カードローン会社

プロミスの返済について解説!返済が遅れそうな場合の対処法も

サンプル画像

プロミスでは、ATMや銀行振込、口座振替だけでなく、インターネットでも返済可能。

インターネット返済なら、システムメンテナンスなどの時間を除けば、土日や金融機関の営業時間外でも返済できます。振込手数料も発生しないのでオススメです。

毎月の返済期日は5日・15日・25日・末日から選択できます。ただし口座振替で返済する場合は、金融機関によって返済日が固定されます。

毎月の返済金額は残高に応じて変わります。しかし返済額の計算方法はとても簡単なので心配無用です。

それではプロミスの返済について、その方法や期日、総額の計算方法、ポイントを解説します。返済が遅れそうなときの対処法も紹介するので、確認しておきましょう。

プロミスの6つの返済方法を比較!

プロミスのキャッシングには、返済方法が6つあります。

プロミスの返済方法
  • インターネット返済
  • 口座振替(口フリ)
  • プロミスATM
  • 提携金融機関のATM
  • コンビニのメディア端末※
  • 店頭窓口
※ローソン・ミニストップ・ファミリーマート
提携金融機関のATMで返済すると手数料が発生します。

そのため「提携ATMじゃないと、返済が間に合わない」「近くに提携ATMしかない」という場合のみ利用し、普段は手数料がかからない他の返済方法でお金を返していくのがオススメです。

それぞれの返済方法にはメリット・デメリットがあります。どんな人にどの返済方法が合っているのかを、まとめました。

ATMや銀行に寄るのが面倒な人にオススメな方法
平日は忙しいので土日に返済したい人にオススメな方法
返済を24時間いつでも受け付けてほしい人にオススメな方法
返済計画などを相談したい人にオススメな方法

それでは、各返済方法の内容やメリットについて説明します。

プロミスのインターネット返済のメリットと注意点・返済方法

インターネット返済は、パソコンや携帯電話で返済手続きをする返済方法。次のようなメリットがあります。

インターネット返済のメリット
  • 基本的に24時間返済できる
  • 土日・祝日でも返済できる
  • どこにいても返済できる
「24時間いつでも返済可能」って本当?金融機関の営業時間外を過ぎてからじゃ、さすがに無理じゃないかな?
大丈夫よ。インターネット返済なら、金融機関の営業時間外でもすぐ返済処理されるわ。

いつどこにいても返済できるので、忙しい人・返済のために外出するのが面倒な人には嬉しい方法ですよね。

ただしインターネット返済には、次のような注意点もあります。

インターネット返済の注意点
  • 利用できる金融機関が限られる
  • サービスが停止される時間帯がある
  • システムメンテナンスの時間の確認が必要

利用できるインターネットバンキングは、次の金融機関のみです。

インターネット返済可能な金融機関
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

また基本的には24時間いつでも返済できますが、次の時間帯にはサービスが停止されるので注意してください。

インターネット返済ができない時間帯
  • 毎月第3日曜日(午前0時~午前6時)
  • 毎週月曜日(午前0時~午前7時)

これに加えて、金融機関のシステムメンテナンスによりインターネット返済ができない時間帯もあります。あらかじめ確認しておきましょう。

インターネット返済の手順は次のとおりです。

インターネット返済の手順
  1. 会員サービスにログインする
  2. 「インターネット返済のお手続き」を選択する
  3. 返済金額を指定する
  4. 取引している金融機関を選択する
  5. 金融機関へログインし、振込実行ボタンをクリック(タップ)する
  6. プロミス画面が表示されることを確認する

6の手順でプロミスの会員サービスへ戻る際に「セキュリティ警告」の画面が表示されることがありますが、この場合は「はい」を選択しましょう。

口座振替(口フリ)のメリットと申込手順

口座振替(口フリ)による返済の一番のメリットは、自動的に引き落とされることです。

手間も手数料もかかりませんし、「今日が返済日なのを忘れてた!」と慌てる必要もありません。

口座振替の申し込みは、インターネットで行います。手順は次のとおりです。

口座振替の申込手順
  1. 会員サービスにログインする■
  2. 「口フリ(口座振替)のお手続き」を選択する
  3. 金融機関を選択する
  4. 指定の金融機関へログインし口座振替を申し込む

しかし口座振替で返済する場合、金融機関によっては返済期日が限定されてしまいます。返済期日については、この記事のプロミスの返済期日と初回返済期日の決まり方の項目で確認してください。

また口座振替の場合、残高不足により返済できず延滞してしまう恐れがあります。返済日前に、口座残高の確認は必ず行いましょう。

プロミスATMは利用手数料が無料

ATMで返済(入金)する場合は、手数料0円の「プロミスATM」がオススメです。

土日・祝日も返済ができます。

プロミスATMの設置場所は、プロミスの公式ホームページにある「店舗・ATM検索」から調べることが可能です。地域によってはプロミスATMの数が少ない場合もあるので、返済方法を決める前に確認しておくといいでしょう。

提携金融機関のATMは利用手数料が発生する

プロミスの返済で利用可能な提携ATMは、次の5つです。

プロミスの提携ATM
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行※
  • E-net ATM
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
※Web明細の登録が必要

提携金融機関のATMを利用するなら、三井住友銀行のATMが手数料0円でオススメ。

その他の提携ATMで発生する利用手数料は、次のとおりです。

提携ATMの利用手数料
返済金額 利用手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

1回の利用手数料は少額に見えますが、月1回の返済でも1年で約2,600円もの出費になります。

コンビニのマルチメディア端末は手数料0円だけど借入不可

プロミスの返済を行えるメディア端末は、ローソン・ミニストップ・ファミリーマートに設置されている次のような機械です。

返済可能なメディア端末
  • Loppi(ロッピー)
  • Famiポート(ファミポート)

これらのメディア端末による返済も、利用手数料がかかりません。

コンビニではATMだけじゃなくて、メディア端末からも返済できるんだね。家の近くにはファミリーマートが多いから、手数料0円で毎月返済できそう!
でしょ!利用手数料0円のATMが生活圏内にあれば、カードローンをお得に利用できるわよ。
ところで借り入れも、手数料無料でできるのかな?
残念だけど、コンビニのメディア端末では借り入れできないの。ATMならできるけど、コンビニの提携ATMを利用すると手数料がかかるわ。

店頭窓口での返済なら返済計画の相談ができる

プロミスの店頭窓口で返済すれば、その場でスタッフと顔を合わせて相談できます。

初めてプロミスのカードローンを利用する人や、「返済計画を自分だけで考えるのは不安・・・」という人にオススメです。

この返済方法も手数料は発生しないので、通勤経路や自宅などの近くにプロミスの店舗があれば便利。

ただし「毎月店舗へ行くのは面倒」となりかねないので、インターネットや口座振替による返済も視野に入れておきましょう。

プロミスの返済期日と初回返済期日の決まり方

カードローンを申し込むとき、返済期日をあまり気にしてない人も多いのではないでしょうか。

でもカードローンの返済期日って、意外に重要なんです。自分に合った返済日に支払いができれば、お金の管理もしやすくなりますよ。

それではプロミスの返済期日・初回の返済期日について、詳しく見ていきましょう。

プロミスの返済期日は4パターンから選択できる

プロミスの返済期日は、基本的に次の4パターンから選べます。

プロミスの返済期日
  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月末日
※プロミスの休業日にあたる場合の返済期日は翌営業日

しかし口座振替で返済する場合は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の金融機関からの返済以外は、返済日は毎月5日に固定されます。

プロミスで借入した場合の初回返済期日

初回返済日も、それ以降の返済日と同じく5・15・25・末日のいずれかです。ただし自分で選んだ返済期日と最初の借り入れ日によって「同月になるのか」「翌月、翌々月になるのか」が違います。

2回目以降の返済期日が5日の場合
初回借入日 初回返済日
1日~19日 初回借入日の翌月
20日~末日 初回借入日の翌々月
2回目以降の返済期日が15日の場合
初回借入日に関係なく、初回返済期日はその翌月
2回目以降の返済期日が25日の場合
初回借入日 初回返済日
1日~9日 初回借入日の同月
10日~末日 初回借入日の翌月
2回目以降の返済期日が末日の場合
初回借入日 初回返済日
1日~14日 初回借入日の同月
15日~末日 初回借入日の翌月
「返済日をうっかり忘れてて、気付いたら期日を過ぎてた」なんてこともありそうで、ちょっと不安だなあ・・・。
それなら「ご返済日お知らせメール」を利用して。返済期日の7日前から前日までの好きなタイミングに、返済日をメールで知らせてくれるわよ。

メール配信の設定は、会員サービスの「各種お申込み」で行なってね。

プロミスの「残高スライド元利返済方式」ってどんな仕組み?

続いてプロミスの返済金額について説明します。プロミスで採用されている返済方式は「残高スライド元利返済方式」です。

え、何それ?どういう仕組みなの?
「残高スライド元利返済方式」は、最終借り入れ後の残高によって返済額が変わる返済方式よ。

返済金額は次のように算出されます。

返済額の算出方法(借入後残高30万円以下の場合)
1、借入後残高×3.61%
2、1,000円未満は切り上げ
(返済回数は36回まで)
返済額の算出方法(借入後残高30万超~100万円以下の場合)
1、借入後残高×2.53%
2、1,000円未満は切り上げ
(返済回数は60回まで)
返済額の算出方法(借入後残高100万円超の場合)
1、借入後残高×1.99%
2、1,000円未満切り上げ
(返済回数は80回まで)

これなら簡単にできそうですね。例として、借り入れ後の残高が100万円の場合で計算してみました。

返済額の算出例(借入後残高が100万円の場合)
・100万円×2.53%=25,300円
・1,000円未満切り上げで、返済額は26,000円

「残高スライド元利返済方式」は最終借り入れ後残高によって返済額が決まります。そのため毎月一定の金額を返済するわけではありません。

自分が返すべき返済額は、月ごとの残高に応じて計算しておきましょう。返済に充てる金額を明確にしておけば、お金をしっかり管理できます。

プロミスの返済総額を減らすことは可能!返済時のポイント

カードローンの返済、「決められた金額だけ返せばいいや」と思っていませんか。実は返済の仕方を少し工夫するだけで、返済総額を少なくすることが可能です。

プロミスで返済するときのポイントを紹介します。

カードローンの返済総額を減らすカギは早めの完済

プロミスに限らず、カードローンは基本的に随時返済※が可能です。

随時返済とは

カードローン会社によって定められた毎月の返済金額に加えて、任意の金額を返済すること。「任意返済」「繰り上げ返済」と表記されている場合もあります。

随時返済は「全額返済」と「一部返済」の2種類です。

「全額返済」は、借りているお金(元金)にその日までの利息を付けた金額を一括で返済する方法。

「一部返済」はその名のとおり、一部の金額を毎月の返済(約定返済)に加えて支払う方法です。

随時返済には、主に次の3つのメリットがあります。

随時返済のメリット
  • 早めに完済できる
  • 利息が減り返済総額が安くなる
  • カードローン会社の信用を得られる
完済が早まれば、「借金を返さないと」っていう精神的な負担から早く解放されるね!
そうね。しかも返済期間が短くなると、その分支払うべき返済総額も安くなるのよ。
なんで返済期間が短くなると、返済総額も安くなるの?
返済期間が短くなるということは、返済回数が減るってことでしょ。返済回数が減れば、毎回の返済額にかかる利息も減るの。だから返済総額も軽減されるのよ。

またカードローンを早めに完済すれば、カードローン会社の信用も得られやすいです。「優良顧客」と認められれば、利用枠の増額(増枠)ができる可能性も。

カードローンの借り入れ・返済についての情報は、信用情報※に一定期間登録されます。そのため新たにローンを組む際は、審査で評価されるポイントになりやすいです。

信用情報とは

ローンやクレジットなどの申し込み・契約情報のこと。申し込み・契約内容や返済状況、残高が記録されています。

随時返済をしないことで、信用情報にキズが付くことはありません。

しかし無理な随時返済をして約定返済を延滞すると、「延滞した」という情報が信用情報に登録されてしまいます。延滞によるデメリットは、次の章で解説しています。

毎月のお金の管理をきちんと行い、自分が返せる金額を返済していくことが大切です。

返済が遅れそうなとき・延滞したときの対処法

カードローンの返済で避けたいのが、延滞(遅延)です。「返済が遅れた」という記録は信用情報に登録され、今後のローンなどの審査結果に影響します。

またカードローン返済が延滞した場合、遅延利息(遅延損害金)を支払わなければなりません。

遅延利息って何?どれくらい払えばいいの?
遅延利息は、返済が遅れたことによって生じる「罰金」のようなもの。プロミスの遅延利息の利率は、利息制限法で決められている上限の20%よ。
もちろん借りたお金は期日内に返すのが基本。でも、いつどんな事情で延滞するか分かりませんよね。もしものときのために、返済が遅れそうなときの対処法も頭の片隅に入れておきましょう。

返済に遅れそうならプロミスコールへ電話する

予定外の出費などで「期日に返済できなさそう」と気付いた場合は、必ずプロミスコールへ電話しましょう。

状況に応じて返済プランを提案してもらえます。

しかし延滞が何度も続くと、「優良顧客ではない」と判断されてしまい、増額審査など今後の利用にも影響を及ぼすことも。「延滞しても何とかなるだろう」と軽く考えてはいけません。

プロミスコールの電話番号と営業時間は次の項目に記載しています。

期日から14日以内に入金する場合は、プロミスコールへ電話する

カードローンの返済を延滞してしまった人のなかには「返済日を忘れてただけ」「あと数日で返済額を用意できる」という人もいますよね。

プロミスの場合、返済期日から14日以内であれば入金手続きが可能です。

このような人も返済に遅れそうな場合と同じく、プロミスコールへ問い合わせましょう。

プロミスコール
電話番号
0120-24-0365
営業時間 <音声自動応答>
・24時間
<オペレーター対応>
・9:00~18:00
(土日・祝日は休業)

プロミスの返済方法・返済日・返済のポイント総復習!

プロミスの返済方法には手数料がかからないものが多く、土・日・祝日や金融機関の営業時間外でも返済可能。

口座振替やインターネット返済なら、毎月ATMや銀行、店頭窓口まで行く必要はありません。

返済期日は4パターンから選べますが、口座振替で返済する場合は金融機関により「毎月5日」に限定される可能性もあります。

プロミスの返済方式は「残高スライド元利返済方式」のため、毎月支払う金額が違う場合が多いです。毎月の返済金額を確認する癖を付けておきましょう。

そして随時返済も行うと、返済総額を減らせます。延滞しそうな場合はプロミスに問い合わせれば、返済計画の相談に乗ってもらえるので、早めに連絡してくださいね。

※記載されている内容は2017年8月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら