お金の勉強

クレジットカードのショッピング枠現金化はダメ!横領罪の可能性あり

クレジットカードのショッピング枠現金化はダメ!横領罪の可能性あり

「カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまったものの、何とかしてすぐに現金が必要」という人が頼っているのがクレジットカードのショッピング枠の現金化です。

電柱やガードレールに貼られているチラシを見たことがある人もいるかもしれません。

でも、クレジットカードの現金化には絶対手を出してはいけません!

現在は現金化や現金化業者を規制する法律はありませんが、各省庁は「クレジットカードのショッピング枠の現金化は違法」との認識を持っていますし、絶対に利用しないように呼び掛けています。

クレジットカードの現金化の仕組みと、利用してはいけない理由をご紹介します。

クレジットカードのショッピング枠の現金化ってそもそも何?

「友達と飲み会して自分がクレカで全額払い、割り勘分を友達から現金で集める」という経験がある人はけっこういるはず。

これってクレジットカードのショッピング枠※が、その場で現金に代わっていることになります。手元にお金がないときには、ちょっと助かりますね。

それを意図的に商品を買って行うのがクレジットカードのショッピング枠現金化。

つまり、「クレジットカードで何か商品を購入して、それを換金すること」です。

具体的にはどんな方法があるのか紹介します。

クレジットカードのショッピング枠とは

ショッピング機能は一般的なクレジットカードの機能で、商品やサービスを購入して後払いにできます。ショッピング機能を利用できる限度額のことをショッピング枠と呼んでいます。クレカにはこのほかにお金を借り入れるためのキャッシング機能(キャッシング枠)がついています。

現金化には自分で商品を換金する方法と業者を使う方法がある

現金化の方法は2つあります。

  • 自分でクレカで商品を買ってリサイクル店などに持ち込む(自分で換金)
  • 買取業者(現金化業者)を使って換金する

自分で換金する方法は何となくわかりますよね。クレカで何か商品を買って、それをリサイクル屋、古着屋、質屋などに持っていって買い取ってもらう方法です。

一方の買取業者(現金化業者)は、買った品物を買い取ってくれる専門の業者です。ギフトクレジットやスマイルギフト、ひまわりギフトといった業者があります。

買取業者(現金化業者)は自分で質屋などに持ち込むよりも換金率※がいいとアピールしています。

換金率とは

商品代金に対して、いくらで買ってくれるか(いくら手元に現金が入るか)ということ。10万円のものを8万円で買い取ってくれたら、換金率80%です。

買取型・キャッシュバック型の具体例とトラブル体験談

買取業者がクレカの現金化をする方法には、いくつか種類があります。大きくわけると買取型とキャッシュバック型です。政府広報オンラインが取り上げている実際にあった事例で、その方法を見ていきましょう。

<キャッシュバック型現金化の例>

クレジットカードを使ってネットで10万円の(まったく値打ちがなさそうな)アクセサリーを購入し、アクセサリーと75,000 円のキャッシュバックを受けた。10万円の支払いが残った。
→業者の儲けは25,000円

<買取型現金化の例>

宝石の展示がない宝石店で、クレジットカードで10万円分の決済をし、控えと75,000 円を渡された。その後カウンターの下からアクセサリーを出され「これを75,000円で買い取ったことにします」といわれた。
→業者の儲けは25,000円。

<買取型現金化の例>

カー用品店で70万円でカーナビ複数台を購入。現金化業者が40万円で買い取った。
→業者の儲けは「カーナビの転売価格-買取価格40万円」

カーナビを買わされた人もいるんだぁ。クレジットカードの現金化では、他にどんな商品が使われるの?
アマゾンギフト券などの金券類、ゲーム、宝石類などが換金率が高いとされてるわ。「最寄り駅のみどりの窓口で新幹線の切符を買ってきて」と指示する業者などもいるみたい。

現金化業者の問題点と違法性!いわゆる優良業者でも要注意

現金化業者を使えば、換金率が高いほどたくさん手元に現金が入ってきます。

自分でリサイクルショップに持ち込むよりも換金率がいいと言われたら、つい現金化業者を利用したくなってしまいますよね。現金が即必要な人には助かります。

しかし冷静に考えてみてください。10万円のものを買ってその場で8万円現金がキャッシュバック(あるいは買取)されても、後日、クレカ会社に10万円引き落としされますよね。

そのときは助かっても、結局支払いは発生して、むしろ2万円損しています。

しかもちょっと損するだけではすまなくて、利用している現金化業者が違法や悪徳という可能性もあります。

連絡がつかない、振り込みがないなど悪徳業者でのトラブル例

利用した現金が業者がかなりの悪徳業者だった場合、こんな危険性があります。

  • 買わせるだけ買わせて、現金を渡さない
  • 当初説明していた手数料とは違う、高額な手数料を請求する
  • キャンセルしようとすると高額なキャンセル料を請求する
  • 取得した個人情報をヤミ金に売る

そもそもクレジットカードの現金化をしようと思う人は、「カードローンやクレカのキャッシング枠を使い切っていて、もうクレカのショッピング枠しか残っていない人」がほとんどです。

正規の貸金業者では借りられない人は、立派なヤミ金利用者予備軍。

現金化業者を利用することで、ヤミ金のターゲットになってしまう可能性が高いです。

悪徳業者にはこんな特徴がありますから注意してください。

  • 換金率を95%などと異常に高く表示し、利用者をひきつけようとする
  • 「換金率を上げるため」としてショッピング枠ぎりぎりまで使うよう指示する

古物商なのに実質的にはお金を貸している問題

ネットなどで「優良現金化業者」と評判の業者でも、実は違法かもしれません。

ショッピング枠を現金化するという前提での営業は、実際にはお金の貸付ですよね。

でも現金化業者は貸金業者の資格は持っておらず、中古品の売買をする「古物商」として営業していることがほとんどです。

貸金業者じゃないのに実際にはお金貸しているとして摘発された現金化業者がいくつもあるんですよ。しかも貸付として金利を計算してみると、ものすごい高金利になり、利息の上限を決めた法律にも違反しています。

東京弁護士会をはじめとする法務関係者、消費者庁をはじめとする省庁なども、クレジットカード現金化業者を利用しないよう呼び掛けています。
えぇー!!ヤミ金じゃないから安心して使えるって思ったのに、結局は個人情報がヤミ金に売られてしまうなんて怖すぎるよー!
そうね。実は現金化業者とヤミ金業者が一心同体だということもあるのよ。そして、悪徳業者だけではなくて優良業者される業者であっても、現金化自体に問題があるってことを認識しておいてね。

現金化を利用する人も犯罪者になってしまう可能性あり

現金化業者が違法や悪徳なら、業者は利用せずに自分で質屋とかリサイクルショップに持っていこうと考える人もいるでしょう。

しかしその場合でも、利用する自分が犯罪者になってしまう可能性があります。

クレジットカードの使用停止や強制退会に追い込まれることもありますよ。その理由をご説明します。

商品を買ってすぐに売り払うと横領罪に問われる

クレジットカードで購入したものをすぐに転売した場合、横領罪に問われる可能性があります。

クレカで買ったものの所有権は、その商品分の支払いが終わるまではクレカ会社が持っています。支払いが終わっていないのに勝手に転売すると「クレカ会社のものを勝手に売ってしまった」として横領罪になります。

クレカ利用停止になるかも!換金目的の購入は契約違反

実はクレジットカード各社は、現金化目的のショッピング枠の利用を利用規約で禁止しています。利用規約に違反すると、カード利用停止や退会になることもあります。

さらに、悪いことだと知りながら故意に現金化した場合には、詐欺罪に問われるかもしれません。

自己破産するときの妨げになってしまう可能性あり

クレカの現金化に手を出すと、どうにも首が回らなくなって自己破産したいと思った時の妨げになりかねません。というのも、現金化の利用は、借金の免責が認められない事例にあたるからです。

クレカ現金化に手を出してしまったがために、法律で認められている借金の免責ができなくなるなんて絶対に嫌だと思いませんか。

利用する側も犯罪者になってしまう可能性があったなんて・・・実際に横領罪や詐欺罪で逮捕されちゃったクレジットカード現金化の利用者っているのかな?
これまでのところ、利用者が逮捕された例はないわ。

クレカ現金化には手を出すな!使ってしまったらすぐ相談を

クレジットカードの現金化は絶対に利用しないでください。もしも現金化業者を使ってしまったら、消費者センターなどにすぐ相談してください。

クレカ現金化を利用した場合、利用した側も「悪いことしている」という負い目があるので、お金を振り込んでくれないような悪徳業者にひっかかっても、相談せずに泣き寝入りすることも多いです。でも、泣き寝入りするとお金がない状況はますます悪化します。

東京弁護士会も「クレカ現金化を利用した人は、本質的には経済的困窮につけこまれた被害者」という見解を公表しています。

「クレジットカードの現金化は利用しない。利用してしまったら即相談」を忘れないでくださいね。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら