カードローン会社

沖縄ろうきんの2つのカードローンを徹底解説!

沖縄ろうきんの2つのカードローンを徹底解説!

沖縄のろうきん(沖縄県労働金庫)のカードローンは会員組合員や生協組合員以外でも、沖縄県に在住または勤務していれば申し込み可能です。

カードローンの1つ「マイプラン」には、沖縄ろうきんの利用状況により金利引下げがあります。しかし上限金利はやや高めです。

一方「給振カードローンみらい(Qcardみらい)」は給与振込口座の利用者限定ですが「マイプラン」より低金利でお金を借りられます。

この記事では、沖縄ろうきんのカードローン「マイプラン」と「給振カードローンみらい」の内容やメリット・デメリットを紹介します。

沖縄ろうきんは組合員以外でも利用できる

最初にも書いたとおり、沖縄県に自宅か職場があれば沖縄ろうきんと取り引きが可能です。

「ろうきんは、会員じゃないと利用できないのでは?」と思う人もいるかもしれません。確かに会員限定の商品もありますが、一般の人でも利用できるサービスがあるんですよ。

利用者は次の3つに分類されます。

<会員組合員>

沖縄ろうきんに出資し会員加入している労働組合に、所属している組合員(間接構成員)

<生協組合員>

沖縄ろうきんに事業体として出資し会員加入している、消費生協の組合員(間接構成員)

<一般>

沖縄県に居住または勤務している人

カードローンの内容は、沖縄ろうきんの会員組合員・生協組合員・一般で違う部分があります。ろうきんでのカードローン利用を検討する際は、自分がどれに当てはまるか必ず確認しておきましょう。

ろうきんって、銀行と何が違うのかなあ?
ろうきんは勤労者を中心に融資する協同組織で、銀行は企業中心の融資をする株式会社なのよ。

ろうきんカードローンの特徴やメリット・デメリットについては「ろうきんカードローンは誰にオススメ?銀行・消費者金融と比較し解説」で詳しく説明しているわ。

沖縄ろうきんのカードローンを2種類紹介

沖縄ろうきんのカードローンは、「マイプラン」と「給振カードローンみらい(Qcardみらい)」の2種類です。保証会社や、会員・非会員どちらであるかによって金利は異なります。

「給振カードローンみらい」は「マイプラン」に比べ低金利。沖縄ろうきんの普通預金口座に給与振込を指定していれば利用可能です。

それでは、沖縄ろうきんの2つのカードローン概要から解説します。

「マイプラン」の商品概要

まずは「マイプラン」の商品概要を確認していきましょう。

「マイプラン」商品概要
申込資格 ・同一勤務先での勤続年数が原則1年以上
・安定継続した年収がある(※1)
・未成年の場合は親権者の同意が必要

<オリコ保証の場合>
・申込時年齢が満20歳以上満62歳未満

即日融資 ・不可
借入限度額 ・500万円以内
申込方法 ・インターネット
・窓口
必要書類 ・本人確認書類
・収入確認書類
・勤続年数確認書類
・預金通帳の届印鑑 など
借入方法 ・ATM
返済方法 ・毎月返済
・毎月・ボーナス併用返済
・繰上返済
ATM手数料 ・キャッシュバックあり
※1:前年税込年収150万円以上

適用金利は、「保証会社がどこになるか」と「会員であるかどうか」で決定します。保証会社ごとの適用金利は次のとおりです。

適用金利
日信協保証 <会員>
・9.4%
<非会員>
・9.8%
オリコ保証 ・10.1%
・13.6%

日信協保証の場合は、最大2.0%の金利引下げ制度が適用されます。沖縄ろうきんとの取り引きがある人は、必ず確認しておきましょう。

「マイプラン」金利引下げ制度
項目 引下げ幅
給与振込 0.5%
有担保ローン 0.4%
無担保ローン 0.2%
ろうきんUCカード 0.2%
財形貯蓄(※1) 0.2%(最大)
公共料金(※2) 0.2%(最大)
会員優遇(※3) 0.1%
※1:一般財形・財形住宅・財形年金。
※2:電気・電話・水道・NHK
※3:沖縄県労働金庫に出資している団体会員の構成員(対象外の場合あり)

「給振カードローンみらい」の商品概要

「給振カードローンみらい(Qcardみらい)」を利用できるのは、次の条件を満たしている人です。

  • 沖縄ろうきんの普通預金口座に給与振込を指定
  • 給与振込の金額がローン返済額以上の金額

給与振込の利用があれば、「マイプラン」より低金利なのでオススメです。

「給振カードローンみらい」商品概要
申込資格 ・同一勤務先での勤続年数が原則1年以上
・安定継続した収入がある(※1)
・オリコ保証の場合は申込時年齢が満20歳以上
・未成年は親権者の同意が必要
即日融資 ・不可
借入限度額 ・500万円以内
申込方法 ・インターネット
・窓口
必要書類(※2) ・本人確認書類
・収入確認書類
・勤続年数確認書類
・預金通帳の届出印鑑 など
借入方法 ・ATM
返済方法 ・毎月返済
・毎月・ボーナス併用返済
ATM手数料 ・キャッシュバックあり
※1:前年税込年収150万円以上

適用金利は保証会社によって違います。オリコ保証の場合は会員・非会員ともに同じ金利です。

適用金利
日信協保証 <会員>
・5.0%
<非会員>
・5.4%
オリコ保証 ・6.7%

そして「給振カードローンみらい」の場合は、オリコ保証の場合のみ金利引下げ制度が適用されます。金利優遇の条件と優遇幅は次のとおりです。

「給振カードローンみらい」金利引下げ
項目 引下げ幅
公共料金2種目 0.2%
一般財形またはエース預金 0.2%
財形住宅・財形年金または年金受取エース預金 0.2%
不動産担保ローン・沖縄公庫住宅融資 0.2%
インターネットバンキング 0.2%
ろうきんUCカード 0.2%
利用限度額(極度額)50万円以上 0.2%
若年層優遇(30歳未満)(※1) 0.2%
会員優遇(※2) 0.2%
※1:受付時年齢
※2:沖縄県労働金庫に出資している団体会員の構成員(対象外の場合あり)

対象の取り引き1項目につき0.2%、最大1.8%金利が下がります。

どの金利が適用されるのか検討つかない!これじゃあ他の商品と比べることもできないよ~!どうしたらいいの?
それじゃあ次の項目で、沖縄ろうきんカードローンの審査の流れや、再審査サービスについて説明するわね。

再審査可能なリトライサービスとは?

先ほど「保証会社によって適用金利が異なる」と説明しました。

保証会社は審査によって決まりますが、沖縄ろうきんカードローンの場合「リトライサービス」という再審査サービスがあり、審査をする保証会社の順序が決まっています。

沖縄ろうきんのカードローンに申し込むと、まず(一社)日本労働者信用基金協会(日信協)による審査が行われます。そこで審査に通れば日信協保証の金利が適用されます。

審査結果が申し込み者の希望に沿えなかった場合は、(株)オリエントコーポレーション(オリコ)を保証会社として、再審査を受けることができます。

金利引下げ制度が適用されていない状態では、どちらのカードローンも日信協保証のほうが低金利です。

しかし「給振カードローンみらい」で金利引下げ制度が適用されるのは、オリコ保証の場合。金利優遇対象となる取り引きが多ければ、日信協保証より低金利で利用できる可能性もありますよ。

なるほどー。でも「給振カードローンみらい」の場合、オリコ保証の金利が日信協保証より低くなるには、金利引下げが1.8%以上必要だね。なるべく日信協保証で審査に通りたいなあ・・・
それなら「カードローン審査に通るためのポイント!審査対策と注意点」を読んでみて!カードローンの審査の流れや、審査に落ちやすい人・通る人の特徴などを詳しく解説しているわ。

沖縄ろうきんカードローンに共通する3つのメリット

続いて沖縄ろうきんのカードローン「マイプラン」と「給振カードローンみらい」のメリットを見ていきましょう。

沖縄ろうきんカードローンのメリット
  • 1、ATM利用手数料は実質0円
  • 2、繰上返済が可能
  • 3、契約社員・パート社員も利用できる

それぞれの項目について、詳しく説明します。

1、ATM利用手数料は実質0円

カードローン利用時に気になるのが、ATMの利用手数料。低金利なカードローンを契約しても、借り入れするたびに手数料がかかってしまうと損ですよね。

しかし沖縄ろうきんのカードローン「マイプラン」と「給振カードローンみらい」は、ろうきんATMとイオン銀行ATMなら出金・入金の手数料が無料です。

さらに他行ATMの場合も手数料のキャッシュバックがあります。

ろうきん以外の金融機関・コンビニなどのATMを利用する際、引出し手数料は1回108円が即時に取引口座へキャッシュバックされるんです。

108円を超える引出し手数料でなければ、実質0円で借り入れできます。

2、繰上返済が可能

沖縄ろうきんのローン商品は、毎月の約定返済やボーナス併用に加えて繰上返済もできます。

繰上返済とは、自分の好きなタイミングで任意の金額を返済することです。他社のカードローンでは「随時返済」「任意返済」などとも呼ばれています。

繰上返済で返せるのは元金のみ。元金とは実際に借り入れした金額のことで、これに利息が付いた金額を返済することになります。

しかし繰上返済で早めにお金を返していくと返済期間が短くなり、毎月の返済額にかかる利息を軽減できるんです。

カードローンの返済方法や返済総額を少なくするコツについては、「カードローンってどうやって返済するの?上手な返済方法とは」も読んでみてくださいね。

3、契約社員・パート社員も利用できる

ろうきんカードローンの利用条件には、前年税込年収が含まれている場合が多く「正社員でないと利用できないのかな?」と思う人もいるかもしれません。

しかし沖縄ろうきんのカードローンは契約社員・パート社員も、一定の利用条件を満たすことで申し込み可能です。

ATMの利用手数料がその場でキャッシュバックされるんなら、手数料無料なのと変わりないよね。
そうね。でもコザ信用金庫のATMを利用した場合、利用手数料のキャッシュバックは翌月20日になるわよ。

沖縄ろうきんカードローンのデメリット!急ぎの人には向いてない

ATMの利用手数料がキャッシュバックされたり、繰上返済で返済総額が減らせたりとお得な沖縄ろうきんですが、次のようなデメリットも。

沖縄ろうきんカードローンのデメリット
  • 来店が必要
  • 即日融資不可

沖縄ろうきんのカードローンを契約するには、沖縄ろうきんの店舗へ足を運ぶ必要があります。そのため「家や職場の近くに店舗がない」という人や、「仕事が忙しく、なかなか店舗へ行く時間を作れない」という人には不便です。

また即日融資は難しく「リトライサービス」による再審査を利用すれば、その分審査時間も長くなります。

沖縄県のおすすめカードローンについては「沖縄のカードローン一覧」で紹介しているので、沖縄県民の皆さんはこちらも参考にしてください。

つまり急いでいる人には、沖縄ろうきんのカードローンは向いてないってことだね。沖縄県で、融資スピードが速いカードローン会社はどこなのー?
日本全国で使える大手消費者金融(アコムやプロミスなど)や都市銀行のカードローンなら、即日融資できる可能性も高いわよ。地銀なら琉球銀行に、来店不要で最短翌日融資のカードローンもあるの。

沖縄ろうきんカードローンのポイント確認!

沖縄ろうきんのカードローンには「マイプラン」と「給振カードローンみらい」があります。

沖縄ろうきんの普通預金口座に給与振込を指定していれば「給振カードローンみらい」のほうが低金利です。

日信協を保証会社とした審査に落ちても、「リトライサービス」によりオリコ保証で再審査が可能。「給振カードローンみらい」ならオリコ保証の場合のみ金利引下げ制度が適用されるので、日信協保証とほぼ変わらない金利で利用可能です。

人によって保証会社や金利の引下げ幅は異なります。まずは申し込み前に、公式ホームページのローンシミュレーションを利用して、返済額を試算し検討してみましょう。

※記載されている内容は2017年4月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら