初めて利用する方へ

カードローンの限度額はどう決まる?増額におすすめのカードローン紹介

カードローンの限度額はどう決まる?増額におすすめのカードローン紹介

カードローンの限度額とは「この金額までなら借入可能」という金額を示したもの。限度額の範囲内なら、契約期間中繰り返し借入できます。

カードローンをこれから申し込む人のなかには「必要な金額を借りられるか心配」「そもそもカードローンの限度額ってどう決まるの?」という不安や疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。

この記事では、カードローンの限度額がどう決まるのかお伝えします。

またカードローンの限度額は、利用中に増額できる場合も。増額審査のポイントについても見ていきましょう。

カードローンの限度額は『総量規制』と『審査』で決まる

各社のカードローンには「最高限度額」が設けられています。しかしカードローン利用者の誰もが、限度額いっぱいキャッシングできるわけではありません。

では、借主それぞれに適用される「利用限度額(契約極度額)」はどのように決まるのでしょうか。次の2つのポイントから説明します。

  1. 総量規制の有無
  2. カードローンの審査

1、カードローンには『総量規制』の対象・対象外の2パターンがある

お金を借りる方法は、大きく分けると「総量規制の対象となるもの」と「総量規制対象外」の2パターンがあります。

「総量規制」とは、借入金額の上限のこと。貸金業者からお金を借りる場合、借りられる金額は「自分の年収の3分の1まで」と決まっています。

総量規制により「債務者が借入できる金額は年収の3分の1まで」と定められている

ちなみにこの上限は「それぞれの貸金業者で借りる金額」ではなく、「すべての貸金業者から借りた借入額の合計」に対して設けられています。

総量規制は、すべての貸金業者での借入額の合計に対して設けられた上限

そんな決まりがあるんだね。総量規制の対象になるのは、どんな借り方なの?
カードローンの場合は、消費者金融など「貸金業者」に該当するものが総量規制の対象よ。そもそも総量規制は「貸金業法」によって定められているものなの。
じゃあ、総量規制の対象にならないのは・・・?
銀行系カードローンよ。銀行のカードローンは「貸金業法」じゃなくて「銀行法」に基づいて運営されているの。
貸金業者からお金を借りる場合でも、借り換えローン・おまとめローンの場合など総量規制の対象外となる貸付方法があります。詳しく知りたい人は、次の記事を読んでみてください。

ただし銀行のカードローンだからといって、必ずしも総量規制を超える限度額を借りられるわけではありません。

カードローンには審査があり、申込者それぞれに適した限度額が適用されるのです。次の章で、詳しい内容を見ていきましょう。

2、カードローンの利用限度額は、申込後の審査で決まる

カードローンに申し込むと審査が行われ、申込者がキャッシング可能かどうか、可能な場合いくらまで借りられるかが決定します。

そうなんだ!カードローンの申込フォームに「希望限度額」を入力する欄があったから、借りたい金額を入力すれば借りられるんだと思ってた。
そんなわけないでしょ。「きちんと返済できるかどうか」を審査されたうえで、借りられる金額が決まるのよ。

主に次のような人は、高額な限度額での借入が難しいです。

高額な限度額での借入が難しい人
  • 年収が少ない
  • 初めてお金を借りる
  • 他社での借入額、借入枠がある

年収が少ない人は、高額な借入をした場合「返済が難しい」と判断されるため、限度額が低くなるか、審査落ちとなる可能性が高くなります。

初めてお金を借りる人は、「実際に借金をし、期限までに返済した」という実績がないため、返済能力・返済意思を判断しづらくなります。

また他社でカードローンなどを利用している場合、借入額・借入枠に応じて限度額が少なくなる可能性も高いです。

他社での「借入額」と「借入枠」ってどう違うの?
「借入枠」とは、その金融機関から借入できる金額の上限のことよ。

実際に借りていなくても「借りている額」と見なされるの。

へー、そうなんだ!
今後使わないカードローンがあるなら、解約するのがオススメよ。カードローンを解約するメリット・デメリットや解約方法については、次の記事を参考にして。

限度額は契約後に引き上げることも可能!増額審査の基準とは

カードローンの利用限度額は、契約後に引き上げることも可能です。

どういうこと?契約してから「もっと限度額多くしてください!」って言えばいいの?
そんなすぐには無理よ。

カードローンを一定期間(目安は1年以上)利用して次のような状況になったら、限度額を増額できる可能性が高いわ。

カードローンの限度額増額が期待できるケース
  • 優良顧客と見なされた
  • 収入(年収)が増えた

カードローンの限度額を増額できる可能性が高いのは、利用実績に問題がない人や収入(年収)が増えた人

増額したいカードローンの利用実績が次のような状態なら、優良顧客と見なされ、増額手続きの案内が届く場合があります。

優良顧客と見なされやすい利用実績
  • 定期的に借入している
  • 延滞なく返済できている

また昇給や転職などで収入が増えた場合も、「以前より返済能力がある」と見なされるためカードローンの限度額を引き上げやすいです。

へぇー、そうなんだ。でも「いまの限度額で十分」って場合は、別に増額しなくてもいいんじゃない?
もちろん「増額しない」という選択肢もあるわ。限度額が低いと借りすぎを防げるものね。

でもカードローン会社によっては限度額を増額することで金利を下げられる可能性もあるから、一度検討してみてほしいわ。

カードローンには、限度額が高いほど低金利になっているものも多いです。

カードローンには利用限度額が高くなるほど低金利なものも多い

たとえば三井住友銀行カードローンの場合、利用限度額と金利の関係は次のようになっています。

三井住友銀行カードローンの限度額と金利
利用限度額金利(実質年率)
100万円以下12.0%~14.5%
100万円超200万円以下10.0%~12.0%
200万円超300万円以下8.0%~10.0%
300万円超400万円以下7.0%~8.0%
400万円超500万円以下6.0%~7.0%
500万円超600万円以下5.0%~6.0%
600万円超700万円以下4.5%~5.0%
700万円超800万円以下4.0%~4.5%
「いずれは増額したい」と考えている人は、限度額だけじゃなくて金利にも注目してカードローンを選んで。

ただし増額には新規契約同様、審査があります。増額審査に落ちた場合、限度額が減額されたり、カードローン自体が利用停止となってしまう場合もあるので注意しましょう。

カードローンの増額審査に落ちると、利用限度額が減る・カードローン自体が利用停止になる恐れも

当サイトでは、各カードローンの増額のポイントについてもお伝えしています。詳しくは次の記事を参考にしてください。







ちなみに「限度額は増やさなくていいけど、いまより金利を下げたい」という人には、借り換え※もオススメよ。
借り換えとは

いまより低金利なカードローンに乗り換えて、支払い利息を減らし、返済の負担を軽減すること。総量規制対象外です。

カードローンの借り換えについては、次の記事で詳しく解説しています。

各カードローンの限度額・金利一覧を調査!増額にオススメなのは?

限度額を増やす前提なら、増額で金利が安くなるカードローンを契約したいなー。
でも、まとまった金額が必要なら最高限度額が高いカードローンじゃないと!
そうね、目的に合わせてカードローンを選んだほうがいいわ。最高限度額が高くて、増額にもオススメなカードローンを紹介するわね。
限度額増額にオススメのカードローン
カードローン限度額金利
みずほ銀行カードローン10万円
~800万円
2.0~14.0%
三井住友銀行カードローン10万円
~800万円
4.0~14.5%
オリックス銀行カードローン800万円まで1.7~17.8%
SMBCモビット1~800万円3.0~18.0%
アイフル1~800万円3.0~18.0%
アコム1~800万円3.0~18.0%

「最初は少額でしか契約できなさそう・・・。」という人は、最高金利が安めの銀行カードローンを選ぶといいでしょう。

利息の負担を比較的抑えやすいです。

「いずれは最高限度額まで増額したい」という人には、最低金利が安いカードローンがオススメ。みずほ銀行やオリックス銀行のカードローンで増額できれば、低金利にキャッシングできますよ。

さらにみずほ銀行カードローン・三井住友銀行カードローンは、次のような場合に金利引き下げ(金利優遇)があります。

カードローンの金利優遇
<みずほ銀行カードローンの場合>
・みずほ銀行の住宅ローン利用で、0.5%引き下げ(※1、2)

<三井住友銀行カードローンの場合>
次の条件を満たした場合、金利引き下げの場合あり
・対象の住宅ローンを利用
・返済の遅延がない

※1:カードローンの契約店で利用した場合のみ可
※2:フラット35の場合は、店頭で申し出があり、みずほ銀行が住宅金融支援機構から同意を受けた場合のみ可

これらの取引を行っている場合は、申込を検討してみてくださいね。

カードローンの限度額の基準をおさらい!増額で金利が下がる可能性も

「カードローンを初めて契約する」「年収が比較的少ない」などの場合は、カードローンの利用限度額が少なめです。

また他社での借入額・借入枠も、新たに申し込むカードローンの限度額に影響します。今後利用する予定のないキャッシング枠があれば、解約しておくのがオススメです。

限度額は、次のような場合に増額できる可能性が高いです。

・増額したいカードローンで、健全な利用実績を作った
・収入(年収)が増えた

利用する会社・増額できる金額によっては、金利を下げられる可能性もありますよ。返済額を抑えて、賢くカードローンを利用しましょう。

※記載の情報は2018年12月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる