カードローン会社

親和銀行カードローンの特徴解説!支払い利息を抑える方法も紹介

親和銀行カードローンの特徴解説!支払い利息を抑える方法も紹介

親和銀行カードローンは、山口県・九州地方に住んでいる人(または勤務している人)が利用できます。対象地域でなくても、親和銀行の普通預金口座を持っていれば申し込み可能です。

親和銀行カードローンの大まかな特徴は、次のとおり。

親和銀行カードローンの基本情報
限度額10万円~1000万円
金利3.0%~14.5%
借入方法ATM
返済方法いずれかを選択
・口座引落型
・直接入金型
即日融資不可

この記事では親和銀行カードローンの借り入れ・返済方法や、メリット・デメリットについてお伝えします。

親和銀行カードローンは限度額が高いと低金利!増額もオススメ

親和銀行カードローンは、限度額の上限が1000万円。審査結果によっては、高額の融資を受けることもできます。

そして次のように、限度額が高くなるほど低金利です。

親和銀行カードローンの限度額と金利
限度額金利
800万円超~1000万円3.0%
700万円超~800万円4.0%
600万円超~700万円5.0%
500万円超~600万円6.0%
400万円超~500万円7.0%
300万円超~400万円8.0%
200万円超~300万円10.0%
100万円超~200万円12.0%
10~100万円14.5%

親和銀行カードローンは、限度額が高いほど金利が安くなる

収入が低い・はじめてカードローンを利用するなどの場合は、高い限度額での契約が難しくなります。

しかしカードローン利用中に、限度額を増額(増枠)することは可能です。

定期的・長期的に利用したいなら、親和銀行カードローンのように増額で低金利になるードローンを選びましょう。

増額って、申し込めば誰でもできるの?
増額にも審査はあるわ。落ちたら逆に限度額が減ることもあるし、最悪の場合カードローンが利用停止になるの。

昇給した・約1年以上の利用履歴から「優良顧客」と見なされたなどのタイミングで申し込んで。

カードローンの限度額を増額しやすい人の特徴

カードローンにおける増額審査のポイントは、次の記事で詳しく解説しています。

親和銀行カードローンの借入方法はATMのみ

親和銀行カードローンの借り入れ方法は、ATMのみ。提携金融機関のATMは次のとおりです。

借入・返済可能なATM
親和銀行ATM/福岡銀行ATM/熊本銀行ATM/ゆうちょ銀行ATM/セブン銀行ATM/E-net(イーネット)ATM/ローソン銀行ATM
提携ATMの種類が多いから、銀行やコンビニで手軽に借り入れできるわよ。

親和銀行カードローンの返済方法は口座引き落とし・ATM入金

親和銀行カードローンの返済方法は、次の2通りから選べます。

親和銀行カードローンの返済方法
  • 口座引落型
  • 直接入金型

「直接入金型」の場合、利用可能な金融機関のATMはさきほど「親和銀行カードローンの借り入れ方法はATMのみ」でお伝えしたとおりです。

返済日はいつなの?
返済日は、返済方法によって異なるわ。次の表のとおりよ。
親和銀行カードローンの返済日
返済方法返済日
口座引落型1~26日のいずれかを選択
直接入金型毎月14日
※銀行休業日の場合は、翌営業日が返済日となる
返済方法としてオススメなのは、口座引落型。

返済日に自動で引き落とされるので、口座にお金が入っていれば手間がかかりません。また直接入金型だと、ATMの利用手数料がかかる場合があります。

返済日は自分で選ぶことが可能。給料日のすぐ後を返済日にしておけば、お金に余裕のあるうちに返済を済ませられますよ。

親和銀行カードローンを使うなら知っておきたい!返済のコツ

「カードローンを使ったことがないから、きちんと返済できるか心配。」「利息分も考えると、いつ完済できるかが不明確だから不安。」という方も多いのでは。

親和銀行カードローンを利用するなら、随時返済(※1)・一括返済(※2)も行いましょう。

※1:随時返済(臨時返済)とは

定例返済だけでなく、任意の金額を追加で返済する方法です。しかし随時返済をしても、定例返済ができなかった場合は遅延・延滞扱いとなります。

※2:一括返済(全額返済)とは

残っている返済額を、まとめて全額支払う方法。利息の清算が必要となるので、窓口での手続きが必要です。

これらの返済方法には、次のようなメリットがあります。

随時返済・一括返済のメリット
  • 比較的早く完済できるので、気がラク
  • 返済期間が一定以上縮まれば、支払い利息が減る
  • 優良顧客と見なされ、増額審査などに有利になる場合も

カードローン返済についての基礎知識・返済のコツについては、次の記事も参考にしてください。

親和銀行カードローンの利用条件・審査基準【審査が不安な人必見】

各社のカードローンにはそれぞれ利用条件・審査基準が設けられています。

審査基準は、利用者に公表されません。そのため「カードローンの審査に落ちて、お金を借りられなかったらどうしよう・・・。」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、親和銀行カードローンの利用条件・審査基準について説明します。

  1. 親和銀行カードローンの利用条件
  2. カードローンの審査基準

親和銀行カードローンの利用条件!アルバイトや年金受給者もOK

親和銀行カードローンの利用条件は、次のとおりです。

親和銀行カードローンの利用条件
  • 借入時の年齢が満20歳以上満69歳以下
  • 収入がある※
  • 九州か山口県に居住・勤務
※パート、アルバイト、年金受給者も可

また居住地・勤務先が指定地域でなくても、親和銀行の普通預金口座を持っていれば申し込めます。

収入多いとはいえないけど、申し込んでいいのかなぁ?
大切なのは「収入に応じて無理なく使えるか」なの。年収・職業にかかわらず、前月の収入があれば申し込めるわ。

親和銀行カードローン申し込み前に、審査基準を確認しよう!

カードローンの審査では一般的に、次の条件を満たすと有利になります。

カードローンの審査ポイント
  • 勤続年数が長い(1~2年以上)
  • 他社との契約・借入枠がない、または少額
  • 希望限度額が収入に見合っている
  • ローンやクレジットなどの支払いを遅延していない

「審査に落ちそう」と思った場合は、カードローンの申し込みを先送りにするのも一つの手です。

ローンやクレジットなどの支払い状況は「信用情報」に登録されていますが、この情報は一定期間で消えます。信用情報は自分で見ることもできるので、気になる人は次の記事で確認してみましょう。

カードローンの審査に落ちると、キャッシングができないうえに、新たなローンの審査にも通りにくくなるから注意して。
どうして一度審査に落ちると、次の審査にも通りにくくなるの?
ローンの申し込み内容・審査結果などの情報は、一定期間、信用情報に登録されるわ。ローンの審査では信用情報が必ず見られるから、ますます印象が悪くなってしまうのよ。

また一度に何社ものカードローンに申し込むと「よほどお金に余裕がないのでは」と思われ、審査で不利になります。2~3社程度にとどめておきましょう。

カードローンの審査基準・審査対策については、次の記事も参考にしてください。

親和銀行カードローンの申し込み方法・必要書類

親和銀行カードローンは、親和銀行の普通預金口座があるとWEB完結申込が可能です。

必要な書類は次のとおり。

親和銀行カードローンの必要書類
本人確認書類次のいずれかで、申込者の名前・住所・生年月日が確認できるもの
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
(個人番号カード)
収入証明書類利用限度額が50万円を超える場合に必要
(1)給与所得者の場合
次のいずれか
・所得証明書
・源泉徴収票
・給与明細
(2)自営業者の場合※
次のいずれか
・納税証明<その2>
・確定申告書
※事業性資金の借入は不可
WEBまたは電話で申し込む場合、これらの書類は携帯電話・スマホからアップロードすれば提出できるわ。

では親和銀行カードローンの申し込み・契約手続きの流れを、口座の有無に分けて説明します。

  1. 口座がある場合の申込方法
  2. 口座がない場合の申込方法

親和銀行カードローンの申込方法(口座がある場合)

親和銀行の普通預金口座を持っているなら、WEB完結申込でスムーズに手続きできます。手続きの流れは次のとおり。

申し込みの流れ(口座あり)
  1. インターネットから申し込む
  2. 案内メールを受け取る
  3. 必要書類をアップロードする
  4. 審査結果・契約内容の電話を受ける
  5. カードが発行され、借り入れ開始

カードなどの書類は郵送で送られてきますが、封筒には「カードローン」と明記されていません。利用者のプライバシーに配慮してあるのは嬉しいですね。

親和銀行カードローンの申込方法(口座がない場合)

親和銀行の普通預金口座を持っていない場合も、来店せずカードローンを申し込むことが可能。ただし返済方法は「直接入金型」しか選択できません。

申し込み方法は次のとおり。

申込方法(口座なし)
  • WEB
  • 郵送
  • FAX
  • 窓口

WEBで申し込んだ場合、手続きの流れは次のとおりです。

申し込みの流れ(口座なし・WEB申込)
  1. インターネットから申し込む
  2. 案内メールを受け取る
  3. 必要書類をアップロードする
  4. 審査結果のお知らせを受ける
  5. 契約書へ署名・捺印し郵送する
  6. 契約内容確認の電話を受ける
  7. カードが発行され、借り入れ開始

書類を郵送するため、契約完了までの期間が比較的長いです。

ちなみに親和銀行カードローンの場合、申し込むと在籍確認の電話が職場にかかってきます。また自宅に、申し込み内容に関する電話がかかってくる可能性も。

基本的にどのカードローンもプライバシーに配慮していますが、家族や上司・同僚にカードローン利用がバレないかは不安ですよね。

別記事「カードローンでのキャッシングが職場の人・家族にばれない方法!」では、キャッシングを知られるケースや対処法などを紹介しています。こちらも参考にしてください。

親和銀行カードローン3つのメリット!【金利・利用条件・申込方法】

親和銀行カードローンでキャッシングするメリットは、主に次の3つです。

親和銀行カードローンのメリット

各メリットについて、詳しくお伝えしていきます。

親和銀行カードローンは銀行カードローンならではの安心金利!

親和銀行カードローンは、銀行系カードローンならではの安心金利です。

そうなの?どれくらいお得なのかなぁ?
消費者金融の場合、最高金利は18%ほどになることが多いわ。

でも親和銀行のカードローンは、金利の上限が14.5%。利用限度額が低くても、そんなに高金利にはならないのよ。

銀行系カードローンと消費者金融カードローンの上限金利の違い

次の記事では、カードローン金利に関する基礎知識についてもわかりやすく解説しています。

親和銀行カードローンは利用対象となる職業が幅広い!

親和銀行カードローンは、パート・アルバイトや年金受給者も申し込めるのがメリットです。

ちなみに詳しい利用条件は、さっき「親和銀行カードローンの利用条件・審査基準【審査が不安な人必見】」で伝えたとおりよ。

もちろん審査がとおらなければキャッシングはできません。しかしカードローンのなかには、申し込み可能な職業が限られている場合もあるのです。

当サイトでは、パート・アルバイトがカードローンを申し込む際の注意点も解説しています。詳しくは次の記事を読んでみてください。

親和銀行カードローンの申込は来店不要!口座があればWEB完結

「カードローンの申し込みをしたいけど、店舗へ行く時間がない・・・。」「銀行が近くにないから、契約しに行くのが面倒!」という人、結構多いのではないでしょうか。

先ほど「親和銀行カードローンの申し込み方法・必要書類」でもお伝えしたように、親和銀行カードローンなら来店せず申し込み・契約することができます。

普通預金口座があればWEBのみでの手続きも可能。仕事の休憩中など、隙間時間を利用できるので便利です。

申込後に後悔しないために!親和銀行カードローンのデメリット

親和銀行カードローンには次のようなデメリットもあります。

親和銀行カードローンのデメリット

そのため人によっては、損をしたり、必要なときに借り入れできなかったりする恐れも。申し込み前に必ず確認しておきましょう。

親和銀行カードローンは無利息期間がない!

親和銀行カードローンは、無利息サービス※を設けていません。

無利息サービスとは

一定条件を満たす人が、一定期間の利息を0円にできるサービスのこと。たとえば期間内にお金を借り、期間内に返済を済ませた場合、支払い利息は0円です。

カードローンって、そんなサービスがあるの!?
そうなの。ただし無利息サービスを設けているカードローンはそう多くないし、初回契約の人しか利用できない場合が多いわ。

短期間しかカードローンを利用しないのなら、無利息サービスを活用するのもいいでしょう。

しかし長期利用なら、親和銀行カードローンがオススメ。いずれ増額し金利を下げることで、無利息サービスのあるカードローンよりお得に使える可能性も高いです。

短期間での利用なら無利息サービスを利用し、長期間での利用なら増額して金利を下げられるカードローンを利用するのがオススメ

無利息期間を設けているカードローンは、別記事「★内部リンク予定」で紹介しています。

親和銀行カードローンはATM利用手数料に注意!

親和銀行カードローンは提携ATMが多く、銀行やコンビニなどで気軽に借り入れ・返済できます。

しかしATMの種類・時間帯によっては、利用手数料が発生するので要注意。

カードローンのATM手数料は、有料の場合、取引金額に応じて100~200円ほど。頻繁に利用する人ほど、手数料を取られてしまいます。

よく利用するATMの手数料は、金融機関のホームページなどで確認しておくといいでしょう。

親和銀行カードローンでキャッシングする際は、ATMの利用手数料に注意

親和銀行カードローンは即日融資不可!借入まで約1週間はかかる

すぐにお金が必要だから、即日融資のカードローンに申し込みたい!親和銀行カードローンは、借り入れまでどれくらいかかる?
残念だけど、親和銀行カードローンは即日融資不可よ。
えっ、そうなの~?
親和銀行のキャッシュカードを持っている人が「WEB完結申込」した場合でも、申し込みから借り入れ(振込)まで7~10日ほどかかるわ。

また審査状況によっては、借り入れまで3週間かかる場合もあります。お金が必要なときに借り入れできるよう、申し込みは早めに行いましょう。

すぐにお金を借りたい場合は、最短即日融資のカードローンがオススメです。

次の記事では、融資スピードのはやいカードローンを紹介しています。最短ルートで借りるコツもお伝えしているので、役立ててください。

親和銀行カードローンがオススメな人・他社を検討すべき人

この記事では親和銀行カードローンについて、特徴を詳しくお伝えしました。

利用が向いているのは、次のような人。

・長期的、定期的にキャッシングする
・親和銀行の普通預金口座がある

またパートやアルバイト、年金受給者も申し込めます。

次のような人は、他社のカードローンを検討したほうがいいでしょう。

・無利息サービスを利用したい
・すぐにお金を借りたい

当サイトでは他にも、全国対応地域限定のカードローンを数多く紹介しています。ぜひ読んでみてくださいね。

※記載の情報は2019年5月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる