カードローン会社

オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットと利用時のポイント

オリックス銀行カードローンのメリット・デメリットと利用時のポイント

オリックス銀行カードローンの申し込みは口座不要で、希望限度額が300万円以下なら収入証明書も必要ありません。

また毎月の返済額が7,000円からと低く抑えられているので、月々の返済の負担が小さいのもメリットです。

しかし専業主婦は利用不可。また銀行カードローンとしては上限金利が高いので、審査結果によっては総返済額も高くなってしまう恐れも。お得に利用するには、早めに完済する必要があります。

当記事ではオリックス銀行カードローンについて、詳しくご説明します。

オリックス銀行は無店舗型・事業特化型のユニークな銀行

街なかでオリックス銀行の店舗を見ることはありません。それもそのはず、オリックス銀行は実店舗を持っていません。それどころか、通帳もキャッシュカードも発行していません。

店舗の維持やキャッシュカードの発行にかかる経費を抑え、預金金利を高くすることで顧客に還元しています。

取り扱っているサービスが限られているのも、オリックス銀行の特徴。例えば不動産ローンの分野なら、自分が住む家を買いたい人向けの住宅ローンじゃなく、アパート経営(不動産投資)をしたくて家を買う人向けのローンに特化しているんです。

では次の章から、オリックス銀行カードローンの商品内容や特徴について解説します。

オリックス銀行カードローンの借入条件・利用方法総まとめ

オリックス銀行カードローンの商品内容は次のとおりです。

オリックス銀行カードローンの商品概要
分類 銀行
保証会社 ・オリックス・クレジット
・新生フィナンシャル
申込資格 ・満20歳以上69歳未満
・毎月安定した収入がある
・日本国内在住※
無利息期間 なし
審査時間 最短即日、標準は2~3日
即日融資 不可
借入可能額 800万円
(10万円単位)
金利 1.7~17.8%(遅延利率3.8~19.9%)
金利計算 付利単位1円とし、1年を365日とする日割り計算
返済例 <金利12%で借りた10万円を返済する場合>
108,453円(毎月の返済額7,000円、16回払い)
申込方法 インターネット
必要書類 (1)本人確認書類
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・在留カード
(2)収入証明書類
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書
・所得確定申告書
借入方法 ・口座振込(手数料無料)
・ATM(手数料無料)
返済方法 ATM、自動引落、銀行振込
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済期日 毎月10日または月末
提携ATM 三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、イーネット など
ATM手数料 無料
その他 ・オリックス銀行の口座開設不要
・ジャパンネット銀行利用なら即時振込可
・収入のない専業主婦は利用不可
※外国籍の場合は永住者または特別永住者の場合に利用可

オリックス銀行カードローンは正社員だけでなく、派遣社員やパート、アルバイト、自営業者も申し込み可能です。

残高スライドリボルビング方式って、どんな返済方式なの?
残高スライドリボルビング方式は、返済が進んで借入残高が減っていくと、月々の返済金額も減っていく仕組みになってるよ。

オリックス銀行カードローンの5つのメリット

ではオリックス銀行のメリットを詳しく見ていくことにしましょう。

オリックス銀行カードローンのメリット
  1. 提携ATMの利用手数料が無料
  2. 即時振込サービスあり
  3. 利用限度額300万円以下なら収入証明書不要
  4. 毎月の返済額が業界最低水準
  5. 保証会社が2つ

提携ATM利用手数料が無料!安心して借入・返済できる

オリックス銀行カードローンの提携ATMは、利用手数料がすべて0円です。

提携ATMが全部、利用手数料0円なんて嬉しいね!

でも時間外手数料は発生するんじゃないの?

大丈夫!提携ATMの利用手数料は終日0円だよ。
ATM手数料が発生するカードローンの場合は、借り入れや返済にATMを使う回数が多いほど出費が多くなります。

しかしオリックス銀行カードローンの場合は、手数料を気にせず繰り返し利用できます。毎回必要な分だけをキャッシングすれば、借りすぎも防げますね。

即時振込サービスを利用すれば困ったときに即振込

朝起きて、「今日がクレジットカードの引き落とし日だった!でも口座にはお金が入っていない」と気づいたら焦ってしまいますね。

そんなときに使って欲しいのがオリックス銀行カードローンの即時振込サービスです。

「登録口座」か「振込専用口座」にジャパンネット銀行の口座を指定しておけば、いつでも即時に振込が可能です。

朝8時に振込依頼をしても即座に口座に振り込まれますから、当日のクレジットカードの引落しに間に合います。

即時振込サービスは、土日祝も利用可能です。

ただし23:50~0:10と3:00~4:10のあいだは利用できません。

希望額300万円以下なら収入証明書不要で手間なし

カードローンを利用する時、借入希望額が高額になると収入証明書(源泉徴収票、住民税決定通知書など)を提出する必要があります。

消費者金融だとこんな基準が設けられています。

  • その会社での借入希望額が50万円を超える
  • その会社での希望額+他社での借入残高が100万円を超える

収入証明書を準備するのは面倒ですから、希望額が低い人は助かりますね。

月々の返済金額は7,000円から!【業界最低水準】

オリックス銀行は、他の銀行に比べて月々の最低返済金額が低いです。

借入残高が30万円以下なら、1ヶ月につき最低7,000円の返済ですみます。

これを他の銀行カードローンと比べてみました。借入金額が少ない場合、オリックス銀行の月々の返済の負担が少ないことがわかります。

会社 月々の最低返済額
オリックス銀行カードローン <30万円以下>
・7,000円
<30~50万円以下>
・10,000円
みずほ銀行カードローン <1~100万円以下>
・10,000円
三井住友銀行カードローン <50万円以下>
・10,000円
毎月の最低返済額が低く設定されてると安心だね!
そうだね。でも最低返済額だけを支払うんじゃなくて、毎月多めに支払って完済したほうが利息も減って絶対お得だよ!

オリックス銀行カードローンの返済のポイントについては「オリックス銀行カードローンをお得に使うコツを紹介!」の章で解説します。 

審査で重要なのは保証会社!オリックス銀行の保証会社は2社

オリックス銀行カードローンがユニークなのは、保証会社が2社あることです。

通常、銀行カードローンの保証会社は1社なので、その保証会社の保証が受けられないと、審査に落ちてしまいます。

しかしオリックス銀行カードローンの場合は、オリックス・クレジットか新生フィナンシャルのどちらかの保証を受けられればOKです。

オリックス銀行カードローンの保証会社
  • オリックス・クレジット
  • 新生フィナンシャル(新生銀行カードローンレイクと同じ保証会社)

オリックス銀行カードローンのデメリット

オリックス銀行のデメリットは、銀行カードローンとしては上限金利が高いことと、銀行カードローンなのに専業主婦が借入できないことです。

さらに、オリックス銀行が採用している残高スライドリボルビング方式は、返済期間が長くなり、利息が膨らむ短所がある返済方式です。それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

銀行カードローンとしては金利が高い

オリックス銀行の最高金利(上限金利)は、銀行カードローンとしてはかなり高く設定されています。

銀行カードローンの最高金利の相場は14.0~14.5%くらいですが、オリックス銀行は17.8%。レイクの次に高くなっています。

カードローンの金利比較
会社 金利
新生銀行カードローンレイク 4.5~18.0%
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%

カードローンの多くは、利用限度額が大きいほど金利が低くなります。

オリックス銀行カードローンの場合は、利用限度額100万円未満だと12.0%~17.8%。初めて利用する人は基本的に高い金利が適用されるので、他の銀行カードローンより高い金利で利用することになる可能性が高いです。

オリックス銀行カードローンの限度額と金利
限度額 金利
700万円超
800万円以下
1.7%~4.8%
500万円超
700万円以下
3.5%~5.8%
300万円超
500万円以下
4.5%~8.8%
150万円超
300万円以下
5.0%~12.8%
100万円以上
150万円以下
6.0%~14.8%
100万円未満 12.0%~17.8%

金利が高いほど返済額にかかる利息は大きくなるので、初回契約者や希望限度額が低い人には不向きといえます。

総量規制対象外なのに専業主婦(夫)は利用できない

自身に収入のない専業主婦(夫)は、オリックス銀行カードローンを利用できません。

銀行のカードローンは総量規制※の対象外で、自身に収入がなくても利用できるのが一般的です。

総量規制とは

貸金業法により定められた、借り入れ金額の上限のこと。債務者が貸金業者から借りられる金額は、自身の収入の3分の1までと決められています。

銀行カードローンとしてのメリットが少ないのは残念ですね。

専業主婦(夫)がカードローンを利用する方法については、次の記事を参考にしてください。

返済期間が長くなりがち!オリックス銀行の返済シミュレーション

オリックス銀行カードローンの返済方式は、月々の返済金額が少ないのが特徴です。

しかも借入残高が少なくなるほど、月々の返済総額も減っていく「残高スライドリボルビング方式」を採用しています。

月々の返済額が少ないのはメリットですが、その半面、借入残高がなかなか減らず、返済期間が長くなってしまうデメリットもあります。

返済期間が長くなると、その分利息の負担が大きくなり、返済総額が大きくなります。

公式サイトに用意されている返済シミュレーションで、30万円を金利12%で借りたときの返済総額を計算してみたらこうなりました。

借入額 30万円
金利 12%
返済回数 57回
返済総額 393,693円
(うち93,693円が利息)
返済総額が大きくなってしまうのは嫌だなぁ。何とかならない?月々の返済額をもう少し増やして、早く返済が済むようにできないの?
定期返済の金額は借入残高に応じて決まるから、変えることはできないよ。でも月々の返済額に追加して「随時返済」をすれば、借入残高を早く減らすことができるんだ!

では、オリックス銀行カードローンを賢くお得に使う方法を、次の章で説明します。

オリックス銀行カードローンをお得に使うコツを紹介!

オリックス銀行カードローンは「ATM利用手数料が0円」「毎月の最低返済額も安い」などのメリットがある一方で、「最高金利が高め」「返済期間が長くなりがち」などのデメリットもありましたね。

最高金利が適用されたり、返済期間が長引くと、どうなるんだっけ?
総返済額が高くなるんだよ。金利が高いほど、そして返済期間が長いほど、支払う利息は高くなっちゃうんだ。

しかしカードローンをお得に使うコツを知っていれば、このようなデメリットを軽減することも可能です。

オリックス銀行カードローンの、使い方のポイントは次の2つ。

オリックス銀行カードローン利用時のポイント
  1. 随時返済をする
  2. 増額も検討する

では最後に、これらのポイントを見ていきましょう。

随時返済で早めに完済して利息を軽減!

オリックス銀行カードローンで借り入れしたお金を返済するときは、毎月の約定返済だけでなく随時返済※も合わせて行いましょう。

随時返済とは

約定返済とは別に、任意の金額を返済すること。「繰上返済」「任意返済」「臨時返済」などとも呼ばれています。

オリックス銀行カードローンは、毎月の最低返済額が安いのが特徴。

これは「毎月の返済負担が小さい」というメリットでもありますが、「返済期間が長くなるため総返済額が高い」というデメリットとも言えます。

しかし随時返済も合わせて行い返済期間を短くすれば、利息を減らすことが可能です。

随時返済はどうやってすればいいの?
ATMか口座振込を利用して。 

オリックス銀行カードローンの返済方法や返済日、返済のコツについては「オリックス銀行カードローンの返済方法から返済のコツ・注意点を解説」に詳しい内容を記載しています。

返済が延滞したときの対処法や遅延対策も紹介しているので、参考にしてください。

限度額を増額すれば金利が下がる可能性あり

オリックス銀行カードローンを半年~1年以上利用していると、利用状況によっては増額が可能になります。

増額って何のことだっけ?
カードローンの利用限度額(極度額)を増やすことだよ。 

オリックス銀行カードローンの場合、増額する金額によっては金利が下がる場合も。

「いまの限度額を超えるような金額を借りる予定はないから、増額は必要ない」という人も、今後検討してみるといいでしょう。

ただし増額審査に落ちた場合は、限度額が減る恐れもあります。増額審査のポイントを、申請前に必ず確認しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの増額審査については、「オリックス銀行カードローンで増額する人必見!審査ポイントや注意点」を参考にしてください。

オリックス銀行を利用するなら繰り上げ返済を活用しよう

オリックス銀行カードローンは最高金利が高めですが、最低金利は1.7%と低いです。そのため利用限度額の大きい人は、比較的お得にキャッシングできます。将来的に増額することを考えている人にもオススメですよ。

最低返済額は低めに設定されているので、毎月無理なく返済できます。しかし最低返済額だけ支払っていると、返済期間は長くなってしまうので要注意。

返済のコツは約定返済と随時返済を併用することで完済を早め、利息分を小さくして総返済額を減らすことです。

提携ATM利用手数料は終日0円なので、ぜひ活用してくださいね。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる