初めて利用する方へ

カードローンはブラックだと審査に通らない!登録期間や対処法を解説

サンプル画像

信用情報に延滞や債務整理などの事故情報が登録され、ローンなどの審査で不利になる人のことを「ブラック」といいます。

「カードローンなどの返済を延滞すると、ブラックと見なされる」「ブラックになるとお金を借りられない」など、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

あ~、なんとなく知ってる!「ブラックリストに載る」っていう言い方もされるよね。
そうね。でもブラックリストは、実際に存在しているわけじゃないのよ。

カードローンの「ブラック」について、次のような疑問・悩みを持つ人もいます。

・ブラックと見なされるのは、具体的にどんな場合?
・ブラックでも借りれるカードローンってないの?
・ブラックの人がお金に困ったとき、どうすればいい?

当記事ではこのような人向けに、「ブラック」に該当する人の定義・ブラックと見なされた場合の対処法など、分かりやすく説明します。

『ブラック』とは、信用情報に事故情報が登録されている人のこと

そもそも「ブラック」ってどういう意味なの?
ブラックっていうのは、信用情報にローンやクレジットの支払い延滞・債務整理などの情報が記録され、ローンの審査に通らない人のことよ。

信用情報とは、ローンやクレジットなどの信用取引を行った際の契約内容・返済(支払い)状況・利用残高などを記録したもの。

信用情報とはローンやクレジットなどの信用取引をした際の契約内容・返済状況・利用残高などを記録したもの

クレジットやローンなどの審査では「借主に支払い(返済)する能力・意思があるかどうか」を見られます。その判断材料のひとつとなるのが、この信用情報なのです。

信用情報はクレジットカードやローンの審査において判断材料のひとつとなる

信用情報とはどういうものか、どのような情報が登録されているか詳しく知りたい方は、次の記事を読んでみてください。

カードローンの審査に落ちたら、「自分はブラックだ」と思って間違いないかな?
審査落ちの原因は信用情報以外にもあるわよ。ちなみにローンの審査に落ちた場合、その理由を教えてもらうことはできないわ。

カードローンの審査で見られるポイントについては、次の記事で解説しています。自分でできる審査対策も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

信用情報にどんな記録があると、ブラックと見なされる?

信用情報にどんな記録があると、ブラックと見なされちゃうの?
主に次のような事故情報が登録されていると、ブラックになっている可能性が考えられるわ。
ブラックになるような信用情報の内容
項目ブラックと見なされやすい場合
延滞・ローンなどの返済が2~3カ月以上遅れた
・数日の延滞を何度も繰り返した
保証契約
代位弁済
・保証会社による代位弁済が行われた
債務整理手続き・自己破産や任意整理、個人再生などを行った
強制解約・契約違反などによりクレジットなどを強制解約された

「ブラック」と見なされる信用情報の記録内容

たとえばカードローンの場合、審査で「お金をきちんと返してくれそうだ」と判断されれば借り入れが可能になります。

しかし延滞や債務整理などを行った情報が記録されていると「今回も返済しない(できない)可能性がある」と見なされ、審査で不利になってしまうのです。

ずっとブラックなわけじゃない!信用情報には登録期間がある

一回でもブラックの状態になっちゃったら、一生そのままなのかな?

「家を買いたいから住宅ローンに申し込んだけど、ブラックリストに載ったことがあるから審査に通らない・・・。」なんてことになったら困るなぁ。

一度ブラックと見なされたからといって、その状態が続くわけではないわよ。信用情報に記録される情報は、一定期間を過ぎると削除されるわ。

一度ブラックになっても、信用情報の登録期間が過ぎれば審査に通る可能性もある

信用情報の登録・管理は、次の3つの信用情報機関によって行われています。

3つの信用情報機関
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • 株式会社シー・アイーシー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター

各信用情報機関で管理される内容には、次のような登録機関が設けられています。ここでは一部を記載しておくので、さらに詳しく知りたい方は各機関の公式サイトをご覧ください。

信用情報の登録内容・期間例(JICC)
契約内容に関する情報
(貸付日・貸付金額・保証額など)

・契約継続中及び完済日から5年以内

返済状況に関する情報
(入金日・完済日・残高金額・延滞など)

・契約継続中および完済日から5年以内
・延滞情報:延滞継続中から1年以内
・延滞解消の事実に係る情報:当該事実の発生日から1年以内

取引事実に関する情報
(債務整理・強制解約・破産申立・債権譲渡など)

・当該事実の発生日から5年以内
・債権譲渡の事実にかかる情報:当該事実の発生日から1年以内

貸付自粛依頼情報
(日本貸金業協会または全国銀行個人信用情報センターへの貸付自粛依頼)

・登録日から5年以内、または本人等から削除依頼されるまで

「貸付自粛依頼」って何?
浪費癖・ギャンブル依存症などで借りすぎるのを防ぐための制度(貸付自粛制度)を申請すると、この情報が登録されるわ。

申請できるのは原則本人だけど、一定条件を満たせば代理人による申請も可能なの。

貸付自粛依頼の仕組みや申請方法については、別記事「貸付自粛制度で借り入れを制限!仕組みや条件、申請方法を解説」で詳しく解説しています。

信用情報の登録内容・期間例(CIC)
申込内容に関する情報
(商品名・契約予定額・支払予定回数など)

・照会日より6カ月間

クレジット情報
(契約内容や支払い状況、異動※の有無や発生日など)

・契約期間中および契約終了後5年以内

※延滞や保証履行、破産のこと
利用記録
(利用日・利用目的・利用会社名など)

・利用日より6カ月間

※法律の定めがある場合や契約形態、支払い状況などにより、登録される項目は異なります。
※必ず全項目が登録されるわけではありません。

信用情報の登録内容・期間例(全国銀行個人信用情報センター)
ローンやクレジットカードなどの取引情報
(契約内容・返済状況など)

・契約期間中および契約終了日※から5年以内

※完済していない場合は完済日
官報情報
(官報に公告された破産・民事再生開始決定など※)

・当該決定日から10年以内

※免責決定などの情報は登録されない
貸付自粛情報
(日本貸金業協会または全国銀行個人信用情報センターへの貸付自粛依頼)

・申告日から5年以内

信用情報は、自分で見ることもできます。カードローンなどの審査前には「ブラック」と見なされるような記録がないか(消えているか)、確認しておきましょう。

信用情報の開示請求方法については、別記事「信用情報機関への開示請求方法と手数料一覧」で詳しく解説しています。

ただしクレジットなどの利用履歴が記録されていないスーパーホワイトの状態になった場合も、次のような理由でローンなどの審査に不利になるわ。
スーパーホワイトが審査で不利な理由
  • 利用履歴がないと「きちんと返済できそう(できていた)か」を確認できない
  • 「もともとブラックだったが、その記録が消えた状態なのでは」と思われる

ブラックだけでなくスーパーホワイトもキャッシングやカードローンなどの審査で不利

クレジットやキャッシングの審査前には「支払い(返済)をきちんとできそうだ」と思われるような利用実績を積んでおくのも1つの手です。

ブラックでも借りれる業者なんてない!闇金は絶対に利用しちゃダメ

ブラックだとカードローンでキャッシングするのは無理なんだね。

でも人によっては「すぐお金を借りられないと困る」って人もいるでしょ?そういう人はどうすればいいの?

「ブラックでもOK!」「審査は激甘!」って書いてあるサラ金に行けばいいんじゃない?
それは絶対にダメ!

ブラックの人に融資するような会社は、だいたいヤミ金(闇金融)よ。

ヤミ金?何それ?
法外な高金利でお金を貸したり、違法な取り立てを行ったりする非正規の貸金業者よ。
正規の貸金業者などの場合、お金を融資する際には厳正な審査が行われます。しかし闇金の場合は審査が甘い場合が多く、ブラックの人でもキャッシングできてしまうのです。

カードローンの審査が甘くない理由については、別記事「『カードローンの審査は甘い』は間違い!審査対策やおすすめローン紹介」で説明しています。

もし融資を受けた場合、最初は「お金を借りることができてよかった」と思うかもしれません。しかし闇金は次のような手口で、借主から高額のお金を騙し取ろうとします。

闇金の手口
  • 20%を超える高金利でお金を貸す
  • 返済が間に合わないように妨害し、日割り計算の支払い利息を増やす
  • 融資を頼んでいないのに押し貸し※をしてくる
※勝手にお金を振り込んできて、高額な利息付きでの返済を求めてくる
うわ~、怖いね!
それだけじゃないわ。闇金は取り立て方法も悪質な場合が多いの。
闇金の借金取り立て方法例
  • 1日に何度もしつこく電話をかけてくる
  • 職場や家族にまで連絡してくる
  • 借主の自宅で待機する
  • 借主の家に張り紙などの嫌がらせをする
  • 借主を拉致する

闇金にお金を貸しても、何も解決しません。いつまで経っても完済できない場合も多いですし、一度関わってしまうと縁を切れない可能性が高いので注意しましょう。

ブラックでカードローンを使えない人必見!お金に困ったときの対処法

ブラックだとキャッシング審査に通る可能性はほぼないし、「ブラックでもOK」っていう業者は闇金・・・。ブラックの人は、お金を借りられないのかなぁ・・・。
そういう人のなかには「お金を借りられないと生活できない」とか「失業中で、すぐにお金を手に入れるのが難しい」とか、本当に困っている人もきっと多いよね。なんとかならないの?
お金に困ったときの対処法は、主に次のとおりよ。
お金に困ったときの対処法
  • 国の公的支援制度を利用
  • 自力でお金を捻出

国の公的支援制度には、次のようなものがあります。

国の公的支援制度
  • 生活保護
  • 失業保険
  • 求職者支援制度
  • 障害年金
  • 傷病手当金

それぞれ利用条件を満たせば受給可能なので、自分が対象者となるか確認してみましょう。

また業者などにお金を借りられなくても、次のようにお金を捻出できる可能性があります。

お金を捻出する方法例
  • 給料日払いの仕事をする
  • 不用品を売る
  • クレジットカードを使う
  • 身内にお金を借りる
  • カードローンでキャッシングする

当サイトでは、国の公的支援制度・お金に困ったときの対処法も紹介しています。詳しくは次の記事をご覧ください。

経済的支援が必要な世帯向けの、生活福祉資金貸付制度もあるわ。ただし審査は厳しいわよ。詳しくは別記事「生活福祉資金貸付制度とは?資金の種類・条件・申し込み方法を解説」を読んでみて。

ブラックかどうか不安なら、審査前に信用情報を確認しておこう

信用情報に事故情報が登録されると「ブラック」と見なされ、今後カードローンなどの審査に通る可能性が低くなります。

信用情報は自分で見ることも可能。審査が心配な方は、一度開示請求してみるのがオススメです。

利用履歴がない「スーパーホワイト」の状態でも審査に通りにくいです。あらかじめクレジットやローンなどで、信用度の高い利用履歴を作っておくといいでしょう。

「ブラックでも借りれる」「審査激甘」などと謳っている業者はたいていの場闇金なので、絶対に関わってはいけません。

ローンの審査が通りそうにない場合は、国の公的支援制度のなかで利用できそうなものがないか、自分でお金を捻出できそうにないか確認してみましょう。

※記載の情報は2019年7月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる