カードローン会社

モビットの申込みから審査までの流れご紹介!【電話連絡ナシ】

モビットの申込みから審査までの流れご紹介!【電話連絡ナシ】

モビットは、完全にインターネットだけで申込ができ、電話や郵送でのやりとりが一切ない「WEB完結申込サービス」が特徴のカードローンです。職場に在籍確認の電話が入ったり、家にカードローン会社からの郵送物が届くことに抵抗がある人に支持されています。

カードレスで融資を受けることができるので、財布を開いた時に、家族や友達にカードローン用のカードを見られてしまうこともありません。さらに審査時間や振込が早く、急ぎの出費に対応できると評判です。

モビットの特徴や人気の秘密をご説明します。WEB完結申込サービスを利用するための条件も詳しくご紹介しますよ。

モビットの公式へ

モビットの借入条件・利用方法総まとめ

モビットの利用条件などはこのようになっています。

モビットのカードローン商品概要
分類 消費者金融(登録番号:関東財務局長(6)第01239号)
申込資格 20~69歳
職業 正社員・派遣社員・アルバイト・パート・自営業(安定収入があることが条件)
無利息期間 なし
審査時間 10秒簡易審査
即日融資 可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入可能額 1~800万円
金利 3.0~18.0%(遅延利率20.0%)
金利計算 借入残高×借入利率÷365日×返済期日までの利用日数
返済例 <金利18.0%で借りた10万円を6ヶ月で返済する場合>
毎月の返済額17,552円×6回=105,312円
申込方法 インターネット(WEB完結申込サービスあり)
郵送、電話、モビットのローン申込機
必要書類 【WEB完結申込の場合】
・本人確認書類
→(運転免許証またはパスポート)
・収入証明書類
→(源泉徴収票、税額通知書、確定申告書、
所得証明書、給与明細書(直近2ヶ月分)のいずれか)
・勤務先の証明書類
→(健康保険証(全国健康保険協会発行分または組合保険証)と
給与明細書(直近1ヶ月分))
【カード申込の場合】
・本人確認書類
→(運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれか)
・収入証明書類
→(源泉徴収票、税額通知書、確定申告書、
所得証明書、給与明細書(直近2ヶ月分+賞与明細書)のいずれか)
借入方法 口座振込、ATM
返済方法※ 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行からの口座振替、
銀行振込、ATM
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済期日 毎月5、15、25日、末日から選択
提携ATM 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・セブン銀行・イオン銀行・
コンビニATM・E-netなど
ATM手数料 利用者負担
その他 会員専用「Myモビ」から、最短3分で口座振込で借入が可能。
利用状況照会が利用可能。
※銀行振込・口座振替・口座振込は手数料無料、ATMは三井住友銀行ATMのみ手数料無料

金利の下限は他の消費者金融と比べて低めですが、上限は平均的です。

借入限度額は500万円程度の消費者金融が多い中、モビットでは800万円と高めになっています。

借入や返済は他の大手消費者金融同様にコンビニATMでも行うことができて便利ですが、コンビニATM利用手数料は利用者負担です。

そしてモビットの最大の特徴は、なんといっても申込方法です。WEB完結申込は他社にはない独自のサービスです。次にモビットの特徴とメリットを詳しくご紹介します。

コンビニATM手数料が有料なのはちょっとダメージ大きいなぁ・・・だって、コンビニで借りたり返したりするのが一番便利だもん。
モビットは全国130,000台(※2017年6月現在)の提携ATMが使えるけど、手数料はかかってしまうんだよね。でも実は、大手消費者金融でコンビニ利用手数料が無料のところって少ないんだよ。

モビットのメリットは、WEB完結申込と審査スピード!

モビットのメリットを詳しく見ていきましょう。コンビニATMが利用できるというのはもはや大手消費者金融では常識ですのでここでは触れません。

下限金利が低いとか、借入限度額が高いといったメリットもありますが、他にも利用者に嬉しいメリットがあるんですよ。

特に、WEBだけで申込が完了して借入が開始できることと、融資スピードが早いことが特色あるメリットです。

詳しくご説明します。

電話も郵送もなし!WEBで申込が完結するのはモビットだけ

WEBから申込ができるカードローンはたくさんありますが、WEBで契約手続が完結することはほとんどありません。

他社のカードローンは最初の申込はインターネットでも、結局は職場への在籍確認の電話があったり、郵送でカードが届いたりして、電話連絡・郵送連絡が発生します。

「職場に電話がかかってきたり、郵便物が自宅に届くことで、周りの人にカードローンの利用がバレるのが心配」という人にとって、電話連絡や郵送連絡は、カードローン申込をためらう理由になっています。

しかしモビットのWEB完結申込なら、そんな心配は一切不要です。

保険証で勤め先を確認するので電話連絡がなく、カードなしで口座振込による借入が可能なのでカードが郵便で届くこともありません。

WEB完結申込を利用するにはこのような条件があります。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に、自分名義の普通預金口座を開設している
  • 全国健康保険協会(協会けんぽ)発行の保険証、企業の健康保険組合や共済組合発行の組合保険証を持っている

国民健康保険証を持っている自営業の人や、船員保険証を持っている人は利用できません。

必要書類はスキャナで読み込んだり、スマートフォンなどで撮影したデータをネットで送信します。申込画面の操作方法については、のちほどご説明しますね。

在籍確認の電話とは

申込書に記入した会社に本当に勤めているかを確認するため、カードローン会社から勤務先にかかってくる電話のこと。ほとんどのカードローン会社で、審査に必須の手順となっています。

審査が早く、急ぎの融資にも対応してくれる

審査にかかる時間が短いのもモビットの特徴です。

これだけでも充分に早いのですが、特に急ぎの場合は、ネットから申込をしたあと、9:00~21:00の間にコールセンターに電話をして急いでいることを伝えれば、すぐに審査を開始してくれます。コールセンターの番号はフリーダイヤルなので、通話料はかかりません。

口コミでも、「他社に比べて圧倒的に審査が早い」「急ぎだと電話したら10分くらいで審査結果を出してくれた」という意見が多数。

しかし申し込みをした曜日や時間帯によっては、審査回答が翌日以降になる場合もあります。

パソコンと携帯で使える会員専用サービス「Myモビ」から振込キャッシング(借入)手続きをすれば、最短3分で銀行口座にお金が振り込まれます。

職場に電話がかかってこないのはすごく嬉しい!職場にかかってきたら周りの人にカードローンの申し込みがわかってしまうかもしれないもんね!
職場に電話がかかってこないのはやっぱり気楽でいいよね。カードローンではとっても珍しいサービスだから、条件を満たしているならぜひ利用してほしいっ!

モビットのデメリットは無利息期間がないこと

WEBで申込が完結して、急ぎの借入にも対応してくれるモビットですが、デメリットはあるのでしょうか。

実は、他社がやっているのにモビットでは行っていないのが無利息期間のサービスです。

お金を借りると、利息をつけて返す必要がありますが、この利息を一定期間免除するのが無利息期間サービスです。モビットではこのサービスを実施していません。

さらに、借入や返済に銀行やコンビニのATMを使うと、ATM利用手数料がかかってしまいます。詳しくご説明します。

無利息期間がないのですぐに返済する人には辛い

モビットのデメリットに関するもっとも多い意見は「無利息期間がないこと」です。

最近ではいろんな消費者金融が無利息期間を設けています。例えばアコムやプロミスは初めて利用する場合は30日間無利息ですし、何度でも1週間までは無利息にするという消費者金融もあります。しかしモビットにはこのサービスはありません。

給料日前の苦しい時期に少しだけ利用して、給料が入ったらすぐに返済する場合にも利息がついてしまいます。短期間をしのぐために使いたい人にとっては、無利息期間がないのはデメリットですね。

提携ATMで借入・返済する場合には手数料がかかる

銀行ATMやコンビニATMなどの提携ATMで借入・返済をした場合、ATM利用手数料がかかってしまうのもモビットのデメリットです。

モビットは多くの銀行やコンビニATMと提携しているので、使えるATMは多いのですが、ATM利用手数料は利用者負担です。

無料なのは三井住友銀行ATMのみです。

もちろん、口座振込で借入(振込キャッシング)、口座振替で返済すれば手数料も手間もかかりません。

しかし日中仕事をしている人が急ぎで借入したい場合、夜中に近所のコンビニATMを使うこともありますよね。そんなときにはどうしても200円くらいの手数料がかかってしまいますので、頻繁にATMを利用する人にとっては積もり積もって負担になります。

んーーー?無利息期間サービスってなに?それがないのは、大きなデメリットなの?
「初めて利用する人に限り、○日間は利息がつきません」というサービスのことだよ。アコムやプロミス、レイクが実施しているけど、モビットには残念ながらこのサービスがないの。

申込画面は簡単でわかりやすい!書類コピーの手間もなし!

モビットの申込はWEBだけではなく郵送、電話、ローン申込機でもできますが、一番便利なのはやはりWEB申込です。

「WEB完結申込」と、WEB完結申込の条件を満たしていない人のための「カード申込」の申込画面を見ながら、記入方法についてご説明します。申込画面は簡単でとてもわかりやすいですよ。入力にかかる時間も15分程度です。

WEB完結申込の場合

(1)モビットWEBサイトのトップページで、右側の「WEB完結申込」ボタンをクリックします。口座の有無、保険証の条件を満たしているか聞いてきますので、確認して「次へ進む」をクリックです。条件はこのふたつでしたよね。

モビットのWEB完結申込を使える人の条件
  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座がある
  • 全国健康保険協会(協会けんぽ)発行の保険証、企業の健康保険組合や共済組合発行の組合保険証を持っている

(2)必要書類の確認画面が表示されます。チェックボックスにチェックを入れ、「「WEB完結」申込画面へ」をクリック。次の画面に会員規約が表示されますので、確認して「同意する」をクリックします。

必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
  • 収入証明書類(源泉徴収票、税額通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細書(直近2ヶ月分)のいずれか)
  • 勤務先の証明書類(健康保険証(全国健康保険協会発行分または組合保険証)と給与明細書(直近1ヶ月分))

(3)氏名などの個人情報、住宅状況、勤務先、契約希望額についての情報を入力していきます。すべて正確に記入し終わったら、オレンジの「次の画面へ」ボタンが、赤の「申込をする」ボタンに変わりますので、クリックします。

まずは住所などの基本情報を入力します。

モビットの公式へ

WEB完結申込の画面「住所などの基本情報を入力」

次に、住所や住まいの種類(持ち家・賃貸など)を入力します。
WEB完結申込の画面「住所や住まいの種類(持ち家・賃貸など)を入力」

勤務先や収入、保険証の種類も聞かれます。
WEB完結申込の画面「勤務先や収入、保険証」

他社でも借入状況や契約希望額を入力します。契約希望額が高すぎると審査に通りにくくなります。10万円から選択できるので、必要最低限の額を選択しましょう。

(4)10秒簡易審査の結果が表示されたら、本審査に必要な情報の入力に移ります。
WEB完結申込の画面「本審査に必要な情報の入力」

(5)10秒簡易審査の内容よりさらに詳しい記入が求められますが、かかる時間は5分程度です。

(6)必要事項の入力が完了したら、必要書類を提出する画面になります。
※必要書類はPC、スマホ、携帯から提出したら、申込は全て完了です。

申込手続きが完了したら、モビットからの審査結果メールを待ちます。

メールに記載されているURLから審査結果照会ページを確認するには、申込時に表示されたIDが必要になります。

審査に通っていれば、入会手続きに進み、取引に使う銀行口座の番号などを入力して完了です。

カード申込の場合

WEB完結申込の条件を満たしていない場合、カード申込の手続きをすることになります。

(1)モビットWEBサイトのトップページで、右側の「カード申込」ボタンをクリックします。会員規約などが表示されますので、確認して「同意する」をクリックします。

(2)WEB完結申込と同じように、氏名などの個人情報、住宅状況、勤務先、契約希望額についての情報を入力していきます。すべて正確に記入し終わったら、オレンジの「次の画面へ」ボタンが、赤の「申込をする」ボタンに変わりますので、クリックします。

WEB完結と同じで、まずは基本情報を入力します。
カード申込の画面「基本情報を入力」

住所や住まいについて入力します。
カード申込の画面「住所や住まいを入力」

勤務先や収入を入力します。
カード申込の画面「勤務先や収入を入力」

希望額やパスワードを入力します。
カード申込の画面「希望額やパスワードを入力」

(3)10秒簡易審査の結果が表示されるので、続いて本審査に必要な情報の入力に移ります。

(4)次もWEB完結申込と全く同じです。10秒簡易審査の内容よりさらに詳しい記入が求められますが、かかる時間は5分程度です。

(5)必要書類提出ページが表示されるので、画面の案内に従って書類を提出しておくと、その後の審査がスムーズです。スキャンや写メで撮った写真を提出可能なので、書類をコピーする手間もなくて嬉しいですね。提出書類は以下の2つでOKです。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれか)
  • 収入証明書類(源泉徴収票、税額通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細書(直近2ヶ月分+賞与明細書)のいずれか)

作業が終わったら、申込確認と審査結果の連絡を待ちます。カードと契約書類は郵送で送られてきますが、カードはローン申込機でも受取可能です。契約書類の中には「入会申込書」「預金口座振替依頼書」など、返送しないといけないものもあるのでしっかり確認して返送しましょう。

わー!4つも画面があって、たくさん入力しないといけないのね!何だか大変そう・・・
画面が4つにわかれているけど、それぞれの画面での入力項目はそんなに多くないし、難しいことを書くわけでもないからすぐに入力できるよ。くれぐれも正確に記入することを心がけてね。

モビットのメリット・デメリットまとめ

最後にモビットの特徴をまとめておきます。

メリット
  • WEB完結申込を使えば、電話連絡なし!
  • 急ぎの融資に対応可能
  • 借入限度額が800万円と、消費者金融化カードローンの中では高め
  • コンビニATMでの借入や返済可能
  • 銀行振込での借入、口座振替での返済なら手数料不要
  • 三井住友銀行ATMなら手数料無料
デメリット
  • 無利息期間がない
  • 提携ATMの利用には手数料がかかる
やっぱりWEB完結で電話連絡なし!というのがモビットの一番のメリットよね!これはかなりポイント高いなぁ・・・でも、使えるには条件があるんだっけ?
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座があり、社会保険証か組合保険証を持っている必要があるよ。

電話も郵送もなしで早いのがモビットの特徴

モビットはコンビニATMを利用したときには手数料がかかりますが、銀行振込や口座振替で借入・返済をすれば手数料はかかりません。

無利息期間サービスはありませんが、無利息サービスを実施している消費者金融でも「初めて利用する方のみ」という条件がついていることがほとんどです。そのため継続的に利用していくなら大きなデメリットにはならないでしょう。

なんといってもWEB完結申込は独自性がありますし、審査スピードが早いのも助かります。

「電話や郵送での連絡は避けたい」「急な出費で、すぐに借入したい」という人には、モビットは魅力的なカードローンです。

WEB完結申込の条件を満たす人は、ぜひ利用したいカードローンですね!

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら