カードローン会社

住信SBIネット銀行のカードローン解説!特徴や借入・返済方法

住信SBIネット銀行のカードローン解説!特徴や借入・返済方法

SBIネット銀行の「ミスターカードローン(MRカードローン)」は、利用限度額が高く低金利なカードローン。

ATMの利用手数料は無料で、インターネットからも借り入れ可能とメリットが多いです。

しかし専業主婦(夫)は利用不可など、デメリットもあるので合わせて確認しておきましょう。

この記事ではSBIネット銀行のカードローン「ミスターカードローン」の特徴や利用方法、基本情報について解説します。

住信SBIネット銀行のカードローンをおすすめする5つの理由!

まずは住信SBIネット銀行のカードローン、「ミスターカードローン」のメリットを見ていきましょう。

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンのメリット
  1. 限度額が大きい
  2. 金利が低い
  3. WEBで手続きできる
  4. 最短即日融資
  5. ATM利用手数料は無料

これらの特徴について、他社のカードローンと比較しながら説明します。

1、住信SBIネット銀行のカードローンは限度額が大きい

住信SBIネット銀行の「ミスターカードローン」は、利用限度額(借入限度額)が高いです。

大手の銀行カードローンと比べると、その差は歴然としています。

カードローン利用限度額の比較表
カードローン 利用限度額
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
<プレミアムコース>
最高1,200万円

<スタンダードコース>
最高300万円
みずほ銀行カードローン 最高800万円
三井住友銀行カードローン 最高800万円
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
最高500万円
住信SBIネット銀行のカードローンは、「プレミアムコース」だと一番利用限度額が大きいね!
でしょ。利用限度額が大きければ、いろいろな目的でキャッシングできるわ。

急な出費があったときにも、利用可能枠がしっかり確保できていると安心よね。

このような利用限度額の大きいカードローンは、複数の借金を一本化する「おまとめローン」にもおすすめ。おまとめローンには、次のようなメリットがあります。

おまとめローンのメリット
  • 金利が下がり、総返済額が減る
  • 月1度の返済にまとまるので、お金の管理が楽になる

おまとめローンを検討したい人は、次の記事で注意点や審査基準なども確認してくださいね。

もちろん利用限度額は審査によって決まるので、誰もがこれだけ高い限度額でキャッシングできるわけではありません。

しかし「ミスターカードローン」は、利用状況などにより利用限度額を増額できる場合もあります。近々大きな出費がある人など、利用中に限度額の引き上げをしたい人にもおすすめです。

2、住信SBIネット銀行のカードローンは低金利!金利優遇もある

住信SBIネット銀行の「ミスターカードローン」は、銀行カードローンならではの安心金利で、最低金利がかなり安いです。

カードローンは一般的に、消費者金融よりも銀行のほうが低金利。ここでは住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」の金利を、先ほどの銀行カードローンと比べてみましょう。
カードローン金利の比較表
カードローン 金利
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
1.59%~14.79%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
1.8%~14.6%

さらに「ミスターカードローン」は金利優遇があり、人によっては最高0.6%金利が引き下げられます。

もっと金利が低くなるなんて、かなりお得!

でも金利優遇は、みずほ銀行カードローンにもあったよね?

じゃあ住信SBIネット銀行のカードローンと、みずほ銀行カードローンの金利引き下げ条件と、引き下げ幅を比べてみましょう。

それぞれの銀行と次のような取引があれば、カードローン金利を引き下げられます。

カードローンの金利引き下げ比較
カードローン 引き下げ条件(引き下げ幅)
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
(1)ミライノカード所有と引落し口座の利用(▲0.1%)

(2)SBI証券口座保有登録済または住宅ローン残高あり(▲0.5%)

(3)(1)と(2)、または(1)と(3)の条件に該当(▲0.6%)

みずほ銀行カードローン ・住宅ローンの利用(▲0.5%)

引き下げ条件によっては、住信SBIネット銀行の「ミスターカードローン」を金利0.99%で利用できる場合も。

金利が低いほど返済額にかかる利息は少なくなるので、これはかなりお得といえます。

金利が低いカードローンは、借金の借り換え※に向いています。

借り換えとは

現在より金利が低いカードローンを見つけて、借り入れ先を変更すること。金利が下がれば利息が減り、総返済が安くなります。

カードローンの借り換えを行うメリット・デメリットや注意点は、次の記事で解説しています。

3、住信SBIネット銀行のミスターカードローンはWEBで申込可能

住信SBIネット銀行のカードローンの申し込みは、来店不要です。そもそもネット銀行なので、実店舗を持っていません。

申し込み・手続きの流れについては、次の項目で説明しています。

4、住信SBIネット銀行のミスターカードローンは対応が速い

住信SBIネット銀行のカードローンは、最短即日融資。

仮審査は最短30分で完了と、対応の速さもメリットなんですよ。

「ミスターカードローン」の申し込み・契約手続きの流れは、次のとおりです。

住信SBIネット銀行カードローン 手続き手順
  1. ネットで口座開設・カードローンの申し込みをする
  2. 仮審査が行われる
  3. 仮審査結果の連絡を確認する
  4. 本審査が行われる

本審査を行う際には、申込者の勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。

職場に電話がかかってくるの?

嫌だなぁ・・・カードローン使ってるの、上司や同僚にバレたくない人は多いんじゃない?

「在籍確認でカードローン利用を知られるかも」と心配する人、結構いるわよね。

でも実際、在籍確認だけで気づかれる可能性はかなり低いのよ。

そうなの?どうして?
在籍確認は、プライバシーに配慮して行われているからよ。

会社名でなく個人名を名乗る場合もあるし、「カードローンの件で電話しました」とは言わないわ。自分以外の人が電話に出ても、安心よね。

カードローンを周りの人にバレることなく利用したい人は、次の記事も確認しておきましょう。

5、住信SBIネット銀行のカードローンはATM利用手数料が無料

カードローンってATMで手軽にキャッシングできるものが多いよね。

でもATMの利用手数料がかかると、無駄な出費をした気分になっちゃう。

しかも利用回数が多いほど、利用手数料は膨らんでいくものね。

でも住信SBIネット銀行の「ミスターカードローン」は、ATM利用手数料が無料なの。

そんなこと言って、どうせ一部のATM以外は有料なんじゃないの?
疑い深いわね・・・!

住信SBIネット銀行のカードローンは、24時間いつでもATM利用手数料が0円。

利用可能な提携ATMは次のとおりです。

ミスターカードローンの提携ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM

利用できる提携ATMはやや少ないですが、インターネットでも借り入れ可能。不便と感じる人はいないでしょう。

SBIネット銀行のカードローンには意外な落とし穴も

ここまでメリットを紹介してきましたが、住信SBIネット銀行の「ミスターカードローン」には、次のようなデメリットがあります。

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンのデメリット
  • 専業主婦は利用不可
  • 口座開設が必要
  • 案内が来ないと増額不可

残念ですが専業主婦(夫)は「安定した収入がない」と見なされるため、「ミスターカードローン」を利用できません。

専業主婦でカードローン利用を検討している人には、次の記事がおすすめです。

また住信SBIネット銀行の口座を持っていない場合は、カードローンと一緒に再口座開設も申し込む必要があります。

利用限度額の増額は、住信SBIネット銀行から増額案内が来ないと申し込めません。

銀行カードローンには、これらのデメリットがないものも多いです。

しかし利用限度額の高さや金利の低さなど、他にはない魅力もあります。デメリットで困ることがなければ、住信SBIネット銀行のカードローンをぜひ検討してみてくださいね。

住信SBIネット銀行のミスターカードローン借入・返済方法を解説

SBIネット銀行の「ミスターカードローン」はメリットが多いから、カードローン利用を考えてる友達にも教えてあげたいな。

ところで、借り入れや返済はどう行えばいいの?

借り入れ・返済はインターネットや提携ATMでできるの。利用方法について、詳しく説明するわ。

SBIネット銀行のカードローンはネットとATMで借入可能!

SBIネット銀行の「ミスターカードローン」では、次の2つの方法で借り入れできます。

ミスターカードローンの借入方法
  • インターネット
  • 提携ATM

先ほども説明したとおり、ATMは24時間利用手数料が0円です。

しかもパソコンやスマホがあれば、WEBサイトやアプリ、モバイルバンキングからキャッシングできます。

SBIネット銀行のカードローンは提携ATMが少ないから、いつどこにいても借り入れできるのは嬉しいね!
ネット銀行ならではのメリットよね。

SBIネット銀行カードローンの返済方法と返済のコツ

SBIネット銀行「ミスターカードローン」の返済方法は次のとおり。

ミスターカードローンの返済方法
返済方法 代表口座円普通預金から引き落とし
約定返済日 毎月5日
(銀行休業日の場合は翌営業日)
返済方式 残高スライドリボルビング返済※
随時返済方法 ・全額指定返済
・全額返済
残高スライドリボルビング方式とは

毎月の最低返済額(元金お利息の合計)が、利用残高に応じて変動する返済方式のことです。

返済方式について詳しく知りたい人は「カードローンの返済方式が意外に重要!金利が同じでも利息額が変わる」で確認してください。

住信SBIネット銀行の「ミスターカードローン」に限らず、カードローン返済で覚えておきたいのが「随時返済※」です。

随時返済とは

毎月の約定返済に加えて、任意の金額を返済すること。「臨時返済」「追加返済」などとも呼ばれます。

借り入れ残高が多い場合はとくに、指定した約定返済額だけを払っていても、カードローンの返済はなかなか終わりません。

そのため随時返済することで、完済を早めることが重要なんです。

完済が早まれば返済期間が短くなり、その分支払う利息も減らすことができますよ。

住信SBIネット銀行のカードローンは、随時返済の方法が2種類あります。

随時返済の方法
方法 内容
全額指定返済 ・任意の金額を指定して返済する方法
・元金のみの返済
全額返済 ・借入額を全額返済する方法
・元金と経過利息をすべて返済

全額指定返済は、1円単位で返済額を決めることが可能。元金が減るので、「いつまでも利息ばかり払い続けているせいで、返済が終わらない・・・」なんてこともなく安心です。

住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」の基本情報

最後に住信SBIネット銀行で利用できる「ミスターカードローン」の基本情報を載せておきます。

「ミスターカードローン」商品概要
申込資格 ・申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下
・安定継続した収入があること
・外国籍の場合、永住者であること
・SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること
(同時申込も可能)
無利息期間 ・なし
即日融資 ・可能
借入限度額 <プレミアムコース>
・10~1,200万円
(10万円単位)
<スタンダードコース>
・10~300万円
(10万円単位)
金利 ・1.59%~14.79%
金利計算 ・毎日の最終貸越残高について付利単位を1円とし、1年を365日とする日割計算
申込方法 ・インターネット
借入方法 ・ATM
・インターネット
返済方法 ・口座引き落とし
返済期日 ・毎月5日※
提携ATM ・イオン銀行ATM
・セブン銀行ATM
・イーネットATM
・ローソンATM
ATM手数料 ・無料
※銀行休業日の場合は翌営業日

「プレミアムコース」と「スタンダードコース」どちらのコースになるかは、審査結果によって決まります。

カードローンについて相談したいからSBIネット銀行に行こうと思ったんだけど、店舗名は「イチゴ支店」とか「ブドウ支店」とかフルーツの名前ばかりで、住所が載ってないよ~!
ネット銀行は実店舗を持たないの。電話での問い合わせは受け付けているから、心配なことがあれば気軽に聞いてみるといいわ。

住信SBIネット銀行のカードローンは限度額が高く低金利!

住信SBIネット銀行のカードローン「ミスターカードローン」は利用限度額が1,200万円と高いので、審査結果によっては大きな出費に備えられます。

また住信SBIネットとの取引内容によっては金利引き下げも。消費者金融・他の銀行カードローンと比べて、お得にキャッシングできる可能性が高いです。

銀行カードローンなのに専業主婦が利用できないのは残念ですが、利用条件さえクリアすれば便利に使えるカードローンではないでしょうか。

当サイトではカードローンの基礎知識や、カードローンを賢く使う方法について解説している記事もあります。住信SBIネット銀行のカードローンを利用する際は、ぜひ参考にしてくださいね。

※記載されている内容は2017年11月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる