ローンの種類

ディーラーローンとは?特徴を知ってマイカーローンも検討しよう

ディーラーローンとは?特徴を知ってマイカーローンも検討しよう
車は手頃な値段では手に入らないもの。次のような理由で、ローンを組む人も多いのではないでしょうか。

・車を選ぶときは、価格の安さより性能にこだわりたい
・かっこいい新車に乗りたい
・転勤などの理由で、すぐに車を買わなければならない

車を買いたいけどお金が足りないとき、頼りになるのが自動車ローンです。

自動車ローンには、ディーラーが提携しているローン会社の「ディーラーローン」と、銀行やJAといった金融機関が取り扱う「マイカーローン」の2種類があります。

この記事では、ディーラーローンの特徴やメリット・デメリット、審査基準についてお伝えします。

ディーラーローンとは?【仕組みの図解付き】

ディーラーローンとは、ディーラー(自動車販売店)で車を購入するとき、その車を担保としてお金を借りる形のローンです。
    
ディーラーローンとは何かわかりやすく図解したイラスト

ふーん。これって、銀行やJAのマイカーローンと何が違うの?
ディーラーローンは購入する車が担保となるのに対して、金融機関のマイカーローンは、基本的に担保や保証人が要らないの。

では次の章で、ディーラーローンの長所・短所など詳しい特徴を見てきましょう。

ディーラーローンのメリット・デメリット【マイカーローンも検討して】

冒頭でもお伝えしたように、自動車ローンにはディーラーローンだけでなく「マイカーローン」もあります。

ディーラーローンのメリット・デメリットを確認し、どちらを利用するか検討してみてください。

ディーラーローンのメリット・デメリット
メリット手続きがラク
・審査が比較的はやい
・残価設定ローンで返済額が減る場合も
デメリット・金利が高い
・完済しないと車が自分名義にならない

詳しい内容を解説していきます。

ディーラーローンのメリット!手続きがラク・支払い額が減る場合も

ディーラーローンのメリットは、次のとおり。

ディーラーローンのメリット
  • 手続きがラク
  • 審査が比較的はやい
  • 残価設定ローンで出費が抑えられる

一番のメリットは、手続きがラクなことです。

銀行やJAなどの場合、平日に金融機関に出向いて手続きしなければなりません。

しかしディーラーローンなら、車の購入手続きと並行してローンの手続きも行えます。

審査結果も比較的早く、店頭で申し込めば30分~1時間程度で審査結果がわかる場合もあります。

ディーラーローンは金融機関(銀行やJA)のマイカーローンに比べて手続きがラク

またディーラーローンには「残価設定ローン」があります。

返済額から「車を買い替えるときの下取り分」が差し引かれるので、支払額を減らすことが可能です。

ただし利息は差し引いた分にもつくので要注意。詳しくはのちほど「『残価設定ローン』で返済額が安くなる仕組みをわかりやすく解説!」でお伝えします。

ディーラーローンのデメリット!金利が高い・返済中の売却などは不可

手続きのスムーズさが魅力のディーラーローンですが、次のようなデメリットも。

ディーラーローンのデメリット
  • 金利が高い
  • 完済しないと車が自分名義にならない
えっ!ディーラーローンって金利高いの?
金融機関のマイカーローンに比べると、確かに高めよ。次の表で、ディーラーローンとマイカーローンの金利をいくつか比べてみたわ。
ディーラーローンの金利
金利
mazda(マツダ)
「マツダスカイプラン」(※1)
2.99%
Honda Cars
(ホンダカーズ)
「四輪新車クレジット」(※2)
3.50%
※1:残価設定型クレジット
※2:クレジット
マイカーローンの金利
金利
三菱UFJ銀行
「ネットDEマイカーローン」(※1)
1.70%
~2.45%
長野信用金庫
「しんきんマイカーローン」(※2)
1.40%
~2.10%
※1:住宅ローン利用でさらに金利引き下げ(2019年3月31日の申込、6月28日までの借入限定)
※2:いくつかの条件により最大0.70%の金利引き下げあり

このようにディーラーローンよりマイカーローンのほうが、低金利な傾向にあることがわかります。

ディーラーローンはマイカーローンに比べて金利が高い傾向にある

しかしディーラーローンもマイカーローンも、期間限定のキャンペーンによって金利が下がる可能性があるのです。

購入する前に、なるべく低金利で借りられるところを確認しておきましょう。

私のお父さんはディーラーローンを組んでるんだけど、途中で銀行のマイカーローンに乗り換えることはできる?
自動車ローンは借り換えできるわよ(審査が必要)。

ただし借り換え手数料などで結局損をする可能性があるし、手続きには時間と手間がかかるわ。慎重に検討して!

またディーラーローンを組むと、購入する車自体が担保となります。

そのためローンの返済が終わるまでは、購入した自動車の名義を「購入者」にすることは原則できません。

車の名義なんて、誰のでも良くない?
そんなことないわ!車が自分の名義じゃないと、次のようなことがあるの。
車が自分名義じゃないと・・・
  • ローンが返済できなければ、車が引き上げられる
  • 返済中は車を自由に売却・譲渡できない※
※所有権解除により可能な場合あり

ディーラーローンの返済中は車が自分名義ではないので、返済できなければ車が引き上げられる・完済まで車の買い替え・譲渡は原則できない

このようなデメリットがあっても問題ないなら、ディーラーローンを検討してみて。

『残価設定ローン』で返済額が安くなる仕組みをわかりやすく解説!

いろんなメーカーのサイトで、ディーラーローンの内容を見てみたら「残価設定ローン(残価設定クレジット)」っていうものがあったんだけど・・・これって何なの?
残価設定ローンとは、「新車購入費用」から「車を買い替えるときの下取り分」を差し引いて、残りの金額を返済する形のローンよ。

残価設定ローンの仕組み

たとえば車両価格が200万円の車を購入し、3年後にこの車に残る価値(=残価)が80万円としましょう。

この場合、残価設定ローンを組めば「200万円(車両価格)-80万円(残価)」分のみを返済することになります。

そんなローンがあるんだね~。ところで「残価」ってどう決まるの?
新車価格のうち残価が占める割合(残価率)によって決まるの。残価率は販売会社・車種ごとに定められているわ。
ふむふむ。
残価率が高いほど、返済額から差し引かれる額は高くなって、返済額を抑えることができるの。

残価設定ローンの返済期間は3年~5年ほど。返済期間に応じた残価率の相場は、次のとおりです。

返済期間と残価率の相場
返済期間残価率の相場
3年約40~50%
5年約30%
このように返済期間が短ければ、返済額は安くなりやすくなってるのよ。

残価設定ローンで必ずお得になる?メリット・デメリットを見てみよう

ディーラーローンで車を買うなら、残価設定ローンを利用したほうが絶対お得だよね。だって月々の返済額が減るんだもん!
残価設定ローンのメリットは、それだけじゃないわ。それにデメリットもあるわよ。申し込む前にきちんと確認してね。

残価設定ローンのメリット・デメリットは、次のとおりです。

残価設定ローンのメリット・デメリット
メリット・低金利なので出費を抑えられる
・返済期間が満了後、車をどうするか決められる
デメリット・利息が大きい
・車両返済時に出費が発生する場合あり

赤い文字の項目を見て「矛盾しているのでは?」と思った方は多いでしょう。

残価設定ローンは基本的に低金利です。

しかし利息がつくのは「残価を差し引いた分」ではなく「残価を含めた車両価格全体」なので、利息は大きくなってしまうのです。

残価設定ローンの利息は「残価を含めた車両価格全体」につく

では、その他のメリット・デメリットについても見てみましょう。

残価設定ローンのメリット:返済期間満了後、車をどうするか決められる

残価設定ローンの返済期間が満了したら、ユーザーは次の選択肢から「車を今後どうするか」を決められます。

  1. 車両を販売会社に返却する
  2. 残価を一括で支払って車両を買い取る
  3. 残価に改めてローンを組みなおし、分割で支払いながら買い取る
車を返却するか、そのまま購入するか決められるんだね。
残価分の支払い額をなるべく抑えたいなら、1(車両の返却)を選択するのがオススメ。3~5年周期で買い替える人・決まった期間だけ車が必要な人にピッタリよ。
残価設定ローンのデメリット:車両返却時に出費が発生する場合がある

残価設定ローンの返済期間満了時に車両を返却する際、次のような場合に別途料金の支払いを求められます。

  • 走行距離が規定を超えた(「1kmあたり10円」など)
  • 車体にキズがついた
つまり返却された車両を中古車として売る際、不利になるようなことが清算の対象となるの。

残価設定ローンは「マイカーを買う」というより「3年間レンタカーを借りる」という意識で利用したほうがいいわ。

また残価設定ローンを組む際には、残価が保証されているか必ずチェックしましょう。残価が保証されていない場合、走行距離が規定内で車体に傷がなくても、車種の人気が低く流通があまりないと追加生産が生じます。

ディーラーローンの審査基準!申し込むタイミングで有利になる場合も

この記事を読んでいる人のなかには「ディーラーローンを組んで車を買いたいけど、審査が通るか不安・・・。」「ディーラーローンの審査に落ちた!どうして?」という方もいるのではないでしょうか。

各社が行っているディーラーローンの審査において、具体的な合否ラインは公表されていません。

しかしどの会社も「返済能力」を見るため、大まかな審査基準は同じなんです。

審査に落ちてしまう可能性が高いのは、次のような人。

ディーラーローンの審査に落ちやすい人
  • 勤続年数が少ない(内定者)
  • 収入が安定していない
  • アルバイトやパート、専業主婦
  • 年収が低い
  • 他社での借入が多い
  • 過去に返済(支払い)を延滞、遅延している

年収が少なかったり、安定・継続していない場合は、返済が滞る恐れがあります。また他社での借入が多いと、ディーラーローンと合わせて返済するのは大きな負担となり「返せる可能性が低い」と見なされてしまうのです。

いまだけでなく、過去にクレジットやローンの支払いも審査結果に影響するわ。延滞や債務整理などの情報は信用情報に記録されていて、審査で必ず見られるの。
そうなんだ・・・。過去の記録は、もう取り消せないの?
記録内容や情報の保管元(信用情報機関)によって、登録期間は異なるの。

ネガティブな情報が消えたタイミングでディーラーローンを組むと、審査落ちのリスクを回避しやすくなるわよ。

信用情報は自分で見ることができます。開示請求のしかた・情報の見方は次の記事で確認してみてください。

マイカーの使い方・使用期間に合った自動車ローンを組もう

ディーラーローンは、自動車の販売店ですぐ手続きが可能。審査のスピードも早めで、利便性に優れています。

「常に新しい車に乗っていたい!」という人は、ディーラーで残価設定ローンを組めば低予算で新車が手に入ります。

一方「マイカーに気兼ねなく乗りたい」「なるべく低金利で借りたい」という人には、銀行やJAなどの金融機関でマイカーローンを組むのがオススメです。

マイカーの乗り方に合った自動車ローンを選んでください。

自動車ローンを申し込む際には、審査基準も確認しておきましょう。申し込むタイミングを変えるだけで、審査結果が良くなる場合もありますよ。

※記載の情報は2019年1月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる