初めて利用する方へ

カードローンってどうやって返済するの?上手な返済方法とは

カードローンってどうやって返済するの?上手な返済方法とは

カードローンの返済方法やコツを知っていますか。

わざわざ消費者金融の専用ATMまで行って返済しないといけないと思っているなら大間違い。仕事帰りに最寄りのコンビニATMから簡単に返済できます。

また、カードローンの金利は日割り計算なので、同じ額を同じ金利で借りても、早く返せば返すほど利息の負担が少なくなります。

カードローン各社では、返済期日より前の返済も受け付けていますから、返済期日を待たずにこまめに返済することで、返済総額を抑えられます。

この記事では、カードローンの返済方法と、返済総額を少なくするためのコツについて徹底的に解説します。

カードローンの返済方法の種類!それぞれのメリット・デメリット

消費者金融や銀行によって違いますが、主なカードローンの返済方法にはこんな方法があります。

  • カードローン会社ATMや提携ATMからの振込
  • 口座引落し
  • ネットバンキングから返済
  • 銀行振込

返済方法の種類と、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

専用ATMやコンビニATMから返済するのが便利

まずは専用ATMやコンビニATMから返済する方法です。自分でATMまでいく必要があり、返済期日を忘れていると延滞してしまうというデメリットはありますが、多くの人が利用しています。

大手消費者金融や銀行カードローンならコンビニATMから返済できるところも多いので、仕事帰りや早朝・深夜でも返済できて便利なのがメリットです。

通帳に返済の記録が残ることもありません。

口座引落しは自動で返済できて便利だけど通帳に記録が残る

口座引落で返済するメリットは、わざわざ銀行やATMに行かなくてもいいこと。自動で引き落としされるので、「返済期日にATMに行けなくて延滞してしまった」なんて失敗も起こりません。

ただし、通帳記入したときに記録が残ってしまうというデメリットもあります。

家族にカードローンを内緒にしたい人は通帳を見られないようにする必要がありますので、ATMでの返済を選択するのが無難です。

ネットバンキングなら日時も場所も気にせず返済できる

新生銀行カードローンレイクやみずほ銀行カードローンなど、ネットバンキングをから返済できるカードローンもあります。

パソコン、スマホ、アプリから日時や場所を気にせず返済ができるのでとても便利です。

ただしこちらも、通帳記入すると返済の記録が残ってしまいます。

近くにATMがない場合は銀行振込が利用できる

自宅や職場の近くに、返済に利用できるATMがない場合には、銀行振込も利用できます。自分が使っている銀行などから振込する方法です。

デメリットは通帳記入すると記録が残ることと、銀行指定の振込手数料がかかることです。あまりメリットがない方法です。

いろんな返済方法があるんだね。こんなにあるなんて知らなかったよ。
ここで紹介した方法のほかにも店舗窓口での返済を受け付けているところもあるわ。あまり使っている人はいないんじゃないかと思うけれど。

カードローン返済のポイント1:手数料無料のATMを使う

コンビニATMでも返済できて便利なATM返済ですが、注意しないといけないのは手数料です。

自社ATMからの返済ならATM利用手数料が無料のところがほとんどですが、コンビニや提携している銀行のATMを使う場合には、手数料がかかるカードローンもあります。

特に消費者金融の場合、コンビニATM利用手数料がかかってしまうことが多いです。手数料が有料だと1回の利用につき100~200円くらいかかります。1回や2回ならいいですが、何度も利用するとなると負担も大きくなります。

コンビニATM・提携ATM利用時の手数料の有無についてまとめましたので、参考にしてください。

会社 提携コンビニATM、提携銀行ATMでの返済時の手数料の有無
モビット 利用者負担
三井住友銀行提携ATMのみ無料
プロミス 利用者負担
三井住友銀行提携ATMのみ無料
レイク 提携ATMは全て無料(セブン銀行、イーネット、ローソンATMなど)
アイフル 利用者負担
アコム 利用者負担
オリックス銀行 提携ATMは全て無料(セブン銀行、イーネット、ローソンATMなど)
みずほ銀行 利用者負担
みずほ銀行ATMも利用時間帯によっては利用者負担
三井住友銀行 提携ATMは全て無料(セブン銀行、イーネット、ローソンATMなど)

(2016年12月現在)

提携ATMからの返済に手数料がかかるカードローンの場合、少し面倒でも、自社ATMを利用するのがおすすめです。

コンビニATMの利用手数料が有料でも、便利だったら別にいいんじゃない?
コンビニATMは便利だけど、毎月返済の度に100~200円の手数料がかかってしまうのはもったいないでしょ。少しでも負担を少なくするために手数料が無料になるATMで返済して。大手消費者金融なら、規模の大きな駅の周辺に手数料無料の自社ATMを用意してるわ。

カードローン返済のポイント2:返済期日を給料日後に設定

カードローンで借りたお金は、毎月15日、25日、月末など、あらかじめ決めた日までに返済していきます。

返済で何より怖いのは、延滞してしまうことです。延滞するとペナルティーとして通常より高い金利がついてしまいます。延滞を防ぐためにできる、ちょっとしたコツをご紹介します。

返済期日を自由に選べる場合は、給料日翌日に設定しよう

返済期日は毎月10日とか月末と決まっている会社もあれば、自分で好きな日を設定できる会社もあります。

返済期日を給料日の翌日や、給料日に近い日に設定しておけば、使ってしまう前に返済ができるので、延滞を防げます。

返済期日が土日祝日など、カードローン会社や銀行の休業日にあたる場合は、翌営業日が返済期日になります。

延滞になると、ペナルティーとして遅れた日数分には高い金利がつきますから、しっかり返済期日を把握して遅れないようにしましょう。

返済期日を知らせてくれるメールサービスを実施している会社もあります。

なお、ペナルティーの金利(損害遅延金)についてはこちらの記事で紹介しています。

確かにお給料日の後に設定しておくと、返済日までに使っちゃうことがないから安心!でも、返済日って自由に決められるの?
自由に決められる会社と、いくつかの日から選ぶ会社があるの。例えばアコムだと自由に決められて便利よ。プロミスは毎月5、15、25日と末日のうち、どれかを選ぶようになっているから、お給料日に近い日を選ぶといいわね。

カードローン返済のポイント3:余裕があるときは繰り上げ返済

カードローンでは毎月の最低返済金額が決まっています。借入残高に応じて、7,000円とか10,000円に設定されています。

毎月この金額しか返済できないというわけではありません。余裕があるときに、決められた額以上に返済することもできます。すると、早く返済が進むので、利息の負担が減るんですよ。

繰り上げ返済を組み合わせて早く返済すれば返済総額が減る

返済期日は決まっていますが、期日前に返済することも可能なので、ぜひ早めに返済しましょう。

カードローンの金利は日割り計算なので、1日でも早く返済すれば、その分利息が安くなります。

期日前に返済する場合、カードローン会社に事前連絡の必要はないことがほとんどです。これなら、思いついた時、仕事帰りにATMから返済することも可能ですね。

早めに返済したお金の扱いはカードローン会社によって違います。アコムでは返済期日14日前以降に入金した分は当月返済分に充当してくれますが、15日前より早く入金したら前月の追加返済という扱いになります。

前月の追加返済として扱われたら、後ほどやってくる返済期日には決められた毎月の返済額全額を返済しないといけません。その場合でも、借入残高が早く減ることには変わりないので、利息負担は少なくなります。

早く返済すること、定期的な返済に追加して返済することを繰り上げ返済とか随時返済といいます。

カードローンの返済でボーナス払いの設定はできない

利息負担を減らすために、余裕がある月には、できるだけお金を返済に回すようにしましょう。しかし、返済額は無理のない程度にしてください。返済しすぎてお金が手元になくなってしまい、追加で借り入れすることになったら本末転倒です。

「ボーナスが入る月なら、いつもより多めに返済できる」という人もいるでしょう。しかし、カードローンの返済は、月々の支払を一定にするリボルビング方式なので、ボーナス払いを予め設定しておくことはできません。

繰り上げ返済、随時返済はいつでもできるので、ボーナスが入ったら、使ってしまわないうちに無理のない範囲の金額を返済に充てましょう。

ボーナスが入ったらパーッと使っちゃいたいけど、返済に回さないとダメかな?
カードローンを借りている間は、できるだけ返済に回すのがおすすめよ。ただ、無理をして返しすぎると生活費が足りなくなってしまって、元も子もないわ。「返せる範囲で適度に」というのも大事ね。

カードローンの月々の返済額はいくら?ミニマムペイメントとは

カードローンでは毎月の最低返済金額が決まっているとご説明しました。最低返済金額はミニマムペイメントとも呼ばれ、消費者金融や銀行によって変わります。

例えばモビットと三井住友銀行カードローンだとこうなっています。カードローンによって最低返済額の扱いが大きく異なっているのがわかりますね。

借入残高 モビット 三井住友銀行
10万円以下 4,000円 10,000円
10~20万円以下 8,000円 10,000円
20~40万円以下 11,000円 10,000円
40~50万円以下 13,000円 10,000円

※50万円以下の場合のみ記載しています(2016年12月現在)

ミニマムペイメントは決まっていますが、さきほど説明したように繰り上げ返済もできます。ミニマムペイメントに上乗せして月々の返済額を増やせば、早く返済を終えることができ、返済総額も減ります。

消費者金融や銀行カードローンの公式サイトには、返済シミュレーションができるページがあります。

  • 月々の返済額を○円にすれば、返済回数(月数)は何回か
  • 返済回数を○回にすれば、月々の返済額はいくらになるか

以上の2パターンでシミュレーションができる会社がほとんどで、新生銀行カードローンレイクなど、返済総額を表示してくれるところもあります。契約前にぜひ試してみてください。

借入残高によって最低返済金額が変わるんだね。ところでそもそもなんだけどさ、借入残高ってなに?
借りた額から返済額を引いたもの、つまりその時点で借りているお金の額よ。順調に返済していたら減っていくわ。1回借りた後にまた追加で借りたら、借入残高は増えることになるわね。

カードローンは早く返済して利息を少なくするのが鉄則

カードローンの返済では、少しでも早く返済、そしてできるだけ手数料を抑えて返済するのがポイントでしたね。

1回1回返済のたびに100~200円の手数料を払っていてはもったいないですよね。できるだけ手数料がかからないATMから返済をしましょう。

通帳に記録が残ってもいいなら、口座引落が手数料無料なのでおすすめです。その場合、返済期日までに口座にお金を入れておくのを忘れないよう注意が必要です。

どのカードローン会社でも随時返済は受け付けていますから、余裕があるときにはできるだけ返済に回すことを心がけてくださいね。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら