カードローン会社

プロミスで最短即日融資の手続き手順を紹介【『瞬フリ』がオススメ】

プロミスで最短即日融資の手続き手順を紹介【『瞬フリ』がオススメ】

「明日の飲み会に誘われたから、すぐお金を借りたい」「料金支払いの期日が今日だったけど、給料日前でお金が足りない」など、緊急でお金が必要なときってありますよね。

プロミスの「フリーキャッシング」は審査時間が最短30分で、即日融資も可能。

しかも三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座などへの振込(瞬フリ)なら、最短10秒で借り入れできるんです。

ただし申し込んだ曜日や時間、混雑状況などによっては、融資が翌日以降になる可能性もあります。

また書類の不備で再提出が必要な場合、融資が遅れてしまう恐れもあるので注意しましょう。

プロミスには、初回契約で一定条件を満たす人が利用できる「30日間無利息サービス」があるの。融資スピードだけでなく、金利も重視したい人にオススメよ。

プロミスで即日融資を受けたいなら、手続きの流れは2通り

プロミスで即日融資を受けるには、どうしたらいいでしょうか。なるべく早くキャッシングしたいなら、次のいずれかの流れで手続きを行いましょう。

プロミスで最短即日融資の申込方法
  • 無人契約機で契約手続きを行い、ATMで借入する
  • インターネットで契約手続きを行い、口座振込で借入する

無人契約機で申し込みを行い審査に通ると、その場でカードが発行され、ATMでの借入が可能です。

インターネット(プロミスの公式サイト)で申し込んだ場合は、カードがなくても口座振込による借入が可能。スマホやパソコンさえあれば、契約から借入まで全て行えます。

プロミスで即日融資を受けたいなら、自動契約機かインターネットで新規申込を行うのがオススメ

無人契約機が近くになくても、インターネットから申し込めるなら安心だね。

ところで、何時までに申し込めば今日中に借りられる可能性があるの?

プロミスに問い合わせてみたら「審査の内容によってかかる時間が異なるので、明確には答えられない」とのことだったわ。
そうなんだぁ、残念・・・。
でもプロミスに審査状況確認の電話をして「急いでいる」と伝えれば、対応してもらえる可能性もあるそうよ。

プロミスに審査状況の確認の電話をする際、急いでいると伝えると即日融資可能な場合がある

ただし口座振込による借入は、振込先口座によって振込実施時間が異なります。そのため借入の手続きを当日中に行っても、実際融資してもらえるのが翌日になる恐れもあるのです。

次の章で、口座振込のメリットや振込実施時間、手続きの手順について見ていきましょう。

プロミスの『瞬フリ(振込キャッシング)』は最短10秒で借入可能!

プロミスは口座振込またはATMで借入できます。

即日融資を希望するなら、オススメなのは「瞬フリ(振込キャッシング)※」。

プロミスの「瞬フリ(振込キャッシング)」とは

インターネット上の「会員サービス」から申し込み、自分名義の口座へお金を振り込んでもらう借入方法。

では「瞬フリ(振込キャッシング)」について、次の項目ごとに説明します。

  1. 「瞬フリ」のメリット
  2. 借入申込から振込実施までにかかる時間
  3. サービス停止時間
  4. 「瞬フリ」の申込方法

【1】プロミスの即日融資に『瞬フリ』をオススメする3つの理由

「瞬フリ(振込キャッシング)」には次の3つのメリットがあり、早くお金を借りたい人にピッタリなんです。

瞬フリ(振込キャッシング)のメリット
  • カードが要らない
  • ATMまで行く必要がない
  • 手数料0円

借入方法がATMのみのカードローンには「ローン専用カードが自宅に郵送されるまで、キャッシングできない」というものも多いです。

しかし「瞬フリ」ならカードは不要なので、契約後すぐ借入できます(最短10秒)。

また、どこにいてもスマホやパソコンがあればキャッシング可能。手数料がかからないのも嬉しいですね。

プロミスの借入方法はATMより口座振込がオススメ

【2】『瞬フリ』の申込から振込までにかかる時間を確認しよう

借入を申し込んでからお金を振り込んでもらうまで、どれくらい時間がかかるのかな?
それは振込先口座として利用している金融機関や、申込時間によって異なるわ。

次の金融機関に振込先口座があれば、「瞬フリ」の申込は24時間可能。振込実施時間も、申込完了から10秒程度とかなりスピーディーです。

「瞬フリ」が24時間申込可能、振込実施時間が10秒程度の金融機関
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
どの銀行も知名度が高いから、「自分ならすぐ借入できる!」って人も多そうだね。
ただし、これ以外の金融機関では融資が翌日以降になる場合もあるわ。

たとえばみずほ銀行の場合、曜日や受付時間によって、振込実施時間も次のように異なります。

申込受付時間・振込実施時間(振込先口座:みずほ銀行)
曜日受付時間と振込実施時間
月~金<受付:0:00~9:00>
当日9:30頃
<受付:9:00~14:50>
受付完了から10秒程度
<受付:14:50~24:00>
翌営業日9:30頃
土・日・祝日<受付:0:00~24:00>
翌営業日9:30頃

その他の金融機関については、プロミスの公式サイトで確認可能です。

【3】『瞬フリ』はメンテナンスによるサービス停止時間に注意!

プロミスの即日融資も可能な「瞬フリ」ですが、利用できない時間帯もあります。メンテナンスによるサービス停止時間は、次のとおりです。

「瞬フリ」のサービス停止時間
毎週月曜日0:00~7:00
1月1日0:00~24:00
1月2日0:00~07:00

また次の時間帯は「振込の予約」しか行えません。

「瞬フリ」の予約申込のみ可能な時間帯
・毎週土曜
(23:30~24:00)
・毎週日曜(0:00~4:00、18:50~24:00)
・毎週月曜(7:00~8:00)
・1月2日の7:00~1月3日
・5月3日~5月5日
これ以外にも、利用している金融機関のサービス停止時間などで「瞬フリ」を利用できない場合があるから注意してね。

「いまプロミスで申し込んでも、即日融資は無理そう・・・。」という場合は、次の記事も参考にしてください。最短即日融資のカードローンを紹介しています。

【4】『瞬フリ』の申し込み手順はたったの3ステップ!

「瞬フリ」の利用手順は、次のとおりです。

「瞬フリ」の利用手順
  1. 会員サービスにログインする
  2. 「お客さま情報の照会・登録/変更」内の「振込先口座登録・変更」ページで、希望する振込先口座を登録する※
  3. 「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」から申し込み(希望する借入額の入力)を行う
※未登録の場合のみ

振込先口座は変更することもできます。

プロミス申込時の必要書類【本人確認書類・収入証明書】

プロミスのフリーキャッシングを申し込む場合は、本人確認書類が必要。また場合に応じて、収入証明書の提出も求められます。

本人確認書類って運転免許証のこと?
そうよ。運転免許証がない場合は、代わりにパスポートを用意するか、健康保険証と住民票などを2枚合わせて提出して。

外国籍の場合は、在留カードか特別永住者証明書も必要よ。

プロミスの申し込みの必要書類

「本人確認書類に記載されている住所」と「実際の住所」が違う場合は、次のいずれかの書類も一緒に提出してください。

・国税か地方税の領収書、または納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書※
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

※電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの
収入証明書が必要なのは、どんな場合なの?
次のいずれかに当てはまる人よ。
プロミス申込時に収入証明書が必要な場合
  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 希望の借入額・他社での利用残高の合計が100万円を超える

収入証明書として必要なのは、次のいずれか1点です。

収入証明書(いずれか1点を提出)
源泉徴収票最新のもの
確定申告書最新のもの
給与明細書直近2カ月+1年分の賞与明細書※
※賞与がない場合は、直近2カ月分の給与明細書のみ提出
書類にマイナンバーが書いてあるけど、このまま提出しちゃってもいい?
ダメよ。個人番号(マイナンバー)が記載されていたら、その部分は見えないように加工してから提出してね。

プロミスはカードなしで即日融資も可能!申込日時や振込先口座に注意

プロミスのフリーキャッシングは、カードの郵送を待たなくても口座振込での借入が可能。即日融資しやすいカードローンといえます。

一部の金融機関の口座なら契約・借入申込後、最短10秒でキャッシングできるので、「すぐにお金が必要」という人にオススメです。

しかし申し込んだ曜日や時間、振込先口座などによっては、融資が翌日以降になる場合もあります。即日融資してもらえるか不安な場合は、プロミスに電話やチャットで相談してみるといいでしょう。

当サイトでは他にも最短即日融資のカードローンを紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

※記載の情報は2018年11月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる