ローンの種類

目的別ローンを使わなきゃ損!ローンの種類とお得な選び方

ローンの種類のイメージ

家や車を購入する時に多くの人がお世話になるローン。マイホームや愛車の購入費用以外にも、結婚式やお葬式の費用も専用のローンが組めるって知っていましたか?

ローンにはカードローンやフリーローンといった使いみちが自由なものと、住宅ローンや自動車ローン、ブライダルローンといった、使いみちが決まっている目的別ローンがあります。

何にでも使えるローンも便利ですが、目的別ローンは低金利というメリットがあります。お金が必要になったとき、使いみちに合った目的別ローンがあれば、そちらで借入れした方がお得ですよ。

どんな場面でどのローンが組めるのか、お得なローンの選び方についても紹介します。

住宅ローンは低金利で長期返済も可能!種類と特徴

目的別ローンで一番最初に思い浮かぶのが住宅ローンだという人も多いのではないでしょうか。住宅ローンは、マイホームの購入を賃貸の家賃と変わらない出費で可能にしてしまいます。それは住宅ローンが低金利だからこそ可能なんです。

カードローンやフリーローンの金利相場13.0~18.0%に比べ、住宅ローンの金利相場は0.5~1.5%とかなり有利です。

住宅ローンの特徴と種類について説明します。

住宅ローンは取扱機関によって3種類ある

住宅ローンは取扱機関によって、大きく3種類に分けられます。

  • 公的住宅ローン:公的機関が取り扱う、会社員や公務員向けのローン
  • 民間住宅ローン:銀行やJAといった民間金融機関が取り扱うローン
  • フラット35:公的機関と民間金融機関が提携して取り扱うローン

これらのローンの中から一つだけに絞る必要はありません。

「併用ローン」といって、組み合わせのルールに沿って複数の住宅ローンを組み合わせて借入れすることもできます。

住宅ローンを選ぶポイントは金利と返済方法

3種類の住宅ローンのうち、自分に合ったローンをどうやって選べばいいのでしょうか。ポイントは金利のタイプと返済方法の二つです。

金利のタイプについては、市場金利の変動の影響を受けるか受けないかで、三つのタイプがあります。住宅ローンの種類によって、選択できるタイプが異なります。

全期間固定金利型 市場金利にかかわらず、 借入金利が変わらない ・フラット35 ・民間住宅ローン
変動金利型 市場金利に合わせて、 金利が変わる ・民間住宅ローン
固定期間選択型 一定期間の金利を固定し、 固定期間終了後に変動金利型か 固定金利型か選ぶ ・民間住宅ローン ・公的住宅ローン

もう一つのポイント、返済方法については、2種類あります。

元金均等方式 ・毎月同額の元金に利息を加えた額を返済 ・返済初期に多く返すことになる ・フラット35 ・公的住宅ローン
元利均等方式 ・元金と利息を合わせた返済額を一定に保って返済 ・民間住宅ローン ・公的住宅ローン ・フラット35

住宅ローンを選ぶときには、それぞれの家計に合った金利のタイプと返済方法を兼ね備えたものを選びましょう。

例えば、家計的に他の出費もあるため、金利や返済額が変わると困る!という人は全期間固定金利型がおすすめです。また、教育費のピークを過ぎたため早めに元金を多く返したい人は元金均等方式がぴったりです。

他にもどんな人にどのタイプのローンが合うのか、詳しくは「自分に合う住宅ローンを組もう!選び方のポイントと審査対策」を参考にして下さい。ローン審査のポイントや今からできる審査対策についても解説しています。

どうして住宅ローンの金利は、カードローンやフリーローンよりもこんなに低いの?
住宅ローンは、契約者の土地や家屋を担保にするから低金利で融資ができるの。 金額が大きい担保があれば、お金を貸す側にとっては貸し倒れのリスクが少ないでしょ?逆にカードローンやフリーローンは無担保だから高金利なのよ。

教育ローンと奨学金で賢く教育資金を準備しよう

子どもの夢を叶えるための教育資金も、教育ローンで準備ができます。子どもの教育資金、いくらくらいかかるか把握していますか?

国立大学に進学したとしても4年間の大学費用だけで500万円はかかると言われています。

教育資金は教育ローンと奨学金で上手に準備しましょう。

教育ローンと奨学金の特徴や利用条件、抑えておきたい申込時期について紹介します。

低金利な国の教育ローンと使い勝手の良い民間教育ローン

教育ローンには、日本政策金融公庫が取り扱う「国の教育ローン」と、民間金融機関が取り扱う「民間教育ローン」の2種類あり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

国の教育ローン 民間教育ローン
・低金利(年2.05% 2015年12月時点) ・借入限度額350万円 ・子どもの人数によって所得上限あり ・固定金利のみ ・連帯保証人が必要 ・金利3.475~4.8% ・借入限度額300~500万円 ・資金使途の自由度が高い ・固定金利か変動金利か選べる ・大学との提携ローンは低金利
国の教育ローンは所得上限があるため、年収が多い場合は利用できません。逆に、民間教育ローンは年収が低いと審査に通りづらくなります。

奨学金制度も利用しよう!給付型と貸与型の2種類あり

奨学金制度にも、「給付型」と「貸与型」の2種類あります。

給付型奨学金は、その名の通り返済不要の奨学金で、大学が独自に制度を設けています。所得状況だけではなく、成績も厳しく審査されます。また、申込期間を過ぎると申し込めなくなってしまうので、希望する場合は事前に大学に確認しましょう。

貸与型奨学金では「日本学生支援機構」が取り扱うものが主流です。

無利息の奨学金(第一種奨学金)と利息付奨学金(第二種奨学金)の2種類あります。

第一種奨学金 第二種奨学金
・無利息 ・特に優れた成績の学生を対象 ・借入額:月額3~6.4万円 (国立、私立か、自宅通学かによって異なる) ・利息付(年3%上限) ・平均水準以上の成績の学生を対象 ・月額3・5・8・10・12万円のいずれか

教育資金の準備には計画性が一番大事!準備開始と融資時期

教育資金の準備で一番大切なのは計画性です。

例えば、大学入学前に事前に奨学金を申し込んで、入学時費用に充てようと考えていても、実際に奨学金を受け取れるのは進学後なので納期に間に合いません。

また、翌年度以降の学費に日本学生支援機構の奨学金を充てようと考えている場合も、申し込み時期には注意しなければなりません。こちらも奨学金を受け取るより先に、学費の納付期限が来てしまうんです。

教育資金の準備を始める時期や、融資を申し込むタイミングについては、「教育ローンと奨学金で教育資金を賢く準備!重要なのは計画性」で詳しく解説しています。教育ローンの審査のポイントについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

普通、お金を貸すなら年収の多い人に貸すよね?なんで国の教育ローンは、年収の多い人は借りれないの?
国の教育ローンは、家庭の経済状況に関わらずみんなが平等に教育を受けられるように作られた制度なの。 だから、年収の少ない人でも借りやすいような仕組みになっているのよ。

自動車ローンの損しない選び方!愛車の乗り方に合わせて組もう

自動車ローンはディーラーに勧められるまま組んでいるという人も多いですよね。でも実はディーラーが薦める自動車ローンが、あなたにとって一番お得とは限らないんです。

自動車ローンを選ぶポイントは「愛車の乗り方」です。

長く愛車に乗りたい人も、常に新車に乗っていたい人も、それぞれの車の乗り方に合う、お得なローンの選び方を紹介します。

自動車ローンは3種類!それぞれメリットとデメリットがある

自動車ローンには三つの種類があります。ディーラーから勧められる「ディーラーローン」や、民間金融機関で取り扱いのある「マイカーローン」、そして最近増えているのが車両価格の一部だけを返済していく「残価設定ローン」です。

それぞれのローンには下記のメリットとデメリットがあります。

ローンの種類 メリット デメリット
ディーラーローン 手続きや審査が楽 高金利
残価設定ローン 車両価格の一部をローンで返済するので、出費を抑えられる 車両返却時に傷がついていれば精算が生じる可能性あり
マイカーローン 低金利 手続きや審査に手間がかかる

また、ディーラーローンと残価設定ローンについては、せっかく購入した車が自分名義にならないというデメリットもあるんです。

マイカーとして買ったのに、実は自分名義じゃないのは何だか悲しいですよね。

自動車ローンはどう選ぶ?愛車の乗り方に合わせるのがお得

それぞれメリットとデメリットがある自動車ローン。自分に合ったものはどうやって選べばいいのでしょうか。

ポイントは、「愛車の乗り方に合わせること」です。

例えば常に新車に乗っていたい人は、3~5年周期で新車に乗り替えることができる残価設定ローンがオススメです。

残価設定ローンの仕組みが分かれば、オススメする理由も分かりますよ。逆に、愛車に長く乗っていたい人は、手間がかかっても低金利なマイカーローンがオススメです。

どんな人にどの自動車ローンが合っているのかは、「自動車ローンで損しないために!知っておきたいローンの特徴」をご覧ください。それぞれのローンの仕組みや、ローンを選ぶ時のチェックポイントも紹介していますよ。

買った車が自分名義にならないってどういう事?車を乗るのに何か影響あるの?
自分名義にならないということは、自由に買い替えたり売却することはできないってことよ。あと、改造なんかもダメ。 名義はディーラーや信販会社になるんだけど、自分名義にしたければ、まずローンを全額返済しなきゃいけないわ。さらに書類の手続きも必要で結構面倒よ。

ブライダルローンで結婚資金を準備!理想の結婚式を実現しよう

人生で一度の結婚式、お金が足りないからといって、気に入った式場ややりたい演出を諦めたくないですよね。

結婚式の平均費用はおよそ340万円と言われています。そこに結婚指輪や新婚旅行、新居への引越しの費用も含めると、結婚費用は600万円程度必要です。

ご祝儀や、親の援助を頼りにしている人もいると思いますが、これらを加味しても200万円は自分たちで準備しておかなければなりません。

「貯金は足りないけど、理想の結婚式をしたい!」という人には、ブライダルローンがありますよ!ブライダルローンの特徴や、手続き方法を紹介します。

ブライダルローンのメリットは低金利!でも融資まで時間がかかる

ブライダルローンのメリットは何と言っても金利が低いことです。

初めてカードローンで借入れする場合の金利相場14.0~18.0%に比べて、ブライダルローンの金利は一桁台で設定されています。

千葉銀行 5.000~5.200%
十六銀行 4.075~4.575%
みずほ銀行(多目的ローン) 5.875%(2016年1月金利)
JACCS 8.000%

ただし、ブライダルローンは申し込みから融資開始まで、2~3週間と時間がかかってしまいます。本当に時間がない!というピンチの時には、即日融資可能なカードローンの借入れも一つの手です。

カードローンで結婚資金を準備するときには、以下のデメリットも踏まえて申し込みましょう。

  • ブライダルローンに比べて高金利
  • 初めて使う場合は限度額が小さくなり、希望する金額を借入れできない可能性あり

ブライダルローンの手続き方法!審査ポイントもチェックしよう

ブライダルローンの手続きの流れは以下の通りです。

①事前審査の申し込み:金融機関の窓口かインターネット、電話で行う ②本申込:必要書類を揃えて金融機関に提出(持参か郵送) ③融資開始

スムーズに審査に通過するためには、ブライダルローンの利用条件や審査ポイントを事前に知って、対策しておくことがとても重要です。

利用条件の中でも、特に年収と勤続年数については金融機関ごとに条件が異なるため、申込み前によく確認しておかなければなりません。例えば年収について「安定した継続収入がある方」という条件のローンもありますが、「正社員のみ利用可能」としているものもあるんです。

事前に確認しておけば、無駄足にならずに済みますね。

申し込み前に知っておくべきブライダルローンの利用条件や審査ポイントについては「ブライダルローンで結婚資金を準備!特徴と他のローンとの比較」で徹底的に解説しています。

ブライダルローンって、結婚式の費用にしか使えないの?新居の家具も、絶対おしゃれにしたいんだよね~!
ブライダルローンの中には、新居の家具代に使えるものもあるわよ。 金融機関ごとに使いみちが細かく決められているから、申込む前によくチェックしてみて。

葬儀ローンは言われるまま組んじゃダメ!損しない借入方法

突然の身内の不幸も、まとまったお金が必要になる場面の一つですよね。

葬儀費用の平均額はおよそ200万円と言われ、お香典を差し引いても100万円は遺族が準備しなければなりません。

口座名義人が亡くなると預金口座は凍結され、お金を自由に引き出せなくなるので故人の預金はアテにはできません。生命保険金だって、すぐに受け取れるわけでもないんです。

遺族にまとまった貯蓄がない場合、頼りになるのが葬儀会社から勧められる葬儀ローンです。葬儀費用の支払いは一括払いが基本ですが、ローンを組めば分割払いも可能になります。でもこの葬儀ローン、本当に言われるままに組んで良いのでしょうか。

葬儀ローンは手続き楽で融資早い!でも金利が高すぎる

葬儀ローンは、クレジットカードのJACCSといった信販会社と葬儀会社が提携して取り扱うローンです。葬儀会社が窓口になるので葬儀準備と並行してローンの手続きができます。しかも融資まで最短2~3時間ととても早いのがメリットです。

ただし、金利がとても高いというデメリットがあります。

後で紹介する労働金庫のフリーローンの金利相場2.0~9.0%に比べ、葬儀ローンの相場は8.0~18.0%と高金利です。

葬儀準備は短期間でたくさんのことを決めていかなければならないので、葬儀会社にいわれるがままローンも組んでしまう人が多いのですが、葬儀ローンは決してお得なローンとは言えません。

手間をかけてもろうきんや信金のローンでお得に借入れしよう

葬儀ローン以外に葬儀費用を準備できるローンは、銀行のフリーローンやカードローン、労働金庫や信用金庫のフリーローンがあります。

中でも、ろうきんや信用金庫のフリーローンは手続きに手間と時間がかかりますが、金利が低く一番損しないローンです。

葬儀ローンと比較すると、返済期間5年で10万円以上お得です。

【借入金額100万円 返済期間5年の場合】

金利 支払総額 利息総額
ろうきん 4.35% 1,117,740円 117,740円
JACCS 8.5% 1,228,516円 228,516円

ただ、ろうきんや信金のフリーローンは申し込みから融資開始まで時間がかかってしまいます。ろうきんで7~10日、信金で最短2、3日~長くて10日ほどです。

葬儀費用の支払期限は一般的に葬儀後一週間と言われていますが、事前に交渉すれば一ヶ月程度は引き伸ばしてくれる葬儀会社もあります。葬儀会社を選ぶときには、支払期限の融通が効く会社を選ぶことも重要です。

また、ろうきんや信金のフリーローンには利用条件や必要書類もたくさんありますが、詳しくは「葬儀ローンの基礎知識!葬儀費用の平均額と資金準備方法」で詳しく紹介しています。

本当に支払期限まで時間がなくてピンチのときに使える、銀行のカードローンでの資金準備方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ろうきんや信金のフリーローンってそんなに手続き大変なの?オススメされても、手続きが難しいんだったら、実際借入れできるか不安だよ~。
ろうきんの場合は、まず会員になって口座開設が必要なの。信金の場合も口座開設が必要よ。 窓口に行けばすべての手続きができるから、そんなに不安に思うことないわ。金利の差を考えると、面倒くさがらずに手間をかけたほうが賢いわよ。

目的別カードローンで場面に合わせてお得に賢く借入れしよう

様々な場面に合わせて借入れができる目的別カードローンについて、ローンの種類やお得な選び方について紹介しました。

目的別ローンはフリーローンやカードローンに比べると、一般的には低金利で借入れができます。

人生でまとまったお金が必要になったとき、目的別ローンがあると知っていればスムーズに賢く資金準備ができますよね。

また、自分にあったローンの選び方が分かれば、よりお得に自分のライフスタイルに合ったローンを組むことができます。

それぞれの目的別ローンの特徴や、メリットデメリットを理解して、効率的に借入れしましょう。

最新記事だよー

バイクローンは銀行が一番低金利!オークション購入ならカードローン

バイクローンは銀行が一番低金利!オークション購入ならカードローン

ノーイメージ

結婚資金をカードローンで準備したらどうなる?体験談と利用のコツ

ビジネスローンに意味はない!銀行カードローンのほうがお得かも

ビジネスローンに意味はない!銀行カードローンのほうがお得かも

医療ローンは審査が厳しい?利用するならカードローンと比べてから!

医療ローンは審査が厳しい?利用するならカードローンと比べてから!

高額自転車はロードバイクローンで買う!クレカの分割払いよりお得

高額自転車はロードバイクローンで買う!クレカの分割払いよりお得

自動車ローンで損しないために!知っておきたいローンの特徴

自動車ローンで損しないために!知っておきたいローンの特徴

自分に合う住宅ローンを組もう!選び方のポイントと審査対策

自分に合う住宅ローンを組もう!選び方のポイントと審査対策

葬儀ローンは便利だけど損かも!お葬式費用の相場と資金準備方法

葬儀ローンは便利だけど損かも!お葬式費用の相場と資金準備方法

ブライダルローンで結婚資金を準備!特徴と他のローンとの比較

ブライダルローンで結婚資金を準備!特徴と他のローンとの比較

教育ローンと奨学金で教育資金を賢く準備!重要なのは計画性

教育ローンと奨学金で教育資金を賢く準備!重要なのは計画性

ノーイメージ

葬儀費用がない!それなら労金・信金でフリーローンを申し込もう

閉じる
閉じる