カードローン会社

ソニー銀行カードローンの基本情報やメリット・デメリット

ソニー銀行カードローンの基本情報やメリット・デメリット

お金を借りるとき「低金利で安心感がある、銀行系カードローンを契約したい」と考える人も多いのではないでしょうか。

アコムやプロミスなど消費者金融のカードローンは、上限金利が約18%。それに対して銀行系カードローンの多くは、上限金利が約14%のため返済額が比較的安くなります。

そんな銀行系カードローンのなかでも利便性が高くオススメなのが、ネット銀行のカードローンです。実店舗を持たずインターネット上で取引できるため、カードローンの申込・契約は来店不要なんですよ。

この記事では、顧客満足度が高く評価されているネット銀行、ソニー銀行のカードローンを紹介します。

ソニー銀行の評価・サービスサイトについて

「ソニー銀行カードローン」の申込は、ソニー銀行の円普通預金口座の開設が必要です。

カードローン以外の商品・取引も利用する人は多いと思うので、まずはソニー銀行について知っておきましょう。

ソニー銀行は2001(平成13)年4月に設立されたインターネット銀行(ネット銀行)で、本店は東京都千代田区にあります。顧客満足度などで評価が高い銀行なんですよ。

<ソニー銀行の評価・実績>

・「オリコン日本顧客満足度ランキング2016」
(主催:オリコン株式会社)
→第1位(6年連続)

・「HDI五つ星認証プログラム」
(主催:HDI-Japan)
→問合せ窓口・Webサポートポータルで五つ星認証

またソニー銀行のサービスサイト「MONEY Kit」には、便利なツールがたくさんあります。

<サービスサイトのツール例>

  • ほしいもの貯金箱
  • 外貨預金
  • マーケットニュース
  • 為替レート
  • 外国為替チャート
  • ファンドナビゲーター

「ほしいもの貯金箱」は、達成したい目標・使い道ごとにお金を分けて貯金できるツールです。

このツールでは、「Post Pet」のキャラクターが利用者を励ましながら、貯金の見張り役をしてくれるんです。ペットからメールが届くこともあるので、楽しみながら貯金できますよ。

「ほしいもの貯金箱」は、目標ごとに貯金できて便利だね!貯金したお金は、どうやって管理されるのかなあ?
「ほしいもの貯金箱」には、お金の出入りを管理する「親貯金箱」と、「目的別貯金箱」があるの。

「目的別貯金箱」は5つまで作れるから、6つの口座を持っているような感覚で利用できるのよ。目標達成率もわかりやすくなっていいわよね。

「ソニー銀行カードローン」の基本情報・返済方法

それでは「ソニー銀行カードローン」について説明します。商品概要は次のとおりです。

<「ソニー銀行カードローン」商品概要>

保証会社 ・アコム株式会社
申込資格 ・ソニー銀行に円普通預金口座を持っている(※1)
・申込時年齢が満20歳以上65歳未満
・安定した収入がある
・日本国籍(※2)
・ソニー銀行でのカードローン契約がない
無利息期間 ・なし
即日融資 ・口座があれば可能
借入限度額 ・10万円~800万円
金利 ・2.5%~13.8%(変動金利)
金利計算 ・毎月1日に市場金利の動向に応じて決定し、サービスサイトに表示する金利を適用する。
・変更後の適用金利は、当該金利変更日当日から適用となる。
・利息計算単位は1円
申込方法 ・インターネット
必要書類 <申込限度額が300万円以上の場合>
本人の年収を確認できる書類(前年度)のコピー

<外国籍の場合>
永住許可を受けていることが確認できる資料のコピー

借入方法 ・提携ATM
・口座振り込み
(1)サービスサイト
(2)テレホンバンキング
返済方法 ・ソニー銀行の円普通預金口座から引落し
・提携ATM
返済方式 ・約定返済
・随時返済
返済期日 (次のいずれかを選択)(※4、5)
・2日
・7日
・12日
・17日
・22日
・27日
提携ATM ・セブン銀行ATM
・イオン銀行ATM
・E-net(イーネット)ATM
・ローソンATM
・ゆうちょ銀行ATM
・三菱東京UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
ATM手数料 ・借入は有料の場合あり

※1:口座開設の同時申込可能
※2:外国籍の場合は永住権が必要
※3:限度額300万円以内の場合は不要
※4:約定返済日が土・日・祝休日の場合は翌営業日
※5:返済日を変更した場合、手数料は540円(税込)

「ソニー銀行カードローン」の場合、そのほかの申込資格は次のようになっています。

  • 本人に収入がなくても、配偶者に収入があれば申し込める(限度額の上限は50万円)
  • 学生は本人に収入がある場合のみ申込可能

計画的に返済できるかどうかも、確認しておきましょう。「ソニー銀行カードローン」を契約した場合、毎月の返済額は次のとおりです。

<「ソニー銀行カードローン」返済額一覧>

前月ローン返済日の利用残高 返済額
10万円以下 2,000円
10万円超 20万円以下 4,000円
20万円超 40万円以下 6,000円
40万円超 60万円以下 8,000円
60万円超 80万円以下 10,000円
80万円超 100万円以下 12,000円
100万円超 150万円以下 15,000円
150万円超 200万円以下 20,000円
200万円超 300万円以下 30,000円
300万円超 400万円以下 35,000
400万円超 500万円以下 40,000円
500万円超 600万円以下 50,000円
600万円超 700万円以下 60,000円
700万円超 70,000円

また毎月の約定返済とは別に、追加返済(随時返済)も可能です。

約定返済と随時返済を併用すると、完済が早まり信用情報に反映されます。

そのため新たにカードローンを申し込んだとき、審査に通りやすくなることも。

借りたお金を早めに全部返せたほうが、精神的負担も軽いですよね。約定返済が延滞しないよう、無理のない程度に随時返済も行いましょう。

でもATMの利用手数料がかかるなら、随時返済したくないなー・・・。
「ソニー銀行カードローン」なら、随時返済によるATMの利用手数料は発生しないわよ。ATMの種類や時間帯、利用回数も気にせず使えるの!

「ソニー銀行カードローン」3つのメリット

次に「ソニー銀行カードローン」の魅力や利点を見てみましょう。

<「ソニー銀行カードローン」のメリット>

  • 銀行系ならではの低金利
  • WEB利用明細
  • 初回振込サービス

次の項目から、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

銀行系ならではの低金利

「ソニー銀行カードローン」の金利は、利用限度額によって次のように適用されます。借りたい金額が決まっている人は参考にしてください。

<「ソニー銀行カードローン」金利一覧>

限度額 金利
10万円~50万円 13.8%
60万円~90万円 12.8%
100万円 9.8%
150万円 9.0%
200万円 8.0%
300万円 6.0%
400万円 5.0%
500万円 4.0%
600万円 3.5%
700万円 3.0%
800万円 2.5%

年2.5%~13.8%と、銀行系カードローンならではの低金利です。

WEB利用明細

「ソニー銀行カードローン」の利用明細は、サービスサイトにログインして見ることができます。

カードローンを家族に内緒で利用している場合、利用明細が自宅に郵送されて家族にバレてしまう人も多いです。WEBで照会すれば知られにくいですし、紙を使わない分エコにもいいですよね。

初回振込サービス

「ソニー銀行カードローン」の申込時に、ソニー銀行の円普通預金口座を持っていない人は「初回振込サービス」を利用できますよ。

初回振込サービスを利用しない場合は、申込からカード受け取りまで7~10日ほどかかります。

しかし初回振込サービスを利用すれば契約者名義の指定口座にお金が振り込まれるので、最短で翌日借入が可能です。

初回振込サービスは、仮審査結果を確認する際に申し込んでください。

<初回振込サービス申込手順>

1、仮審査結果確認(本審査手続き)で、初回振込サービス「利用する」を選択する。
2、初回借入の振込口座・振込金額を登録する。
3、必要書類をFAXまたは郵送で提出する。
4、本審査結果がメールで届く。
5、振込完了後、連絡メールが届く。

ここで指定する口座は、ソニー銀行の返済用口座とは異なります。提出する必要書類は、次の2つです。

<初回振込サービス申込の必要書類>

  • 振込指定口座の普通預金通帳またはキャッシュカード券面コピー
  • 本人確認資料のコピー

初回振込サービスの手数料は無料なので、ぜひ利用しましょう。

初回振込サービスで振り込んでもらえる金額は、いくらくらいかなー?
利用限度額の半額または30万円のどちらかで、小さいほうの金額が初回振込されるわよ。

「ソニー銀行カードローン」のデメリット

低い金利や初回振込サービスなど魅力満載の「ソニー銀行カードローン」ですが、次のようなデメリットもあります。

<「ソニー銀行カードローン」のデメリット>

  • ATM利用手数料が発生する場合あり
  • 勤務先に在籍確認の電話あり

「ソニー銀行カードローン」のATM利用手数料は、次のようになっています。

  • 借入・出金(預金の引き出し)や振込の回数と合算して月4回まで無料
  • 月5回目以降は1回につき108円(税込)の利用手数料が発生

借入する場合は24時間、何度利用しても手数料無料のセブン銀行ATM・イオン銀行ATMを利用するといいでしょう。

契約手続きの際、在籍確認の電話は勤務先にかかってきます。職場で電話を受ける機会が少ない人や、職場にカードローンを利用したことのある人がいる場合は、職場バレの可能性もあります。

ATMの利用手数料は、いつどんな形で支払えばいいのー?
「ソニー銀行カードローン」の場合、ATM利用手数料は借入額に合算されるわよ。

「ソニー銀行カードローン」申込・契約の流れ

最後に「ソニー銀行カードローン」の申込・契約方法について説明します。申込・契約から融資までの流れは、次のとおりです。

<申し込みの流れ>

1、サービスサイトまたはカードローン申込画面から申し込む
2、仮審査結果を確認する(申込から最短60分)
3、勤務先へ在籍確認の電話がかかってくる
4、必要書類をFAXか郵送で提出する
5、最短当日に本審査結果の連絡がくる
6、契約手続き完了

ソニー銀行の円普通預金口座を持っている人は、サービスサイトにログインして申し込んでください。口座がない人は、公式ホームページのカードローン申込画面から申し込みます。

申込フォームへ入力する内容は、次のとおりです。

<申込フォーム入力事項(必須)>

分類 項目
お客様情報 ・名前、性別
・生年月日
・郵便番号
・住所
・居住地国に関する届出
・自宅電話番号
・メールアドレス
・届出内容に関する宣誓
・住まい、居住年数
・家族、扶養家族数
・家賃、住宅ローン返済額
・職業、年収
・健康保険種別
その他 ・希望返済日
・商品を知った経緯

必要書類は契約内容などによって違います。

<申込限度額が300万円以上の場合>
本人の年収を確認できる書類(前年度)のコピー
(次のうちいずれか1点)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 確定申告書
  • 納税証明書(その1・その2)

<外国籍の場合>
永住許可を受けていることが確認できる資料のコピー
(次のうちいずれか1点)

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
「自宅電話番号」の入力が必須って書いてあるけど、家に固定電話がないよ~!
自宅電話番号は、携帯電話の番号でも入力できるから安心して。

「ソニー銀行カードローン」の特徴まとめ

この記事では「ソニー銀行カードローン」について説明しました。 

利用するにはソニー銀行の円普通預金通帳が必要ですが、指定口座がない場合は、初回振込サービスの利用で最短翌日融資。口座があれば即日融資も可能ですよ。

また「ソニー銀行カードローン」の申込・契約は来店不要です。利用明細はサービスサイトで照会でき、自宅へは郵送されません。そのため、家族に知られず利用することもできます。

ATMの利用は手数料がかかる場合もあります。セブン銀行・イオン銀行のATMなら回数無制限で手数料無料なので、自宅や勤務先の近くなどアクセスのいい場所にあるか確認しておきましょう。

※記載されている内容は2017年3月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる
閉じる
誰にもバレずに借りられるカードローン一覧はこちら