カードローン会社

住信SBIネット銀行カードローン紹介!【ミスターカードローン】

住信SBIネット銀行カードローン紹介!【ミスターカードローン】

基本的に銀行系カードローンの上限金利は14%くらいで、消費者金融に比べ低金利で利用できるのがメリットです。しかし住信SBIネット銀行には、さらに金利の低い「MR.カードローン(ミスターカードローン)」があります。

コースは審査によって決まりますが、プレミアムコースが適用されれば年1.59%~7.99%と、かなりの低金利でお金を借りられるんです。住信SBIネット銀行で利用中のサービスによっては、金利優遇もありますよ。

それでは住信SBIネット銀行のミスターカードローンのポイントを、概要やメリット、申し込み方法などから分析していきます。

住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行は、有人店舗がなくインターネット上で取り引きできるネット銀行。パソコンやスマホ、タブレットがあれば利用可能です。

ネット銀行のカードローンには、次のようなメリットがあります。

ネット銀行のメリット
  • 全国のATMで利用可能
  • 24時間365日利用可能※
  • 手続きは来店不要
※システムメンテナンス時間を除く

住信SBIネット銀行には、ほかにも次のような特徴があります。

住信SBIネット銀行の特徴
  • セキュリティサービスで特許取得
  • 引き出し・振り込みの手数料が最大月15回無料※
  • キャッシュカードはVisaデビット機能付き
※対象は個人のみで、利用状況により異なる

住信SBIネット銀行では「スマート認証」というセキュリティサービスが利用できます。

認証番号表がなくても自分の端末で取引承認ができ、ログインロック機能で不正ログインを防ぐことも可能です。

このスマート認証は、WEBとスマホの2経路で承認される「2経路認証機能」の特許を取得しています。

でも実店舗がある銀行には、顔を合わせて相談できる安心感があるよね。ネット銀行を初めて利用する人のなかには、疑問や不安の多い人もいるんじゃないかなあ・・・。
大丈夫よ。住信SBIネット銀行の公式サイトには、操作方法を動画で説明するページや、取引体験のデモ画面が用意されているの。困ったことがあれば、電話でオペレーターに相談すれば大丈夫よ。

住信SBIネット銀行のMR.カードローンとは

それでは住信SBIネット銀行のMR.カードローン(ミスターカードローン)について見ていきましょう。

MR.カードローンには「プレミアムコース」と「スタンダードコース」があります。2つのコースに共通する概要は、次のとおりです。

MR.カードローン商品概要
申込資格 ・申込時年齢が満20歳以上満65歳以下
・安定継続した収入がある
・外国籍の場合は永住者
・住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有
無利息期間 ・なし
即日融資 ・口座があれば可能
金利計算 ・毎月の最終貸越残高について付利単位を1円とし、1年を365日とする日割り計算
申込方法 ・インターネット
借入方法 ・WEBサイト
・モバイルサイト
・提携ATM(※1)
返済方法 ・約定返済
・随時返済
返済方式 ・残高スライドリボルビング返済
返済期日 ・5日(※2)
提携ATM ・イオン銀行ATM
・セブン銀行ATM
・E-net(イーネット)ATM
・ローソンATM
ATM手数料 ・有料の場合あり
※1:キャッシュカードを持っている人のみ利用可能
※2:銀行休業日の場合は翌営業日

次にMR.カードローンの、2つのコースの違いを見てみましょう。

「MR.カードローン」コース比較
項目 プレミアムコース スタンダードコース
限度額 1,200万円以内 300万円以内
金利 1.59%~7.99% 8.99%~14.79%
必要書類 収入確認書類 基本的に不要

MR.カードローンはプレミアムコースの内容が特に魅力的です。

MR.カードローンのプレミアムコースにどんなメリットがあるか、次の項目で説明します。

ゆうちょ銀行とVIEWALTTE(ビューアルッテ)のATMも、住信SBIネット銀行の提携ATMだよね?
確かに提携ATMなんだけど、この2つのATMでカードローンの利用はできないの。ほかの提携ATMなら、24時間いつでも借り入れ・返済可能よ。

MR.カードローン(プレミアムコース)のメリット

上にも書いたように、MR.カードローンはプレミアムコースを利用できる人にオススメ。メリットは次のとおりです。

プレミアムコースのメリット
  • 1、限度額が高く、金利が低い
  • 2、金利優遇がある
  • 3、随時返済(追加返済)も可能

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

1、限度額が高く、金利が低い

MR.カードローン「プレミアムコース」の限度額と上限金利を、銀行系カードローンの一般的なデータと比べてみましょう。

限度額と上限金利の比較
MR.カードローン 一般的な銀行カードローン
限度額 1,200万円 500万円~800万円
上限金利 7.99% 約14%

MR.カードローンの限度額は、1,200万円とかなり高いです。実店舗がある銀行のカードローンでも、限度額が800万円を超える商品は少ないんですよ。

上限金利も大幅に違います。金利が低いほど返済額は安くなるので、これは大きなメリットといえます。

2、金利優遇がある

MR.カードローンはとても低金利ですが、住信SBIネット銀行との取引内容によっては金利がさらに下がります。適用条件と優遇幅は、次の表で確認してください。

金利引下げ条件と優遇幅
条件 優遇幅
(次のうちいずれか該当すれば有効)
・SBI証券口座保有登録済である
・住宅ローン残高がある(※1、2)
▲0.5%
(次の条件をすべて満たす場合に有効)
・所定のSBIカードを保有している
・住信SBIネット銀行の口座を引落口座に設定している
▲0.1%
※1:三井住友銀行の「ネット専用住宅ローン」を含む
※2:オリックス・クレジット株式会社と株式会社ジェーシービー保証のカードローン契約がある場合は適用外

MR.カードローン「プレミアムコース」の基準金利は1.59%~7.99%ですが、これらの条件をすべて満たした場合、最低金利は0.99%にまで下がるんです。

支払い利息が大幅に少なくなり、返済の負担が軽減されますよ。

3、随時返済(追加返済)も可能

MR.カードローンの返済方法には、約定返済と随時返済があります。

約定返済は、毎月決まった日に、貸越残高に応じた返済額を返す方法ですが、それに加えて随時返済(追加返済)をすることも可能です。

住信SBIネット銀行のMR.カードローンの場合、随時返済には次の2つの方法があります。

MR.カードローンの随時返済
  • 全額返済
  • 金額指定返済

全額返済はその名のとおり、借りた金額をすべて返済する方法。金額指定返済は、任意の金額を指定し元金のみを返済できます。

口座残高に余裕のある月は、随時返済で多めに返済するのがオススメです。

完済が早まる分精神的にもラクになれますし、「早めに返済した」という記録が信用情報に反映され、今後ローンやクレジットカードなどの審査に良い影響を与える可能性もありますよ。

金利優遇って「スタンダードコース」にはないのー?
金利を引き下げても年8.39%~14.69%だから、一般的なカードローンに比べて返済額はそこまで安くないわね。

MR.カードローンのコースは審査によって決まる

MR.カードローンのデメリットは、コースを自分で選択できないこと。

コースは審査によって決定するので、誰もが低金利で限度額の高い「プレミアムコース」を利用できるわけではないんです。

カードローン契約後のコース変更もできません。全額返済してカードローンを解約し、もう一度申し込みする必要があります。

ただしオリックス・クレジット保証のスタンダードコースで契約している人は、商品切替の審査結果でプレミアムコースに変更できることも。その場合は住信SBIネット銀行に相談してみましょう。
スタンダードコースで契約しても、お金を全額返して再申し込みすればいいんだね!
必ずプレミアムコースで契約できるわけじゃないのよ。再申し込みしてもまたスタンダードコースになる場合もあるし、審査に通らなくてカードローンの利用さえできない可能性もあるの。

MR.カードローンの申し込み方法からポイントを解説

最後に住信SBIネット銀行の「MR.カードローン」の申し込み方法について説明します。

住信SBIネット銀行の普通預金口座を持っている人は、公式ホームページからログインして申し込みます。

口座を持っていない人の場合、口座開設とカードローンに同時に申し込みましょう。申し込みフォームへの入力事項は次のとおりです。

MR.カードローンの申し込みフォーム
分類 項目
契約者情報 ・ユーザーネーム
・名前
・生年月日、性別
・住所
・電話番号※
・職業
・メールアドレス
カードの選択 ・申込可能なカード
・ローマ字氏名
・Visaデビット暗証番号
住居・家族 ・住居種類
・家族構成
勤務先 ・勤務先名
・部署、事業所
・勤務先住所
・勤務先電話番号
・業種
・勤務先従業員数
・雇用形態
・職種
・入社年月
・最終学歴の卒業年月
・前年度税込み年収
・保険証種別
・出向先の有無
借入内容 ・借入希望限度額
・資金使途
・利用中ローンの有無
※固定電話か携帯電話、どちらかの番号は必ず入力

借入希望限度額は、次の3つから選択してください。

借入希望限度額
  • 1,200万円
  • 300万円
  • 自身で入力

自分で希望額を設定する場合は、10万円~1,200万円の範囲・10万円単位で入力しましょう。

現在利用しているローンがあれば、借入件数・借入残高も入力必須です。

あなたの借り入れ状況は信用情報機関にしっかり記録されていて、銀行側はその情報を確認したうえで審査します。

「審査に通らなくなるかも・・・」なんて思って違う情報を入力すると、嘘が発覚して審査に落ちる危険性がかなり高くなるのでやめましょうね。

勤務先電話番号は、在籍確認のために使われます。契約者が実際に勤めていることを確認できない場合は、申し込みが取り下げられてしまいます。

また休職中などの理由で長期不在の場合も契約はできず、再申し込みをしなければならなくなるので注意してください。

これらの項目を入力したら内容確認をし、初回ログインパスワードを設定して申し込み完了です。

申し込みフォームに入力する、「ユーザーネーム」って何なのー?
利用者を特定する本人確認のために使われるものよ。英数記号6~32桁で設定するの。第三者の悪用を防ぐために、推測されにくいユーザーネームを考えて!

住信SBIネット銀行のカードローンおさらい・補足

MR.カードローンには「プレミアムコース」と「スタンダードコース」があり、特に「プレミアムコース」は年1.59%~7.99%と低金利でしたね。

住信SBIネット銀行との取引内容によっては、さらに金利が引き下げられる可能性もあります。利用中の人は、金利優遇が受けられるか確認してみましょう。

随時返済(追加返済)ができるのもメリットです。しかし無理な随時返済によって約定返済ができないと、遅延損害金が発生しています。計画的な返済を心がけてくださいね。

※記載されている内容は2017年3月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら