カードローン会社

りそな銀行カードローンを2つ紹介!返済のポイントも解説

りそな銀行カードローンを2つ紹介!返済のポイントも解説

都市銀行の1つ、りそな銀行のカードローンは「プレミアムカードローン」と「クイックカードローン」の2種類で、主な違いは利用限度額です。

「プレミアムカードローン」は住宅ローンの利用、「クイックカードローン」は給与振り込みの利用によって、金利が0.5%引き下げられます。

通常でも上限金利が低いので、少額のキャッシングにもオススメです。

ただし口座開設が必要で、口座がないと利用開始までに日数がかかります。ATMの利用手数料が発生する場合もあるので、無料で借り入れ・返済できる時間帯を把握しておくことが必要です。

それでは、りそな銀行で取り扱う2つのカードローンの基本情報や特徴、利用時のポイントについて解説します。

プレミアムカードローンの基本情報

まずはプレミアムカードローンの内容を見てみましょう。

プレミアムカードローンの商品概要
申込資格 ・日本国内在住
・申込時に満20歳以上満60歳未満
・継続安定した収入がある
・パート、アルバイト申込可
・専業主婦、学生は申込不可
無利息期間 ・なし
即日融資 ・口座があれば可能
借入限度額 ・50万円~800万円
金利 ・3.5%~12.475%
金利計算 ・毎日の最終残高について付利単位を100円とした1年を365日とする日割り計算
申込方法 ・インターネット
・電話
・郵送
借入方法 ・ATM
返済方法 ・自動引落し
・ATM
返済方式 ・毎月定額返済
(残高スライド方式)
返済期日 ・毎月5日※
対応ATM ・りそな銀行ATM
・埼玉りそな銀行ATM
・近畿大阪銀行ATM
<コンビニATM>
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・ファミリーマートATM
<提携ATM>
・ゆうちょ銀行ATM
・バンクタイムATM
・BANCS提携銀行ATM
・MICS提携銀行ATM
ATM手数料 ・有料の場合あり
※休日の場合は翌営業日

限度額は50万円~150万円だと50万円単位、200万円~800万円だと100万円単位に区切られています。

また「りそなプレミアムフリーローン」を利用中の場合、「りそなプレミアムカードローン」の借り入れ額との通算が800万円以内であれば、カードローンでも借り入れ可能です。

「プレミアムカードローン」は、住宅ローン利用者で「マイゲート」を契約していると金利が0.5%引き下げられます。

クイックカードローンの基本情報

「クイックカードローン」は「プレミアムカードローン」より最高限度額が低いカードローン。商品概要は次のとおりです。

クイックカードローンの商品概要
申込資格 ・日本国内に在住
・契約時年齢が満20歳以上満66歳未満
・継続安定した収入がある
・パート、アルバイトも申込可
・学生は利用不可
無利息期間 ・なし
即日融資 ・口座があれば可能
借入限度額 ・30万円~200万円
金利 ・9.0%~12.475%
金利計算 ・毎日の最終残高において付利単位を100円とした1年を365日とする日割り計算
申込方法 ・インターネット
・電話
・郵送
借入方法 ・ATM
・インターネットバンキング
返済方法 ・自動引落し
・ATM
返済方式 ・毎月定額返済
(残高スライド方式)
返済期日 ・毎月5日
提携ATM ・りそな銀行ATM
・埼玉りそな銀行ATM
・近畿大阪銀行ATM
<コンビニATM>
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・ファミリーマートATM
<提携ATM>
・ゆうちょ銀行ATM
・バンクタイムATM
・BANCS提携銀行ATM
・MICS提携銀行ATM
ATM手数料 ・有料の場合あり
※休日の場合は翌営業日

希望する利用限度額は、次の6コースから選択できます。

クイックカードローンの利用限度額
  • 30万円
  • 50万円
  • 70万円
  • 100万円
  • 150万円
  • 200万円

「クイックカードローン」の場合はクイックカードローンの利用口座で、給与振り込みの取引があれば金利が0.5%引き下げられます。

このカードローンの特徴は、審査が最短2時間と対応スピードが速いことです。カードローンは審査に通らないと利用できないので、審査結果が早く分かると安心ですよね。

りそな銀行カードローンのメリット

りそな銀行で取り扱う2つのカードローンには、共通するメリットがたくさん。

りそな銀行カードローンのメリット
  • 低金利
  • キャッシュカードをそのまま使える
  • 申込・契約は来店不要
  • 金利優遇あり

金利優遇については先ほど、各カードローンの商品概要とともに説明しました。ここでは、残り4つのメリットについて詳しく説明します。

1、りそな銀行のカードローンは低金利!

りそな銀行のカードローンは低金利で、特に上限金利が安いのが特徴です。

他の都市銀行カードローンと比較してみましょう。

銀行系カードローンの金利比較
銀行・カードローン名 限度額 金利
りそな銀行
「プレミアムカードローン」
800万円以内 3.5~12.475%
りそな銀行
「クイックカードローン」
200万円以内 9.0~12.475%
みずほ銀行
カードローン
800万円以内 2.0~14.0%
三菱東京UFJ銀行
「バンクイック」
500万円以内 1.8~14.6%
三井住友銀行
カードローン
800万円 4.0~14.5%

利用限度額が低いほど、金利は高くなります。そのため次のような人は、りそな銀行のカードローンが他社より低金利な可能性が高いです。

  • 利用実績や収入などにより、利用可能な限度額が少ない人
  • 希望する限度額が低い人

2、りそな銀行カードローンはキャッシュカードをそのまま使える

カードローンの多くは、契約するとローンカードが発行されます。このカードを使ってATMで入出金するのが一般的です。

そのためATMの利用時、家族や友達にカードを見られてしまい「カードローンでお金を借りている」と知られる可能性もあります。

りそな銀行のカードローンなら、「りそなキャッシュカード」にカードローンの機能を追加することが可能。

周りから見ても、自分の銀行口座からお金を引き出しているのと変わりません。これなら「誰にもバレずにカードローンを使いたい」と思っている人も安心ですね。 

3、りそな銀行カードローンの申込・契約は来店不要

銀行カードローンを利用したことがある人のなかには「契約は銀行に行かないといけないのが面倒だった」「仕事があるから、銀行に行く時間をなかなか作れなかった」という人もいますよね。

りそな銀行のカードローンは、申し込みと契約をインターネットで行うことができるため来店不要です。

申し込みから契約までの流れは、次のとおりです。

りそな銀行カードローンの契約の流れ
  1. 申込
  2. 審査
  3. 申込時に入力した連絡先へ審査結果の連絡
  4. 契約手続

必要書類もWebで提出できますよ。

どうして審査結果の連絡は、電話かメールで受ける必要があるの?
審査結果は基本的に、電話かメールで届くわ。でも申し込み者への連絡がつかない場合、銀行は審査結果を郵送で送ってくれるの。

郵送だと日をまたぐから、即日融資ができなくなるのよ。

りそな銀行カードローンのデメリット

一方でりそな銀行には、次のようなデメリットもあります。

りそな銀行のデメリット
  • 口座開設に5日以上かかる
  • ATM手数料が発生する場合あり

口座開設にかかる時間やATM手数料がかからない方法などを確認して、りそな銀行カードローンを賢く利用しましょう。各項目について詳しく説明していきます。

りそな銀行カードローンは口座開設が必要!

カードローンのなかには、利用口座を指定していないものもあります。りそな銀行の場合は、りそな銀行の口座しかカードローンの利用口座として使えません。

りそな銀行口座の開設方法と、手続きしてから口座利用ができるまでの日数は次のとおりです。

口座開設の方法と利用可能になるまでの日数
方法 日数
店頭窓口 約10日
郵送 約14日
アプリ※ 約5営業日
※スマート口座のみ

店頭窓口やアプリからの口座開設すると、発行・郵送されるのはキャッシュカードのみ。

郵送から開設した場合は、キャッシュカードの発行・郵送や、インターネットバンキング「マイゲート」の開始パスワードなどが簡易書留などで届きます。

店舗窓口での口座開設は、何時までなら手続きできるかな?
一部の店舗を除いては、17時まで窓口営業しているわよ。自宅や職場付近の店舗の営業時間を、公式ホームページで確認してみて。

りそな銀行カードローンはATM利用手数料が発生する場合あり

りそな銀行のカードローンは、提携金融機関のATM利用手数料が発生する場合も。時間帯によっては借り入れ・返済1回につき108円~216円かかります。

カードローンは契約期間中、繰り返し借入・返済できる貸付方法です。そのため頻繁に利用するほど、利用手数料で損をする可能性が高くなります。

気付いたら、月に数千円の出費になっている恐れもあるんですよ。

ATMの利用手数料は、りそな銀行の公式ホームページで確認できます。よく使うATMで手数料が無料の時間帯だけでも把握しておくといいでしょう。

りそな銀行カードローン返済時のポイント

ここまで、りそな銀行のカードローン「プレミアムカードローン」と「クイックカードローン」の内容や特徴について説明してきました。

りそな銀行のカードローンを利用しようと思っているなら、返済時のポイントも確認しておきましょう。

確かにカードローンを使うとなると、きちんと返済できるか不安だよね。友達に「カードローンで借りたお金はちゃんと返済してるのに、なかなか借金減らない」って言ってる子もいたよ。
カードローンのなかには、毎月の返済額は安いけど返済期間が長いものも多いのよ。

実はりそな銀行のカードローンも「残高スライド方式」という返済方式を採用しているから、返済期間と返済総額には要注意なの。

「残高スライド方式」って何?
借り入れ残高によって、返済額が決まる返済方式よ。返済を進めていけば借り入れ残高が減るから、毎月の返済額も安くなるというメリットがあるわ。

でも返済額が安い分返済期間は長くなるし、毎月の返済額につく利息も増えてしまうの。

えーっ、そんなの困るなあ。何か良い方法はないのー?
心配しないで。毎月の返済額はあくまで「最低これだけは支払ってね」という金額なの。

約定返済と合わせて随時返済をしていけば、返済期間を短くできるわよ。

りそな銀行のカードローンは随時返済を利用しよう!

随時返済とは、毎月の約定返済とは別に任意の金額を返済する方法です。「任意返済」や「追加返済」、「臨時返済」などとも呼ばれます。

随時返済のメリットは、返済期間が短くなることです。

返済期間が減れば、その分毎月の返済額にかかる利息も減ります。

何より返済が早く終われば、精神的にもラクですよね。余裕があるときは多めに随時返済をして、いざという時のためにカードローンの利用枠を空けておきましょう。

りそな銀行のカードローンは、ATMかインターネットバンキング「マイゲート」で随時返済が可能。手数料が発生しない時間帯に行うのがオススメです。

カードローンの返済方法や返済のコツについては「カードローンってどうやって返済するの?上手な返済方法とは」で詳しく説明しています。りそな銀行のカードローン利用時にもぜひ参考にしてくださいね。

りそな銀行カードローンは低金利!ATM手数料と返済総額に注意

りそな銀行のカードローン「プレミアムカードローン」と「クイックカードローン」は、銀行カードローンのなかでも上限金利が低いです。

少額の借り入れを希望する人や、始めてカードローンを利用する人でも、低金利に利用できますよ。

返済方式は「残高スライド方式」なので、返済が進むほど毎月の支払い金額は安くなります。しかし決められた分だけ払っていると返済期間が長引き、返済総額も増えてしまうんです。

「いつまで経っても借金が減らない」なんてことにならないよう、随時返済も活用し早めに完済しましょう。

※記載されている内容は2017年7月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら