カードローン会社

横浜銀行カードローンの利用方法からメリット・デメリットを解説!

横浜銀行カードローンの利用方法からメリット・デメリットを解説!

横浜銀行カードローンは、パートやアルバイトも申し込み可能。専業主婦(夫)も、配偶者に安定した収入があれば利用できます。

無利息期間はありませんが、銀行ならではの低金利。利用中に増額できれば、金利を下げられる可能性もありますよ。

そんな横浜銀行カードローンの基本情報は、次のとおりです。

横浜銀行カードローンの基本情報
限度額10万円~1,000万円
金利1.9%~14.6%
借入方法・ATM
・インターネットバンキング
返済方法<定例返済>
・自動引き落とし
<随時返済>
・ATM
・インターネットバンキング
即日融資不可
(最短翌日)

では限度額や金利、利用方法、申し込み方法など、詳しくお伝えしていきます。

横浜銀行カードローンの限度額・金利

横浜銀行カードローンは限度額が100万円~1,000万円と比較的高く、まとまった金額が必要な人にオススメです。

ただし「利用可能枠=自分のお金」という錯覚に陥ると、借りすぎによって返済が困難になる恐れも。

「限度額が高いと、つい借りてしまいそう」という場合は、低めの限度額を希望して申し込みましょう。

金利(実質年率)は1.9%~14.6%と、銀行カードローンならではの低金利。利用限度額に対して、次のように適用されます。

横浜銀行カードローンの限度額・金利
限度額金利
100万円以下14.6%
100万円超200万円以下11.8%
200万円超300万円以下8.8%
300万円超400万円以下6.8%
400万円超500万円以下4.8%
500万円超600万円以下4.5%
600万円超700万円以下4.0%
700万円超800万円以下3.5%
800万円超900万円以下3.0%
900万円超1,000万円未満2.5%
1,000万円1.9%

このように、限度額が高いほど低金利です。

横浜銀行カードローンは限度額が高いほど金利が安い

どれくらいの限度額で契約できるかは、審査によって決まります。年収やローン・クレジットカードの利用状況(履歴)によっては、高額の借り入れ・低金利での利用が可能です。

じゃあ利用限度額が低い人は、契約中ずっと金利が高めってこと?
増額審査が通れば、契約中に限度額を引き上げることができるの。増額した金額によっては、金利が下がる可能性もあるわ。

増額審査のポイントは、次の記事で詳しく紹介しています。

ちなみに横浜銀行カードローンは変動金利だから、金融情勢などによって随時見直しが行われるわ。申し込みする際には、変動がないか公式サイトで確認しておいてね。

横浜銀行カードローンの借り入れ方法【手数料無料のATMが多い】

横浜銀行カードローンの借り入れ方法は、ATM・インターネットバンキングの2通り。

借り入れ可能なATMは、次のとおりです。

横浜銀行カードローンの借入可能なATM
  1. 横浜銀行ATM
  2. セブン銀行ATM
  3. ローソン銀行ATM
  4. E-net(イーネット)ATM
  5. イオン銀行ATM
  6. 全国の銀行・信用金庫ATM

1~5のATMなら、手数料は無料。

インターネットバンキングでの借り入れも、手数料はかかりません。

平日じゃなくても借り入れできるの?
ATM・インターネットバンキングともに、土日・祝日の借り入れも可能よ。利用時間は金融機関によって違うから、よく使うところだけでも確認しておくといいわ。

横浜銀行カードローンの返済方法【随時返済で利息を減らそう】

横浜銀行カードローンには、決められた日に指定額を返済する「定例返済」と、任意の金額を追加で返済する「随時返済」があります。

余裕があれば、随時返済も合わせて行いましょう。完済が早まり、支払い利息(総返済額)を減らせる可能性もありますよ。

定例返済・随時返済を合わせて行えば、支払い利息(返済額)を減らせる

では定例返済・随時返済の方法について、見ていきましょう。

  1. 定例返済
  2. 随時返済

横浜銀行カードローンの返済方法1:定例返済

横浜銀行カードローンの定例返済日は、毎月10日。土・日・祝日の場合は、翌平日窓口営業日が期日です。

返済は口座からの自動引き落としなので、期日までに返済額を入れておきましょう。

ムリなく返済できるか気になるなぁ。毎月いくらずつ返せばいいの?
返済額は前月の定例返済後(定例返済日)の借り入れ残高に応じて決まるわ。次の表を参考にして。
横浜銀行カードローンの定例返済額
前月定例返済後の
借り入れ残高
返済額
2千円以下
2千円超10万円以下2,000円
10万円超20万円以下4,000円
20万円超30万円以下6,000円
30万円超40万円以下8,000円
40万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下15,000円
100万円超150万円以下20,000円
150万円超200万円以下25,000円
200万円超250万円以下30,000円
250万円超300万円以下35,000円
300万円超350万円以下40,000円
350万円超400万円以下45,000円
400万円超450万円以下50,000円
450万円超500万円以下55,000円
500万円超600万円以下60,000円
600万円超700万円以下65,000円
700万円超800万円以下70,000円
800万円超900万円以下75,000円
900万円超1,000万円以下80,000円
1,000万円超85,000円
※2千円を上限として、前日までの利息を含む

では次の章で、随時返済についても見ていきましょう。

横浜銀行カードローンの返済方法2:随時返済

横浜銀行カードローンの随時返済には「一部返済」と「全額返済」があります。

返済方法はATM・インターネットバンキング(<はまぎん>マイダイレクト)で、どちらも手数料は無料です。

利用可能なATMは、次のとおり。

横浜銀行カードローンの随時返済ができるATM
  • 横浜銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • E-net(イーネット)ATM
  • ローソン銀行ATM
コンビニに行くついでにも返済できて、手数料もかからないのは嬉しいね!

ただし次のように、ATMでの返済ができない場合もあるわ。注意してね。

ATM返済に関する注意点
  • 銀行休業日(土日祝)は返済不可
  • 全額返済は横浜銀行ATMのみ

インターネット返済は、横浜銀行のインターネットバンキング(<はまぎん>マイダイレクト)を申し込み、横浜銀行の普通預金口座を追加登録すると行えます。

カードローンの返済方法・支払い利息を減らすためのコツについては、次の記事で詳しく解説しています。こちらも参考にしてください。

横浜銀行カードローンの審査と利用条件【在籍確認アリ】

横浜銀行カードローンって、誰でも申し込めるの?
誰でも可能というわけではないわ。ただ横浜銀行カードローンは他社に比べ、利用対象者が比較的幅広く、申し込める人が多いのよ。

横浜銀行カードローンは、次の条件を満たした人が申し込めます。

横浜銀行カードローンの利用条件
  • 契約時年齢が満20歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある人(またはその配偶者)※
  • 指定地域に居住または勤務
※年収には年金を含む

パートやアルバイトも利用対象ですし、専業主婦も配偶者の収入が安定していればキャッシング可能です。

審査のポイントなどについては、次の記事を参考にしてください。


学生も、20歳以上なら申し込める?
学生は利用不可よ。学生がキャッシングする方法については、次の記事を参考にして。

横浜銀行カードローンは、営業エリアに住んでいる(または勤務している)ことも利用条件。対象地域は次のとおりです。

横浜銀行カードローンの対象地域
  • 神奈川県内
  • 東京都内
  • 群馬県(前橋市・高崎市・桐生市)
ただし利用条件を満たしても、審査が通らなければ契約できません。現在の借り入れ状況や年収、希望限度額などに問題がないか確認してから申し込みましょう。
審査に通るかどうかなんて、申し込んでみなきゃわからないでしょ?
「勤務年数が1~2年以上になったら申し込む」など、事前にできる審査対策もあるわ。カードローンの審査基準や審査対策については、次の記事を参考にして。
そういえば横浜銀行カードローンを利用する場合も、在籍確認の電話はかかってくるんだよね?
ええ。個人名ではなく銀行名(横浜銀行)を名乗る形でかかってくるわ。

在籍確認は、申込者のプライバシーに配慮して行われます。

それでもキャッシングすることを知られないか不安な場合は、「クレジットカードを作ったから電話がきた」など、他の言い訳を考えておきましょう。

周りの人に知られずカードローンを利用する方法については、次の記事をご覧ください。

横浜銀行カードローンの7つのメリット

カードローンは銀行や消費者金融、ろうきんなど多くの金融機関で取り扱っています。

では横浜銀行カードローンは、他社のカードローンと比べてどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?特徴を整理してお伝えします。

横浜銀行カードローンのメリットは、次のとおりです。

横浜銀行カードローンのメリット
  1. パートやアルバイト、専業主婦(夫)も利用可能
  2. 銀行カードローンならではの低金利
  3. 限度額の上限が高い
  4. 手数料無料のATMが多い
  5. インターネットバンキングでの借入・返済も手数料無料
  6. 取引明細表はインターネットバンキングで交付可能
  7. スマホアプリで利用状況を確認できる

1~5については先ほどお伝えしたとおりです。この章では、6・7のメリットについて見ていきましょう。

横浜銀行カードローンはWEBで利用明細を発行してもらうことも可能

あまりオススメできませんが、「心配させたくない」などの理由で「誰にもバレずにカードローンを利用したい」という人も多いのでは。

カードローンの利用明細が自宅に郵送される場合、「家族が開封してしまい、キャッシングしていることを知られてしまった」なんてこともあります。

しかし横浜銀行カードローンなら、利用明細表をインターネットバンキングで交付してもらうことが可能。

横浜銀行カードローンは利用明細表をインターネットバンキングで交付してもらえるのでバレずにお金を借りることができる

郵送物から借金を知られる心配がありません。

横浜銀行カードローンは、アプリで利用状況をこまめに確認できる

横浜銀行カードローンは、「横浜銀行残高照会アプリ」で利用状況を確認できます。

このアプリでは、残高照会・入出金明細照会が可能。こまめにチェックしておくことで、お金の借りすぎを防げます。

長期間利用する場合は、ダウンロードしておきましょう。

横浜銀行カードローンのデメリット

メリットの多い横浜銀行カードローンですが、次のようなデメリットもあります。

横浜銀行カードローンのデメリット
  • 即日融資ができない
  • 無利息サービスがない
  • 横浜銀行の口座が必要

横浜銀行カードローンは、申し込んだ当日に借り入れできません。最短でも翌日の借り入れです。「いますぐお金が必要」という人は、次の記事で早く借りられるカードローンを見つけてください。

また横浜銀行カードローンには、無利息サービスがありません。

無利息サービスって何?
一部のカードローンが行っている、一定期間の利息が0円になるサービスのことよ。

そのカードローンを初めて契約する・指定の限度額内で契約するなどの条件を満たすと利用できるの。

無利息期間のあいだに借り入れ・返済すれば、元金(借りた金額)のみ返すだけなのでお得です。短期間でキャッシングする人は検討してみてください。

当サイトでは、無利息サービスのあるカードローンも紹介しています。詳しくは次の記事をご覧ください。

横浜銀行カードローンって、横浜銀行の口座がないとダメなの?
そうよ。返済用口座として使えるのは、横浜銀行の普通預金口座だけなの。

横浜銀行カードローンの申込方法【口座があればWEB完結】

ここまで、横浜銀行カードローンの特徴について説明してきました。

横浜銀行カードローンの申し込み方法は、次のとおりです。

横浜銀行カードローンの申込方法
  • インターネット
  • 電話
  • 郵送
  • FAX

インターネットで申し込んだ場合、手続きの流れは次のとおりです。

インターネット申込の流れ
  1. 公式サイトから申込
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 契約手続き
  5. カード発行

横浜銀行の普通預金口座があれば、申し込みから契約まで、すべてWEB上で行えます。

横浜銀行カードローンは、横浜銀行の普通預金口座があればWEB完結申込が可能

横浜銀行の口座がないと、カードローンを使えないんだよね。どこで開設すればいいの?
契約可能となったら、最寄りの本支店で手続きを行って。

横浜銀行カードローンの申込・契約に必要な書類

横浜銀行カードローンの契約には、次の書類が必要です。

横浜銀行の必要書類
  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書※
※希望借入限度額が50万円を超える場合に必要

郵送またはFAX、WEB上でのアップロード、いずれかの方法で提出してください。

では、それぞれ何を提出すればいいのか確認していきましょう。

横浜銀行カードローンの必要書類1:本人確認書類

本人確認書類として使用できるものは次のとおり。いずれかを提出してください。

本人確認書類(いずれかを提出)
運転免許証両面
健康保険証・名前、現住所、被保険者と被扶養者のページ
・カード型なら両面
パスポート写真と住所のページ
マイナンバーカード表面
在留カード・永住権の記載があるもの
・特別永住者は特別永住者証明書

横浜銀行カードローンの必要書類2:収入証明書

収入証明書は、希望限度額が50万円を超える場合に必要です。次のいずれかの書類を提出してください。

収入証明書(いずれかを提出)
源泉徴収票勤務先の会社名の記載があるもの
納税証明書税務署の発行印があるもの
確定申告書税務署の受付印があるもの
住民税決定通知書市区町村長の発行印があるもの

書類に不備があると再提出が必要となり、その分融資も遅れてしまいます。必要なときに間に合うよう、余裕を持って準備・確認しておきましょう。

横浜銀行カードローンの特徴おさらい!こんな人にオススメ

横浜銀行カードローンは、次のような人にオススメです。

・パート、アルバイト
・専業主婦
・横浜銀行の普通預金口座がある人
・誰にも知られず借りたい人

パート・アルバイトや専業主婦も申し込み可能。横浜銀行の普通預金口座があれば、申し込み・契約はすべてWeb上で行えます。

利用明細書を自宅に郵送されたくないなら、インターネットバンキングでの交付に切り替えておくのがオススメです。

返済は「随時返済」も行いながら、ムリのない範囲で進めてください。優良顧客と見なされれば、利用枠の増枠ができ金利を下げられる可能性もあります。

即日融資はできないので、「今日中にお金を借りたい!」という方は最短即日融資のカードローンを利用してください。

※記載の情報は2019年3月現在のものです。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる