カードローン会社

モビットでの返済はどう行う?返済額を減らす方法も紹介!

サンプル画像

モビットの返済方法は、ATMでの入金と口座振替、そして銀行振込の3通りから選べます。毎月の返済日も4パターンあり、給料日など自分の都合に合わせて選ぶことが可能です。

モビットには無利息期間がなく、消費者金融なので銀行カードローンに比べると金利も高め。でも返済の仕方を工夫すれば、返済額にかかる利息を減らすこともできるんですよ。

それではモビットの返済方法や返済日の選び方、利息を節約して賢く返済する方法を見ていきましょう。

モビットの基本情報やメリット・デメリットについて知りたい場合は「モビットの申込みから審査までの流れご紹介!【電話連絡ナシ】」から読むことをオススメします。

モビットの返済方法は、かかる手間と手数料で選ぶ

最初にも説明したとおり、モビットの返済方法は次の3通りから選択可能です。

モビットの返済方法

1、預金口座から自動引落
2、指定の預金口座へ振り込み
3、ATMで返済

どの返済方法が便利なのでしょうか。それぞれの特徴と合わせて解説します。

1、預金口座から自動引落(口座振替)

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の預金口座があれば、自動引き落とし(口座振り替え)による返済も可能です。

どちらも大手の都市銀行なので、この返済方法を利用できる人は多そうですね。自動引き落としには、次のようなメリット・デメリットがあります。

自動引落による返済のメリット・デメリット
メリット ・手間がかからない
・手数料がかからない
デメリット ・口座残高の確認が必要
・全員が利用できるわけではない

一番のメリットはATMや銀行へ足を運んだり、入金・振り込みをしたりする手間が省けること。ATMや口座振り込みもあまり時間はかかりませんが、毎月行うことを考えると面倒です。

またATMや口座振り込みで返済する場合、うっかり返済日を忘れると延滞扱いです。自動引き落としなら、返すべき金額が預金口座にあれば延滞になりません。

しかし預金口座に、返済額分きちんと入っているかの確認は必要です。

2、指定の預金口座へ振り込み

利用中の口座から、モビットの指定口座へ振り込む返済方法もあります。

口座振り込みによる返済のメリット・デメリット
メリット ・どの口座からでも返済できる
デメリット ・手間がかかる
・手数料がかかる

自動引き落としは利用できる預金口座が限られていますが、口座振り込みはどの口座からでも返済できるのがメリットです。

しかし毎月振り込みをする手間と、手数料がかかります。モビットに電話して聞いてみたところ、「手数料は口座を利用している金融機関によって違うので、各金融機関に問い合わせてください。」とのことでした。

3、ATMで返済

モビットで借りたお金をATMで返済(入金)する場合の、メリットとデメリットは次のとおりです。

ATM返済のメリット・デメリット
メリット ・利用できるATMが多い
・三井住友銀行ATMなら無料
デメリット ・手間がかかる
・利用手数料が発生する場合がある

モビットは利用できるATMが多いのが特徴。どこにいても支払いできます。

モビットの提携ATM
三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・イオン銀行・プロミス・セゾンカード・第三銀行・福岡銀行・親和銀行・熊本銀行・ゆうちょ銀行・E-net・ファミリーマート・ミニストップ・スリーエフ・コミュニティストア・デイリーヤマザキ・生活彩家・セーブオン・ポプラ・セイコーマート

この他、地方銀行のATMにも利用できるものがあります。旅行や出張で、遠出しているときも安心ですね。

ちなみにATMだけでなく、次のコンビニのレジでも返済は可能です。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ

デメリットは、毎月入金する手間がかかること。また返済日を忘れると延滞になるので、毎月の返済日を覚えておかなければいけません。

手数料にも注意が必要です。

三井住友銀行ATMで返済すれば手数料は無料ですが、それ以外の金融機関のATMでは手数料が発生します。

ATM手数料
取引金額 入出金の手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円
それぞれの返済方法の特徴から考えると、一番のオススメは「自動引き落とし」。毎月ATMや銀行に行く必要もなく、手数料もかかりません。

しかしモビットの場合「自動引き落とし」で返済できるのは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の預金口座を持っている人のみです。

それ以外の人は「口座振り込み」か「ATM」で返済できます。三井住友銀行のATMが生活圏内に多ければ、手数料0円なのでぜひ利用しましょう。

モビットの提携ATMって、こんなにあるんだー!そういえば「自動振り込みで支払いながら、ATMも使う」っていう方法でも、返済できるのかな?
毎月決められた返済額を支払った上でなら、ATMでさらに返済することも可能だよ。これを追加返済っていうの。詳しくは後ほど説明するね!

モビットの返済日を指定するときのポイント

カードローンの返済では、スケジュール管理も大切です。といっても返済は毎月行われるので、面倒なことや難しいことは避けたいですよね。

結論から言うと、カードローンの返済日は給料日の直後が望ましいです。

もし給料日の直前にしてしまうと、思いもよらない出費などで「返済しなきゃいけないお金が残らなかった・・・」となる恐れがあります。返済日の決め方ひとつで、借金返済の延滞に繋がるんですよ。

モビットの返済日は、次の4パターンから選択可能です。

モビットの返済日
  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

カードローンによっては、返済日が毎日どこか1日のみに決まっている場合も多いです。そのためモビットは、返済計画が立てやすいことが分かります。

単発アルバイトとか派遣とか、給料日が毎月バラバラの人はどうすればいいの?
その場合はATMでの返済がオススメ。給料が入ったら早めに入金しておこう。

モビットの返済額を確認!毎月の返済額はいくら?

続いてモビットの返済額を見ていきましょう。モビットの返済方式は「借入後残高スライド元利定額返済方式※」です。

借入後残高スライド元利定額返済方式とは

最終借入をしたときの借り入れ残高に応じて、返済額が決まる返済方式のこと。

モビットの場合、次のように毎月の返済額が指定されています。

モビットの返済額
最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超
20万円以下
8,000円
20万円超
40万円以下
11,000円
40万円超
50万円以下
13,000円
50万円超
60万円以下
16,000円
60万円超
70万円以下
18,000円
70万円超
80万円以下
21,000円
80万円超
90万円以下
24,000円
90万円超
100万円以下
26,000円
※金利(実質年率)18.0%の場合
※最終利用残高が100万以上になると金利が15.0%の場合
※100万円超過の場合は、最終借入後残高の増加20万円ごとに返済額を4,000円追加
例えばモビットで50万円の借り入れをした場合、毎月払うべき返済額は13,000円。しかし返済を続けて借り入れ残高が10万円になったら、毎月の返済額が4,000円に減ります。

しっかり返済していけば、月ごとに支払う返済額が減るのは嬉しいですよね。

でも決められた返済額だけを返すのって、実はとても損なんです。

約定返済だけでなく払える金額を多めに返済することで、返済額を減らすことは可能です。次の項目で説明します。

カードローンって毎月の返済額が少ないほうが、返済の負担が小さいと思ってた!
確かに約定返済額が少ないと、無理なく支払えるよね。でも重要なのは返済期間!短ければ気がラクだし、返済の仕方をちょっと工夫すれば総返済額も減らせるよ。

モビットの返済額を減らす方法!利息を小さくする一括返済・随時返済

カードローンのキャッシングを利用したら、支払うのは借りた金額(元金)と利息分です。

返済が遅れれば遅延損害金が発生し、返済額は多くなります。返済額が無駄に増えないよう、延滞せず支払うことが重要です。

そしてモビットの場合、返済の仕方を工夫すれば返済額を節約できます。

モビットの返済額を減らす方法
  • 追加返済
  • 一括返済

詳しい方法やメリットを見ていきましょう。

モビットは追加返済可能!完済を早めて利息をカット

「今月は出費が少ないから、いつもより多く返済したい」という場合、モビットでは追加返済※が可能です。

追加返済とは

毎月の約定返済日ではない日にも、任意の金額を返済すること。「随時返済」や「任意返済」、「繰り上げ返済」などとも呼ばれます。

利息は毎月の返済額にかかってきます。つまり返済期間が長いほど、利息の合計も多くなりますよね。

随時返済で返済期間を短くすれば利息が減り、返済総額も少なくできるんです。

返済がすぐ終われば「お金を返さなきゃ」という精神的負担も減ります。

可能なら全額返済(一括返済)でさらに早く完済!手数料には注意

全額返済(一括返済)とは、借り入れした全額を一度に返済する方法。借り入れ額が少なかった場合や、大きな収入があったときにオススメです。

メリットは追加返済と同じ。追加返済より早く完済できるので、支払う利息をカットできます。

全額返済をするなら、次の事柄に注意しましょう。

全額返済の注意点
  • 手数料がかかる場合あり
  • ATMは硬貨非対応

全額返済の場合は、返済額や金融機関によって手数料が発生する場合があります。

利息を軽減できても、ここで損はしたくないですよね。金額も場合により異なるので、全額返済する前にモビットのコールセンターへ電話で聞いてみてください。

そしてATMでの返済は硬貨非対応です。たいていの場合は返済額より多く入金することになります。

これを「預り金」と言い、次のいずれかの方法で返却されます。

預り金の返却方法
  • 次回の取引で相殺
  • 銀行振込で返却

返却対応に関する詳しい案内については、モビットのコールセンターに問い合わせましょう。

モビットのコールセンター
電話番号 営業時間
0120-24-7217
9:00~21:00

「そういえば多く支払ったかも・・・」という人は、会員専用サービス「Myモビ」の「利用状況照会」で確認してみてくださいね。また全額返済で預り金が発生し、そこから一定期間取り引きしていない場合、モビットから連絡が来ることもあります。

同じカードローンで同じ金額を借りても、返済の仕方によっては得したり、損したりするんだね。賢い返済方法について、もっと知りたいなー!
それなら「カードローンってどうやって返済するの?上手な返済方法とは」を読んでみて。カードローン返済の基本だけじゃなくて、ここで紹介した返済のポイントについても詳しく書いてあるよ!

モビットの返済は手数料に注意!早めの完済で利息を減らそう

モビットを利用するなら、返済方法は「自動振り込み」がおすすめ。手間がかからず、手数料も0円です。しかし三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の預金口座がないと、この返済方法は選べません。

自動振り込みが利用できない場合は、ATMと口座振り込み、なるべく手数料の発生しない方で返済しましょう。

返済日は4パターンあるので、給料日前に指定すると延滞の危険性を下げられます。

モビットで返済するなら、追加返済も活用しましょう。返済額にかかる利息を減らせば、早めに完済できるだけでなく返済総額も減らせます。余裕があれば一括返済も検討してみてくださいね。

※記載されている内容は2017年7月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら