローンを組むとき、頭金は必要なのかな?
基本的には、医療ローンは頭金がなくても利用することができるわ。でも頭金を入れておけば月々の金利の負担は減るから、できれば入れておいたほうがいいのよ。

医療ローンとカードローンを比較!状況に応じて選ぼう

実は医療行為を受けるからといって、必ずしも医療ローンが一番適しているとは限らないんですよ。

医療ローンとカードローン、どちらを利用すればいいのかは借入する人が置かれている状況によって違ってきます。

医療ローンを利用したほうがいい場合
・金利を負担してくれる大手クリニックで医療行為を受けるとき
・銀行の医療ローンを利用するとき
・融資までの期間、医療費の支払いが自分でできるとき

医療ローンは大手クリニックの場合、金利を負担してくれる場合があります。また銀行で扱われている医療ローンは審査は厳しいものの金利は安くなります。

カードローンを利用したほうがいい場合
・できるだけ早く借りたいとき
・医療ローンでは審査に通る自信がないとき
・短期で返済できるとき

先ほど説明したように、医療ローンは審査期間が長いだけでなく、必要な書類も多く用意するのにも時間がかかります。

でもカードローンなら比較的審査が通るまでの時間が短く、必要書類も少ないので「すぐに治療を受けないといけない。でも治療費を今すぐ支払うのは無理!」という人にもおすすめです。

またカードローンが医療ローンより審査が厳しくなることはほとんどないので、クレジット会社の審査に通るか自信のない人はカードローンを選ぶといいでしょう。

ネットでの申し込みなら人と顔を合わせずお金を借りられますし、必要事項を入力するだけなので比較的簡単ですよ。

カードローンを利用する場合、短期での返済が可能であれば無利息で医療費を借りられることもあります。自分が医療費をどれくらいの期間で返済できるか調べてみましょう。

プロミスレイクアコムなど無利息期間があるカードローンもありますよ。詳しくはこちらを読んでみてください。

金利も関わってくるから、自分で月の返済額とか計算するの面倒だなあ。
金融機関のホームページにある、返済額のシミュレーションを使うのがおすすめ。毎月の返済額やボーナス月の返済額、年間の返済額の合計などが簡単に計算できるのよ。

医療ローンを組むときは返済計画や金利を考えた上で利用しよう

医療ローンは保険が適用されない医療行為でも利用でき、借入額の増減にも対応してもらえる便利なローンサービスです。

しかし審査に時間や手間がかかったり、借りたお金を医療行為以外で利用できないなどのデメリットもあります。

医療ローンを利用する前に、まずは融資までに自分で医療費を支払うことができるか、転院する可能性はないかなどよく考えましょう。

またカードローンの方が審査に時間がかからず、医療行為以外でも借りたお金を使うことができます。自分がどの方法でローンを組むと得なのか、ローンシミュレーションなどで確認してみてくださいね。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる