カードローン会社

ろうきんカードローンは誰にオススメ?銀行・消費者金融と比較し解説

ろうきんカードローンは誰にオススメ?銀行・消費者金融と比較し解説

ろうきん(労働金庫)のカードローンは低金利で、地域によっては取引内容に応じた金利優遇制度(金利引き下げ)もあります。そのため返済額にかかる利息が、銀行や消費者金融の半分以下になる可能性も高いんですよ。

ほかにもATM手数料が実質0円だったり、提携施設を優待料金で利用できたりと、とにかくお得。

唯一のデメリットは即日融資が難しいことです。必要な日までに融資が受けられるかどうかを確認してから申し込みましょう。

それでは、ろうきんカードローンの特徴を銀行・消費者金融と比較しながら解説していきます。

ろうきんって何?他の金融機関との違いと事業エリア

カードローンについて説明する前に、まずは労働金庫について知っておきましょう。

ろうきん(一般社団法人全国労働金庫協会)とは、労働組合や生活協同組合が資金を出し合って設立した金融機関です。互いに助け合い、労働者の暮らしを支えることを目的としています。

銀行や消費者金融との主な違いは、「労働金庫法」に基づいた運営方法。営利を目的としておらず、公平で民主的に、利用者のことを考えて運営しているんです。

もちろん銀行や消費者金融も利用者に嬉しいサービスや金融商品を提供していますが、非営利を原則とする考え方は労働金庫ならではの特徴です。

ろうきんは、事業エリアに自宅か職場があれば利用できます。詳しくは、次の表を参考にしてくださいね。

ろうきんの事業エリア
ろうきん事業エリア
北海道ろうきん北海道
東北ろうきん青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
中央ろうきん茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県
新潟ろうきん新潟県
長野ろうきん長野県
静岡ろうきん静岡県
北陸ろうきん富山県・石川県・福井県
東海ろうきん愛知県・岐阜県・三重県
近畿ろうきん滋賀県・奈良県・京都府・大阪府・和歌山県・兵庫県
中国ろうきん鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県
四国ろうきん徳島県・香川県・愛媛県・高知県
九州ろうきん福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県
沖縄ろうきん沖縄県

表中のろうきん名をクリックすると、カードローンの内容を詳しく解説している記事を読むことができます。

利用者区分は次のとおりです。

ろうきんの利用者区分
1、会員組合員

ろうきんに出資し加入している労働組合などに、所属している組合員または間接構成員

2、生協組合員

ろうきんに出資し加入している生活協同組合の、組合員および同一生計※の家族

3、一般勤労者

会員組合員・生協組合員以外で、対象地域内に在住または勤務している人

同一生計家族とは

同居・別居に関わらず、生計を一にする家族のことです。生活費や学資金、医療費などの送金が行われている場合も、これに該当します。

地域によっては名称が少し異なる場合もあるので、公式ホームページで確認しておきましょう。

利用者区分によって何が違うのか、具体的に知りたいなあ・・・。
ろうきんによっては、自分がどれに該当するかで申し込めるカードローンが違うのよ。それから同じカードローンでも、利用者区分によって適用金利が違う場合もあるの。

カードローンの商品内容は地域によって違う

ろうきんによって、取り扱っているカードローンの種類や商品数は異なります。多くのろうきんの場合カードローンの名称は同じ「マイプラン」ですが、金利や申し込み方法など商品内容が違うんです。

一例として、中央ろうきんのカードローン「マイプラン」の商品概要を見てみましょう。

中央ろうきん「マイプラン」の商品概要
申込資格・申込時の年齢が満18歳以上満65歳未満
・同一勤務先に1年以上勤務している
(事業所等の給与所得者以外の場合は原則3年以上)
・安定継続した年収(前年税込年収)が150万円以上

・次のいずれかに該当する
(1)中央労働金庫に出資のある団体会員の構成員
(2)自宅または勤務先(事業所)が中央労働金庫の営業エリア内

無利息期間なし
即日融資不可
利用限度額500万円※
(10万円単位)
申込方法・インターネット
(仮審査)
借入・返済方法・インターネットバンキング
・ATM、CD
ATM手数料実質0円(キャッシュバック)
※所属会員により異なる

中央ろうきんのカードローン「マイプラン」は、契約社員やパート社員、自営業者も利用できます。

また銀行や消費者金融のカードローンは20歳以上でないと申し込めないのが一般的ですが、ろうきんのカードローンは満18歳以上で法定代理人(親権者)の同意があれば利用可能です。

しかし利用限度額(極度額)は次のように制限されており、さらに審査によって利用枠が決まります。

・100万円を超える限度額でキャッシングできるのは、団体会員の構成員と生協会員の組合員および同一生計家族のみ
・一般勤労者は利用限度額100万円以内

金利も利用区分によって違います。

マイプランの金利一覧
利用者金利
・団体会員の構成員(※1)7.075%
・生協会員の組合員と同一生計家族(※2)7.255%
・その他の一般勤労者(※3)8.475%
※1:会員組合員
※2:生協組合員
※3:一般勤労者

ろうきんとの取引状況などによっては、さらに最大3.2%の金利引き下げも。

これについては「ろうきんカードローンはほとんどの地域で金利優遇制度あり」で詳しく解説します。

ろうきんカードローンは多くの場合、会員組合員や生協組合員のほうが一般勤労者より低金利です。

中央ろうきんの場合は団体会員の構成員のみ、他行や信販会社、消費者金融からの借り換えとしても利用可能(2018年3月30日実行分まで)。借り換え先をろうきんに変更することで、金利が下がり、返済額が減ることも期待できます。

ろうきんカードローンは、会員組合員や生協組合員におすすめってこと?
一般勤労者も金利優遇制度が適用されれば、会員組合員や生協組合員より低金利になる可能性があるの。ろうきんカードローンには他にもメリットがたくさんあるから、次の項目で紹介するわ。

ろうきんカードローン5つのメリット

上でも説明したように、ろうきんの特徴は非営利を原則とした運営方法。そのためカードローンにも、利用者に優しい次のようなメリットがあります。

ろうきんカードローンのメリット
  1. 銀行・消費者金融に比べて低金利
  2. ほとんどの地域で金利優遇制度あり
  3. 借り換えにもおすすめ
  4. ATM利用手数料が実質0円
  5. マイプランクラブ特典あり

それぞれのメリットを、銀行や消費者金融のカードローンと比較しながら解説します。

1、銀行・消費者金融に比べて低金利

ろうきんカードローン最大のメリットは、金利の低さです。

例として東北ろうきんのカードローン金利を、銀行・消費者金融の平均的なカードローン金利と比べてみました。

カードローン金利比較
種類金利
東北ろうきん<団体会員>
・6.00%
<非会員>
・6.40%
銀行系カードローン・約3.00%~約14.00%
消費者金融カードローン・約3.00%~約18.00%

最低金利が適用された場合は銀行や消費者金融のほうが低金利ですが、最高金利(上限金利)はろうきんカードローンのほうが格段に低いことがわかります。

カードローンを初めて利用する人・申し込み限度額が低い人は、最高金利が適用される場合が多いため特におすすめです。

2、ろうきんカードローンはほとんどの地域で金利優遇制度あり

ろうきんカードローンの多くは、取引内容に応じて金利が引き下げられる金利優遇制度があります。

各ろうきんカードローンの、金利優遇の最大引き下げ幅は次のとおりです。

ろうきんカードローンの金利優遇
ろうきん金利優遇
北海道ろうきん最大▲3.0%
東北ろうきん最大▲1.2%
中央ろうきん最大▲3.2%
新潟ろうきん最大▲2.0%
長野ろうきん最大▲2.0%
静岡ろうきん最大▲4.6%
北陸ろうきん最大▲5.0%
東海ろうきんなし
近畿ろうきん最大▲2.4%
中国ろうきん最大▲3.5%※
四国ろうきん最大▲1.6%
九州ろうきん最大▲3.0%
沖縄ろうきん最大▲4.6%
(2018年3月31日までのキャンペーン)
※身体障碍者福祉法により「身体障碍者手帳」の所有で5.0%の金利引き下げあり

ろうきん以外にもカードローンで金利優遇を受けられる金融機関はありますが、ほとんどの地域で金利優遇制度が適用されるのは、ろうきんカードローンの特徴と言えます。

地域によっては、金利優遇のないカードローンも一緒に取り扱っている場合があります。また保証会社はどこか、契約者は会員組合員と生協組合員、一般勤労者のどれに該当するかによって、金利優遇の有無が決まるカードローンも。申し込み前に確認しておきましょう。

3、ろうきんカードローンは借り換えにもおすすめ

上にも書いてあるとおり、ろうきんカードローンは低金利。取引内容によっては大幅な金利引き下げもあります。

そのため他社で利用しているカードローンの借り換え※をオススメしている労働金庫もあります。

借り換えとは

現在借り入れしているカードローンの返済額を減少させるために、より低金利なカードローンに借り入れ先を変更することです。

しかし申し込むカードローンによっては、毎月の返済額は減っても総返済額が増えてしまう場合もあるなど、思わぬ落とし穴も。

カードローン借り換えのメリットや注意点などは「カードローン借り換えで返済額を減らそう!おすすめ借換ローンも紹介」で詳しく解説しているので、検討中なら読んでみてください。

4、ATM利用手数料が実質0円

契約するカードローンを選ぶとき、ATMの利用手数料も大きなポイントになります。

カードローンは契約期間中、限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れが可能。ATMの利用回数によっては、手数料だけで月に数千円の出費になってしまう恐れもあります。

ろうきんのカードローンなら、ATM利用手数料は口座にキャッシュバックされるので実質0円です。

手数料がかからないATMを探したり、手数料が無料の時間帯を確認したりする必要もありません。

5、マイプランクラブ特典あり

ろうきんのカードローンを契約するとマイプランカード(ローンカード)が発行され、「マイプランクラブ」の会員として提携施設を優待料金で利用できます。

マイプランクラブの主な提携施設
  • 旅行会社
  • ホテル
  • スポーツ施設
  • 病院
  • 検診センター
  • 遊園地
  • 自動車学校

他にも冠婚葬祭や運送など、対象となるサービスがたくさんあるんです。

ろうきんには「マイプラン」以外のカードローンを取り扱うところもあるので、特典を利用したい人は会員になれるかどうか確認してみましょう。

マイプランクラブ特典のある施設を利用すれば、お金の節約にもなるね。
そうね。浮いたお金を繰上返済(随時返済)に充てるのもオススメよ。カードローンの賢い返済方法については「カードローンってどうやって返済するの?上手な返済方法とは」で詳しく解説しているわ。

唯一のデメリットは融資スピードが遅いこと

ろうきんカードローンは即日融資不可で、申し込みから融資まで長くて1カ月ほどかかる場合もあります。

いくらメリットが多くても融資が間に合わなければ意味がないので、まずは融資までの期間を確認する必要があります。

ろうきんカードローンはメリットがたくさんあるのに、融資スピードが遅いなんて残念だなあ。
そうね。でもカードローンは「いざという時のために契約だけしておく」なんて人もいるから、近々必要になりそうなら早めに検討しておくのも良いかもしれないわよ。

ろうきんカードローンはどんな人にオススメ?特徴から考察

ここまで、ろうきんカードローンのメリット・デメリットについて説明してきました。最後に内容をおさらいしながら、ろうきんカードローンはどんな人にオススメなのか確認していきましょう。

ろうきんカードローンをオススメしたい人
  1. 低金利なカードローンを探している人
  2. 希望限度額が低い人
  3. ろうきんと取引中または取引予定の人
  4. マイプランクラブの提携施設を利用する人
  5. 融資までに1週間以上かかっても構わない人

1、低金利なカードローンを探している人

ろうきんカードローンは比較的金利が低いので、「とにかく低金利なカードローンで、返済額にかかる利息を少しでも抑えたい!」という人は候補に入れておきましょう。

ただしカードローンを30日ほどしか利用しない場合は、無利息期間(無利息サービス)のあるカードローンのほうが返済額を抑えられる可能性があります。

無利息期間のあるカードローン
カードローン無利息期間の適用条件
プロミス・プロミスを初めて利用
・メールアドレスの登録
・Web明細の利用
アコム・アコムを初めて利用
・返済期日「35日ごと」で契約
レイク・レイクを初めて利用
・契約額が1万円~200万円

カードローンは契約期間中、限度額の範囲内であればいつでも借り入れできるので、いざという時のために契約したままにしておく人もいます。

解約するメリット・デメリットなどは「カードローンの解約方法!住宅ローンを利用するならすぐ手続きして」を読んで確認してください。

2、希望限度額が低い人

ろうきんカードローンの最低金利は、銀行や消費者金融のカードローンより高い場合もあります。

しかし最高金利は、ろうきんカードローンのほうが格段に低いです。基本的に限度額が低いほど金利は高くなるので、ろうきんのカードローンは希望限度額が低い人に向いていると言えます。

申し込む前に必ず、限度額ごとの適用金利を公式ホームページなどで確認しておきましょう。

3、ろうきんと取引中または取引予定の人

ろうきんを利用中の人は、給与振込や公共料金の自動振替などの取引内容がカードローンの金利優遇対象になるか確認してみましょう。

他に利用している金融機関があれば、引き下げ後の金利が低いほうを選ぶのがオススメです。

ろうきんと取引しているか否かでカードローンの契約を考える人もいますが、カードローン利用をきっかけに金利優遇対象となるサービスを利用するのもいいですね。

4、マイプランクラブの提携施設を利用する人

ろうきんのカードローンを契約しマイプランカード(ローンカード)が発行されると、マイプランクラブ特典により提携施設の利用料金が安くなります。

提携施設(優待施設)は、ろうきんの公式ホームページから確認できます。優待料金で利用する予約方法なども記載されているので見ておきましょう。

よく利用する施設や利用予定の施設があれば、ろうきんカードローン申し込みを検討してみてください。

5、融資までに1週間以上かかっても構わない人

ろうきんカードローン唯一のデメリットは、融資スピードでしたね。「急ぎでお金が必要!」という人でなければ、不便なく利用できるのではないでしょうか。

カードローン申し込みから融資までにかかる日数は各ろうきんで違う上に、混雑状況などによっても左右されます。

お金が必要な日が決まっている人は近隣のろうきんに問い合わせて、融資までどれくらいかかるか確認してみましょう。

ろうきんカードローンは低金利だけど、無利息期間のあるカードローンも魅力的だなあ・・・。
とりあえず無利息サービスが利用できるカードローンを使って、今後もお金を借りる必要があれば、ろうきんカードローンを検討してみるのもいいわよね。

ろうきんカードローンを申し込むなら融資日・適用金利を確認!

ろうきんカードローンは利用者に優しいメリットが多くオススメ。

最高金利は、銀行・消費者金融に比べ大幅に低いです。金利優遇制度が適用されれば、地域によっては金利が5%下がる可能性もあります。

しかし最低金利は他社より高くなる場合も。希望限度額に適用される金利を比較して、低金利なカードローンを選びましょう。

必要な日までに融資を受けられない恐れもあるので、融資スピードは近くの営業店に問い合わせて確認しておいてくださいね。

※記載されている内容は2017年12月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる