カードローン会社

常陽銀行のカードローン、キャッシュピットの使い方・特徴を徹底解説

常陽銀行のカードローン、キャッシュピットの使い方・特徴を徹底解説

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」は、次の地域に住んでいる(勤務している)人が利用できます。

茨城県・宮城県・福島県・栃木県・千葉県・埼玉県・東京都
地域限定なんだね。「キャッシュピット」はどんな人にオススメなの?
ATMを無料で使いたい人誰にもバレずにキャッシングしたい人に向いているわ。

ただし即日融資は不可よ。

「キャッシュピット」の基本情報は次のとおり。

「キャッシュピット」の基本情報
限度額300万円以内
金利2.5~14.8%
借入方法・ATM
返済方法・ATM
・口座振込 など
即日融資不可

当記事ではキャッシングのコツを交えながら「キャッシュピット」の利用方法を説明し、メリット・デメリットなどを解説していきます。

常陽銀行カードローン『キャッシュピット』の限度額と金利

まずは常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」の限度額・金利(実質年率)を見てみましょう。

「キャッシュピット」の限度額と金利
利用限度額金利
300万円2.5~8.8%
200万円超~300万円未満9.8%
100万円~200万円12.0%
1万円~100万円未満14.8%
※2018年10月25日以前に契約した場合を除く

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」は、利用限度額が高いほど低金利

限度額が高いほど、金利は安くなっています。

ってことは・・・申し込むときの希望限度額を300万円にしたら、低金利になるってこと?
誰もがそんなに借り入れできるわけじゃないわよ。限度額は審査によって決まるの。
なーんだ、残念。限度額が低い人は、ずっと上限金利でキャッシングしなきゃいけないってこと?
利用期間中でも「一定期間の利用履歴がある」「収入が増えた」などの場合は、増枠できる可能性があるわよ。

カードローンは新規申し込みだけでなく、増額の際にも審査があります。増額審査のポイントについては、次の記事を読んでみてくださいね。

常陽銀行カードローン『キャッシュピット』の借入方法はATM

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」の借り入れは、次の4つのATMから行えます。

借入可能なATM
  • 常陽銀行ATM
  • E-net(イーネット)ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM

これらのATMは、いつでも利用手数料が0円です。

コンビニでも気軽にキャッシングできるので、急いでいるときにも助かりますね。

『キャッシュピット』の返済日・返済方法・返済額について解説!

カードローンを契約する際、「無理なく返済できるかどうか」も気になるところですよね。

「キャッシュピット」の返済について、次の各項目も確認していきましょう。

  1. 返済日
  2. 返済方法
  3. 返済額

『キャッシュピット』の返済日は、35日ごと・毎月指定の2パターン

キャッシュピットの返済日は、2パターンあります。無理のない返済スケジュールが立てられるほうを選びましょう。

「キャッシュピット」の返済日
  • 35日ごと
  • 毎月指定※
※6日を除く

35日ごとに返済する場合、初回・2回目以降で次のように期日が異なります。

返済期日(35日ごとの場合)
初回借入日の翌日から数えて35日以内
2回目以降約定返済をした日の翌日から数えて35日以内

毎月指定は「あらかじめ返済日を自分で決め、毎月その日に支払う」というもの。給料日の直後など、金銭的に余裕がある日に設定しておくのがオススメです。

『キャッシュピット』の返済方法は、ATMと口座振り込み

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」の主な返済方法は、次のとおりです。

「キャッシュピット」の返済方法
  • ATM
  • 指定口座へ振り込み

返済に使えるATMは、次のとおり。

返済可能なATM
  • 常陽銀行ATM
  • E-net(イーネット)ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM

どのATMを使用しても、返済手数料は無料です。

一方で口座振込の場合は手数料がかかることも。詳しくは、利用している金融機関へ問い合わせてください。

『キャッシュピット』の返済額【随時返済・全額返済も行おう】

カードローンを使ったことがないから、きちんと返済できるか心配だなぁ。返済額はどれくらい?
返済額は、利用限度額返済日時点の借り入れ残高によって決まるわ。

ではキャッシュピットの返済額を、利用限度額が100~300万円の場合・100万円未満の場合に分けて確認しておきましょう。

利用限度額が100~300万円の場合、月々の返済額(約定返済額)は次のとおりです。

返済額(利用限度額100~300万円)
借入残高返済額
~10万円2千円
10万円超~20万円4千円
20万円超~30万円6千円
30万円超~借入残高が10万円増えるごとに2千円追加

利用限度額が100万円未満の場合は、返済額が次のように設定されています。

返済額(利用限度額100万円未満)
借入残高返済額
~10万円3千円
10万円超~20万円6千円
20万円超~30万円9千円
30万円超~借入残高が10万円増えるごとに3千円追加

このように利用限度額が100万円を下回ると、返済額は若干高くなります。

たとえば利用限度額が100万円未満の場合、1万円借りたら、返済額は月々3千円かぁ。一度に支払うこともできるの?
全額返済はATMで行えるわよ。借り入れ残高を確認してから返済してね。

またカードローンは、約定返済額に加えて任意の金額を返済する「随時返済」も行うのがオススメです。

随時返済には、次のようなメリットがあります。

随時返済のメリット
  • 完済が早まるので気がラク
  • 返済期間が一定以上縮まれば、支払い利息が減る

カードローンの返済に関する基礎知識・賢い返済方法については、次の記事も読んでみてください。

カードローンが返済できないときの対処法については、別記事「カードローンを返済できない場合(延滞)のペナルティーと債務整理」で解説しています。

常陽銀行のカードローン申込前に確認しよう!利用条件と審査基準

カードローンでお金を借りるには、審査に通らないといけないんだよね。落ちないかどうか心配だなぁ。
審査に落ちると、その記録が一定期間信用情報に残って、新たなローンの審査でますます不利になるわ。

申し込み前には必ず、審査に通りそうかどうか確認しておいて。

まずは自分が「キャッシュピット」の対象者かどうか見てみましょう。利用条件は次のとおりです。

「キャッシュピット」の利用条件
  • 契約時年齢が20歳~75歳未満
  • 住所または勤務先が対象エリア内
  • 安定継続した収入がある
  • パート、アルバイトも利用可
  • 年金受給者でも利用可
※外国人の場合は永住許可が必要

地方銀行(地銀)である常陽銀行のカードローンは、利用できるエリアが限られています。次の地域に住んでいる人・勤務している人は、申し込み可能です。

「キャッシュピット」の対象エリア
茨城県・宮城県・福島県・栃木県・千葉県・埼玉県・東京都
「パート、アルバイトも利用可」って書いてあるね。でも審査で不利にならないかなぁ?
収入と希望借入額のバランスなどは、確認しておいたほうがいいわね。カードローン審査などの注意点を、パート・アルバイト向けに書いた記事もあるから見てみて。

次に審査基準について見てみましょう。「キャッシュピット」をはじめ、カードローンの基本的な審査基準は次のようになっています。

カードローンの審査基準
  • 勤続年数が一定以上か
  • 他社との契約・借入枠が多くないか
  • 希望限度額は収入に見合った金額か
  • ローンやクレジットなどの返済が遅れていないか

審査の通過ラインなどはカードローン会社によって異なりますが、勤続年数は1~2年以上あると安心です。

カードローンの審査基準や審査対策について、さらに詳しい内容は次の記事をご覧ください。


常陽銀行カードローン『キャッシュピット』はWEB申し込みが便利!

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」の申し込み方法は、次の3通りから選べます。

「キャッシュピット」の申込方法
  • インターネット
  • FAX
  • 郵送

インターネットで申し込めば、いつどこにいても手続き可能です。

申し込みの手順は、次のとおり。

インターネット申込の手順
  1. 公式サイトから審査申込をする
  2. 必要書類をアップロードする
  3. 審査が通ったら契約完了する

まずは公式サイトから申込フォームを開き、申込者情報や勤務先情報などを入力・送信します。

必要書類は、スマホで写真を撮ってアップロードするだけ(FAXや郵送でも可)。提出すべき書類は、次の2点です。

申込に必要な書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類※
※利用限度額が50万円を超える場合のみ提出
本人確認書類って、何を提出すればいいの?
運転免許証・健康保険証・住民基本台帳のいずれかを提出して。ただし現住所が記載されていないとダメよ。

審査に通ったら、WEBで「契約確認」ボタンを選択して契約完了です。

常陽銀行カードローン『キャッシュピット』3つのメリット

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」には、次のようなメリットがあります。

「キャッシュピット」のメリット
  1. 口座開設の必要なし
  2. プライバシーに配慮
  3. ATM利用手数料が0円

そのため「手軽に契約手続きしたい」「誰にもバレずにお金を借りたい」「ATMを頻繁に使いそう」といった方にオススメのカードローンです。

では、各メリットについて説明します。

【1】常陽銀行カードローン『キャッシュピット』は口座開設不要!

「キャッシュピット」は口座開設なしで利用できるカードローンです。

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」は口座開設不要

他社カードローンには、専用の口座を開設しなければならないものも結構あります。

口座開設が必要だと、その手続きに時間がかかり、借り入れが遅くなってしまう恐れも。そのため「キャッシュピット」は、スムーズに申し込み手続きができるカードローンといえます。

【2】在籍確認・カード郵送はプライバシーに配慮して行われる!

カードローンの申し込みをする際、「キャッシングすることが誰かにバレたらどうしよう」と困ったことはありませんか?

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」はプライバシーに配慮したカードローン。

次のような工夫がされています。

誰にも知られず利用しやすい理由
  • 郵送物は銀行で通常使用しているものと同じ
  • 在籍確認の電話は、個人名でかけてくる

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」は、誰にもバレずにお金を借りることができるようプライバシーに配慮している

カードローンの在籍確認で借金がバレないようにする方法については、次の記事で詳しく解説しています。

また「誰にも知られずお金を借りたい」という人は、別記事「カードローンでのキャッシングが職場の人・家族にばれない方法!」も参考にしてください。

【3】『キャッシュピット』はATM手数料0円で借入・返済可能!

「キャッシュピット」はどの提携ATMで借り入れ・返済しても、利用手数料が0円です。

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」のATMは利用手数料が無料

ATMの手数料なんて、大した金額じゃないと思うけどなぁ。
ATM手数料が有料のカードローンだと、1回で100円~200円ほど払うことになるわ。たしかに少額ではあるけど、頻繁に利用すると月に数千円の出費にもなりかねないのよ。

『キャッシュピット』は即日融資不可!対象地域も限られる

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」には、次のようなデメリットもあるため、必要なときにお金を借りられない可能性もあります。

「キャッシュピット」のデメリット
  • 即日融資はできない
  • 対象地域でしか利用できない

先ほど「常陽銀行のカードローン申込前に確認しよう!利用条件と審査基準」でお伝えしたように、「キャッシュピット」は対象地域が限られているカードローンです。

また申し込んだ当日・翌日に初回借り入れすることはできません。

申し込んだ当日にお金を借りることは、できないんだね。
そうよ。申し込みから審査結果が出るまでには最短で2~3営業日ほどかかるし、カードローンが届くのも契約完了から1~2営業日後なの。

次の記事では、最短即日融資のカードローンを紹介しています。各カードローンでなるべく早くお金を借りる方法も紹介しているので、参考にしてください。

常陽銀行カードローン、キャッシュピットの特徴・利用のコツをおさらい

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」は対象地域が限られますが、ATM手数料0円・口座開設不要など、利用者に嬉しいメリットがたくさんあります。

申し込みはインターネットで行うのがオススメ。仕事の休憩中など、隙間時間で行えます。

返済額は利用限度額・借り入れ残高によって異なるので、借り入れ前に必ず確認しておきましょう。余裕があれば随時返済・全額返済を行うのがコツ。支払い利息を減らせる可能性があります。

当サイトでは、その他カードローンに関する基礎知識・お金に関する豆知識なども紹介しています。ぜひ参考にしてください。

※記載の情報は2019年4月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる