カードローン会社

プロミスなら早く・お得に・便利に借りられる!在籍確認も安心

プロミスなら早く・お得に・便利に借りられる!在籍確認も安心

プロミスの「フリーキャッシング」は借入・返済方法が多く、返済日も4パターンから選択可能。自分に合った使い方ができるカードローンです。

融資スピードも速いので、「すぐにお金を借りたい」という人にもオススメ。

また初回契約の場合、一定条件を満たすと「30日間無利息サービス」を利用できます。無利息期間中に完済できれば、利息は0円です。

プロミスの「フリーキャッシング」の、主な内容は次のとおりです。

限度額500万円以内
金利4.5%~17.8%
借入方法・口座振込
・ATM
・店頭窓口
返済方法・インターネット
・口座振替
・店頭窓口
・ATM
・コンビニのマルチメディア端末
即日融資可能※
※申込日時や借入方法などにより、翌営業日以降の場合あり

それではプロミスの特徴から審査・即日融資・返済方法のポイントなど、お役立ち情報をお伝えしていきます。

プロミスの公式へ

プロミスの公式へ

プロミスの金利を他の消費者金融と比較!どんな人にオススメ?

プロミスの限度額と金利は、他社と比べてどうなんでしょうか。主な大手消費者金融と比較してみましょう。

カードローンの限度額・金利を比較
カードローン限度額(金利)
プロミス500万円以内
(4.5%~17.8%)
レイクALSA1万円~500万円
(4.5%~18.0%)
SMBCモビット1万円~800万円
(3.0%~18.0%)
アイフル800万円以内
(3.0%~18.0%)
アコム1万円~800万円
(3.0%~18.0%)

プロミスの限度額は、上限がやや低めです。「これだけ借りられれば十分」という人は問題ないですが、より高額の融資が必要(または今後必要になる)場合は、限度額の高いカードローンを選んだほうがいいでしょう。

限度額の高いカードローンについては、こちらの記事を参考にしてください。

一方プロミスの金利は、他社より上限が安め。上限金利が適用されやすい、次のような人がオススメです。

  • 希望限度額が低い
  • 今回がはじめてのキャッシング
カードローンの金利は基本的に、適用された限度額が低いほど金利が高くなります。またカードローンをはじめて利用する場合は、利用履歴から「返済能力」が判断しづらく、限度額が低くなる人も多いのです。
ただし各利用者に適用される限度額・金利は、審査によって異なるわ。

「限度額が高い・金利が安いカードローンを選んでも、希望どおりの条件でキャッシングできるわけではない」ということを覚えておいて。

プロミスの借入方法は3つ!(口座振込・ATM・店頭窓口)

プロミスの借入方法は、次の3通りです。

プロミスの借入方法
  1. 口座振込
  2. ATM
  3. 店頭窓口

それぞれの詳しい利用方法・利便性についてお伝えします。

プロミスの借入方法(1)口座振込

口座振込は、パソコンやスマホでキャッシングできる便利な借入方法。「プロミスコール(電話)」または「プロミス会員サービス(インターネット)」、いずれかの方法で申し込めます。

電話からは24時間申し込み可能。

インターネットで申し込む場合は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら原則24時間受付で、受付完了から10秒程度で振り込まれる「瞬フリ」も利用できます。

これなら急いでるときも安心だね!
そうね。頻繁に借入するなら、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を開設してもいいかもしれないわ。

プロミスの借入方法(2)ATM

カードローンの借入方法として一般的なATM。プロミスの場合、プロミスATMのほかに次の提携ATMが利用可能です。

プロミスの提携ATM
三井住友銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM・E-net(イーネット)ATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATM・三菱UFJ銀行ATM・西日本シティ銀行ATM・イオン銀行ATM・横浜銀行ATM・東京スター銀行ATM・クレディセゾンATM・第三銀行ATM・福岡銀行ATM・熊本銀行ATM・親和銀行ATM・広島銀行ATM・八十二銀行ATM
ちなみに親和銀行・広島銀行・八十二銀行のATMで行えるのは「借入(出金)」のみ。返済(入金)はできないから気を付けて。

プロミスの借入方法(3)店頭窓口

プロミスは店頭窓口(お客様サービスプラザ)でも借入できます。借入・返済などについて相談したい場合にオススメです。

ただし営業時間は、平日の10:00~18:00のみ。土日休みの人は、店舗へ行く時間を確保しづらいのがデメリットです。

プロミスは自分に合った返済方法を選べる!無利息サービスの条件は?

プロミスは、自分に合った返済日・返済方法を選択できます。返済日は次の4パターンです。

プロミスの返済日
  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月末日

返済方法は、次の6通り。

プロミスの返済方法
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • コンビニのマルチメディア端末※
※Loppi(ローソン・ミニストップ)、Famiポート(ファミリーマート)

なかでもインターネット返済は、基本的に場所・日時を選ばず行えるのでオススメ。返済手数料もかかりません。

やっぱりATMだと、返済手数料がかかるのかな?
プロミスATM・三井住友銀行ATMなら無料で使えるわよ。それ以外は取引額に応じて手数料がかかるから注意してね。

またプロミスでキャッシングするなら「30日間無利息サービス」の利用がオススメです。

無利息サービスについては、のちほど「【3】初回契約ならプロミスの「30日間無利息サービス」を利用!」で説明します。

プロミスの審査・在籍確認を受ける際の注意点


カードローンでは、申込者の次のような情報から「お金を借りられるかどうか」「いくら借りられるか」が審査されます。

審査基準となる主な内容
  • 年齢
  • 職業・勤続年数
  • 収入
  • 他社での借入・返済状況
  • クレジットやローンなどの申込・支払状況
  • 債務整理・自己破産など

他社での借入が多い、借金・支払いを延滞しているなどの場合は、キャッシング不可となる可能性が高いです。

カードローンの審査ポイントや対策については、次の記事で詳しく解説しています。

やっぱりプロミスも、契約前には審査があるんだね。審査が甘いカードローンってないのかなー?
ないわ。そういう謳い文句のカードローンは、たいてい闇金や詐欺業者よ。お金を騙し取られてしまう危険性が高いから利用しちゃダメ!

カードローンの審査が不安な人には、次の記事もオススメです。審査の仕組みやポイント、オススメのカードローンを紹介しています。

プロミスの申込方法【最短即日融資の方法も紹介!】

プロミスの申込方法は、次の4つです。

プロミスの申込方法
  • インターネット
  • 電話(プロミスコール)
  • 郵送
  • 店舗(自動契約機)

インターネットや電話での申し込みが可能なので、店舗や無人契約機まで行く必要はありません。

なるべく早く借りたい方は、のちほど「【1】プロミスは融資スピードが速い!最短即日融資の方法は2つ」で最短即日融資の申込方法を紹介するのでチェックしてみてください。

プロミスの公式へ

プロミスの公式へ

プロミス申込時の必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書」

プロミスのフリーキャッシングを申し込む際、必要な書類は次のとおりです。

プロミス「フリーキャッシング」の必要書類
  1. 本人確認書類※
  2. 収入証明書※
※希望する借入額などによって必要な場合あり

それぞれの注意点を確認していきましょう。

【1】本人確認書類を提出する際の注意点

本人確認書類って、運転免許証じゃないとダメ?
運転免許証がない場合は「パスポート」または「健康保険証と住民票」を提出すれば大丈夫よ。

住民票が用意できない場合は、他の書類を代用できる可能性もあるわ。プロミスのコールセンターへ相談してみて。

プロミスの申込時に提出する本人確認書類

外国籍の場合は、在留カード・特別永住者証明書のいずれかも一緒に提出
書類に書いてある住所と、いま住んでる家の住所が違うけど・・・まあいいか!
ダメよ!その場合は、現在の住所が書いてある書類も必要なの。

本人確認書類に記載されている住所と、実際の住所が違う場合、合わせて提出が必要なものは次のいずれかです。

本人確認書類と実際の住所が異なる場合、合わせて提出するもの
  • 国税か地方税の領収書、または納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書※
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
※電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの
発行日から6カ月以内のものを、コピーして提出してね。

【2】収入証明書を提出する際の注意点

収入証明書が必要なのは、次のいずれかに該当する場合です。

収入証明書が必要な場合
  • 希望の借入額が50万円を超える
  • 「希望の借入額」と「他社での利用残高」の合計が100万円を超える
収入証明書って、何を用意すればいいの?
次のいずれか1点よ。
収入証明書(いずれか1点を提出)
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 直近2カ月+1カ月の賞与明細書※
※賞与がない場合は、直近2カ月分の給与明細書のみ提出

プロミスの3つのメリット!早く・お得に借りられ在籍確認も安心

カードローンってどこも同じな気がするんだけど、プロミスにはどんなメリットがあるの?
プロミスをオススメする理由は、次の3つよ。順番に説明していくわね。
プロミスのメリット
  1. 最短即日融資
  2. 在籍確認について相談可能
  3. 初回契約なら無利息サービスを利用可能※
※利用条件あり

【1】プロミスは融資スピードが速い!最短即日融資の方法は2つ

プロミスは、次のいずれかの方法で申し込めば最短即日融資です。

プロミスで最短即日融資の申込方法
  • 無人契約機で契約手続きを行い、ATMで借入
  • インターネットで契約手続きを行い、口座振込で借入

プロミスで最短即日融資の申込・契約・借入方法

無人契約機を利用すれば、その場でカードが発行されます。インターネットで申し込んだ場合は、カードがなくてもキャッシングできる「口座振替」を利用しましょう。

プロミスには「瞬フリ(振込キャッシング)」というサービスがあって、インターネットで口座振込の申し込みができるの。すぐにお金を借りたい人は、次の記事で最短の手続き手順を確認してね。

ただし手続きを行った曜日や時間などによっては、翌営業日以降の審査・融資となる場合がります。

【2】在籍確認が不安な人は、申込後プロミスへすぐ電話しよう

カードローンの利用を申し込むと、基本的に職場へ「在籍確認」の電話がかかってきます。

そんなのやだ~!職場の人に「あの子借金するんだ」って知られたくないよぉ!
在籍確認でキャッシングがバレる可能性は低いけど、やっぱり心配よね。会社で電話対応をすることが少ない人は、同僚や上司に「何の電話だったの?」なんて聞かれる可能性もあるわ。

しかしプロミスなら、申し込み完了後に電話すれば相談可能なようです。

派遣会社には「個人情報保護のために派遣スタッフの情報を教えない」という会社が多くて、在籍確認がうまくいかない場合もあるの。そういう人も、プロミスに相談しておくのがオススメよ。

「家族や勤務先に知られずお金を借りたい」という人には、次の記事もオススメです。

【3】初回契約ならプロミスの「30日間無利息サービス」を利用!

プロミスには「30日間無利息サービス」があり、次の3つの条件を満たせば、最大30日間利息が0円になります。

プロミス「30日間無利息サービス」の利用条件
  • プロミスの契約がはじめて
  • 契約時にメールアドレスを登録
  • Web明細を利用

プロミスの返済日や返済方法、利息や手数料で損をしないためのコツについては、次の記事を読んでみてください。

プロミスは『総量規制』の対象!申し込む限度額に注意

プロミスに限ったことではありませんが、申込者の収入に見合った限度額でないと「返済が難しい」と判断され審査落ちとなる場合も。

またプロミスは総量規制の対象なので、「年収の3分の1」を上回る限度額での契約は不可です。

総量規制とは
「貸金業法」によって定められた、貸金業者(消費者金融など)から借入できる金額の上限。借主が借りられるのは、自分の年収の「3分の1」までです。

この上限は「貸金業者1社ごと」ではなく、「自分がお金を借りるすべての貸金業者(合計)」に対して設けられています。

詳しくは「総量規制の基礎知識と、総量規制対象外カードローン」で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者から借入できる金額の上限(年収の3分の1)

プロミスでの利用実績から「優良顧客」と見なされた、昇給したなどの場合は、限度額を増額することも可能よ。次の記事で条件や申込方法を説明しているから、キャッシングする人は役立ててね。

プロミスにはメリット盛りだくさん!増額で低金利になる可能性も

プロミスの「フリーキャッシング」は、早く借りたい人・利息を抑えたい人・利便性を重視する人など、さまざまな人に合ったカードローンです。

申込方法・日時によっては最短即日融資。初回利用なら、一定条件を満たせば「30日間無利息サービス」の対象です。

借入方法・返済方法が豊富で、自分に合った使い方ができるのも嬉しいですね。

在籍確認が不安な人は、申込後すぐプロミスへ問い合わせましょう。

利用実績に問題がなければ、限度額を増額することもできます。

増額によって金利が安くなる可能性もあるので、検討してみてくださいね。

※記載の情報は2018年11月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる