お金の勉強

クレジットカードのショッピング枠現金化はダメ!横領罪の可能性あり

クレジットカードのショッピング枠現金化はダメ!横領罪の可能性あり

「現金が足りなくて料金支払いができない!」「思わぬ出費があってお金がない!」そんなとき、クレジットカードのショッピング枠を現金化したいと考える人もいます。この記事を読んでいるあなたも、もしかしてクレカの現金化を検討中なのでは?

そもそも「クレジットカードのショッピング枠現金化」って何なの?
「クレジットカード現金化」を謳う業者を利用して、クレジットカードのショッピング枠を現金にすることよ。

クレカ購入した商品を業者に転売したり、業者から商品をクレカ購入してキャッシュバックしてもらうのが主な方法なの。

しかしクレジットカード現金化はクレジット会社との契約違反であり、予期せぬトラブルに巻き込まれる恐れがあるので絶対にしないでください!

ここではクレジットカードのショッピング枠現金化の仕組みや、問題点について解説します。

「今すぐお金が必要!」という人は、正規の金融業者のカードローンで安全にキャッシングしましょう。対応スピードが比較的速い、おすすめのカードローンも紹介します。

クレジットカード現金化の仕組み(買取方式・キャッシュバック方式)

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法は、主に次の2種類です。

クレジットカードを現金化する方法
  • 買取屋を利用する
  • キャッシュバック方式を利用する

まずは、それぞれの方法がどのような仕組みで行なわれるのか説明します。

クレカ現金化の方法その1、買取屋を利用する

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」といった文言が書かれた看板を、見たことはありますか?

このようなクレカ現金化の業者は「買取屋」とも呼ばれています。表向きは、宝石店など一般的な商店として営業している場合も。

買取屋を利用したクレジットカード現金化(買取方式)は、次のような流れで行なわれます。

買取方式によるクレカ現金化の流れ
  1. 買取屋が指定した商品を、現金化したいクレジットカードで購入する
  2. 購入した商品を買取屋に売却する
  3. 買取屋から現金を受け取る

買取方式のクレジットカード現金化の仕組み

つまり「クレカで買った商品を転売して、現金に替える」ということ?
そういうことよ。
でも、これじゃ業者の儲け分がないように見えるけど。
業者は利用者がクレカで購入したより安い価格で、商品を買い取っているのよ。その差額を利益としているわ。

クレカ現金化の方法その2、キャッシュバック方式を利用する

クレカ現金化のもう1つの方法が「キャッシュバック方式」。その仕組みは次のとおりです。

キャッシュバック方式によるクレカ現金化の流れ
  1. 業者のキャッシュバック付き商品を、クレジットカードで購入する
  2. 「一部をキャッシュバック」という形で、業者から現金を受け取る

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化の仕組み

えーっと・・・さっきの「買取方式」とどう違うんだろう?
「業者が商品を販売しているかどうか」よ。クレジットカードで購入する商品を業者から購入していたら、それは「キャッシュバック方式」なの。

まあ違いがわかったところで、どちらも違法性があることに変わりないけど。

クレジットカード現金化の違法性!横領罪や詐欺罪に該当する恐れも

ネットでは「クレジットカード現金化はしてもOK」なんて情報も結構出回ってるよね。安全そうな業者を利用すれば、とりあえず大丈夫な気もするけど・・・。
ダメよ!クレジットカードの現金化は、法律違反になる可能性が高いわ。犯罪者になんて、なりたくないでしょ!

クレジットカードのショッピング枠現金化は、次のような点から違法といえます。

クレカ現金化が違法である根拠
  • クレカで購入した商品の転売は「横領罪」に該当する恐れがある
  • 換金目的のカード利用は「詐欺罪」に該当する恐れがある

クレジットカードのショッピング枠現金化の違法性

クレジットカードで購入した商品は、決済までに転売すると「横領罪」であると見なされます。

自分のお金で買った商品なんだから、売るのは自由なんじゃないの?
クレカで買った商品の所有権は、決済が終わるまでクレジット会社にあるの。自分以外に所有権がある物を転売するのは違法よ。

だからといって「カード決済が終了すれば、転売してもよい」というわけではありません。

それはクレジットカードの現金化が「詐欺罪」に該当する可能性があるから。

別に誰かを騙しているわけじゃないのに、どうして「詐欺」になっちゃうの?
「クレジット会社からお金を詐取した」と見なされる可能性があるからよ。

ていうか現金化のために不要な商品を買っている時点で、完全に騙してるじゃないっ!

クレジットカードの現金化はカード利用規約違反!

クレジットカードのショッピング枠を現金化すると、利用規約違反により利用停止になります。

一般的にカード会社の利用規約(会員規約)では、換金目的でのカード利用が禁止されています。違反すると会員資格を失うことになるので、絶対にやめてください。

クレジットカードが使えなくなるのは困る~!
そうでしょ。ちなみにクレジットカードで現行紙幣・貨幣を買うのも「クレジットカードのショッピング枠を現金化した」と見なされるから契約違反よ!
またクレジットカードのショッピング枠現金化は、自分自身が詐欺の被害に遭う可能性も高いです。次の章で詳しく見ていきましょう。

クレジットカード現金化でトラブルに巻き込まれる事例も!

クレジットカードのショッピング枠現金化は、詐欺の被害に遭う危険性も高いです。

独立行政法人 国民生活センターには、次のような被害報告も寄せられています。

クレジットカード現金化に関するトラブル事例
・買取屋の指示どおりに商品を購入して買取業者に送ったら、連絡が取れなくなった。もちろん現金ももらえなかった。

・現金化のためにクレカで購入した商品を業者へ送ったら、高額の手数料を請求された。

・現金化の申し込み分とは別に、銀行口座へお金が振り込まれていた。

「銀行口座へお金が振り込まれていた」なんて、ラッキーじゃん!お金に困ってたから融資してくれたのかな?
何言ってるの!?身に覚えのない振込が自分の口座にあったら、それは「押し貸し」の可能性が高いのよ!

「押し貸し」とは、利用者の銀行口座へ勝手にお金を振り込み、利息付きで返済を請求してくる詐欺のことです。

詐欺業者による押し貸しの仕組み

このような詐欺業者(闇金融)は、押し貸しをして高額の利息を請求してくる恐れもあります。

押し貸しについて詳しく知りたい方は「心当たりがない入金があったら押し貸しかも!ヤミ金の手口と対策」の記事を読んでみてください。

すぐに現金を用意する必要があるなら、カードローンの利用がおすすめ。正規業者を計画的に利用すれば、安全性も高いですよ。次の章で詳しく説明していきます。

カードローンで安全にキャッシング!無利息期間内なら利息0円

ここまでクレジットカードの現金化にどのような問題点があるのか説明してきました。最後に現金を用意する方法としてオススメな、カードローンのメリットをお伝えします。

でもカードローンでキャッシングするのも、なんだか気がひけるなぁ・・・結局は「借金」でしょ?
確かにクレジットカードは「同じ価値のものを交換する」というイメージがあるから、「借金よりいいんじゃないか」って思う人もいるかもしれないわね。

でも詐欺の被害に遭う危険性や、自分が犯罪者になってしまうリスクを考えると、カードローンのほうが安心よ。

現金が必要なとき、カードローンをオススメする理由は次のとおりです。

クレカ現金化よりカードローンをおすすめする理由
  1. 正規業者で計画的に利用すれば安心
  2. 無利息期間中に返済できれば損をしない
  3. 契約しておけば必要なときにキャッシング可能

安全な業者の見分け方など、お役立ち情報を交えながら説明していきます。

1、カードローンは低リスク!登録番号で正規業者か確認しよう

クレジットカードのショッピング枠現金化は、詐欺被害や契約違反などの危険性が高いです。

しかしカードローンの場合、正規業者さえ見分ければ、このようなリスクを避けられます。

銀行やろうきん(労働金庫)、信金(信用金庫)なら「正規業者だな」ってわかるね。消費者金融も、CMでよく見るような知名度が高いとこなら安心して申し込めそう!
そうね。でも名前を聞いたことがない中小消費者金融も、正規業者かどうかの判断はできるわよ。
利用したい消費者金融が正規業者であるかどうかは、日本貸金業協会の公式ホームページ内「登録貸金業者情報検索入力ページ」で調べてみましょう。

業者名を入れて検索し、登録番号・日本貸金業協会会員番号の両方が記載されていれば、安心して利用できます。

正規業者になりすましている悪徳業者も多いです。公式ホームページに記載されている番号と照らし合わせて確認すると、より確実ですよ。

ただしカードローンは「借金」であることに違いありませんから、無理な利用は多重債務による生活苦・自己破産などに繋がる恐れもあります。

必要なときに必要な分だけ借り、期日までにしっかり返済しましょう。次の記事も参考にしてください。

2、低金利なカードローンならお得!無利息期間を利用しよう

低金利なカードローンなら、クレジットカードの現金化より出費が少なくなる可能性が高いです。

たとえば買取方式でクレジットカードのショッピング枠を現金化すると、買取屋が得た利益分の損をしますよね。

クレジットカードのショッピング枠現金化は損

詐欺に遭ってしまった場合はさらに悲惨。「クレカで購入した商品を送ったのに、連絡がつかなくなり現金を受け取れなかった」ということが起きる可能性だってあるんです。

少しでもお得に現金を借りるなら、無利息サービスのあるカードローンがおすすめ。

無利息期間内に借入・返済できれば利息は0円です。借りた分だけ返せばいいのは、嬉しいですよね。

無利息期間中に借入・返済すれば金利0円

当サイトでは、無利息サービスのあるカードローンも紹介しています。

無利息サービスのあるカードローン

プロミス
アコム
アイフル
新生銀行カードローン レイク
ノーローン

自分の利用方法に合うカードローンがあるかチェックしてみてください。

3、カードローンは契約期間中に繰り返し借入可能!

カードローンの特徴の1つが、「契約期間中、繰り返し借入できること」。

「思わぬ出費で、急にお金が足りなくなった」などの緊急時にも、契約さえしておけばすぐにキャッシング可能です。

また「必要なときに必要な分だけ借りる」ことで、借りすぎを防ぐこともできますよ。

カードローンとはどのようなものなのか、安心して使えるのかなどを解説した記事もあります。カードローンを利用したことのない人は読んでみてくださいね。

クレジットカード現金化は絶対やめて!安全なカードローンがおすすめ

クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、カードの利用規約違反や法律違反と見なされるため絶対にやめてください。

「クレジットカード現金化」を謳う業者を利用すると、詐欺などの被害に遭い多額のお金を騙し取られる可能性もあります。現金が手に入らないどころか、逆に多くのお金を失う恐れもあるので関わってはいけません。

今すぐお金が必要なら、カードローンがおすすめ。知名度の高い正規業者を選びましょう。計画的に返済すれば安全ですし、契約期間中は繰り返し借入でき便利です。

低金利で対応の速いカードローンもあるので、当サイトの記事を参考に検討してみてください。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる