カードローン会社

オリックス銀行カードローンの返済方法から返済のコツ・注意点を解説

サンプル画像

オリックス銀行カードローンでおすすめの返済方法は、口座引落。対応している金融機関口座が限られますが、自動で引き落とされるので手間がかからず便利です。

しかし月ごとの最低返済額を払っているだけでは、カードローンはなかなか完済しません。返済期間が延びると利息負担が大きくなるので、早めに完済することが重要です。ATMか振込返済で随時返済を行い、総返済額を節約しましょう。

この記事ではオリックス銀行カードローンの返済方法や返済日、返済額について解説。万が一延滞したときの対処法や、滞納を防ぐための注意事項もお伝えします。

オリックス銀行カードローンの概要やメリット・デメリットについては「オリックス銀行カードローンは審査が長いがメリット沢山!」で解説しているので、こちらも参考にしてください。

オリックス銀行カードローンの返済方法

オリックス銀行カードローンの返済方法は、次の3つです。

オリックス銀行カードローンの返済方法
  • 口座引落
  • ATM返済
  • 振込返済

口座引落の場合は、一部の金融機関口座しか対応していません。しかし一番返済の手間がかからないので、対応している口座があれば便利です。

では、それぞれの返済方法と注意点を見ていきましょう。

口座引落は手間がかからない!対応する金融機関を確認しよう

口座引落なら、自動的に返済が行われるので便利です。返済期日までに登録口座※へ返済額を入れておく必要はありますが、自分の都合のいい日に準備できるというメリットもあります。

登録口座とは

オリックス銀行カードローンの申し込み時に登録する口座のこと。この口座に融資金が振り込まれ、毎月返済額が引き落とされます。

口座引落って便利だね!どの金融機関の口座からでも返済できるのかな?
口座引落に対応している金融機関は限られてるよ。
口座引落に対応している金融機関口座
  • ゆうちょ銀行
  • 商工中金
  • 農林中央金庫
  • オリックス銀行
  • ネット系銀行(※1)
  • 外資系銀行(※2)
※1:セブン銀行、イオン銀行など
※2:シティバンク、ドイツ銀行など
これらの口座がなければ、新たに開設しておくのもオススメです。

返済専用の口座があれば、「カードローン返済に充てるお金」と「それ以外のお金」を分けて管理できます。

オススメはネット銀行。インターネット上で取引するため来店不要ですし、基本的に24時間いつでも利用できますよ。

ATM返済は手数料無料!一部の提携ATMは硬貨対応

ATM返済とは、専用のローンカードを使い提携ATMで返済額を入金する方法です。

オリックス銀行カードローンの提携ATMは、利用手数料が終日無料。

返済可能な提携ATMも多いので、返済だけでなく、急な借り入れが必要なときも便利です。

オリックス銀行カードローンの提携ATM
  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net ATM
端数も返済したいんだけど、オリックス銀行カードローンの提携ATMは硬貨対応かなぁ?
硬貨対応かどうかは、ATMによるよ。端数も支払いたい場合は、事前に確認してね!

一部の機械で硬貨対応しているのは、次のATMです。

硬貨対応の場合がある提携ATM
  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM

振込返済は返済専用口座へ入金する返済方法

オリックス銀行カードローンは、返済専用口座への振込返済も可能です。

専用口座はオリックス銀行が指定したもの。「メンバーズナビ」で確認できます。

「メンバーズナビ」って何だっけ?
オリックス銀行カードローンの、お客様専用サイトのこと。残高照会や取引明細照会、返済予定表の確認ができるよ。

カードローン返済のポイントは随時返済と一括返済!

オリックス銀行カードローンに限らず、カードローンの返済方法は一般的に「約定返済(※1)」と「随時返済(※2)」、「一括返済(※3)」の3つに分類されます。

※1:約定返済とは

指定された毎月の返済日に、借入残高に応じた金額を返済することです。

※2:随時返済とは

約定返済額とは別に、任意の金額を追加で返済すること。「臨時返済」「任意返済」などとも呼ばれます。

※3:一括返済とは

借りている金額と利息分を、一度にすべて返済する方法です。

約定返済は「毎月必ずするべき返済」、随時返済と一括返済は「してもしなくてもいい返済」ってことかな?
その通り!随時返済と一括返済は義務ではないから、お金に余裕があるときに行うといいよ。

カードローン返済では約定返済と随時返済を併用して支払うのがオススメ。余裕があれば一括で返済してしまいましょう。次の項目から、随時返済と一括返済について解説します。

随時返済で返済期間・利息をカット!支払総額を減らす方法

カードローンの返済方法は「約定返済」と「随時返済」の2つで、随時返済は義務ではないと説明しました。

しかしお金に余裕があるなら、随時返済は積極的に行いましょう。

随時返済をオススメする理由は、次の2つです。

随時返済のメリット
  • 返済期間が短くなる
  • 利息負担が減り総返済額が安くなる
随時返済をすれば完済が早まるから、返済期間が短くなるんだよね?
そうだよ。
随時返済すると総返済額が安くなるのは、どうして?
返済期間が短くなれば、毎月の返済額にかかる利息も減るでしょ。支払う利息分を少なくすることで、総返済額を少なくすることができるんだよ。

随時返済はATMまたは振込返済で行うことができます。

可能なら一括返済!利息分を軽減して総返済額を減らす

分割しなくても返せる借り入れ金額なら、一括返済を利用しましょう。

一括返済を早めに行えば、随時返済よりも大幅に利息分をカットできます。

一括返済した場合、全部でいくら支払うのか知りたいなぁ。利息もどれだけ抑えられるか気になる!
それなら専用サイト「メンバーズナビ」を利用して。一括返済シミュレーション画面で計算できるよ。

また約定返済を行う場合の総返済額や利息は、オリックス銀行カードローン公式ホームページの「返済シミュレーション」で計算できます。

オリックス銀行カードローン返済シミュレーション

約定返済と一括返済で、利息にどれだけ差が出るか見てみてください。

オリックス銀行カードローンの100万円未満コース(金利12.0%)を契約し、10万円借りた場合、返済回数は16回。つまり延滞がなくても、返済には1年4カ月かかります。

返済期間が長いと利息が大きくなるだけでなく、「借金を返さなきゃ」という精神的な負担も大きくなりますよ。

一括払いが難しければ、随時返済を無理のない範囲で定期的に行いましょう。

オリックス銀行カードローンは返済日に注意!約定返済にならない場合も

オリックス銀行カードローンの返済期日(約定返済日)は、10日または月末日のどちらかを選択できます。

返済期日は、給料日の直後(2~3日後)がおすすめです。収入があった直後なら返済額を用意しやすく、返済後のお金の管理も楽にできます。

転職や給料日変更などがあり返済日を変更したいときは、専用サイト「メンバーズナビ」で変更手続きを
しましょう。

ただし変更手続きができるのはパソコンでログインした場合のみ。携帯電話(スマホ)での返済日変更はできません。

「返済期日」ってことは「この日までに返済すればOK」ってことだよね?
そう。返済方法が「口座引落」なら引き落とし日は返済期日だけどね。
じゃあATMか振込返済なら、いつ返済してもいいってこと?
入金する日時によって異なるよ!

ATMまたは振込による返済の場合は、入金する日時によって「約定返済」になるか「随時返済」になるかが決まります。

約定返済となるのは、返済期日の14日前の午前3:00を過ぎてから期日までの期間です。

それより前に返済(入金)した場合は、随時返済と見なされます。

そのため指定した返済期日までに、もう一度約定返済額を返済しなければなりません。

返済期日を決めたら、約定返済期間と随時返済期間も必ず確認しましょう。

オリックス銀行カードローンの返済額【返済方式と利息】

オリックス銀行カードローンの返済額って、毎月どれくらいなんだろう?
オリックス銀行カードローンの約定返済額(最低返済額)は業界最低水準。毎月の支払いで負担を感じる可能性は、他社より低いよ。
毎月支払う金額が少ないのは嬉しいなぁ!余ったお金でショッピングしちゃおうっと。
ちょっと待って!約定返済額の低さには、「返済期間が長くなる」というデメリットもあるんだよ。詳しくは次の項目で説明するね。

オリックス銀行カードローンで毎月支払う約定返済額

オリックス銀行カードローンの返済方式は「残高スライドリボルビング方式※」です。

残高スライドリボルビング方式とは

利用残高(借り入れ残高)に応じた金額を支払う返済方式のこと。利用残高とは、借り入れしている金額のことです。

利用残高と約定返済額は、次のように設定されています。

利用残高と返済額の関係
利用残高 返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

オリックス銀行カードローンの約定返済額は業界最低水準。毎月無理なく返済できるのは嬉しいですね。延滞のリスクも比較的低いです。

しかし約定返済額だけ返済していても、なかなか返済は終わりません。オリックス銀行カードローンの利息は日割り計算なので、返済期間が延びれば延びるほど、利息負担も増えます。

つまりオリックス銀行カードローンの約定返済額の低さは、メリットでありデメリットでもあるんです。

毎月の返済額が安いのは嬉しいけど、返済期間が延びるのは嫌だなぁ。
だからこそ、随時返済・一括返済を合わせて行うべきなんだ。早く完済して利息を軽減できれば、総返済額が安くなるよ!
でもすぐに一括返済できないことも多いし、毎月随時返済なんてできないし・・・。
返済が進めば利用残高が減って、約定返済額が減るよ。そのタイミングで一括返済や随時返済をするのも1つの手!

オリックス銀行カードローンの返済が遅れたときの対処法と防止策

カードローンに限らず、借りたお金は期限内にきちんと返すのが常識。とはいえ、やむを得ない事情で返済が遅れてしまう可能性も0ではありません。

万が一に備えて、カードローンを延滞してしまったらどうなるか、どう対処すればいいのかを確認しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの返済が遅れちゃったら、どうなるの?
借り入れ残高に対して、借り入れ利率+2.1%(年率)の遅延損害金が発生するよ。
「遅延損害金」って何?
返済が遅れたら支払う「罰金」みたいなものだよ。

返済が1日でも後れたり、口座引落する際に残高が足りなかったりした場合は、必ずオリックス銀行カードローンへ連絡してください。

「いつまでに返済できるか」が明確であれば、それも伝えておきましょう。銀行側から聞かれる可能性もあるので、連絡する前に確認しておくのがオススメです。

オリックス銀行カードローンの滞納防止策

オリックス銀行カードローンで滞納(延滞)しないために、カードローン利用時の注意事項を再度確認しておきましょう。

カードローンの延滞防止策
  • 必要以上にお金を借りない
  • 借入可能額を「口座残高」として見ない
  • 給料が入ったらすぐ返済する
「必要以上にお金を借りない」なんて、当たり前のことだと思うけどなぁ・・・。
そうとも言えないよ。カードローンの利用を続けていると、借り入れ(出金)するときに「自分の口座残高から引き落としている」という感覚になる人も多いんだよ。

こういう感覚のマヒが、お金の借りすぎや延滞に繋がるの。

返済不能になり自己破産する人もいます。また「返済額を他の業者から借りよう」と闇金に手を出し、さらに借金が膨れ上がったり、膨大な金額を騙し取られたりする人も。
怖すぎる・・・!
カードローンは賢く誠実に使えば、とても便利なローン。でも「借金する(している)」という自覚はしっかり持って、借りたお金は期限内にかならず返そうね。

オリックス銀行カードローン返済の重要ポイントをおさらい!

オリックス銀行カードローンで健全なキャッシング実績をつくれば、優良顧客と見なされ利用限度額を増額(増枠)できる場合も。限度額アップにより金利も下がるので、お得にキャッシングできますよ。

しかしそのためには、延滞せず返済(完済)する必要があります。

返済のコツは、約定返済だけでなく随時返済も行うこと。一括返済が可能なら、随時返済より利息を大幅にカットできる可能性が高いです。

またカードローン返済の延滞は信用情報に登録されるため、今後のローン審査などに落ちる原因となります。

延滞しそうになったり、うっかり返済を忘れてしまったりした場合は、すぐにオリックス銀行へ連絡しましょう。

記載されている内容は2017年10月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら