鳥取のおすすめカードローンは地銀と信金!キャッシング方法にも注目

サンプル画像

鳥取県といえば鳥取砂丘や水木しげるロードなどが有名ですが、鳥取県民に愛されてきた「すなば珈琲」も、2016年には鳥取県内観光地の認知度4位と知名度を上げていますよね。

鳥取県には都市銀行が1行しかなく、アコムやプロミスなどの大手消費者金融のATMも少ないです。この記事では地方銀行や信用金庫を中心に、おすすめカードローンを紹介します。

地銀や信金で審査に通らなかった場合は、中小消費者金融のローンを申し込んでみましょう。鳥取を拠点とした業者だけでなく、全国で利用可能な貸金業者も視野に入れてみてください。

鳥取の都市銀行は1行だけ!?大手消費者金融のATMも少ない

日本にある都市銀行、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行のうち、鳥取県内に支店があるのはみずほ銀行のみです。

みずほ銀行のカードローンは限度額が1,000万円と高く、金利も銀行系カードローンならではの低金利です。

しかし、みずほ銀行のカードローンを利用するには口座を開設が必要なので、店舗へ足を運ばないと契約できません。支店は鳥取市にしかないので、鳥取県民でみずほ銀行のカードローンを気軽に申し込めない人もいます。

モビットやプロミスなど、CMでよく見かけるような大手消費者金融はどうでしょうか。専用ATMとローン契約機、有人店舗の数を調べてみました。

専用ATM ローン契約機 有人店舗
モビット なし 1,786 なし
プロミス 5 5 0
アコム 4 4 0
アイフル 5 5 0

有人店舗がない県はわりと多いのですが、鳥取県は専用ATMやローン契約機も少なく、モビットのみローン契約機が多いのが特徴的です。

モビットのカードローンの商品概要も見てみましょう。

利用条件 ・満20歳~69歳
・安定した収入がある
申込方法 ・インターネット(WEB完結申込)
・電話
・郵送
・ローン契約機
必要書類 <WEB完結申込>
・本人確認書類
・収入証明書類
・勤務先の証明書類
<カード申込>
・本人確認書類
・収入証明書類
・所得証明書、給与明細書のいずれか
限度額 800万円
金利 3.0%~18.0%
即日融資 可能

モビットのカードローンはWEB完結申込ができ、電話も郵送もせずに申し込めます。

そのため自宅に書類や明細が届いたり、職場に在籍確認の電話がかかってきて周りの人に知られる心配もありません。

モビット以外にも、大手消費者金融のカードローンは提携コンビニATMでも利用できます。その際は、手数料がかかる場合もあるので注意してください。

ところで鳥取県にあるみずほ銀行の支店は、どこにあるの?
みずほ銀行鳥取支店は、鳥取市末広温泉町にあるわよ。家が近い人や口座を持っている人は、カードローンの利用も検討してみて。

鳥取の中小消費者金融を徹底調査!全国対応の業者も視野に入れよう

鳥取県を拠点とする中小消費者金融は少なく、唯一紹介できるオリオンリースは公式ホームページがありません。

消費者金融 会社概要
オリオンリース 鳥取県米子市角盤町1丁目57番地青山ビル3F
鳥取県知事(11)第00066号
日本貸金業協会会員 第004297号

しかし日本貸金業協会の登録番号があれば、正規業者であることを確認できます。次の方法で、契約したい貸金業者を検索してみましょう。

1、正規業者であることを確認する

貸金業者の登録番号検索
(金融庁)

2、悪質業者でないことを確認する

悪質業者のクイック検索
(日本貸金業協会公式ホームページ)

口コミには「ブラックOKかも」「電話対応がよかった」などのいい評判もあれば、「ブラックだったので断られた」という人もいて、審査の通りやすさや使いやすさなどの情報がなかなか見つかりません。

外観も、中小消費者金融ならではの雰囲気を醸し出しています。

オリオンリース

公式ホームページがなくても「申し込んでみたら対応が親切で、審査も甘かった」という貸金業者もありますが、業者やお店の情報をしっかり確認できないと不安ですよね。

中小消費者金融には、全国で利用できる業者もあります。

    <全国で利用可能な中小消費者金融>

  • フクホー
  • ハローハッピー
  • ライフティ
  • 中央リテール
  • キャレント

中小消費者金融を利用したい人は、このような貸金業者から申し込んでみてはいかがでしょうか。

知名度の高い業者からお金を借りるほうが、なんとなく安心感があるんだよなあ。中小消費者金融を選ぶ人は何を基準に見ているんだろう?
基準は人それぞれだけど、「銀行や大手の消費者金融の審査に落ちたときの最終手段」として申し込む人もいるわ。

審査が甘い場合はお金を借りられるかもしれないからね。

鳥取銀行の金利優遇は本当にお得?限度額によっては高金利かも

次に鳥取の地方銀行カードローンについて説明します。鳥取銀行の「らくだスーパーカードローン」は来店・口座不要で申し込めるカードローンです。商品概要から見てみましょう。

「らくだスーパーカードローン」商品概要

利用条件 ・申込時の年齢が満20歳以上72歳以下
申込方法
・インターネット
・電話
・FAX
・店頭窓口
必要書類 本人確認書類
限度額 10万円~500万円
金利 4.0%~14.5%
即日融資 不可

鳥取銀行で住宅ローンや給与振込の取引がある人は、低金利な「プレミアムカードローン」を利用できます。

「プレミアムカードローン」商品概要

利用条件 ・申込時の年齢が満20歳以上65歳未満
・毎月定期収入がある
・鳥取銀行の営業エリア内在住
必要書類 ・本人確認書類
・銀行届印
限度額 ・100万円
・200万円
・300万円
金利 7.8%

しかし「らくだスーパーカードローン」は最低金利が4.0%なので、契約限度額によっては「プレミアムカードローン」のほうが高金利になってしまう可能性もあります。

鳥取銀行では電話によるローンの相談を受け付けていて、土日や祝日も利用可能です。申し込む前に一度相談してみましょう。

「取引きのある人限定!」っていわれると特別感があるけど、絶対通常のカードローンより条件がいいっていうわけでもないんだね。
ちなみに金利優遇があっても、ほかの銀行で金利優遇のないカードローンのほうが低金利な場合もあるのよ。

鳥取信用金庫で限度額が高く低金利なのはフリーローン

鳥取信用金庫には、少額の借入から手軽にできるカードローン「マイポケット」があります。商品概要は次のとおりです。

「マイポケット」商品概要

利用条件 ・契約時の年齢が満20以上65歳未満
・安定継続した収入がある
申込方法 ・インターネット
必要書類 ・本人確認書類
・普通預金通帳※
・取引口座届印
限度額 ・10万円
・20万円
・30万円
・50万円
・70万円
・100万円
・150万円
・200万円
・250万円
金利 14.6%

※総合口座

「マイポケットは」約定返済なので、毎月の返済日に決められた金額が返済用口座から引き落とされます。

また残高に余裕がある場合はATMへ入金する「任意返済」も随時行うことで、完済を早めることができます。

信用金庫のカードローンのなかでは金利は高めで、限度額もほかのカードローンに比べて低めです。そこで、もっと低金利で限度額の大きいローン商品はないか探してみました。

鳥取信用金庫の「とりしんプレミアムフリーローン」は一括借入ですがカードローンより低金利で、限度額も1,000万円と業界最高水準です。

「とりしんプレミアムフリーローン」商品概要

利用条件 ・鳥取信用金庫の営業地区内に居住または勤務
・借入時の年齢が満20歳以上
・完済時の年齢が満76歳未満
・安定継続した収入がある
申込方法 ・インターネット
必要書類 ・本人確認書類
・取引口座届印
・所得確認資料
限度額 10万円以上1,000万円以内
金利 3.5%~13.5%

所得確認資料は、限度額が300万円以上の場合に必要です。また個人事業主、法人代表者が限度額100万円以上の申し込みをする場合も必要になります。

金利は基本的に限度額によって変わります。しかし「とりしんプレミアムフリーローン」は最高金利もカードローンより低いので、「返済額の負担を少なくしたい」という人におすすめです。

しかしカードローンには「必要に応じて繰り返しお金を借りられる」というメリットもあります。借りるお金の使い道や金額、返済プランをよく考えて、自分に合った商品を選んでください。

いざというときにも役に立ちそうなのはカードローンだね。
そうね。フリーローンはお金の使い道や借りたい金額がハッキリしていると使いやすいわよ。

鳥取でお金を借りるなら申込方法を確認!金利と返済方法もチェック

鳥取県には都市銀行や大手消費者金融のATMが少ないため、家が遠いなど利用が難しい人は来店不要なカードローンに候補を絞りましょう。

大手消費者金融ならモビット、地方銀行なら鳥取銀行の「らくだスーパーカードローン」がおすすめです。

中小消費者金融を利用するなら全国対応の貸金業者ほうが、公式ホームページで情報を確認でき安心して申し込めます。

他県でもよく見られるケースですが、鳥取の信用金庫でお金を借りる場合は、カードローンよりフリーローンのほうが低金利です。借入方法と返済プラン、それから限度額をよく見比べて、自分にとって使いやすいカードローンを選んでくださいね。

※記載されている商品概要などは2016年12月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる