カードローン会社

プロミスで即日融資を受ける方法!お得なサービスも紹介

サンプル画像

「明日の飲み会に誘われたから、すぐお金を借りたい」「料金支払いの期日が今日だったけど、給料日前でお金が足りない」など、緊急でお金が必要なときってありますよね。

プロミスは審査時間が最短30分で、即日融資が可能なカードローンです。しかも三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座への振込(瞬フリ)なら、最短10秒で借り入れできます。

この記事ではプロミスで即日キャッシングするための、申し込み方法と必要書類、借り入れ方法について説明します。

プロミスのメリットもまとめたので、契約を検討中の人は参考にしてください。

プロミスで即日融資を受けられる申込・契約方法

プロミスの無担保ローン「フリーキャッシング」の申し込み方法はいくつかありますが、その中でオススメな2つの方法を紹介します。

プロミスで即日融資が可能な手続き手順
  • Webで申し込み、Webか店頭窓口で契約する
  • 電話で審査を受け、自動契約機で契約する

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

Web申込なら来店不要!カードなしを選択すれば即日融資が可能

プロミスでは24時間365日、Webからの申し込みを受け付けています。手順は次のとおりです。

  1. パソコンや携帯電話から申し込む
  2. 契約可能額をメールか電話で確認する※
  3. Webまたは店頭窓口で契約する
※確認方法は選択可能

店頭窓口で契約すれば、その場でカードが発行されすぐに利用できます。

Webで手続きする場合は「カードあり」と「カードなし」いずれかを選択できるので、ATMを利用したい人は「カードあり」を選択しましょう。

ただしカードは郵送で翌日以降に届くので、ATMでの即日融資はできません。

「カードあり」を選択した場合も、即日キャッシングするなら口座振込で借り入れしましょう。

即日融資を受けられる借り入れ方法については「口座振込で即日借入できる時間帯は?瞬フリなら最短10秒で融資」の章で詳しく解説します。

審査は約20分!電話してから自動契約機で手続き

プロミスで即日融資を受ける方法、もう一つは電話と自動契約機での手続きです。

  1. 電話で審査を受ける
  2. 審査結果の連絡を受ける
  3. プロミスの自動契約機で手続きする
電話による審査は20分ほどで完了し、その後1時間半くらいで審査結果の連絡が来ます。審査が通ったらプロミスの店舗へ行き、自動契約機で手続きをしましょう。

ただし混雑状況や審査状況により、融資が翌日以降になることもあります。

プロミスのカードローン契約に必要な書類

プロミスのフリーキャッシングを契約するには、次の書類が必要です。

プロミスのフリーキャッシングに必要な書類
  • 本人確認書類(※1)
  • 収入証明書類(※2)
※1:外国籍の場合は、在留カードか特別永住者証明書も必要
※2:希望する借入額により必要な場合あり

本人確認書類は必ず提出しなければなりません。収入証明書類が必要なのは、次の項目のうち1つでも該当する場合です。

収入証明書類が必要な人
  • 希望する限度額が50万円を超える人
  • 希望限度額と他社での利用残高の合計が100万円を超える人

では用意すべき本人確認書類と、収入証明書類について説明します。

プロミスのカードローン契約に必要な本人確認書類

本人確認書類として提出するのは基本的に運転免許証ですが、持っていない場合は次のいずれかを提出しましょう。

運転免許証がない場合の本人確認書類
  • パスポートと住民票
  • 健康保険証と住民票

書類に記載されている住所と現在の住所が異なる場合は、次のいずれかの書類のコピーも必要です。

書類の住所が現在と異なる場合の必要書類
  • 国税か地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書※
  • 住民票の写し
  • 住民票の記載事項証明書
※電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの

これらの書類は発行日から6カ月以内のものを用意してください。

プロミスのカードローン契約に必要な収入証明書類

収入証明書類として提出するのは「給与明細書」か「源泉徴収票」、「確定申告書」のいずれか1点です。次の条件を満たしていないと、再提出が必要になります。

収入証明書類と条件
書類 条件
給与明細書 ・本人の氏名が記載されていること
・現在の勤務先が記載されていること
・支給総額が記載されていること
・支給年月が直近の連続した2カ月分であること(※1)
源泉徴収票 ・本人の氏名が記載されていること
・現在の勤務先名が明記されていること
・年収が記載されていること
確定申告書 ・本人の氏名が記載されていること
・収入額と所得額が記載されていること
・証明年度が前年度分であること(※2)
※1:賞与がある場合は直近1年分の賞与明細書も要提出
※2:提出日が1月1日~3月31の場合は、前々年度以降でも受付可能
書類にマイナンバーが書いてあるけど、気にせずそのまま提出していいよね?
ダメよ。マイナンバー(個人番号)が書類に書いてある場合は、見えないように加工してから提出して。これは「マイナンバー法」に基づく制度なの。

スムーズに契約を行うために、提出書類は不備がないか確認しておきましょう。

口座振込で即日借入できる時間帯は?瞬フリなら最短10秒で融資

カードローンで即日融資を受けるためには申し込み・契約を当日中に完了することが絶対条件。さらに借り入れ方法によっても、当日中にキャッシングできるかどうかが決まります。

次にプロミスで即日融資を受けるための、借り入れ方法について見ていきましょう。プロミスの借り入れ方法は、次の4つです。

プロミスの借入方法
  • 口座振込
  • 店舗窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM

プロミスの店舗やATMが近くにあれば、そこですぐ借り入れできます。しかし「ATMも店舗も近くにない」「忙しくて、家や職場から出られない」という状況の人もいますよね。

そんな人には、来店不要の口座振込(振込キャッシング)がオススメ。

振り込み先が三井住友銀行かジャパンネット銀行口座なら、24時間いつでも最短10秒で借り入れが可能な「瞬フリ」を利用できます。

他の銀行口座の場合は、すぐに振り込んでもらえるのかなあ?
曜日や受付時間によって振込実施時間が違うわ。それに三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座の場合も、サービス停止時間があるから注意して。

銀行口座別の受付時間と振込実施時間は、次の表で確認してください。

三井住友銀行口座でキャッシングする場合
振込実施時間 ・受付完了から10秒程度
サービス停止時間 ・毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00
・元日(終日)
24時間受付
ジャパンネット銀行口座でキャッシングする場合
振込実施時間 ・受付完了から10秒程度
サービス停止時間 ・毎週月曜日0:00~7:00
・元日(終日)
その他の銀行口座でキャッシングする場合

三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の口座を利用する場合、平日の14:50までに手続きするのが即日融資の条件です。

曜日と受付時間によって、借り入れできる時間帯が次のように違ってきます。

曜日 振込実施時間
月~金 <0:00~9:00の受付>
・当日9時半頃
<9:00~14:50の受付>
・受付完了から10秒程度
<14:50~24:00の受付>
翌営業日9:30頃
土・日・祝日 翌営業日9:30頃

サービス停止時間は次のとおりです。

  • 毎週月曜日の0時~7時
  • 元日(終日)

口座振込の手続きは、次の手順で行いましょう。

口座振込の手続き
  1. 会員サービスにログインする
  2. 振込口座を登録する
  3. 会員サービスの「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」をクリックする
  4. 借入金額を指定する

ちなみに口座振込なら、利用手数料は0円です。余計な出費が発生しないのも嬉しいですね。

プロミスは融資が早いだけじゃない!3つのメリットを紹介

「急いでいるからカードローンを選んでるヒマなんてないけど、プロミスって実際どうなの?」と思っている人もいるでしょう。

プロミスの特徴やメリット・デメリットについては「プロミスは30日間金利ゼロ!審査も最短1時間で融資可能」で詳しく解説していますが、ここではプロミスがオススメな理由をさらっと紹介しておきます。

プロミスのメリット

融資スピードが速いだけでなく、利息や手数料を節約できるお得なサービスも受けられますよ。今後プロミスのカードローンを賢く使うためにも、確認しておきましょう。

【メリット1】初回契約なら無利息サービスあり

プロミスでは、次の項目すべてに当てはまる人を対象に「30日間無利息サービス」を行っています。

30日間無利息サービスの適用条件
  • プロミスの利用が初めて
  • メールアドレスを登録する
  • Web明細を利用する

「30日間無利息サービス」とはその名のとおり、30日間は利息がかからないサービス。初回の返済日に支払う返済額から、30日間分の利息がカットされます。

無利息期間となるのは、初回に出金した日の翌日から30日間です。

【メリット2】家族や職場の人にバレる可能性が低い

お金を借りるのって、なるべく周りの人には知られたくないものですよね。プロミスなら、カードローンの利用が家族や職場の人にバレる可能性が低いですよ。

プロミスのカードローン利用がバレにくい理由
  • Web完結申込ならカードや郵送物がない
  • 電話での在籍確認を避けられる場合がある

Web完結申し込みなら、カードなしでの利用を選択すれば郵送物が届きません。財布に入っているカードを見られたり、郵送物が自宅に届いて家族に気付かれたりするのを防げます。

「どうしても職場への電話連絡を回避したい」という人は、申込完了後プロミスに電話してみましょう。相談に乗ってもらえる可能性がありますよ。

【メリット3】ポイントサービスで利息や手数料を節約

プロミスポイントサービスとは、プロミスの会員が利用できるサービス。対象となるサービスを受けポイントを貯めると、次の2つの特典が受けられます。

プロミスポイントサービスの特典
  • 提携ATM手数料が無料になる(最大60日間)
  • 一定期間無利息で利用できる
無利息サービスを設けているカードローンはいくつかありますが、無利息期間は最初の約30日間のみの場合がほとんど。

プロミスは利用状況に応じて、何度も無利息期間が適用されるのでお得なんです。

プロミスの即日融資条件をおさらい!お得なサービスもありオススメ

プロミスで即日融資を受けたいなら、Webか電話で申し込み、口座振込で借り入れしましょう。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座であれば、基本的にいつ手続きしても最短10秒で振り込んでもらえます。

他の銀行口座を利用する場合は、平日の14:50までに手続きを完了すれば即日融資が可能です。

プロミスには初回契約時の無利息サービスに加え、提携ATM手数料や利息を節約できる「ポイントサービス」があります。融資スピード以外にも魅力が満載なので、ぜひ利用してくださいね。

※記載されている内容は2017年9月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら