お金の勉強

個人間融資掲示板は危険!詐欺・闇金の手口と違法性

個人間融資掲示板は危険!詐欺・闇金の手口と違法性

「借金の延滞や債務整理の過去がある」「銀行やサラ金などのキャッシングでは審査に通らなかった」という人の注目を集めているのが、個人間融資。

インターネットを通じて見知らぬ人からお金を借りることができ、ハートステーションやアルファ、レンタルキャッシュなどいくつもの専用掲示板が開設されています。

消費者金融のような審査がなく、貸主さえOKしてくれたらブラックでもお金を借りることが可能です。

しかし個人間融資の掲示板にはヤミ金・詐欺業者が多いので、絶対に使ってはいけません!

この記事では個人間融資の仕組みと、使ってはいけない理由についてお伝えします。

個人間融資とは?個人融資掲示板の仕組みを見てみよう

個人間融資とはその名のとおり、個人間でのお金の貸し借りのこと。それに使われるのが「個人間融資掲示板(個人融資掲示板)」です。

個人融資掲示板を利用したお金の貸し借りの仕組みは、次のようになっています。

個人間融資掲示板の仕組み
  1. 借主が個人融資掲示板に自分の情報・希望額などを書き込む
  2. 貸主が借主に対して、融資可能額などの返事を書き込む
  3. 交渉成立したらお金の貸し借りが行われる

これとは逆に「貸主がお金を貸す条件などを書き込んだ掲示板に、借主が応募する」というパターンもあるのです。

個人間融資掲示板の仕組み

借主が掲示板に掲載する主な情報は、次のとおり。

個人間融資掲示板に書き込まれる内容例(借主)
・名前
・住所(県名)
・メールアドレス
・職種・勤続年数
・年収・月収
・希望する借入額
・借りるお金の使い道

筆者が実際に使われている個人間融資掲示板を見てみたところ、お金の使い道は「生活費」「借金返済」「延滞している料金の支払い」などさまざま。

なかでも「生活費に困っている」という人や「今日または明日中にお金が必要」という人が多い印象でした。

一方で貸主が書き込んだ個人間融資掲示板には、次のような内容が掲載されています。

個人間融資掲示板に書き込まれる内容例(貸主)
・名前
・住所(県名)
・メールアドレス
・融資可能額
・融資方法
・自己破産や延滞などがある人への融資可否
・そのほか貸付条件など
借主が掲載した個人間融資掲示板を見てみたら、「連帯保証人をつけて公正証書を作成してください」とか「勤務先への在籍確認をさせていただきます」とか、結構しっかりしてるような印象だったよ。
騙されちゃダメ!!!

掲示板に書き込まれる内容は、借主に自分を信用させるために誠実な書き方をしている場合が多いわ。

それに書き込んである内容が嘘である可能性も高いし、見分けがつかないのよ。

個人間融資掲示板の書き込みは信頼性が低い

ちなみに個人間融資は専用の掲示板だけでなく、Twitter(ツイッター)などのSNSを利用して行われている場合も多いです。

お金を騙し取られるだけでは済まない!個人間融資掲示板の被害例

個人間融資で融資を受けるのは、正規の貸金業者でお金を借りられない人たち。そして、そのような人たちを虎視眈々と狙っているのがいわゆる「ヤミ金(闇金融)」なのです。

個人間融資掲示板はヤミ金・詐欺師などにとって、ターゲットを探す絶好の狩場となっています。

でも、なかには善意でお金を貸してくれる人もいるんだよね?
そういう人がいる可能性もあるけど、ヤミ金や詐欺を避けて探し出すのは困難ね。そもそも「困った人にお金を貸してあげよう」って個人間融資掲示板に書き込む人って、結構珍しいと思うわ。

個人間融資掲示板を利用したヤミ金・詐欺の主な手口は、次のとおり。順番に説明していきます。

個人間融資掲示板による被害例
  1. 個人情報を騙し取る
  2. 保証料・手数料などと称しお金を騙し取る
  3. わいせつ目的
  4. アフィリエイト収入目的でFX口座開設などをさせる

個人間融資による被害例1:個人情報を騙し取られる

個人間融資でお金を借りると、自分の個人情報をヤミ金に売られてしまう恐れがあります。

ヤミ金へ流された個人情報はどうなるの?
たとえば口座番号・電話番号をヤミ金に知られてしまった場合、押し貸しの被害に遭う危険性も高いわよ。

頼んでもいないのにお金を振り込んできて、利息を付けた返済を要求されるの。

闇金融により押し貸しの被害を受ける仕組み

うわっ、それは怖いなぁ。
口座残高をきちんと確認してなかったら、知らないうちに利息が膨れ上がってるかもね。

押し貸しの手口や防止策・対処法については、次の記事で解説しています。

個人間融資による被害例2:保証料・手数料などを騙し取られる

個人間融資を利用すると、お金を借りるはずが、逆に騙し取られてしまう恐れがあります。

詐欺業者やヤミ金は、法外な高い利息を要求してきたり、「保証料」「手数料」などと称しお金を請求してきたりすることがあるのです。

何それ、ひどい!
でしょ。これらの料金は、貸主がお金を融資する前の「前払い」として請求してくる場合が多いわ。お金を取るだけ取って、実際お金は貸してくれないのよ。

個人間融資による被害例3:女性は注意!わいせつ目的の貸主もいる

個人間融資を利用した女性のなかには、わいせつ目的の写真や動画を送るよう求められたりする人も。

また「実際に会って融資します」という貸主の場合は、身の危険に脅かされる恐れもあります。絶対に利用しないでください。相手の要求に応じてもお金を貸してもらえる可能性は低いです。

個人間融資による被害例4:収入目的でサイトへ登録させられる

個人間融資を利用する貸主の目的はさまざまです。なかには融資をする条件として、出会い系サイト・アフィリエイト系サイトへの登録を求めてくる「収入目的」の人も。

この場合も、実際にお金を貸してくれる可能性は低いでしょう。

個人間融資は違法性が高い!法外な高金利の場合もある

個人間融資掲示板には、闇金や詐欺業者がウヨウヨいるんだね。なんだか、個人間融資掲示板自体が怪しく見えてきた。
そもそも個人間融資自体が、法律に違反している可能性が高いのよ。

闇金問題などに取り組む弁護士や司法書士からは「個人間融資専用の掲示板を運営すること自体が、法律に違反しているのではないか」という指摘もあがっているのです。

最後に、個人間融資掲示板の違反性について説明します。

個人間融資では、法外な金利設定がされていることも多いです。

銀行や消費者金融(サラ金)などで融資を受ける場合はもちろん、個人でお金の貸し借りをする場合にも、守らなければならない法律があります。それが利息制限法です。

利息制限法では、お金の貸し借りをする際の金利の上限が定められています。その上限は次のとおりです。

利息制限法で定められている金利の上限
借入額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%
これさえ知っておけば、個人間融資で闇金に引っかかることもないんじゃない?金利が「50%」とか「60%」とか書かれてたら、さすがにおかしいって思うもん。
そういうわけにはいかないわよ。個人間融資掲示板には、金利を明記する必要がないところもあるの。違法ってことに気づかない恐れがあるわ。
えーっ、そうなんだ!じゃあ返済額については、どんな風に貸付条件が書かれているのかな?
「10万円貸すので、1カ月後に11万円返してください」という感じで、わざと金利が分かりづらい書き方をしていることも多いのよ。
信じらんない!それなら銀行や消費者金融で借りたほうが、絶対にいいよね!
でも借りちゃう人はいるわ。

個人間融資掲示板を利用する人って、銀行や消費者金融のキャッシング審査に落ちた人が結構多いの。「利息が高くても貸してくれるだけ有難い」って思って、承諾してしまうのね。

銀行や消費者金融のキャッシング審査に落ちたブラックの人は詐欺や闇金融に狙われやすい

お金に困ったときの対処法一覧【個人間融資はアテにならない】

ここまで個人間融資の実態についてお伝えしてきました。

個人間融資による被害を受けないためには、『個人間融資を利用しない』ことが一番です。

個人間融資掲示板の場合、お金を貸してくれる人が悪徳業者なのか、それとも善意で貸してくれる人なのか判断できません。

個人間融資掲示板で融資してくれる貸主は信用できない

善意でお金を貸してくれる人に出会える確率は、かなり少ないでしょう。

でも銀行や消費者金融に融資してもらえない場合、個人間融資を頼りたくなる気持ちもわかるなぁ・・・。こういう状況に陥ったら、どうすればいいの?
個人間融資掲示板に書き込んだって何ひとつ良い事はないわ。お金がなくて困ったときは、次のように対処して!
お金に困ったときの対処法
  • カードローンの審査基準を見直す
  • 信用情報を確認してみる
  • 公的支援制度に申請する

銀行や消費者金融の審査に落ちた場合は、まずその原因を確認してみましょう。

今さら審査基準を見直したって、意味ないでしょ?借りられないものは借りられないんだから・・・。
そうとは限らないわよ。銀行や消費者金融のキャッシング審査って、「携帯電話の端末代を支払い忘れた」とか「クレジットカードなどローンの利用履歴がない」とか意外なところで落とされる可能性もあるの。

もしかしたら、次申し込む前にできる審査対策があるかもしれないわ。

カードローンの審査基準については次の記事で解説しているので、参考にしてください。

また信用情報に「ブラック」と見なされる情報が載っていても、登録期間が終わればお金を借りることができるかもしれません。

信用情報は自分で見ることが可能です。開示請求の手順や信用情報の見方については、次の記事で紹介しています。

また本当にお金がなくて困っている人は、公的支援の利用も検討してみてください。生活費が足りなくて困っている人や、失業してお金がない人、病気やケガにより十分な収入を得られなかった人のために、さまざまな公的支援制度が設けられていますよ。

公的支援の内容や利用条件については、次の記事で紹介しているので確認してみてください。

個人間融資を利用したら絶対トラブルに巻き込まれる

個人間融資の仕組みと、個人間融資を利用してはいけない理由をお伝えしました。

個人間融資掲示板に書き込んでいるのは、闇金や詐欺業者がほとんど。

掲示板運営者や管理者も「貸し借りは個人同士の責任で行ってください。トラブルについて責任は負いません」というスタンスなので、何の頼りにもなりません。

「ブラックだからキャッシングの審査に落ちた」「お金を貸してくれる家族や知人もいない」という人は、信用情報に残っている記録を確認してみましょう。

また銀行や消費者金融からの融資をすぐに受けられない場合は、国が行っている公的支援の利用も検討してみてください。

おすすめ記事だよー

閉じる
閉じる